解決済み

活断層や液状化のハザードマップはどこにあるの?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6592696
  • 閲覧数2646
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 99% (3116/3126)

震度7クラスの大地震に備え、自宅周辺のハザードマップを見て、避難方法をシミュレーションしたいのですが、国土交通省のハザードマップhttp://disapotal.gsi.go.jp/ を見ても、津波ハザードマップのほかには、洪水・ 内水・高潮・土砂災害・火山の各ハザードマップがあるだけで、地震にはあまり関係がないようです。

阪神大震災では、道ひとつ隔てて、活断層の走っている方では犠牲者が出、そうでない方では無事だったという報告がありますし、元々埋立地だった東京都江東区のような所では、液状化現象が起こるとも言われています。

このようなハザードマップは、どこにあるのでしょうか? あまり一般に公表すると、不安を煽るということで公表されていないのでしょうか? それとも、一旦危ないと思われると土地が売れないから、不動産業界からの差し金があるのでしょうか?

それでもどうしても知りたい場合、地域ごとの安全対策・避難対策は、区役所や自治会でどの程度教えてもらえるものでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (2858/11130)

江東区なら区役所の土木課等、インフラを担当する部署へ行けば必ずある筈です。しかし、活断層がどこにあるかを見たところで殆ど何の役にも立ちませんよ。日本の殆どの地方は活断層で真っ赤と言っていいくらいです。これを避けてなんてことはナンセンスです。阪神大震災で道一つ違ったら被害が全然違ったというのは断層の有無ではなく、地盤の土質、岩の種類が違っていることが原因でした。寧ろ地層図を見た方がいいかも知れませんよ。液状化はこれじゃないと分りません。液状化と活断層とは殆ど無関係です。
補足コメント
oozora2000

お礼率 99% (3116/3126)

区役所で洪水及び大雨浸水のハザードマップを入手してきました。
但し、一番欲しかった液状化現象のハザードマップはありませんでした。
逆に言うと、下町なので、全域、液状化現象のハザード地域と言えるのかもしれません。
投稿日時 - 2011-03-16 20:22:27
お礼コメント
oozora2000

お礼率 99% (3116/3126)

有難うございます。区役所に行って、ハザードマップを入手し、話を聞いて来たいと思います。
又、「防災マップ」ならネットで入手できたので、活用いたします。

日本の殆どの地方は活断層で真っ赤ということなら、むしろ、地盤の土質、岩の種類を注意すべきなのですね。建築段階で、地盤はよく確認することを心がけます。
投稿日時 - 2011-03-14 21:15:50
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ