• ベストアンサー
  • 困ってます

他人が専有部分を壊したときの手続き

  • 質問No.6726977
  • 閲覧数171
  • ありがとう数1
  • 回答数4

お礼率 25% (1/4)

分譲マンションの大規模修繕時に工事の影響で天井や壁が壊れ、隣人がコンクリの壁を貫通させ自宅の給水管を割りました。管理組合や管理会社・工事業者・隣人たちは、口々に責任は無いと言い、個人的に交渉しても、対応してもらえません。かといって、どこかに訴えるにしても、どうしていいかわかりません。私としては、彼らに責任を取ってもらいたいのですが、途方に暮れています。解決の糸口を教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 46% (1033/2245)

よくわかりませんが分解して考えてみます。
大規模修繕時・・・契約は管理組合と施工工事業者でお行うのが普通ですね。
その影響で壊れ・・工事をして壊れたという解釈なら工事業者が壊したことになりますね。
隣人が・・・・・・隣人は何者?工事業者ではないのですか?普通の入居者がコンクリの壁を貫通ってなにをしたのでしょうか?これだけがよくわかりません。

普通に考えれば管理組合(所有者の集まり)と工事業者の工事契約においての損害です。
あなたも所有者なら管理組合の一員ですから契約内容をまず確認しましょう。
それから。工事で発生した損害はどう対処することに決まっているか決まっていないか確認してからその契約内容で解決方法が決まっていなくて、らちがあかなければ、損害を与えた人を訴えるのが筋でしょう。私はこの隣人の話がなければ工事業者だと思います。

管理組合を相手にすると自分で自分を訴えることになりますよ。
管理会社は委託を受けてるので会社の方が勝手に契約するということはほとんどありえません。
隣人が(ふつーの人が)壁をぶっ壊したら大規模修繕どころか大暴発の器物損壊でしょう。たぶんそうではないと想像しますけれど・・。

大事な建築の部分が壊れてしまっていれば正しい修繕が必要です。
そういう面では建築士に相談を、訴えるのであれば弁護士に相談を、まずは無料相談を利用したらいかがですか。状況はもう少し詳しくわからないと何とも判断できないと思いますが・・。
お礼コメント
mori-saki

お礼率 25% (1/4)

大規模修繕時の損害については裁判では私が負けると先方から言われています。いかなる損害を与えられても不可抗力が認められる範囲はすべて免罪らしいです。訴えるなら隣人を訴えることになるのでしょう。私の住むマンションは、個人宅に属する占有共有部分は全部自分で好きにしていいので、壁を突き抜けることもあるということですし、他にもトラブルが多いのです。入居して管理の方針にびっくりしましたが、反対するのは私くらいです。抵当権が外せさえすればおさらばしたい組合です。細かいアドバイスありがとうございました。
投稿日時:2011/05/10 17:54

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 8% (4/50)

隣人発注のリフォームで、部屋のコンクリートを抜く様な工事をしたと言う事ですか?

専有部分が貴方の専有部分だとすると発注者とお話しする事かと思います

被害が実際出ているかどうかですが、目に見えるほど壊れたと言う事は想像が付かないです
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (674/1389)

>分譲マンションの大規模修繕時に工事の影響で天井や壁が壊れ

何が起こってどのようになったのでしょうか?

>隣人がコンクリの壁を貫通させ自宅の給水管を割りました

何故隣人が壁を貫通したのでしょうか?
給水管は質問者様の自宅のですか?


もっとわかってる範囲で詳しく書かないと、全く意味がわかりません。
30分5000円程度の法律相談に行っても軽くあしらわれますよ。


根本的に壊した人が賠償するのが義務でしょう、この場合、内容がわかりませんが、業者や隣人になりますね。
給水管を直接壊したのが隣人ですから、この給水管の賠償は隣人ですね。

質問者様の給水管が壊されたのは、水道メーターの専有部側ですか?共用部(外側)ですか?
専有部と言う質問ですから、警察に被害届けをまずは出すべきだと思います、器物破損ですからね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (773/3793)

大規模修繕時においては、壁や天井が破壊され、隣人がRCの壁をぶち抜いて、給水管を破壊するようなことが想定されません。
大規模修繕時とは外部の工事(外壁塗装、防水のやり換え等足場を組む工事)に限定されます。
違う原因があるのではないでしょうか。管理組合が頼りにならない場合は、建築士に頼んで被害状況を調べて
その資料を持って法律事務所などで相談してください。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ