• 締切済み
  • 困ってます

すみませんもう1問お願いします

位相空間の質問です (X,O)を位相空間、A⊂Xを空でないコンパクト集合とする。任意の実数値連続写像 f:A→R^1はA上で最大値と最小値をもつことを 示したいです。教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数9
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

あなたは実数直線の位相について何を知っていますか?補足にどうぞ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「 f を集合 X から 位相空間(Y、U)への全射とするとき、以下を

    「 f を集合 X から 位相空間(Y、U)への全射とするとき、以下を示せ。 1.T={ f^-1(u)|uはUに含まれる}とおくとき、TはX上の位相である。 2.Tは f を(X、T)から(Y、U)への連続写像とするX上の最小の位相である。」 という問題についての質問です。 まず、1番は 位相の三つの条件を一つずつチェックして行けば良いので、大体はわかったのですが、 最も基本的な条件である、「Tが空集合とX自身を含む」というのが示せませんでした。これはどのようにして示すのでしょうか? それから、2番について、連続写像であることは f の定義の仕方から明らかだと思うのですが、 「最小の位相である」という部分はどのようにして示せばよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 Yの任意の部分集合Bに対して、全射より f^(-1)(i(B))⊂i(f^(-1)(B)) になるので、fは連続写像である(手持ちのテキストにより)。よって題意がなりたつ。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

  • 写像の一致とは??

    f,gを位相空間SからRへの(実数値)連続写像とする。 Sが距離空間と仮定して、Sの至るところ稠密な部分集合D上でfとgが一致するなら(つまりf|_D=g|_D)、fとgはS上全体で一致する(つまり同じ写像)を示せ。また一般の位相空間に対しても成り立つことを示せ。 この問題で、写像の一致とはなにをしめせばいいか、どのように用いればいいのかわかりません。教えてください。

  • 位相空間についての質問

    次の集合論・位相空間論の問題が分かりません。教えていただけると嬉しいです。 (X,d)を距離空間f:X→Xを連続写像とする。 {K_n}(n≧1)を空でないコンパクト集合の列で f(K_n)⊃K_(n+1)が全てのn∈Nについて成立するとする。 このとき空でないコンパクト集合Kでf(K)=Kとなるものが存在することを示せ。

  • 位相空間における連続写像の条件について

    (X,T),(Y,U)を位相空間とし、fをXからYへの写像とする。 このとき、Xの部分集合Aに対し、f(cl(A))⊂cl(f(A))ならば、 fが(X,T)から(Y,U)への連続写像であるといえますか? ※cl(A)はAの閉包を示す。

  • 有限集合からなる位相空間における写像の連続性

    ある位相空間Xから別の位相空間Yへの写像fが連続であるとは、Yの任意の開集合Oの逆像f^-1(O)が開集合であると定義されていると思いますが、この定義に従うと、有限集合に位相を入れた位相空間Xからの別の位相空間Yへの写像は、位相空間Xの集合が全部開集合となり、必ず連続になるのでしょうか。

  • 集合と位相

    位相空間X、Yの間の2個の連続写像が稠密な部分集合の上で一致すれば2個の写像は等しい。という命題なのですがYがハウスドルフ空間という条件がないので正しくないということまではわかりました。あと反例も探しているのですがイメージがよくわかなくて反例がわかりません。X、Yと二個の連続写像それぞれに具体的なものを当てはめるのですか?助けてください

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 (O1)Uは位相なので、Y、φ∈Uである。fは全射なのでX、φ∈Tである。 (O2)Uは位相なので任意のVの和集合はUの元である。fは全射なので、Tの任意の元Sの和集合はTの元である。 (O3)Uは位相なので有限個の任意のVの共通集合はUの元である。fは全射なので、Tの有限個の任意の元SはTの元である。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

  • 位相空間の収束の問題

    fを位相空間Xから実数Rへの連続写像、A⊂Xとする。任意のx∈Aに対して、f(x)=0のとき、任意のx∈A'(A':Aの閉包)に対して、f(x)=0であることを示したいのですが…よくわかりません。 A'がAの閉包ということは、A'はAを含む最小のXの閉集合なので、今の条件のとき、A'についてもf(x)=0が言えるのかな…ということはわかるのですが、きちんと文章にして示すことができません。 回答よろしくお願いします。。。

  • 位相の問題です。

    位相の問題です。 X:位相空間 X^2:積空間 A:X^2の部分空間 A= {(x,x)∈X^2 | x∈X}とXは同相である事を示せ。 写像 f:X→A とするとf:x→(x,x) (x∈X) と置けば明らかに全単射なのですが fもf^-1連続写像である事をどう証明するのかわかりません。 分かる方いましたらよろしくお願いいたします <(_ _)>