• 締切済み
  • 困ってます

Try not to, Don't try to

Try not to~とDon't try to~の 使い方についてお伺いしたいのですが、 たとえば Try not to do that.と Don't try to do that.とでは意味(ニュアンス)が違う のでしょうか。またどのように使い分けたらよいでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数527
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11421)

>禁止というニュアンスではなく、アドバイスのような気持ちで >~しないようにしなさいと言いたいときは、Try not to の方がよいのでしょうか。 #3にいただいた補足を拝見しました。何を「禁止/アドバイス」したいかによります。 例えば、#2欄にお書きになった補足を例に説明してみましょう。「夜更かししないようにしたら?」とアドバイスしたいときには「Try not to stay up late.」がいいです。一方で、その状況で「Don't try to stay up late.」と言ったら「(家族の帰宅を待ったり、仕事を片付けようとして)無理に夜更かしちゃ、よくないよ」というアドバイスにもなるわけです。 つまり、前者は「夜更かしをしない」という努力を「しなさい」と言っていて、後者は「夜更かしをする」という努力を「してはだめ」と言っているわけです。結果的には両方とも「夜更かしは、禁止ではないが、しないに越したことはない」というアドバイスをしているわけですが、前者は夜更かしを「しないようアドバイス」をしていて、後者は夜更かしを「する努力を禁止」しているわけです。 例えばこんなふうに使えます。 Aさん「あー眠いなぁ」 Bさん「You watch too much late-night TV. Try not to stay up late. Even when your husband hasn't come home yet, don't try to stay up late.」 理屈で説明するとややこしく感じると思いますが、「何をtryするか」を頭の隅に置きながら、例文をいくつか作る練習をすると身につくのではないかと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11421)

#1さんに同感ですが、私から見れば二者はまったく違います。 Try NOT TO EAT. 食べないようにしろ。 →できれば食事をしないほうがいいが、無理に食べるのを我慢する必要はない、というニュアンス。 DON'T TRY to eat. 食べようとするのはよせ。 →食べようなんて考えちゃだめだ。そんな無茶なこと、とんでもない、というニュアンス。 以下、“”で括った部分が「try」に相当する訳語です。 Try not to do that.それをやらないように“頑張れ”。 →やったらやったで仕方がないが、できればやらないほうがいい、というニュアンス。 Don't try to do that.それを“試そう”などとはするな。 →そんなこと、やったらとんでもない、というニュアンス。 つまり前者の“やっちゃいけない度”が10%だとしたら、後者の“やっちゃいけない度”は100%です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 禁止というニュアンスではなく、アドバイスのような気持ちで ~しないようにしなさいと言いたいときは、Try not to の方が よいのでしょうか。

  • 回答No.2
  • sayshe
  • ベストアンサー率77% (4555/5904)

☆ こんな感じでしょうか? Try not to do that.「そうしないように努力する」 <愛煙家に> A: I think I have to reduce the number of cigarettes I smoke a day. But when I am thinking hard about something, I find myself chain-smoking. B: Oh, try not to do that. Why don't you give up smoking once and for all? A: 私は、1日に吸うタバコの数を減らさなければならないと思います。 しかし、一生懸命に何かについて考えているとき、私は気が付くとチェーン・スモーキングになってるんですよ。 B: ああ、そうしないようにしないといけませんよ。 この際、きっぱりと喫煙をやめませんか? Don't try to do that.「そうしようとして頑張らないようにする」 <病欠後職場復帰した人に> A: I tend to work overtime because I want to catch up with others in the office as soon as possible. B: Don't try to do that, or you might lose your health again and as a result it might take more time to recover your health. A: できるだけ早くオフィスのみんなに追いつきたいので、私は残業する傾向があります。 B: そうしようとしないでください、さもないと、あなたは再び健康をそこなうかもしれません、そして、その結果、あなたの健康を回復するのにより多くの時間かかるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 たとえば、夜更かしが好きで、朝いつも眠そうな人がいるとします。 その人が、あー眠いなぁと言った時、助言?のつもりで(禁止というより アドバイスのつもりで)、tryを使って、夜更かししないようにしたら?と 言いたいときは、Try not to stay up late.でよいのでしょうか。 それともDon't try を使うのでしょうか。両方使えるのでしょうか。

  • 回答No.1

あくまでも主観です...。実際には殆ど違わないと思いますが... Try not to ~ の場合は、"to" の後に来る活動(動詞)を抑制するようなニュアンスが強いように思います。 Don't try to ~ の場合、"Do NOT TRY" という風に、TRY すること自体を抑制しているように感じます。 Try NOT TO EAT. 食べないようにしろ。 DON'T TRY to eat. 食べようとするのはよせ。 Try NOT TO RUN. 走らないようにしろ。 DON'T TRY to run. 走ろうとするのはよせ。 Try NOT TO SPEAK. 喋らないようにしなさい。 DON'T try to speak. 喋ろうとするのはよしなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>Don't try to ~ の場合、"Do NOT TRY" という風に、TRY すること自体を 抑制しているように感じます。 なるほど。tryすることをやめるようなニュアンスなのですね。 大変勉強になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • Don't try ~

    Don't try to eat that. Don't try eating that. どちちらの言い方も使われますか? どちらも使われる場合は、どのような意味の違いがありますか? よろしくお願いします。

  • ”Try to not....”は文法的に間違いですか?

    英語に詳しいかたがいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします。 "Try to not....."という英語は文法的に間違いですか? 例えば、ダイエットを決意し、「ジャンクフードは食べないようにするよ」と言いたいとします。 私は"I'll try to not eat junk food"という文が浮かんでくるのですが、 文法的には"I'll try not to eat junk food"と言うべきなのでしょうか? 学生の頃、英語圏で数年間暮らした事があるので日常会話はできるのですが、 日本の高校や大学には行っていない為、文法重視の「受験英語」を習った事がありません。 私の周りにいたネイティブ達は、"If I was you..."とか、"You did good!"などの英語を使っていて、 その中で私は英語を覚えていったのですが、 帰国してから、ちょくちょく「それ、文法間違ってない?」と指摘されます(T_T) ("If I was you"も、ホントは"If I were you"ですよね) 日本で「ら抜き言葉」が一般化されているように、 どこの国でもネイティブは文法など気にせず話しているのかもしれませんね…。 本題に戻りますが、Try to not...ではなく、 文法的にはTry not to...と言うのが正しいのでしょうか? 日常ではTry to not...でも全然問題無いのは分かっているのですが、 文法的にどうなんだろう?と気になったので、質問させていただきました。 無知でお恥ずかしい限りですが、どうぞよろしくお願い致します。

  • noとnotと don't

    noとnotと don'tの違い、使い方がイマイチよくわかりません どういうときに変るんでしょうか・・・? 例えば I am not fighting back 私は抵抗してない これが I don't fight back になると意味不明(笑)になるんですか? 否定の使い方がなんかよくわかっていません 教えてください

  • don't have to / don't need to / shouldn't / sould not  に関してご教授下さいませんか。

    「長いメールを書かなくてもいいですよ。」 これを英語にすれば You don't have to write a long email. You don't need to write a long email. のような雰囲気と思います。では、 You shouldn't write a long email. で同じ意味合いになりますでしょうか。 「長いメールを書くべきではない」 のニュアンスを感じます。 例えば、 If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me.  と言うメールが来たとしたら、 「忙しいなら長いメールを書くのは良くないよ。(でも)短くても書いてね。」 というニュアンスを感じ、 If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me.  と言うメールが来たとしたら、 「忙しいなら長いメールを書かなくてもいいよ。短くていいからね。」 というニュアンスを感じますが。 大差はないかもしれませんが、どうなのでしょうか。 皆様のご意見お聞きしたいです。 sould not と Hを抜くと柔らかい表現になるのでしょうか。

  • don't have to と は have not to

    英文法書を見ると助動詞 have to の否定形は don't have to のみしか紹介されていない物や have not to を間違いとしている物などをよく目にします。 しかし、学生時代に使用していた英文法書には don't have to はアメリカ、have not to は主にイギリスで使用されると書いてあり、図書館で見た辞典では両者が併記してありました。 ただし、have not to が載っている書物はいづれも出版年が古い物です。 そこで質問です。 1.現在では have not to は使われなくなっただけで(死語になった?)昔は普通に使われていたものなのでしょうか? それとも元々誤用だったものが、日本の文法書に間違って紹介されているだけなのでしょうか? 2.もし誤用でなかったとしたら、両者の意味は同じなのでしょうか? 以上2点教えてください。

  • Don't you want to try one? の意味は?

    アルクによると Don't you want to try one? 《誘う》ちょっと食べてみない? という意味なのですが、「食べたくないの?」とも訳せます。 http://eow.alc.co.jp/don%27t+you+want/UTF-8/ ここでも、Don't you want の意味が様々で、よくわかりません。 Don't you want がわかるように、説明してください。 よろしくお願い致します m(_ _)m

  • try to doとtry doingのちがい

    現在形 try to do しようと努力する(まだしていない) try doingためしにやってみる(まだしていない) 過去形 tried to doしようと努力した(まだしていない) tried doingためしにやってみた(すでにした) 未来形 will try to doしようと努力するつもりです。 will try doingためしにやってみるつもりです。 結局、過去形以外はなにがちがうかピンときません。 よろしくお願いいたします。

  • need not toとdon't have toについて

    We ( ) call him "Sir". これで()のところがneed not toかdon't need toで 答えはdon't need toみたいなんですが、 なぜ前者は不可なのでしょうか?

  • この場合、notが抜け落ちるのですよね!?

    平素よりお世話になります。 ご指導、よろしくお願い申し上げます。 You don't seem to appreciate how long it takes to learn English. は、 →You seem not to appreciate how long it takes to learn English. へと書き換え可能ですよね!? しかし、 You don't need to do that. を以下へ書き換えると、to が抜け落ちるわけですよね!? (自分的に世紀の発見でした!) →You need not do that. この他に、覚えておいた方がいいような書き換えがあったら ご提示いただけないでしょうか? よろしくお願い申し上げます。

  • NOT TO か TO NOT か

    最初に文法書、辞書には普通は not to と書いてあります。 この前、英英辞典を見てたら [miss] 1.to not be able to go to something or do something と書いてありました。これは自分の勘では not to にすると「何処かに行く、または何かをすることをできない」となり、辞書通りだと「何処かに行けない、または何かをすることができないこと」と「こと」で”説明っぽさ”が出ているように思いました(toはtoだけど)。まずこれを皆さんどう思いますか? 次にこれだと両方意味は同じですが、ネットで --- http://okwave.jp/qa/q2217132.html No.7 What I said is not to do it. 私が言ったのはそれをやれではない、とWhat I said is to not do it私が言ったのはそれをやるなです。 No.5 1.What I asked him is to not go there. なぜなら、これを、 2.What I asked him is not to go there. とすると、意味が変わってしまうから。つまり、 1は、「そこへ行かないように頼んだ。」であるのに、2は、「そこへ行くことを頼んだのではない。」となるから。 --- 意味が変わっています。こういう場合もあるのでしょうか? 回答よろしくお願いします。