• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の更新時期になり迷っています。53歳です

生命保険の更新時期になり迷っています。53歳です 現在 500万の終身65歳払い込みで1500万の定期保障(計1800)で妻子特約妻死亡で300万 私の入院保障は5日目から7000円となっております。 更新すると保険料が18000円→25000円となります。こどもも後一人大学1年ひとりとなりましたし 妻も別の保険に入っておりますので 500万の終身と入院は5千円(減額となるようです)を残して更新しようと思っています。保険料は\8000程 (そして新たに別会社のかけ捨て医療保険入院7千円 +がん保険付きに入りました)10年 ※保険会社は2千万の定期(10年)と先進医療付きの保険に転換を進めてきます。保険料は 10000円 そうすると せっかくの終身500万が消えてしまいますし。転換で現在の辺戻金200万から100万程減ってしまいます 返戻金と終身で700万あって別に入院費をカバーできればと思っています。 先進医療もひつようなのかなあ・・・ どなたかアドバイスをお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数439
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

samuaさんこんにちは、早速ですが、お答え致します。 結論として500万の終身保険を残して浮いた保険料を終身医療保険や定期タイプのがん保険に加入する事が良いと考えます。 以下にその理由を説明致します。 1.500万の終身保険は一生涯の保障ですから残します。   500万あれば葬儀代や残務整理代などに充当できますので、残された家族の負担を軽減できます。   転換はお客様にとっては不利になる事が多いので決して解約や転換はしないで下さい。   終身保険は65歳払い込み満了となれば解約返戻金は徐々に増加して払込総額より多くなります。   今加入の終身保険の予定利率はきっと現在の市場金利より高いはずです。だから保険会社は転換を   勧めて配当金負担を減少させようとするのです。 2.終身タイプの医療保険に入る。   10,000円/日でその日から入院給付金がでる。1入院当り120日で限度が1095日が良いです。   当然先進医療技術に対応した保険に加入する。   1日10000円について   例えば手取り45万の人が長期入院となり40日の有給休暇も消化した。後の収入は健康保険から   2/3の疾病手当があります。45万×2/3=30万   つまり45万-30万=15万が収入の減少分です。   15万÷30日=5000円・・・(1)   入院の場合は、50万の入院代が発生したら30%が自己負担です。   つまり50万×30%=15万の支出増加です。   15万÷30日=5000円・・・(2)   (1)+(2)=10,000円  だから10,000円が必要となります。   入院初日から給付金が出るタイプが良いのは、最近の医療技術の進歩によって2,3日で済む治療が   多くなっています。今までの保険や共済には5日目から給付金が出る等のタイプが多いようです。   次に120日タイプについて、60日タイプでも良いのですが、高齢になるほど平均入院日数も長くなり   そのリスクに対応する為に1入院当り120日タイプが良いと思います。   (様々な病気や疾病によるそれぞれの入院日数がインターネットで検索できます)   1095日は保険会社によって限度に相違があります。   先進医療は1000万迄対応できる保険が十分な保障といえると考えます。   更に最近注目をあびているセカンドオピニオンサービスや医療相談対応などの付加価値サービスが   付帯されている保険が良いと考えます。   (死にたくないのが、人の最大の願いです。) 3.定期タイプのがん保険に加入する。     がんは治る病気になりつつあります。先進医療技術の進歩のおかげです。   10年定期のがん保険に加入されたのは、賢明と考えます。ただ、がん診断給付金や上皮内がんへの   対応具合が分かりません。保険会社によっては上皮内がんに対応しない又は1/10程度などの給付   しか出ない場合があります。   最近のがん保険は比較的割安です。今一度確認してください。 4.セカンドライフを充実させる。   今からでもまとまったお金があれば資産形成と資産の分散から考えてドル建ての一時払い養老保険や   年金に加入する事をお勧めいたします。 以上から 1.500万の終身保険で一生涯の保障を確保。・・・新たな保険料が発生しない。 2.終身医療保険の場合の保険料は10000円程度 3.定期タイプのがん保険の保険料は5000円程度 4.退職金や預貯金を活用。 以上の通りです。参考になれば幸いです。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生命保険の更新について迷っています。

    だんなさんの保険について質問です。 今年の7月に保険料が更新されまして更新後 現在の料金より、月6千円アップになります。 保険の営業の方に、現在の保険を下取りして 違うプランの保険に入るように提案してもらったのですが。。 現在の保険をそのまま7月に更新しようか新しいプランに変えるか 迷っています。。 アドバイスお願いいたします。 夫37才、現在の保険内容です。 平成11年に住友生命保険「5年ごと利差配当付終身保険」加入。 保険料計算利率2.15%です。 毎月払込保険料  12,705円  終身保険(ステップ払)       終身65才払込満了  100万  介護収入保障特約(10回タイプ)10年更新65才まで   180万  定期保険特約           10年更新65才      800万  特定疾病保障定期保険特約  10年更新         300万  重度慢性疾患保障保険特約  10年更新         300万  災害割増特約            80才まで         500万   傷害特約(本人型)         80才まで         500万    傷害損傷特約(一般職種1型)  60才更新80才       5万  新災害入院特約(本人型)    10年更新80才        1万  新疾病医療特約(本人型)   10年更新80才        1万  通院特約(本人型)                        3千円  新成人病医療特約      10年更新80才        5千円  平成21年7月に更新となり、毎月払込保険料18,930円 となります。 新しくすすめて頂いた保険は内容は 「最低保証利率付3年ごと利率変動型積立保険」 毎月払込保険料15,750円 保険料計算利率1.65%です。  主契約(保険ファンド)   終身      新介護保障収入特約(15回タイプ) 10年更新70才払込  168万  定期保険特約             10年更新70才     300万  特定疾病保障定期保険特約    10年更新80才      300万  重度慢性疾患保障保険特約    10年更新80才     300万  傷害特約(本人型)           80才まで        200万    傷害損傷特約             10年更新 80才      5万  入院治療重点保障特約(本人型) 10年更新 80才     7千円  災害入院特約(本人型 180日型) 10年更新 80才     7千円    疾病医療特約(本人型 180日型)10年更新 80才      7千円  先進医療特約            10年更新 80才      500万 新しいプランの保険は入院1日目から保障がつくのですが、、 あまり必要ではありません。 アフラックも近々入ろうとおもっているので そちらで1日目からの入院保障を付けようかと思っています。 ファンド(積立金)の説明も受けたのですが よくわかりませんでした。 現在の保険で更新するか新しいプランの保険に入るか どちらが宜しいでしょうか? また現在の保険を更新した場合 6千円アップした部分を節約(保障内容を下げる)したいのですが 特約をはずしたりすることは可能なのでしょうか?

  • 生命保険について

    生命保険について悩んでおります。 現在夫32歳(サラリーマン)私30歳(専主)子5歳と2歳 結婚当初、明治生命の夫婦保険に入っておりましたが 2年前に転換をして明治安田生命のL.A.ライフアカウントに入っています。今回がん保障を付けた見直しをすすめられています。月額の保険料が今の支払額より夫と私をあわして500円アップです。 そもそも当初、あまり内容を把握しないで転換して入ってしまった保険ですのでがんの保障をつける前にしっかり考えたいと思い担当の方に来てもらいましたが難しくてわかりませんでした。現在の保険は下記の通りです。 3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険 <夫 75歳払込満了>  <私 70歳払込満了> 保険料 13510円/月額    6812円 <特約名>             夫の金額(私の金額) 定期保険            10年1000万(800)  収入保障             10年270万  障害状態による特別終身75歳満了500万(70歳満了500) 特定疾病保障定期保険    10年200万(200) 重度障害保障定期保険      10年100万 介護保障定期保険       10年100万 傷害               10年500万 災害割増            10年1000万 入院(365日)         10年5000円(5000) 生活習慣病入院(365日)  10年8000円 入院初期給付         10年20000円(20000) 総合傷害保障           5年3000円(3000) 手術保障            10年100万(100) 新退院給付          10年25000円(25000) 女性医療特約        10年 (5000) 上記の保険がどのようなものか教えて下さい。10年ごとの更新や払込期間が長いことも心配です。

  • 夫の生命保険の更新時期が近づき、悩んでいます。

    夫(42歳)の生命保険の更新時期があと約2年後となり、 私としては、死亡保障を減額して更新すればいいかな と思っていたのですが、生保の担当者から転換を勧められています。 わかる範囲で詳しく書きますので、 考えられるメリット、デメリットを教えてください。 現在の契約 主契約  5年ごと利差配当付更新型終身移行保険   1650万+500万×5年間   (生存給付金22万) 特約   5年ごと利差配当付特定疾病保障定期特約 200万  5年ごと利差配当付障害保障特約 100万  無配当災害入院特約 100万  無配当疾病特約 日額5千円  無配当成人病特約 日額5千円  無配当特定損傷特約 5万円  リビングニーズ、保険料払込免除特約 10年ごと更新 払込満了74歳(終身保障 約194万) このまま更新すると24,887円で、保険料が高くなるので 主契約を1千万+200万×5年間位にして、 特約部分も多少の見直しを考えています。 住宅ローンの団信に加入、 学資保険も総額260万ほど加入しているので、 死亡保障をこのように減らしてもいいと考えています。 転換で勧められている中で、一番良さそうなのは下記のものです。 主契約  5年ごと配当付終身保障 200万  (払込満了は80歳) 特約  5年ごと配当付定期保険特約 500万+330万×5年間  5年ごと配当付特定疾病保障定期特約 200万  5年ごと配当付障害保障特約 100万  新入院特約 日額1万円  特定損傷特約 5万円  入院時保険料相当額給付特約 21,000円  リビングニーズ、保険料払込免除特約 転換を勧められている保険の保険料は18,546円です。 主契約の予定利率が、今、入っているものは2.15%で、転換後のものは1.65%になるようです。 また、今の保険は『利差配当付』とありますが、新しいものは『配当付』です。違いがあるのでしょうか。 保険会社の担当者では利害が絡むので、なかなか本音は聞けません。 アドバイスをお願いします。 

  • 生命保険の見直し

    今主人が入っている生命保険の更新がせまり、 新しい商品を勧められています。 主人は36歳のサラリーマン、妻、子供(園児2人)の 家族構成です。 現在入っている保険は、「パスポート21」で平成7年に契約。主な内容は 死亡保障2000万、終身保障300万、 入院保障は5日以上から一日5000円 あと特約として「シールド(定期型)」が500万ついてます。 終身に移行するのは65歳からです。 勧められている保険は、新「堂堂人生」(10年契約) 死亡の場合は一時金1000万+年金として200万×5年 (合計2000万) 3大疾病などになった場合 インカムサポート300万×5年 保険料払込免除特約付 入院保険は1泊2日から5000円/日 75歳から終身保障218万となってます。 月々の保険料はほとんど変わりません。 が、10年後の更新時の保険料は倍違ってます。 あさってまでにどうするか返事してくれ!と 生保レディーに言われています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願いします。

  • 生命保険の見直し

    参考までに教えてください。現在夫婦で別々に旦那は定期(10年)の保障と医療保険に加入しており、配当金はありません。妻は終身で加入していますが、独身の時に加入したもので保障が大きく医療が入院費のみで不安です。妻の保険は医療保険を充実して、今の終身保険をどうしようか迷っています。自分の定期が切れた時の保険も終身にするか貯蓄性のあるものがいいのか迷っています。現在子供はいてませんがいずれは欲しいと思っています。そう考えると掛け捨てよりも貯蓄性のある保険の方がいいのでしょうか?

  • シニアの生命保険(払い込み済み)

    母親が72歳ですが、保険を探しています。 希望するタイプは(金額は例えです) 毎月1万円 10年払い済み  加入期間及び払い込み済み後の死亡保障120万円以上 医療保険付(できれば先進医療が受けられる) こんな保険ありえないでしょうか? 70歳を超えて入れる保険を探すと、生命保険は一生払い続けるタイプがほとんどです。保険料が保険金を完全に上回ります。 医療保険は掛け捨てがほとんどです。大半は社保などでまかなえるので、先進医療(社保適用外)があるほうが良いです。 先進医療だけだと保険料は格安みたいですが、通常の医療保険のオプションでないと付けられないようです。 こんなわがままな保険、知っている方はぜひ教えてください。

  • 生命保険診断

    生命保険、医療保険に入ろうとパンフレットを取り寄せて調べ、大体のところは決まってきたのですが、今まで保険の知識が全く無く、にわか勉強なので見落としがないか不安です。是非アドバイスをお願いします! 夫30歳サラリーマン 年収530万円、妻35歳専業主婦、子供1歳です。 現在は賃貸に住んでおり、3年以内に一戸建てを購入予定です。 【今の保険内容】 夫はAIGの積立利率変動型終身保険にはいっており、 月額15,440円(保険期間/終身 払込期間/60歳) 死亡・高度障害のとき 500万 入院(病気・事故) 1日10,000円、手術 10万~40万 妻は保険に何も入っていません^^; 検討しているのは、 ・夫に万が一があった場合の収入保証 ・妻の医療保険 ・妻の死亡保障(葬儀代として300万くらい) 自分で調べて下記の保険にしようかと考えていますが、他にいいプランや保険があったらご指導ください。 ・夫の収入保障  アクサ 収入保障保険  死亡時毎月10万 60歳満了 月額2890円 ・妻の医療保険  pca生命   保険期間/終身 65歳払済 月額2180円  1入院60日(日帰り入院から保障) 入院(病気・事故)5000円、手術5・10・20万円    または、  オリックス生命 CURE  保険期間/終身 65歳払済 月額2529円  1入院60日(七大生活習慣病×2) 日帰り入院OK 入院(病気・事故)5000円、手術10万円 先進医療にかかる技術料と同額    ・妻の死亡保障  東京海上日動あんしん生命 長割終身  死亡300万 65歳払済  月額5046円 保険料払込総額 181万6560円 本当はがん保険も入りたいのですが、今は住宅購入資金を貯めたいので、40歳を機に入ろうと思っています。 (40歳以降がんになる率があがると聞いたので。。。もちろんその前にがんになる可能性もあるのですが。) 妻の医療保険は、終身保障と払込済みタイプが良いかと思い、PCAとオリックスCUREで迷っています。 オリックスの方が保障が充実していますが、今が健康体のせいか、正直、先進医療の必要性がいまいちピンときません。 がん保険に加入するときに、先進医療や七台疾病の特約付きを選び、いまはPCAにするという手もあるかなと思います。 なるべく出費を抑えたいので、他にこんな保険があるとか、よいプランがありましたら教えてください。

  • 生命保険の更新

    生命保険の更新について教えてください。 50歳の会社員です。 現在加入している生命保険が、7年後の57歳で更新となるのですが、保険会社の営業から、「現在の保険料23000円が、57歳で更新すると6万円以上になる。今これを見直せば、多少保障はさがるものの、3万円程度の保険料で済むので是非見直しを」と言ってきてます。 保険の内容は以下のとおりです。 どうしたものか迷っています。 アドバイスお願いします。 <現在の保険の主な内容> 終身部分 100万円 定期部分 2900万円 入院特約等 日額10000円 57歳(7年後)更新 保険料 現在月額24000円     更新時月額65000円 <保険会社の提案> 終身部分 100万円 定期部分 2300万円 入院特約等 日額10000円 65歳更新 保険料 29000円 見直しを勧める理由 ・今月いっぱいで保険年齢が上がる ・今なら転換価格が大きい(60万円) など

  • 生命保険の転換について

    私の夫が入ってる生命保険についてです。 数日前に ニ○セイさんからお電話を頂き 新しい保険の事で説明しなければならないっと言うことで 家に来られたのですが、説明を聞けば  以前から入ってる終身保険(重点保障プラン)から 今に合った良い保険へ転換しませんか。との事でした。 担当の方はよくして下さってるので 本当にこちらの方が良いと勧めて下さっているとは思うのですが ネットで調べると、この様な転換には否定的に書かれているのが多いので ウチの場合はいかがなものか教えて下さい。 【家族構成】  夫(38才)妻(38才)子ども(15、10、8才) 【現在の保険】  平成4年7月契約 定期保険特約  2850万円 終身保険  150万円 新災害入院特約 5日目から  5000円 新入院医療特約 5日目から  5000円 43才で定期保険特約 更新  53才 終身保険払い込み満了 新災害入院特約、新入院医療特約 80才特約満了 保険料  12688円 43才更新時  17505円 【勧められている保険】 定期保険特約  2300万円 終身保険  100万円 3大疾病  200万円 病気による身体障害  200万円 要介護状態  200万円 特定損傷特約(骨折など) 一回5万円 成人病で入院(5日目から) 5000円 通院特約(入院後)  3000円 けがで入院(1日目から) 10000円 病気で入院(1日目から) 10000円 ガン入院特約(1日目から)10000円 10年後に更新 終身保険 終身払い込み 保険料14327円 更新時(49才)32256円 損害保険は他でも入っているのですが、 医療保険は入院時に1万円はほしいと思っています。 その損害保険も解約しようかと思っているので その分を保障充実したの保険料値上げ分にまわすほうが良いのか それとも転換せず他の医療保険に新たに加入した方がよいのか 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しを考えています。

    主人31歳(公務員)妻30歳(専業主婦)現在子供なしですが2人くらいは欲しいと考え中。 <第○生命> 「ライセンスU」27歳で加入15年ごと更新(妻型は60%) 月額 17869円  終身100万円 定期保障1700万 特定疾病保障定期500万 生存給付付定期200万 障害保障500万 定期保険(妻型)300万 傷害特約(本人・妻)100万 災害入院(本人・妻)日額1万円   疾病入院(本人・妻)日額1万円 成人病日額5千円   通院(本人・妻)日額3千円  特定損傷5万円 <ア○○ック> 妻のみ本人型 月額1470円 入院日額1.5万円  通院5千円 死亡時150万円(ガン) 以上が現在の保険です。更新時に倍の保険料になるそうですし、満期時の特約部分一括支払の不安のため、若いうちに低料金で終身医療保険だけでも確保したいという思いと少しでも保険料が低くなればと思っています。 見直したい場所は (1)入院・通院(妻型)特約・ガン保険解約で本人型終身医療保険に加入したい。300万円の定期保険特約(妻型)だけを残して入院・通院だけの解約は可能でしょうか? (2)他の質問の回答も拝見しましたが、生存給付金特約が今年の7月に5年目満期を迎えるので、給付金をもらった後解約したい。解約後200万円の保険金減額になるがそこをどうするか? (3)主人の入院特約日額1万円のところ5千円に減額して、別の日額5千円の終身医療保険に入る。このような入院特約の減額は可能なのでしょうか?それとも無駄な努力なのでしょうか? 慎重に解約していこうと思っているので(1)は終身医療保険加入後免責期間終了後早急に(2)(3)はその後にしようと思っています。特約の解約は何回にわたってでもできるのでしょうか?長い質問で申し訳ありません。保険素人なもので質問や見直しのポイントがずれているかもしれませんがどうかアドバイスをお願いします。