• ベストアンサー
  • 困ってます

事業税認定損とは?

2月に税務調査があり、2008年3月期(2007年4月~2008年3月)と2010年3月期(2009年4月~2010年3月)の修正申告で事業税931,000円を3月に納付しました。 5月に提出する法人税申告書では別表4の加算欄に931,000円が加算されているのですが、 修正申告で納付した過去の事業税はなぜ加算しなければならないのでしょうか? またこの加算する事業税認定損は繰延税金資産とはどう関わりをもつのでしょうか? 繰延税金資産が増えるのでしょうか?減るのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数11541
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

事業税について繰延税金資産が発生するケースは、未払事業税を計上した場合です。 例えば、2010年3月期の決算で未払事業税を計上した場合、その事業税の税務上の損金算入時期は、確定申告書提出日の属する事業年度ですから、翌期2011年3月期となります。 つまり会計上は2010年3月期に費用として計上しても、税務上はその翌期しか損金に算入されないので、会計と税務に差異が生じるため繰延税金資産を計上します。 ところで、ご質問の2011年3月期において修正申告分の事業税については 会計上は、支払時の費用として計上されており期末には未払事業税はありません。 一方税務上は、既に2010年3月期の損金とされています。(事業税認定損) 従って、2011年3月期の期末には、会計と税務の間に差異は存在しないということです。 2011年3月期の別表4では、最上段の当期純利益には当期に支払った事業税931,000円がマイナスとして反映しています。加算欄で931,000円を加算するのはこれを打ち消すためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。勉強になりました。

関連するQ&A

  • 未払法人事業税について質問です。

    未払法人事業税について質問です。 平成21年の決算で修正申告が発生し、法人事業税を追加で納税する事になりました。 未払いのまま平成22年決算月を迎えるので、未払法人税で計上しますが、未払分の法人事業税は平成22年の損金に加算してよいのでしょうか。 お分かりでしたら教えて頂けると助かります。

  • 法人税について

    いつもありがとうございます。 また、宜敷御願い致します。 先月に、税務調査が入り事業税と消費税の修正申告を済ませました。 一安心と思いきや、『法人税の加算税の賦課決定通知書』が届きました。 事業税、消費税の納付前に税務署が作ってきた、それぞれの修正申告書や別表数枚が送られてきました。 法人税は通知書と納付書しか送られてきていないのですが、 詳細は、問い合わせたらもらえるものでしょうか?

  • 個人事業税について

    個人で青色申告をしているものです。 1.個人事業税は租税公課として経費になるのでしょうか? 2.14年・15年の修正申告を行ったら、個人事業税の増加分があり納入しましたが、本年度の経費として租税公課になりますか?それとも事業主貸になるのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

事業税認定損は、2期以上の修正申告の際発生します。これは事業税が確定申告書の提出日の属する事業年度の損金とされるため、修正1年目の増加事業税は修正2年目の所得計算で減算されるからです。 2010年3月期(2009年4月~2010年3月)の修正申告書別表4を見てください。減算欄に「事業税認定損931,000円」があるはずです。そして別表5-1にもこれに対応した記載があるはずです。 5月に提出する法人税申告書で同額が加算されているのは、これを帳消しにするためです。 なお、繰延税金資産については、2011年3月期では会社決算と税務の差異が解消されているので増減はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 「繰延税金資産については、2011年3月期では会社決算と税務の差異が解消されている」 とは具体的にはどういうことでしょうか? 初歩的な質問でスミマセン。

関連するQ&A

  • 法人事業税・都民税の修正申告書の書き方

    税務調査が入り法人税を修正申告しました。 これに伴い、法人事業税と都民税も修正申告することなります。 東京都に会社があります。 修正申告書(第六号様式)に修正後の納付税額を記載したのですが、ここからすでに納付済の税額を差し引かなければなりません。 それはどこに書けばいいのでしょうか? ちなみに法人税の申告書には「この申告が修正申告の場合」という欄があり、修正後の税額から支払い済みの税額を差し引いて計算するようになっています。 事業税・都民税の申告書にはその欄が見あたりません。 「既に納付の確定した当期分の税額」という欄がそれっぽいのですが、そこに納付済の金額を書いて問題ないでしょうか?

  • 事業税の納付について

    事業税の納付時期についての質問です。 所得税等の確定申告を行えばよいと思っており、 税金の支払いなどにあまり関心を持たずに来てしまいました。 しかし、先ほど専門書を読んでいたら 事業税の納付が年2回(8・11月)と書いてあったので 11月中に納税しなければいけないのかとあせっています。 11月中に納税しなければならないのでしょうか? それとも、確定申告後まで待つべきでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありません。 よろしくお願いします

  • 事業税の誤りを納税直前に気づいた場合

    事業税の誤りを納税直前に気づいた場合 当社は、3月決算の法人です。 H22.3期事業税の税率が変わっていることを納税直前の昨日気付きました。 (200で納付すべき事業税を、下記仕訳の通り300で計算してしまっていた。) 決算書は固まっており、損益計算書の法人税等の額は変更できません。 そのため、以下のような処理としたいと考えておりますが、問題ないでしょうか。 (あるいは、決算書通りの金額で一旦税金を支払い、還付請求をすべきでしょうか。) 1.仕訳 H22.3期決算時の仕訳 法人税等(事業税)300 / 未払法人税 300 *200で計上すべきところ、誤って300としています。 税金納付時(H22.5)の仕訳 未払法人税 200 / 現金 200 未払法人税 100 / 法人税等(事業税)100 2.申告書 税金納付時(H22.5)と合わせて、正しい姿で作成し、提出する。 *納付すべき事業税は200として作成。 *第六号様式のみ修正。法人税関係(別表1、4、5(1)など)は上記のとおり  事業税が変わっても変更なし。

  • 相続税の加算税とは

    相続制の修正申告をした場合、納付すべき税金に対する加算税というのが賦課されますが、なぜ修正申告に対する税金にまた税金が加算されるのですか。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 前期事業税認定損?

    会社の税務を前任から引き継ぎました。 前任が既にいないためわからないことがあり困っています。 決算にあたり税金の計算を行っているのですが、別表4の加算欄に 「前期事業税認定損(前期中間納付の還付金)否認」という項目があったのですが、これの意味しているところがわかりません。 昨年も一昨年もゼロでした。 漠然とした質問で申し訳ございませんが、宜しくお願いします。

  • 税効果会計と繰延税金資産

    税効果会計を適用している場合で、 未払事業税を税効果の対象とした場合、 未払事業税 × 実効税率 = 繰延税金資産 となり これを別表4で減算(全期分は加算:洗替えるため)となります(よね?)。 (仕訳) 繰延税金資産(その他流動)/法人税等調整額 :当期計上 法人税等調整額/繰延税金資産(その他流動) :前期洗替                  ・・・・・・(1)とします。 ただこれ以外に、会社が所有する有価証券の時価が下落しており、その評価差額についても 評価差額 × 実効税率 = 繰延税金資産 を計上しています。 (仕訳)繰延税金資産(投資等)/有価証券     有価証券評価差額金/                  ・・・・・・(2)とします。 上記(1)(2)の繰延税金資産を計上している時、 1. (1)だけを減算(別表4で減算する)し、(2)は減算しないことは出来ますか? 2. やはり(1)(2)両方足した額を別表4で減算しなくてはならないでしょうか? つまり「(1)とともに(2)も減算する」or「(2)の仕訳をやめる」の選択になるのでしょうか? 3. そもそも(1)と(2)は全く別物なのでしょうか? 4. その他正しい別表4への書き方。 どなたか教えてください。。。 ちなみに(その他流動)(投資等) は BSでの表示場所です。 お願いします。

  • 別表4の事業税の扱いについて教えてください。

    別表4の事業税の扱いについて教えてください。 (1)当期利益又は当期欠損の額にはPLの税引後当期純利益を記載しており、加算欄で法人税、県民税、市民税の中間納付額とBSの未払法人税を加算しています。事業税は損金算入なのでここでは加算していません。ここまでは税引後利益を税引前利益の状態に戻すということで理解しています(間違えていたれご指摘ください)。 理解できていないのは減算欄です。加算した未払法人税には未払事業税も含まれているので、未払事業税分をここで減算するということでよいでしょうか?(1)の当期利益は当期の事業税を控除した後の金額なので事業税の中間納付額はここでは何の調整もしなくてよいということでよいでしょうか? そもそも事業税だけなぜ損金算入なのかもよくわかっていません。 以上の3点、よろしくお願いします。

  • 事業税の納付書が来ません

    個人事業主の妻です。1昨年度、事業所得が290万円を越したのですが、昨年事業税の納付書がきませんでした。督促状は届いていないので、納付書をなくしてしまったわけでもないようなのです。すこし自分でインターネットで届かない原因を調べてみたのですが、もしかしたら、都道府県税事務所に個人事業開始申告書を出していなかったのではないかと思い、開業届け等を行った主人に聞いて見ましたが、出したかどうか良く覚えていないようでした。もし提出していなかった場合、ペナルティや事業税の延滞金があるのでしょうか?

  • 未収還付事業税の税効果について

    当期の決算にあたり、未収還付事業税が発生しました。 この場合に申告調整と税効果の方法を教えてください。 申告調整では別表四と別表五の調整は必要なのでしょうか。 税効果では繰延税金負債を計上するのでしょうか。

  • 別表5-2の事業税の申告

    9月決算の同属株式会社です。 今法人税申告の準備をしています。利益が始めて出て事業税の申告をします。 別表5-2の事業税の欄で行き詰まりました。 法人税、住民税の欄には「当期」の欄に「中間」と「確定」がありますが、事業税の「当期」の欄は「中間」だけしかありません。どう申告したらいいのでしょうか。 尚事業税は「法人税・住民税及び事業税」の「未払法人税など」に計上していて、別表4で加算しています。 別表5-2の「当期」の欄に「中間」だけしかないのは、どうしてですか。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう