• ベストアンサー
  • 困ってます

前払金の絡む仕訳処理について

仕入れ会社について以下のように毎月同じ処理をしています。下記の仕訳は先月分です。 仕入  100    受取手形   90 前払金 10    売上      20 ところが、今月については、こちらの売上が多かったのです。 下記の仕訳であっていますでしょうか? 仕入  10     売上   50 当座  50     前払金  10 仮に、廻り手形であれば・・あっていますでしょうか? 仕入  10     売上   50 受取手形 55   前払金  10            前受金  5 また、給料の仕訳ですが、保険料や所得税は預り金にまとめています。 給料100000     当座80010 振込手数料10    預り金20000 これで、あっていると思いますが、支払いは現金の人、振込の人がいます。 分けて仕訳すると、所得税などの預り金も分けないといけないですよね? 預り金は分割しないで合算のままで、現金の人、振込の人を分ける仕訳を1枚で仕留めたいのですがどのような仕訳がありますか? 余談ですが、金利値引きってご存知でしょうか? 手形とかではなく、現金振り込みするから、その分、金利付くやろ?ほんじゃ金利分引いとくはな~ ってかんじの値引きです。 しかも、会社によって2.5パーセントとか・・ 貯金してても、そんな利息つかないですよ・・ 本来、現金や小切手が当たり前で、手形とかは信用で成り立っているものだから、金利分差し引くなんておかしくないですか? 質問攻めで申し訳ございません。 よろしくおねがいします。

noname#241383
noname#241383

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数922
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

仕訳はこれで間違いではありません。 でも老婆心ですが、貴社の仕訳は時々の取引で違う仕訳をしていますね。そのときごとに違うことを考えないといけないのですね。 それよりは、売掛金と買掛金を使って常に同じ仕訳にしたほうが良いのではないでしょうか。 仕入れは何時も買掛金を相手にし、売上は常に売掛金を相手勘定にして計上します。   仕入れ  仕入高  999/買掛金   999   売上   売掛金  999/売上高   999 というようにです。 手形や現金を受け取ったときは原則は売掛金の入金として処理します。 売掛金よりも多く入金したときは、その差額は買掛金と売掛金の相殺とします。 月末に売掛金よりも買掛金のほうが多い場合は、その差額を貴社から先方への支払いをすれば良いのです。 こうすれば常に同じ仕訳になります。 この場合、前受金や前払金は、売掛金と買掛金の残高の差額となります。 ------------------------------------------- (1) 仕入  100 /買掛金  100  売掛金  20 /売上高  20 買掛金  90/受取手形   90 ------------------------------------------- (2) 仕入  10 /買掛金  10  売掛金 50 /売上高  50 当座預金 50/ 売掛金 50 ------------------------------------------- (3) 仕入  10 /買掛金  10  売掛金 50 /売上高  50 受取手形 55/ 売掛金 55 ------------------------------------------- また、給料の仕訳ですが、この仕訳で問題はありません。 当座預金から一度全額(80010)を引き出して現金にしてから、振込の人は振込、現金の人はそのまま渡すと考えれば、別の仕訳したり預かりを分けたりする必要はありません。 支払方法が何であれ会社から現金が流出することは同じですよね。 仕訳上はその方法の区別は不要です。 割引料の件 これは先方との取引で支払条件をどう決めているかによります。通常の条件が手形払いならば、割引料相当額を控除するのは普通に行われています。 通常の条件が現金払いならばこれは契約違反ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 前払金の仕訳について

    初めての投稿です。 よろしくお願いします。 送料込みで仕入代を前払いしました。 仕入代 ¥7,980 送料  ¥1,050 合計  ¥9,030 それに振込手数料が¥315です。 仕訳は 前払金 9,030 / 現金 9,345 手数料  315 / 品物が届いた時点で 仕入 7,980 / 前払金 9,030 荷造運賃 1,050 / この仕訳方でよろしいのでしょうか?

  • 前払金の処理について

    今期(2013.4.1~2014.3.31)に、来期に必要な事務用品等を購入し、仕訳は、前払金/現金で処理しております。 来期になれば例として、事務用品費 100/前払金 105 で処理しようと考えております。                仮払消費税  5 上記の処理で特に問題ありませんでしょうか。 それとも、今期に仮払消費税を抜かないといけないのでしょうか。 ご教授の程宜しくお願い致します。

  • 簿記3級 訂正仕訳についてお願いします。

    (1)仕入先千葉商店に対する買掛金¥100,000を    小切手を振り出して支払った際、誤って仕入勘定に    計上していた。 自己回答:仕入  100,000       当座預金 100,000 ■回答例 誤った仕訳の逆仕訳:当座預金  100,000    仕   入  100,000 正しい仕訳      :買掛金    100,000    当座預金  100,000 訂正仕訳       :買掛金    100,000    仕   入  100,000 (2)得意先神奈川商店よりの当座預金口座への振込額¥75,000は    受取手形の回収にかかわるものであったが、    売掛金の入金として誤って処理されていたことが判明した。 自己回答:売掛金 75,000     当座預金 75,000 ■回答例 誤った仕訳の逆仕訳:売掛金    75,000    当座預金  75,000 正しい仕訳      :当座預金   75,000    受取手形  75,000 訂正仕訳       :売掛金    75,000    受取手形  75,000 (1)、(2)とも当座預金だけが相殺されているのですが… どうしてこうなるのかわかりません。 どうか詳しい説明を お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • wret615
  • ベストアンサー率34% (133/386)

仕入と売上の仕訳のほうは、先月の前払金を今月に入って取り崩してええいうことなら、両方とも合うてるよ。 預り金の仕訳のほうは、合算でもええ。仕訳は、当座のところを現金と当座とに分ける感じな。 手形は、その通りなんやけど、金払う側の立場が強いと自分らに有利な条件出しよってくるいうことや。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おにいちゃん、ありがとう。

関連するQ&A

  • ファクタリングにおける仕訳処理

    近日中に手形受取をしていた得意先からの回収処理をファクタリング方式に変更予定ですが、実際の仕訳処理はどのようにするのでしょうか? 採用するファクタリング方式は個別方式です。また、ファクタリング会社は得意先の関連会社です。 従来なら、売掛金と受取手形で仕訳し、期日には受取手形と当座預金へ仕訳し、割引処理を実行した場合は、まず、通常通り、売掛金と受取手形に仕訳、その後、当座預金と割引手形に仕訳し、決済期日に割引手形と受取手形に仕訳しておりました。ファクタリングは債権をファクタリング会社に譲渡する契約なので、手形発行日に債権は売掛先ではなく、ファクタリング会社に移動しますよね。まず、割引処理を行わない(期日に振り込まれる)場合は、手形決済期日に銀行預金と売掛金の振り替えでしょうか?また、希望日に現金化を行う(いわゆる割引相当の処理)場合は、当社にとっては「受取手形の存在がない」のですがどのようにすればよいのでしょうか?ご教授願います。

  • 複数仕訳帳制6分法の場合の二重仕訳について

    お世話になります。商業簿記の勉強を独学で進めていて、そのまま単純に記憶してスルーしてしまえば良いのですが、何となく釈然しないのでお伺いいたします。 4分法で二重仕訳となるケースは、現金売上と現金仕入の場合とのことですが、これは、現金出納帳、売上帳、仕入帳と重複してしまうからと素直に理解出来るのですが、6分法の場合は、現金売上、現金仕入、手形売上、手形仕入の4つのみ二重仕訳となる理由が分かりません。他にも現金受取手形や支払手形現金の場合もそれぞれ記入して重複して仕訳してしまいような気がするのですが、考え方の根本が間違っているのでしょうか? お暇な時にお教え下さい。

  • 第2問の帳簿組織 二重仕訳の見つけ方

    連続投稿失礼します。 特殊仕訳帳と普通仕訳帳から二重仕訳を探すのに一苦労しています。 ところで思ったのですが 金額が違っていても 勘定科目が貸借一緒なら二重仕訳と判断してもいいのでしょうか? 例えて言うなら ・現金出納帳(借方)売上欄合計 24,000 ・売上帳 現金欄合計      24,000 は2重仕訳とすぐ判断できますが、 ・当座預金出納帳(借方)受取手形欄合計 49,000 ・普通仕訳帳 (借)当座預金 19,000 (貸)受取手形  20,000 手形売却損   1,000 も記載されている金額は違えど 「当座預金」「受取手形」の勘定科目がかぶっているから 2重仕訳と判断してもいいのでしょうか? 何か見分けるコツはありますか? ちなみにこの例題は日商2級の過去問117回の問題です。 ご教授よろしくお願いします。

  • 前払金?仮払金?それとも・・・

    皆さん教えてください。 法人の仕訳について ネット広告等について相手先の口座に一定額をプールして、毎日利用した分だけ プールした口座から引落されていく場合の (1)入金時の仕訳は 前払金/現金 ? (2)引落しされたとき 広告宣伝費/前払金 ? という仕訳でいいのでしょうか?加えて、毎日引落されるようなのですが、1ヶ月分まとめて振替てもよいのでしょうか? さらに、次月に入金する時に前月残プラス今月分で一定額とする場合はどのように振替を起こせばよいのでしょうか? 小口現金のインプレストシステムのようなイメージだと思うのですが、どのようにすれば よいのか分かりません。

  • 特殊仕訳帳の「手形割引の手取額」とは?

    商業簿記 2級の 116回目の問題がわかりません。 (A)1月中の取引を記入した各特殊仕訳帳 (1)当座預金出納帳 (借方) 売上欄合計   ¥70,000      受取手形欄合計 ¥460,000 諸口欄 {内訳:手形割引の手取額  ¥98,800 これだけでどうして 当座 ¥98,800/受取手形 ¥98,800 になるのでしょう!?? あと、 当座 ¥98,800/受取手形 ¥98,800 の仕訳になるなら 諸口欄ではなく 受取手形欄合計 に含めないのはなぜですか? 問題の一部しか転記せず、わかり辛くてすいません。 ご教授よろしくお願い致します。

  • 不渡手形の決済の仕訳がわかりません

    受取手形が不渡りとなった場合、次のような書き方をするとします。 不渡手形 32000 受取手形 30000          現金   2000 ※現金2000は支払拒絶証書の作成費用 ここまでは理解できるのですが、決済の仕訳が次のようになるのが分かりません。 当座預金 32000 不渡手形 32000 この仕訳は何を意味しているのでしょうか? 不渡りなのに当座預金が増える? 不渡手形を決済する、とはどういうことでしょうか?

  • 受取手形の仕訳について

    初歩的な質問で申し訳ないのですが、教えて下さい。 受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳するのですが、 その手形を割引した時、当座/割引手形と仕訳します。 さらにその手形を裏書した時は、買掛金/裏書手形と仕訳します。 そういう仕訳では受取手形が残ったままになるのではないでしょうか? 宜しくご指導下さい。

  • 相殺仕訳を教えてください。

    相殺仕訳を教えてください。 売上代金をいつも手形で支払ってもらってる所から今回 伝票代が売上代金から相殺されました。 その際の仕訳はどうしたら良いのでしょうか? いつもは書留手数料のみが売上代金から相殺されてるので 受取手形 900 / 売掛金 1,000 手数料 100 手形決済時に 預金 900 / 受取手形 900 今回は専用伝票代まで相殺になってるのでどうしたら良いのでしょうか? 受取手形 800 / 売掛金 1,000 ○○ 100 手数料 100 この○○の部分の伝票代の科目を教えて下さい。 また○○の部分の科目は、課税売上分一般仕入として処理するのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 仕訳について

    ある問題集に掲載されていた問題で、わからない仕訳があるので、教えてください。簿記3級の模擬問題です。 1.日本商工銀行から¥1,000,000を借り入れ、約束手形を振り出した。なお利息¥8,000を差し引かれ、手取金は同行の当座預金に振り込まれた。  解答 借 当座預金 992,000   貸 借入金 1,000,000       支払利息 8,000 私の間違った解答        貸 支払手形 1,000,000 2.原価¥280,000の商品を¥400,000で売り上げ、代金のうち、¥150,000は当店の仕入先を名宛人とする為替手形(引受済)で受け取り、残額は掛けとした。  解答 借 売掛金 200,000   貸 売上 400,000       受取手形 200,000 私の間違った解答        貸 売上  280,000                    商品売却益 120,000 2問とも貸方の仕訳を間違えたのですが、どうしていけないのか、教えて下さい。

  • 簿記3級【前払金】の仕訳について

    タイトル通りですが、仕訳について質問がありますので宜しくお願い致します。 ≪問題≫ A商店は、B商店に商品¥200,000を購入する約束をし、手付金¥40,000を現金で支払った。 <B商店の仕訳> (前払金)40,000  (現金)40,000 後日、商品を受取り代金は掛とした。 (仕入) 200,000 (前払金)40,000           (買掛金)160,000 と問題集(学校が独自に作成した問題)の回答はなっていたのですが、 これってA商店の仕訳なのでは無いかと思うのですが、どうなんでしょうか? 凄く簡単な問題ですが、問題集の回答がこうなっている為、へんに混乱しています。 宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう