• ベストアンサー
  • 困ってます

幼児期の教育に本当に良いものって何なのでしょうか?

たまたま目にした「家庭保育園」という通販(?)に興味を持ち調べると、なんか胡散臭い。 七田式というのも、まだ調べていませんが教室に通わせるもののようですし、教材なんかも本当に効果があるんだろうか?と疑問だったり。 つい先日、教育について関心を持ったので、現在やっているのは絵本の読み聞かせくらいです。 あとは普通に遊んだり、歌ったり。 絵本に関しては、貧しいながらもケチらず購入していこうと思ってるんですが(自分で選べるようになったら図書館を利用しようと思います)、絵本は将来の為に役に立つものでしょうか? 私自身は全く読まず、本嫌いで生きてきました。 本を読んでいたらどうだったかは分かりませんが、好きな方が良いだろうと思って子どもには読み聞かせてます。 ちなみに私は国語がなぜか良くできました。まぁテストなんて記憶力とコツつかんでればできるものですから、読解力とか無関係だったのかもしれません。 子供の脳をはじめ、心の発達などに本当に役立つものって何ですか? 親の愛情とかは当然のこととして。 勉強はできた方がいいと思うので出来る子になってほしいです。 それには、ドッツカードみたいな教材は本当に効果があるのでしょうか? 英才教育の教室が田舎過ぎて近くにも遠くにも無いので、家でやるしかないんです。 できるだけ子供にいいことをしたく思うのですが、「これがよさそう」と調べると、効果が無いようなコメントがあったりして、何をしたらいいんだかって感じです。 支離滅裂で申し訳ありません。 本当に効果があること(学習面、精神面、どちらでも)を、ぜひ教えて下さい!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1964
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#157996
noname#157996

どんな学習法にも万能はないと思います  子供との相性ってあると思います 私は小さいとき 寝るとき ずっと親が読み聞かせをしてくれていました 図書館にも 休みのたびに行っていました そのせいかどうか 今でも本は大好きです  絵本は それこそ 図書館くらいありましたよ ちなみに母親は教育関係の仕事をしており それなりに教育熱心な人でした 習い事をたくさんしましたが 嫌いなものは まじめにやらなかったですね  すると 上達しません 強烈な方法は 効果が出る場合もありますが 合わないと まったくなじめない場合があります だからといって その教育法が間違ってるかというとそうでもない 子供の脳をはじめ、心の発達などに本当に役立つものって何ですか?についてですが やはり 社会性を育み 色々な人とのやり取りのなかで たくさんの経験をつんで コミュニケーション能力を高めていくこと 人の気持ちを 推し量る能力を身につけることが大事だと思います 習い事は その手段であり その中で学ぶことは 多いけれども それを習ったからといって万能ではないと思います 音楽だって 情操教育にいいっていいますが 子供が まったく興味がないと いやいや通ってるだけで 身につかないし 不満ばかりがでてきます 水泳だって どうしても水が嫌いな子どもがいる そろばんだって だれでも 習えばフラッシュ暗算が得意になるわけではありません 小さいうちは まずは 興味の幅を広げてあげて やってみようという気持ち 失敗しても うまくなりたいと思う向上心をうまく引き出してあげることが 大切だと思います 本当に 小さい子供なのであったら 市の子育ての教室に参加するとか リトミックを習う 親子スイミングとか 親子の信頼関係を高めながら 楽しく取り組めるものを捜してみてください  まずは いろんなところを 体験してみる(無料体験とかありますよね) あかちゃんだと ほとんど母親同伴です 頭が良くなるかどうかもあるでしょうが 行ってみて あなたが 直感で いいなあって思える 楽しかったな またきたいっておもえるものがいいですよ 子供は お母さんがたのしそうにしていると のってきますよ  また 通信教育や 家庭教育の教材は 必ずしも 体験談の子供のようにIQが125です なんてことにはならないかもしれないということは 納得した上で購入して 親子で楽しむつもりでつかうのがいいとおもいますよ あなたの質問とずれている答えだったらごめんなさい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • bee-_-
  • ベストアンサー率22% (16/72)

小2娘と、もうすぐ4歳息子の母です。 幼児期は通信教育などはしませんでしたが、 娘には、ほんとに生まれる前から、よさげなものを探しては与えていました。 知育おもちゃとか公文式のカードとかベビーアインシュタインのDVDとか、それも親の欲目でちょっと早いタイミングで(笑) しかし、そのときはさほど反応しない。 親が忘れたころに自分で見つけて出してきて、面白そうに遊んだりします。 自分の「旬」が来るまでは、目もくれなかったですね。 過ぎてみれば、無駄なものもいっぱい買いました。 上の子には乳児期からたくさん読み聞かせをしましたが、 下のときはそこまで手が回らず、悪いなあと思っていましたが、 数ヶ月前から「これ、読んで!」と自分からいろいろ持って来るようになりました。 ちょっとホッとしましたー。 モンテッソーリ教育の本を読むと、年齢ごとに、何が子どもの旬なのかが書かれています。 その欲求を満たすことで子どもがぐんと成長するというのです。満たすための面白い仕掛けも載っています。 http://www.amazon.co.jp/お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる-文春文庫-相良-敦子/dp/416771745X/ref=ntt_at_ep_dpt_2 幼児教室といっても 大人が設定した遊びやレッスンの場には、予定された以上の刺激はありません。 外に出て公園やあぜ道や土手で自由に活動させ、見えるいろんなことをあーだこーだと話し合い、 びっくりしたり、イヤな目にも遭い、 「いらんこと」を存分にやらせてやるのが、のちの学力も含め、成功する人に育てる王道だそうです。 「よく遊んでいればいるほど成功しやすい」。 (もちろんテレビやゲーム機での遊びではありません) これは 今読んでいる「男の子を伸ばす母親はここが違う!」という本(松永暢史著)のウケウリですが、男に限った話でもないと思います。 面白いですよ。 http://www.amazon.co.jp/男の子を伸ばす母親は、ここが違う-松永-暢史/dp/4594051359

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても丁寧に教えて下さりありがとうござます! 私は読書を全くできないので、読んだ内容を教えて下さって感謝です! そうですね、遊びの中から学ぶことが大きいんですね。 それを親は観察し、フォローすればよいのだと分かってきました。 なにも高い教材を与える必要な無いと分かって助かりました。 危うく騙されるところでした。。

  • 回答No.1

私がやったは、子供をよく観察し、子供が何を求めているのか、何をやりたいのかを見極めてサポートしたことです。 やってみると、面白いですね。 それまでは、注意して教えることばかりだったのに、注意から教えてくれてありがとうに変わったので、子供に鍛えられ子育てを楽しめました。反抗期もありがとうです。 質問にあげられた教育内容は、子供が受け身になることばかりですよね。 違う視点で、「シュタイナー教育」「モンテッソーリ教育」は、子供の目線からの内容なので興味深かったですよ。 >子供の脳をはじめ、心の発達などに本当に役立つものって何ですか? 子供には個性があるので、子供によって違います。 たとえば、ドッツカード。大好きな子はどんどん覚えるでしょうが、まったく興味を持てない子には最初は楽しいかもしれないけど、飽きると苦痛でしかないでしょうね。 興味があることには、子供は飽きずに繰り返しやります。 どの通販も教材も、よくできていていいと思いますが、人にのよっては害になることもあるんです。 そういえば、テレビの「ほんまでっか?TV」では幼児期はピアノがいいと言っていましたね。 勉強ができる子になるのか分かりませんが、目標、集中力、達成感を気にしながら育児をしてきました。 何をしたかと言えば、色々ですよ。上まで登ろうということもあったり、料理も2歳から、子供がしたいということをただ親がサポートをし、信じて待つだけ。 後は、選択することができるように、常に、どっちがいいのかを聞いていました。 なんだか脳が動いているような気がしてね。 その子にあった教育が見つかることを祈っていますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても詳しく教えて下さりありがとうございます。 子供が何を求めているのか、注意して観察しフォローしていきたいと思います。 色々言われている早期教育よりも、自然にのびのび育てるのが一番だと分かってきました!

関連するQ&A

  • 英才教育?

    よく幼い時に本を大量に読んで、知識を高め、、また親の熱心な教育?で、 そして中学時代に読解力が一番だとか授業中ノート取らずに聞いてるだけで テストで点が取れるとか聞いたことがありますが、   英才教育とこのようなことは因果関係があるんですか?

  • 「幼児向け通信教育市場」と「幼児英才教育市場」との定義の違いについて教

    「幼児向け通信教育市場」と「幼児英才教育市場」との定義の違いについて教えてください。 現在大学のゼミテーマで幼児教育市場について調べているなかで、 上記2つの市場の違いがわからないのです。 “こどもちゃれんじ”“学研はなまるきっず”といった教材は「幼児向け通信教育市場」に含まれることは判明済みなのですが、 では「幼児英才教育市場」の定義はどういったものが当てはまるのでしょうか? 「幼児英才教育市場」は“通信教育”ではない“通学教育”なのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 英才教育

    英才教育を受けた人に質問です。 答えてほしい内容は次のとおりです。 1 どのようなことを教育されたか 2 英才教育による効果はどのくらいあったか(全国何位とか具体的なのが理想です) 3 教育してくれたことに対して感謝しているかどうか 宜しくお願いします。

  • 英才教育

    物心ついたときから英才教育すると優秀な人になるでしょうか? 生後2.3歳から脳トレ的なおもちゃで遊んだり、時間があれば本を読み聞かせしたり、小学生からは塾や習い事をさせれば将来名門大学を卒業したり一流企業で働く人間になるのでしょうか?

  • 家庭保育園、という教材をすすめられています

    お世話になります。現在、妊娠もうすぐ八ヶ月です。幼児教育、育児についてはさっぱりまだわかりませんが、知人から「家庭保育園」という教材を薦められています。興味もあるし、理論もすばらしいものだとはわかります。ただ小さいうちは、情緒を育ててやるのが(IQ伸ばすよりも)いいのでは、、とも感じています。(なので、第一教材の絵本セットは、欲しいと思っています)。けれども、人並みに考える力、くらいは親の力でできる範囲で身に着けてやりたいとも思います。 育児経験者の方、みなさん、英才教育、についてどうおもわれますでしょうか?(そもそも「家庭保育園」を英才教育、と思ってはだめで、基本的なものなのでしょうか?) よろしくおねがいします

  • 英才教育

    宜しくお願いします。 幼少期から英才教育をしていると、将来頭の良い(子供)人になり、極端にいえば有名大学や一流企業など、良い会社に就職することができますか? 勿論、何もしないより、時間を見つけては勉強した方が賢い人になると思いますが、物心ついた子供に読み書きを熱心にさせたり年末年始などの学校が休みのときも勉強させる親もいますね。 将来、良い会社に就職することを考えてなのでしょうが、幼少期から英才教育をしていると名門大学を卒業したり有望な人間になるのでしょうか?

  • 幼児教育って効果ありますか?

    5ヶ月の子供がいますが、親として幼児教育を特別に 行った方が良いのか悩んでいます。 その手の本などを読んで見るとビックリするような事が 書かれていますが(IQ150以上等)本当なのでしょうか?そこまで期待出来なくてもそれなりに効果のある物なのでしょうか? 教材も決して安価ではないらしいので迷っています。 ご存知の方いらっしゃれば教えてください。 宜しくお願いします。

  • 幼児期に英語教育を経験された方に質問です。

    4歳になったばかりの子供に大人時代まで続く「ヒアリング能力」の取得を目的として 英語教材を与えたり、英会話教室を通わせようか迷っています。 そこで実際に幼児期に英語教育を経験された方に質問なのですが、 1.いつから、どの程度の教育を受けましたか? (例、英会話教室に週○回、○○という教材を使った) 2.現在、どの程度そのヒアリング能力が残っていますか?実感がありますか? 私は、大学生以降に英語に日常的に触れるようになったのですが、一番苦労したのがヒアリング力を上げる事でした。一方、周囲に幼児期に一時期だけ英語圏にいた帰国子女の方が数人程いますが、 「文法や話し方は忘れたけれどヒアリングは覚えていた(身に染みついていた?)から、その苦労は少なかった」 と、数人の範囲では全員一致した事を言われました。 今までは英語の早期教育には否定的で、英語に日常的に触れないのであれば全く意味がない、とまで思っていましたが、自分が苦労したヒアリング能力が効果的に?残るのであれば幼児期の英語教育をしてあげたい、と思うようになりました。 どの程度やればヒアリング力が残るのか、今からでも遅くないのか、 また、 日本に居ながらにして、大人になってもヒアリング力のカケラ程度でも残る教育が現実的な範囲で可能なのか? それを知りたくて、質問させて頂きました。経験者の方、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 育児

    3歳の子供が居ます。みなさんはどんな教育をしていますか? 英才教育をする・・・?というのは親がある程度強制なような気がするんですが、みなさんは子育てはどうお考えでしょうか? 簡単にいうと、横峰さくらや、真央ちゃんを目指して厳しく教育していくのと、ごく普通の子供で「将来はお嫁さん」って言っている子供、どちらが将来幸せなのでしょうか? 私は今のところ何にも娘には強要(習い事)はさせていません。 英才教育をするなら今からだそうなので、悩んでいます。 みなさんは、どんな子育てをしたのか教えてください。

  • 自力で読み始めた幼児への、読み聞かせの誘いかた

    読書好きのお子さんをお持ちの方、ご自身が幼児期から読書好きだった方、 教えてください。 私は、幼児期から青年期まで本は全く読まなかった、読書嫌いです。 物語など、すぐ飽きてしまい読めません。 なので、絵本好きな我が子の気持ちを想像できなくて困っています。 二歳半で、本を暗唱してめくりながら読み、 三歳で字を拾い読み、三歳半では初読の本もスラスラ読むようになりました。 年齢にしては言葉が早く、論理的な話し方をします。 で、四歳頃から、朝起きたらまず、絵本をひとり静かに黙読するようになりました。 そして、最近、読み聞かせを、断られることがでてきたのです(泣) 黙って目で文字を追ってからページをめくっていき、 「誰と誰が出てきて、何々をするお話なのよ」「最後はこうこうこうなるのよ」 程度の説明は、親にしてくれます。 登場人物とストーリーのおおまかな順序はわかっているみたいなんですが、 作者の意図の理解までは、目で文字を追う一読だけではまだ無理だ、 と親の私は考えていますが、四歳ではどうでしょうか? 要約して言葉に表せないだけで、子供の中には、無形ながらも残ってるのでしょうか? 親としては、せっかく読むなら、読み聞かせをして、感想を述べ合ったり共有して、 それぞれの絵本の、作者の意図や意味を感じてもらいたいのです。 でも、 自分で読んで終わった本を、親からまた読み聞かせられるのは、 子供にとって、うっとおしい大きなお世話なのでしょうか? 絵本は、週に何十冊と読み、図鑑や事典も読みます。 お気に入りを繰り返して読むのと、次の新たな本を読むのとで、 多読と精読が入り混じった状態です。 本は、赤ちゃんのころは買いましたが、最近は買わない方針に変えました。 値段が高いし、何でも読むので、買うと増えすぎて、困るのです。 でも、返却日が来て図書館に返すときには、悲しがったり、泣いたりもします。 本嫌いの私には、気持ちがわかりません。 赤ちゃん期の本なんか、もう今は読まないので、買ってもったいなかったと思っています。 それでも欲しがればお金をつかって買った方がいいのでしょうか? 読書好きにとっては、そこはケチったらだめなんでしょうか? 我が子は、図書館や書店で、親に見られない場所で内緒で、 タイトルを照れくさそうに隠して読んだりもするようになりました。 それを見て、 自分の関心事や疑問や感情を、本を通して何でもかんでも親に知られるのは、 プライドが許さなくなったのかな、と感じたのですが、 幼児でもそういうことって、ありますでしょうか? ひとりで読み始めたら、読解力がまだ浅くとも、 求められた場合だけ、読み聞かせるにとどめた方がいいのでしょうか? 私は読書は苦手ですが、こどもに聞かせる朗読なら得意なので、 読み聞かせは、毎日一時間やったとしても、苦にはなりません。 ご経験談や、一部分への回答でもありがたいです。 どうぞ、よろしくおねがいします。