• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

what they seem

Things are not always what they seem. これを私は「物事は思うようにいかないこともある」と訳してみたのですが、 問題集の正解は「物事は見かけ通りとは限らない」でした。他にネットでも、この文の訳はやはり「“見かけ”通りとは限らない」でした。 でも「見かけ」と言ってしまうと、視覚からの判断と断定してしまうことになりますよね。 視覚に限らず、例えば“they seem easy”と言うようなこともあり得ると思ったので・・・。 なので、「思うようにいかないこともある」あるいは「予想通りに事は運ぶとは限らない」のような訳がぴったりかと思ったのですが、これでは意味がズレてますでしょうか? どなたかご教授願います。

noname#179632
noname#179632

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • d-y
  • ベストアンサー率46% (1528/3312)

ChristinaMilianさんの訳では、“seem”よりも、“are not always”のところが引っかかります。 “are not always”は静的な状態のことを言っているので、「いかないこともある」、「運ぶとは限らない」のように動的な展開・発展を意味する訳語をもってくると、少しズレた感じになると思います。 「いく」とか「運ぶ」なら、“go”や“proceed”のような動詞を使うんじゃないでしょうか。 問題の文章の訳で「見かけ」と訳すのがいやなら、「物事は思ったとおりのものとは限らない」くらいにすればよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して下さりありがとうございます。 「思うようにいく」「事が運ぶ」などは、自分で勝手に意訳しすぎました・・・。 seemの持つニュアンスが崩れてしまいますね・・・。 他の着目点も指摘して下さりありがとうございます。 ご指摘下さったとおり、「“物事”≠“ありのまま”のこともある」という文なのに、話者の動作は関係ありませんものね。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>Things are not always what they seem. what they seem についてはみなさん仰る通りですが what they seem to beとto beが略してあります(略される事が多い) [...の様に思われる][...の様に見える]と云う意味です。 >これを私は「物事は思うようにいかないこともある」と訳してみたのですが、 思う様に行かないと云う意味ですと Things are not always what they wanted to be. Things do not always go as we like. 等の方がしっくり来るのではないかと思われます。 what they seem ( to be)でそれがその様に思われる Things are not always~で、物事はいつも~とは限らない。 ですので[物事はいつも、それがその様に見える様とは限らない] 解答の「見かけどおりとは限らない」は簡潔に表していると思います。 seem,look like ,appear等の説明が出ていますが seemは話者の主観を述べる場合に使います。 「天候」等の客観的な事実にはlookを使います。 It looks like rain. [雨になりそうだ] これは雨になりそうだと云う客観的な事実ですが 「雨になりそうな気がする」とは主観的な事を言っていますので It seems likely to rain. [雨になりそうな気がする] またappearはそう外見上はそう見えるが(そうでないかも知れない)を意味します。 He appears to be afraid. [彼は恐れている様に見える](が実際は違うかも知れない) lookは見えていることで、実際もそうである時に使います。 He looks afraid. [彼は恐れているのが目に見える] 他同じ様な単語としてsound[..の様に聞こえる,思われる]もあります。 Thats sound interesting. [それは面白そうだ]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して下さりありがとうございます。 seem,look,appear等の違い、すごく分かりやすかったです! “話者の主観”と“客観”の違いがつかめたように思います。 私が「思うようにいかないこともある(いつも予想通りとは限らない)」と訳した経緯としては―― 例えばですが、“The problem seems to be easy.”(その問題は簡単だと思われる。) という表現があったとしますよね(センスのない例文で恥ずかしいのですが・・・)。 そうすると、その問題が話者にとって簡単だと思われる理由が“見た目から”とは限らない、と考え、 例えば以前同じ問題にあたった経験からとか・・・色々考えられると思い、「見た目」と限定したような 言い方がどうもしっくりこなくて、「思うように~」(話者の個人的経験から~など)としてみました。 うーん。。。でもそうすると皆さんご指摘下さる様に、話者の期待とか、この文には無いニュアンスを 日本語文で作ってしまいますものね。。。

  • 回答No.3

what they seemで「見かけ通り」という意味になるのではなくて、 what they seem (to be)で「見かけ通り」の意味になります。 beが既出のため、省略されていると思います。 直訳すれば、「それら(物事)が在るように見える状態」という感じです。 seemの用法は、みなさんがおっしゃっている通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して下さりありがとうございます。 以前も大変お世話になりました。 なるほど。。。 >「それら(物事)が在るように見える状態」 とすると、「思うように~」とかは、余計な意味が入ってきてしまいますよね。 極端な意訳になり過ぎず、かつ自然な日本語に・・・難しいですね。

  • 回答No.2
noname#118466
noname#118466

itikumiさんの説明どおりだと思いますが、seemとappearを書き間違えていますね。 私はseemは人間の五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚」からみて、「そのように(真実のように)見えるが違うかもしれない」というニュアンスで理解しています。一方appearは大雑把に言えば同じ意味なるも、そのように見える内容が弱いような感じがします。Look likeになれば更に弱くなり、違うことを認めた上で似ているという感じを受けます。 「思うように」「予想通り」といえば本人の思いや期待感が強くなり、あるがままではなくなりますので、この訳文としては飛躍しすぎでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して下さりありがとうございます。 なるほど。。。 >「思うように」「予想通り」といえば本人の思いや期待感が強くなり、あるがままではなくなります やはり、「思うようにいかない」とか「予想通りに」などは意訳しすぎなのですね。参考になりました。 seemの「~に思える」はどちらかというと、(話者のみの)主観よりも、たいていの人が「そう思える」、という場合に使えるのでしょうかね。 特定の主観にとらわれない“あるがまま”、そこがポイント・・・ですかね。

  • 回答No.1
noname#140046
noname#140046

残念ながら「思うようには行かない」は不正解で、「見かけどおりには行かない」が正しい意味です。 Appear の訳語として「~と思える」がありますので、「思うようには~」と連想されたのだと思いますが、appear の原義は「見かけから現状を判断すると~のようだ」であって、「期待する」の意味は含まれません。手元の英英辞典でも次のような定義がされています。 to appear to be something or appear to have a particular quality:(マクミラン英英辞典) ただし、必ずしも外見から現状を予想するときにのみ使われる表現ではなく、人から聞いた話や活字などから「予想・判断」するときにも使われる表現ではありますが。 「思うようには~」と訳してしまうと、あなたの「期待どおりにはいかない」の意味が出てきてしまい、ずれが生じます。 「予想通りには~」という訳し方の方は、近いのですがやはりちょっとずれています。この訳しかただと、「これからの状況を予想していたが、違ってしまった」という意味に感じられます。appear という単語は、いま申し上げましたとおり、あくまで「現状を分析・判断」する表現であり、「今後の予想」はしていないからです。 というわけで「見かけどおりとは限らない」、場合によっては「推測とは異なる場合がある」のような訳しかたがよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して下さりありがとうございます。 自分で勝手に想像を膨らませて意訳しすぎました。 appearの持つ細かなニュアンスも大変参考になります(seemと似てますしね)。 例文に多く触れて、覚え込んでいきたいと思います。

関連するQ&A

  • 和訳についてお願いします。

    A part of history is the story of science, of what we have found out as to how things happen, why they happen and what things are. (質問1) how things happen, why they happen and what things are. 「物事がどのようにして起こるのか、何故起こるのか、それらは何なのか」→訳はこれでよいでしょうか?(更に良いものがあれば教えてください。特に、thingsは「物事」でいいのか、それとも「現象」など、変えてしまっていいのか。) (質問2) 質問1と同じ箇所ですが、「how things happen=物事の生じる過程」「why they happen=物事の生じる理由」「what things are=物事の種類?」最後の「物事の種類」でいいのかよく分かりません。 (質問3) what we have found out as to how things happen, why they happen and what things are.の具体例はどのようなものでしょうか? (質問4) A part of history is the story of science, of what we have found out as to how things happen, why they happen and what things are. この文章は、同格構文だと思いますが、どことどこが同格関係になっているのでしょうか?(自分が思うに、scienceと what we have found outですが、なぜwhat we have found outの前にofがあるのですか?)

  • ...as we think they are.

    NHKテレビ英会話講座より People are not always busy as we think they are. 人は私たちが思うほどいつも忙しいわけではない。 (質問) 部分否定の文章ですが、省略された部分があります。補足してみました。間違いはありませんか? People are not always busy as we think (that) they are(busy). 自信がないので確認したいのです。よろしくお願いいたします。以上

  • ~why things are the way they are.。ってなんですか?

    http://eow.alc.co.jp/%22the+way+they+are%22/UTF-8/ の例文に、 研究者が質問をするのは、物事がどうしてそうなっているのかを知りたいという欲望を持っているからである。 Researchers ask questions because they have a desire to know why things are the way they are. とありますが、 the way they areってなんですか? イディオムでしょうか これをがちがちの文法で書くと Researchers ask questions because they have a desire to know why things are in the way that they are present. となりますよね? つまり、 物事がこのように存在している と訳しましょうか

  • 高3 英訳 lookとseemの違い

    人間の性格は見かけより正確だ。の英訳は、 Characters of human beings are more complex than they look. で良いのでしょうか? 「人間の性格」は目で見えないものなので、lookではなくseemを使うべきだと思うのですが、模範回答にはlookと書いてありました。 英語に詳しい方、回答お願いします。

  • AS THEY ARE

    ダライラマ14世に関する記事です。 This determination to be completely empirical - as if he were a doctor of the mind pledged to examine things only as they are, to come up with a clear diagnosis and then to suggest a practical response - is one of the things that have made the current Dalai Lama such a startling and tonic figure on the world stage. 完全に経験から言えば、この決断は - まるで彼が心のドクターで pledged to examine things only as they are, はっきりした診断を下し、実用的な対処を勧めるため - 現在のダライラマを世界的に驚くべき強壮な人物にしたもののひとつである。 ここの pledged to examine things only as they areという部分を訳してみると、"ものごとをあるがままに試験することを保証するとなってしまい、しっくりきません。 どなたか教えてください(´_`。)

  • 英文の和訳をお願いします

    'Sometimes things are just what they seem to be and that's all there is to it' 上記の英文はCharles Bukowskiという方の名言の一つだそうです。 これの和訳をお願いいたします。

  • セリフ 「I can't stand who they are」

    ドラマのセリフです。 「誰がどう思ってもかまわないわ。だって、他人のことなんてどうでもいいんだから。」という意味で以下のセリフが使われています。 「I do not care about what they think because I can't stand who they are.」 「I can't stand who they are」の意味がすっきりしません。standには我慢するという意味もあるようですが、どうも訳にあわない感じがするのです。最初のセンテンスで、気にしないといってるのに、次のセンテンスで我慢出来ないといっているのはおかしいと思ったからです。 「I can't stand who they are」で「他人のことはどうでもよい」という雰囲気が伝わる定型表現でしょうか。

  • All is not gold that glitters.の文法解釈

    関係代名詞の勉強をしていて疑問に思い、文法書等を調べましたが掲載がなく困っているのでどなたか教えてください。 All is not gold that glitters.----(1)と All that glitters is not gold.----(2) (光るもの全てが金とは限らない。→見かけは当てにならない) の2文の違いを教えてください。 辞書にはイコールで載っていてどちらも同じ意味と書いてありますが(1)の文が納得いきません。関係代名詞thatの先行詞は訳からもAllだと思うのですが、どうして(1)のように関係代名詞をわざわざ先行詞から離しておくのでしょうか?ニュアンスの違いがあるのでしょうか? 同様に All things are easy that are done willingly.---(3) (進んでなされることはすべて容易である) という文は All things that are done willingly are easy.---(4) と書いてもいいのでしょうか? この文も関係代名詞のthatの先行詞はAll thingsだと思うのですが、なぜ先行詞と関係代名詞を離す表現方法があるのかわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • what Bestの邦訳をお願いします。

    Add to this tendency what Best suggests is a fetishism for statistics, combine it with the public’s general innumeracy, and it is hardly surprising that potentially dubious numbers become widely disseminated “social facts”—things that are deemed to be “true” because they are widely believed to be true. 上記英文中のwhat Bestの邦訳をお願いします。

  • 英文の構造を教えてください

    They only care whether they are copied or not, not what happens to the copier. この文章は、They only care whether they are copied or not, not care what happens to the copier. とcare が、省略された文章ですか?