-PR-
解決済み

フィリピン、アキノ政権下の電力事情

  • 暇なときにでも
  • 質問No.69216
  • 閲覧数158
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 53% (14/26)

フィリピンでのアキノ政権時、電力の供給がどうだったのか、また、灯火管制など行われていたのか教えて下さい。また、このことがどのようにクーデター(失敗に終わっていますが)と関係があるのか教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 22% (11/48)

私は経験しませんでしたが、1日9時間停電なんてざらだったようです。それで、新しいビルはどこも自家発電を備えており、その音がやたらにうるさいのです。(停電のあまり無くなった現在でもときどき慣らし運転の必要があるので)
それで、ラモス大統領がBOT(民活の一種)で発電所をつくりまくてなんとか停電は解消されました。ただ、民活なので電気代はアジアでは日本の次くらいに高くなってしまいました。
クーデターとの関係はあまり詳しく無いですが、そんなに関係ないと思います。なぜなら、どっちみちそのころの電気は一般庶民には贅沢品で、民衆の不満対象になってなかったと思いますので。それより、単なる軍部とのいざこざが要因だとおもいますが。
お礼コメント
mako30

お礼率 53% (14/26)

回答ありがとうございます。また、質問することもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。もう少し、締め切らずにいようとおもいます。それでポイントはもう少し後にしたいと思います。よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-07-17 23:35:06
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ