• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険・医療保険は何歳まで加入しておくのがいい?

初歩的な質問です。 (1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか? (2)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか? (3)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか? 宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数14456
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

>(1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか?  どちらも何歳に加入というものではありません。一定条件に当てはまる場合に加入を検討しなければならないと受け取られたほうが良いかと。  まず生命保険ですが、質問者様がお亡くなりの場合に生活に支障をきたす人に保障額を残すというのが基本的な仕組みです。このためお子様など扶養する人ができた時点で加入を考えます。  保障のみなら定期保険、貯蓄を兼ね備えるのなら終身保険になります。しかし同額の保障だと終身保険の場合、月々の保険料が結構高額になります。保険料が生活を圧迫するようでは本末転倒ですので個人的には定期保険をおすすめします。貯蓄は素直に定期預金なので行ったほうが無難です。なお保障期間は子どもが独立するまでが妥当と思います。  次に医療保険ですが、質問者様が怪我や病気にかかった際に高額になる治療費の一部または全部をサポートするというのが基本的な仕組みです。このため一定額以上の治療費をサポートして欲しいと考えた時に加入を考えます。  ただ貯蓄で治療費をカバーする、高額療養費制度があるので必要はないという選択肢もあります。この辺りは個人の好みになるでしょうか。加入時の注意としては入院日額より入院限度日数を重視(特定疾病は入院日数が短くなっていますが骨折等は比較的長い)することです。また必要であれば先進医療特約を考えてみてください。なお保障期間は一番必要な老後をカバーするため終身にするのが妥当と思います。  あと保険料については考え方なのですが保障内容や保障される年齢が同一であれば早く支払うにしても遅く支払いにしても支払総額はそれほど差異はありません。たしかに早く払い出せば一回あたりの額は少ないのですけど。 >(2)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか?  別々が無難です。死亡保障と医療保障は保障内容が違うと同時に保障されたい期間も異なるからです。 >(3)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか?  保険は保障という考え方ですので、この中ですと保険料が10年おきに更新される定期保険が良いかと。まず月々に支払う保険料は安価です。また必要な保障額は年齢を重ねるにつれ少なくなるので更新時に見直せば無駄がないと思うからです。  貯蓄性を求めるなら終身保険でしょうが、付加保険料(保険会社の手数料)部分が大きく現状の利率を考えるとあまりおすすめは出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生命保険教えて下さい。

    夫の生命保険を考えているのですが 知識がなく苦労しています。現在加入は県民共済だけです。 日本生命に学資保険や夫の親が掛けている保険(被保険者は夫)があるのでステージ割引も考えて、日本生命に加入を検討しています。 私としては定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが 進められるのは新生きる力EXでとても特約が多く難解で保険料も高い気がします。 私のこの考えで(定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが)ニッセイでは保険は組めない?のでしょうか。。。 出来ないとは言わないのですが、希望の設計書を作ってくれません。。。 希望の金額は満たしているのですが特約が多いです。この特約要りませんというと、この特約がないと生きる力は組めないです…などとおしゃるのですが 私は生きる力にこだわってはおりません。 あまりに無知な質問でお恥ずかしいのですが宜しくお願い致します。

  • 生命保険か医療保険への加入を検討しています

    現在保険への加入を検討しています。20代半ばで、未婚、過去に病気はしたことがありません。 まだ調べ始めたばかりなのですが、人に聞いたり、webを読んだりしたのですが、とりあえず気になった点が何点かありますので、アドバイスを頂ければ幸いです。 なお事情で貯金をつかってしまったこともあり、2、3年は経済的にあまり余裕がありません。なるべく保険料は安くしたいと考えています。 1・会社が契約している会社にしたほうがいいのか  会社で契約している保険会社が数社あるようです。最初は団体割引がきくから会社で契約しているところがいいだろうと思っていたのですが、少し詳しい人にきいてみると、団体割引でもそんなに安くなるわけではないし、今は外資のア○○などがかなり安いプランを出しているので、自分が若かったらそうしたかもしれないとのことでした。実際、会社で契約している保険会社に入るとどの程度のメリットがあるのでしょうか? 外交員の方はみなさん感じがいい方ばかりだったので、その面では安心できますが・・。 2・生命保険に入るか医療保険だけにするか  とりあえず生命保険は結婚してからにして、医療保険だけに入ろうかと考えています。 しかし保険は若いほど料金が安くなるようなので、今から入っておいたほうがいいのかという気もするのですが、どうでしょうか。結婚は5年後を一応のめどに考えています。 3・終身にするか定期にするか  生命保険に入るならば掛け捨ての終身にすると思うのですが、医療保険だけにした場合、どちらにするか迷っています。医療保険を終身で入ってしまうと、あとで医療保険もセットになった生命保険に入った時に損になるでしょうか? 以上3点です。文字数制限があったこともありまた改めてお聞きするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 生命保険の加入

    27歳の主婦です。4ヶ月前に出産し、子供の事も考え生命保険を検討中です。 主人は29歳で月々の収入も少なく、ボーナスもありません。私も今年中には復帰予定ですが、今後状況によって辞める可能性もあります。 夫婦それぞれ県民共済に加入しており、主人だけご両親が18歳から掛けているガンだけのアメリカンファミリーにそのまま入っています。 初めは定期付き終身保険を検討していましたが、更新の時期に定期部分を削りたい場合や転換したい時、かなり骨が折れる作業か必要なイメージがあるのです。 というのも子供が大きくなればそんなに保障はいらないので、お葬式代だけあればいいんじゃないのかな、、と思っています、、。 もし主人に何かあった場合、死亡保障はまだ子供も1人なので先15年位は1000万から1500万くらいで十分に思えます。加入している県民共済のコースでは死亡保障がその額にはならないのでもうひとつ医療の定期保険に入って死亡保障をプラスし見直ししていくのが良いのかな?と思っています。 そんな折某生命保険会社ではガンになったら生涯保険料はいただきませんなんていうのを見ると、やっぱり定期付き終身保険の方が良いのかな、、など迷ってしまいます。 主人の場合アメリカンファミリーもありますから定期付き終身保険に今からはいるなら解約した方が良さそうですし、解約せずそのままならそのような商品が良いのでしょうか、、。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

生命保険専門のFPです。 (Q)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか? (A)死亡保険には、2つの考え方があります。 (1)遺族保障。 (2)老後資金。 の2つです。 純粋な遺族保障ならば、子供が独立するまで、または、配偶者が 老齢年金を受け取れるまでなど、いろいろな考え方がありますが、 いずれにしても、キャッシュフロー表などでマネープランを確認すれば、 いつまで必要なのか、計算可能です。 老後資金のための終身保険の場合、単純にいつまでとは言えないでしょう。 老後資金の確保は、保険以外にも、貯蓄や投資など様々な方法があり、 多くの人は、それらを組み合わせていますから。 医療保険の場合、基本的に終身です。 医療費とは、純粋な医療費の他に、交通費、差額ベッド代、食事代、 雑費など色々なものが含まれます。 純粋な医療費は、70歳以降は1割負担……とは言えません。 かつては、無料だったのが、今は、最低でも1割負担です。 将来、全てが3割負担となっても不思議はありません。 高額療養費制度の考え方も変わる可能性があります。 貯蓄で……という考え方もありますが、いくら必要なのか、 誰も正解を言えません。 将来のことなので、正解が言えるはずがないのです。 70歳から、死ぬまでに、120日の入院を3回する…… とは、誰も言えません。 しないとも、言えません。 わからないのです。ならば、それを保険と言う形で保障しておくことは マネープランを立てる上で、わかりやすく、便利です。 (Q)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか? (A)別々です。 目的の異なる保障は、保険も別々にするのが基本です。 一緒にしておくと、生命保険を見直すために、見直しの必要のない 医療保障(特約)まで、見直さなければならないという不都合が 生じる場合があります。 (Q)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか? (A)どれが良いではなく、どのように組み合わせるか、ということです。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

(1) 死亡保障は、あなたが死亡した場合、 あなたの死亡保険金がないと経済的に生活が成り立たない人がいる年齢まで。 一般的に、家族のある世帯主の場合、 子供が成人(または学業終了時)まで。 医療保険は、老人医療の助成制度が始まる70歳まで。 70歳以降は、医療費がいくら高額になっても 自己負担の上限額は医療保険に保険料を払うよりもはるかに少なくて済むので。 (2) 別々。 死亡保障と医療保障、必要とする期間が異なるので。 (3) 死亡保障は必要な期間をカバーするためなので更新しないタイプ。 医療保険は70歳でやめることを前提にして10年更新タイプ(見直しが面倒なら70歳満了)。 掛け捨てでないといわれる終身保険は、 死亡保障として持ち続けるには保険料が高すぎます。 何十年先の死亡保障のために今の家計を犠牲にしてまで入るほどの価値は 今の終身保険にはありませんのでおススメできませんね。 いい保険選びをしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

(1)お早目の加入をお薦め致します。 その理由は、若ければ保険料も安いことがひとつ。  もうひとつ、「保険」に加入するには、体に関する「告知」が必要な場合が多いからです。 入りたいのに入れない、という状況もよくあることです。 (2)保障内容に納得できればわざわざ別にしなくても良いかも。 注意すべきは「家族型」。みんなで一緒で安いのが特徴です。さて契約者であり被保険者である方に万が一の場合、保険金が支払われますが、「オマケ」のようになっているご家族の保障もそこでストップ。加入しなおすことになります。 (3)2番目の保険料はそのまま・・・というのはおそらく更新なしで65歳まで、などの定期保険でしょうか。3番目の終身保険についても保障が定期保険の額と近ければ、おっしゃった順番で保険料はお高くなってまいります。年齢や事情により必要な保障は違いますから一概には言えませんが、お若いうちの保障は扶養家族がおありなら定期保険は必要でしょう。終身保険部分が一緒のタイプもあります。 お話出てなかったですが、介護状態になった場合の保障も今の時代不可欠になってきています。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

医療保険は一生保障のある、終身タイプがよいです。 ただ、保険料が高いです。 そこで、パンフレットをよくみてみましょう。 以前は、一度の入院で720日保障されるものが主流でした。 でも、今はトータルで720日保障されても、一度の入院では60日までなどというものがあります。また、一度に30日まででも、ガンや生活習慣病では長期間保障など。 そのようなものは、かなり保険料が安いので、続けやすいです。 通常の入院では、費用も安く、あまり困りませんが、ガンの場合はお金もかかるし、長引いて困ります。 ですから、医療保険はある程度の年齢までで、ガン保険の終身に入っていれば、保険料も大した負担ではないかと思います。 生命保険は、終身がよいといっても、高額保障では保険料が高いです。 誰かを養わなければならないとか、自分に万が一のことがあれば相続税が心配だという必要性で検討しましょう。 一千万円程度の終身保障にする位なら、その位の貯金をしたほうがよいです。 高額保障は誰かを養う必要がある間だけでよいでしょう。 生命保険と医療保険は別にしておくのがよいです。 必要性が違うからです。 たとえば、医療保険は、もし入院保障の限度額一杯つかってしまえば、継続する必要がありません。 また、高額の死亡保障の必要がなくなっても、医療保障は必要だったりします。 また、医療保険は日々新しい商品が開発されています。 たとえば、ずっと昔は、入院保障は20日以上しか給付の対象ではありませんでした。 そのうち、5日以上が対象となり、今では日帰り入院ですら対象となります。 ガンや生活習慣病だと多く給付されるものも、最近のことです。 基本的に医療保障は自分のためのもの。 死亡保障は受取人のためのもの。 ですから、結婚や離婚で見直しが必要となりますので、医療保障と分けた方がよいです。 高額の死亡保障は、必要性によって増額や減額、解約しますので、定期タイプでよいです。 お金を貯めたり、ずっと保障が必要なら終身。 医療保険は終身がよいです。 高齢になって高額の保険料を払うのは大変ですから、保険料も安いうちに終身でね。 ・・・もしや、「何歳まで」って、 「保障が何歳まで」ではなく、 「何歳までに加入しておく」っていう意味でしょうか? でしたら、医療保険は今すぐ。 死亡保障は必要になってから、です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 医療保険、生命保険の基礎的な考え方・・

    医療保険、生命保険の基礎的な考え方・・ 夫(25才)私(22歳)の保険加入を検討しています。医療保険と生命保険は両方加入するべきでしょうか?最近は生命保険の特約で医療保険のような保障が付いた商品があるようなので、もうどんな保険を選べばいいのか分からなくなってしまいます。 あと、医療保険については色々と資料を見ましたので、定期(掛け捨て)と終身があるのは分かっています。生命保険も医療保険と同じような仕組みなのでしょうか?

  • 生命保険・医療保険について

    30代前半の夫婦で現在子供はいません。 それぞれ保険に加入していますが今後のことも考え最適かどうか保険の窓口へ相談に行きました。 主人は掛け捨ての保険で15年更新です。満期を迎えた後の保障がガクッと下がるので主人に万が一があった時に不安に感じました。 私(妻)は県民共済加入で、病院にお世話になった場合少しながら保障があるのと万が一の場合、葬儀代が出ればいいと考えていました。 FPの説明によると私の年齢では共済の内容は向いていないとのこと。 50代ぐらいの方が+@で付けるのが向いていると説明されました。 生命保険と医療保険と検討しているのですが 主人は死亡3.000万円のもの(終身保険・低解約返戻金型)払込期間:60歳で月々57.000円ほど。 私は死亡300万円で月5.000円程です。 私(妻)の分は主婦なので余裕があれば加入した方がいいという話でした。 医療保険はお互い身内にガンで亡くなった方がいるのでガン保障が強い内容で検討しています。 入院1万円(通院も)一時金100万円です。終身払いで月6.000円ほど/一人当たり(掛け捨て) 以上の内容で提案してもらいました。 保険全般無知なのですが掛け捨ては勿体ない気がして貯蓄がてら終身保険で補償してもらうのがいいのかな?と率直に考えています。(と言っても提案してもらった医療保険は掛け捨てタイプ) ただ今まで支払っていた保険料より4倍ぐらい上がるので悩んでいます。 現在の家族構成での死亡保険は多くて2.000万円くらいあれば十分過ぎるのではないかと思います。 今は毎月の保険料・会社の積立・給与の中からの貯蓄と分けて考えていますが、 仮に終身保険にした場合はまとめて考えていけば払っていけるのかなと思います。 会社の積立も利率が良ければ継続してもいいのですが、ただ積立てるだけの状況なら終身保険に回したほうがいいのかな?と考えています。 ただ積立金は所得税の対象にはならないので、保険料の控除等を考えても回した方がいいものなのかと思っています。 質問の内容が分かりづらいかもしれませんが・・・アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 生命保険について

    24の男なんですが、現在入社して間もないころに入った生命保険(ニッ○イ)を持っています。 その保険は死亡保障に医療保障がついた終身保険です。 そして、最近違う会社(住○生命)から、終身保険を勧められています。 現在、独身で配偶者はいないので終身保険は無駄ではないかと思うようになって、医療保険だけでもいいのではと思っています。 そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

  • 生命保険・医療保険の見直し

    家族構成は夫31歳、私32歳、娘1歳です。 現在は郵便局の簡易保険に主人(500万円の死亡保障・43歳まで/15年満期型・100万円給付)と私(500万円の死亡保障・49歳まで20年満期型)がそれぞれ加入していて、どちらも災害・疾病入院特約(日額7,500円)が付いています。 主人の死亡保障を厚くし、医療保障の充実が目的です。 (1)簡保の特約が掛け捨てなので、そこを解約して、変わりに終身医療保障を新たに加入すること。 →夫婦型の終身医療保険に入るか、夫と私それぞれに65歳以降は保険料が半額になる、というあの保険に加入し、私の分だけ女性特有の病気をカバーする特約に入るか迷っています。この「半分になる」のは、高度障害になったときの保険がないようなことが書かれていたことです。これはカバーされている方が良いのでしょうか。 (2)終身保険は高いので、夫の簡保の満期までは、1,500万円の保障がつく定期保険に入る。一年のズレがあるけれど、簡保が満期になった時に終身に入りなおす。 まず、簡保の特約部分を解約する、ということは不利でしょうか? そして(2)についてですが、定期保険を更新していくと、年齢によって掛け金が上がるし、もらえる保険金も年齢が上がると少なくなるところが多かった(全て?)ので、結局もったいないかな、と思ったからです。 しかしながら43歳から契約すると、終身保険も掛け金が上がるので、今のうちに契約する方が良いものか迷ったりもします。 でも、簡保の支払いがあるので更に終身保険の支払いは家計上無理なので、上に書いたプランを思いつきました。 又は、思い切って簡保を全て解約して・・・とも考えたのですが、平成14年の夏から支払いはじめてるので、まだ4年も経たないために解約払戻金はわずかでしょうし。掛け捨てだったと思って解約して、新たに契約しなおす方が得なのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 生命保険と終身医療保険の組み合わせについて。

    生命保険と終身医療保険の組み合わせについて。 こんにちは。今保険のかけかえについて検討しているのでご意見お聞かせください。 私25歳、現在妊娠9ヶ月、夫26歳、非喫煙 もうすぐ子供が生まれるので保険をきちんとしようと思い、調べています。 先日ソニー生命のFPさんに来ていただきライフプランニングをしてもらった上で、 生命保険と医療保険の提案をしていただきました。すべてソニーです。 夫 生命保険:家族収入保険(定額型) 年金月額16万円 保険期間60歳まで       :リビングベネフィット(生前給付特約付・終身)死亡・三大成人病・高度障害200万円   医療保険:総合医療保険120日型(終身) 入院日額7000円 死亡保障70万円 私 医療保険:総合医療保険120日型(終身) 入院日額7000円 死亡保障70万円  生命保険は定期型と終身と組み合わせる形なのですが、リビングベネフィットは「葬儀代として」という形での提案だったので必要ないか、とも思っています。 これは60歳を過ぎれば解約しても原本割れはしない保険で貯蓄としての役割もあると言われたのですが、老後資金としては少しずつですが財形と個人年金を別に職場で貯めていますし、まずは子供の学費とマイホームの頭金のための貯蓄に力を入れたほうがいいのでは、と思い・・・。 また、この四つを合わせると月額が17500円ほどになり 現在入っている保険(掛け捨ての生命・医療など)に払っている金額より少々負担増なのです。 リビング~を取ると13000円ほどで負担減、しかも保険料は生涯変わらず、終身200万の部分以外は保障内容が厚くなるので悪くないなと思っています。 定期型生命保険で60歳までの死亡保障がある場合、 終身で200万の保障を別につけるというのは必要でしょうか? もしくは生命保険は終身で入るほうがいいのでしょうか。 また、同じような保障内容でより安い保険会社やプランがあれば教えていただきたいです。 めぼしをつけて比較しようにも保険は会社も多く種類も多くどれも複雑で、どうにもよくわからないのです。 ほけんの窓口などにも行ってみようとは思っているのですが・・・。 よろしくお願いします。

  • 終身保険と医療保険について

    こんばんは。終身保険500万円、医療保険を第一生命に相談しました。 終身保険は解約するつもりは無いこと、医療保険は10年ごとには見直したほうが良いのではと思っていることを伝えたところ、終身生命保険と、死亡保険を最小限にした堂々人生の計2口をすすめられました。 意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

  • 1カ月程度のつなぎの生命保険

    先日保険の見直しをし、終身医療保険に加入しました。つづいて死亡などの場合のために生命保険に加入手続き中なのですが、まだ1カ月程度かかるかもしれません。まだ定期付き終身保険には加入しているのですが、近々解約します。(生保が契約できるまで待てない理由がありまして)この空白の期間だけ加入できる生命保険はないでしょうか?旅行に行くときなどにかける傷害保険がありますが、あれって旅行以外の目的では無理でしょうか?

  • (生命保険)払い済み保険とは

    払い済み保険は各生命保険会社によって違うと思いますが、予備知識として一般的な話を聞きたいと思います。 約15年払った「終身保険(2000万)+定期保険(2000万)+災害・傷害特約(2000万)」+医療保険(死亡50万)があります。払込終了(65歳)まで20年近くあります。 今ですと、解約返礼金が約300万あります。 (1)払い済み保険はどこの保険会社でもやっているものなのですか? (2)払い済み保険は終身保険、定期保険、医療保険どれにでも適用できるのですか?また、一部に適用できるのですか? (3)払い済み保険にできる基準はどんなものでしょうか? (4)上記のような保険は払い済み保険にできますか?

  • 生命保険の最低保障金額について

    生命保険の最低保障金額について教えて下さい。 現在23歳で、終身保険、終身医療保険に加入したいと思っています。 ライフプランでは終身保険は500万円あれば十分です。 しかしその旨をN本生命のセールスレディの方に告げたところ、 保障の合計金額が2000万円を超えないといけないとの事。 定期保険で2000万は普通だと思いますが、終身保険の保険料が割高なので終身保険の500万円込みで2000万(三大疾病等合わせて)にするにはライフプランに合いません。 各保険会社で最低保障金額は違うのでしょうか? 例えば、1000万円から入れる会社はありますでしょうか? また、会社にかかわらず、終身保険に入る上でいい方法がありましたらご教授願えればと思います。よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    初めまして、生命保険の見直しを考えています。 50歳、独身女性、子供無しです。 加入保険内容 種類        金額   払込期間  保険期間 終身保険(主契約)…600万   25年     終身 定期保険特約・・・・1900万   25年     25年 医療保険EVER HALF       終身     終身 (女性疾病特約付き) 医療保険と生命保険は別会社です。 生保の払込期間は14年が経過しています。 私のように配偶者も子供もいない場合は、上記の保険内容をどのように変更するのが理想なのでしょうか? 定期保険は掛け捨てなので解約し、死亡保障も300万位に減額して別会社のがん保険等に加入するなど考えていますが、はたしてこの方法で良いのか悩んでいます。 保険等詳しくないので良きアドバイスをお願い致します。