• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

医療保険、生命保険の基礎的な考え方・・

医療保険、生命保険の基礎的な考え方・・ 夫(25才)私(22歳)の保険加入を検討しています。医療保険と生命保険は両方加入するべきでしょうか?最近は生命保険の特約で医療保険のような保障が付いた商品があるようなので、もうどんな保険を選べばいいのか分からなくなってしまいます。 あと、医療保険については色々と資料を見ましたので、定期(掛け捨て)と終身があるのは分かっています。生命保険も医療保険と同じような仕組みなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1317
  • ありがとう数37

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

No.1の回答者です。 コメントにお答えします。 >>>生命保険・医療保険ともに掛け捨て(定期)か終身か、どちらが良いかのお考えも伺えますでしょうか。当方20代前半でして、若いうちから入るなら保険は(特に医療保険は絶対に)終身が良いと言われます。 住宅ローンにしても教育費にしても、年齢が上がるにつれて死亡した場合の必要保障額合計が少なくなる、ということはわかりますよね? ですから、最も合理的な死亡保障は、年齢が上がるごとに給付の額が下がるタイプの保障です(定期の一種)。 そういう商品のパンフを以前見たことがあるので、たぶん今もどこかの保険会社の商品にあると思います。 医療保険のほうは、基本的に必要額は年齢と関係ないです。 一方、「終身」と呼ばれている商品でも全額が終身ではなく、多くの場合、実際は「終身+定期」のタイプになっているのではないかと思います。 私が入っているのもそれでして、終身○百万+定期○千万 です。 ただし、終身部分を商品の下限ぎりぎりにすることによって、月々の保険料を最小にしました。終身部分を少なくすると、保険料が劇的に少なくなります。 >>>更新に伴う保険料UPがもったいないからと…。しかしネットでは掛け捨てにすべきとの意見をチラホラと見かけます。 はい。 数学で言うところの「期待値」で考えれば、絶対に定期オンリーのほうが得です。 ただし、人生は博打ではありません。安心と必要な保障を得ることを第一に考えるべきです。 一度生活習慣病にかかったり持病を持ったりしてしまうと、生保や医療保険に加入できなくなる場合が多いですから、当然、切り替えもできなくなります。 安心という点で言えば、保険会社の選択も重要で、安心できる保険会社であるか否かを判断しなくてはいけません。 私が考える死亡保障の最も上手なかけ方は、まずは、終身+定期 のタイプ(ただし終身部分は最小にする)に入っておいて、定年まで保障を受ける権利を確保しておき、ある程度年齢が進んだり自動更新の時期を迎えたりした時点まで運良く病気にかからなかったら、そこで、定期保険、できれば年齢とともに死亡保障の額が小さくなっていくタイプのものに切り替える、というものです。 医療保険は、死亡保障と一体でもそうでなくてもよいと思います。医療保険単独で考えれば、安いところを探すところから始めて、前回述べましたとおり、過剰な保障がないもの、本当に困ったときの保障が十分なものを探すの基本で、保険会社や団体共済の選択肢は広いですが、いったん病歴を持ってしまったら継続ができなくなるタイプの掛け捨ては危険ですので、ご自分で注意書きを隅から隅まで読まなくてはいけません。 私の場合は、今のところ死亡保障と一体の医療特約(本人妻型:入院5日目から日額本人7000円、妻4200円)を掛け続けています。(それにプラス、がんなどの三大疾病の保障を若干) なお、あまり詳しくないですが、女性の場合、妊娠歴とか妊娠中とかで注意点がありますが、あまり過敏になる必要はないと思います。 以上、ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても、とっても参考になります!ありがとうございます。アドバイスいただいた事を全てメモさせていただきました。終身+定期の考え方に共感します。子供が成人または大学を卒業するまでの保障は手厚いものを、それ以降の保険料の必要額はFPの方に相談しながら探っていこうと思います。医療保険の注意点も教えて頂き、また知識が増えました。貴重なアドバイスありがとうございました!

関連するQ&A

  • 医療保険、生命保険、がん保険について

    医療保険、生命保険、がん保険について 結婚を予定している彼30歳と私25歳の保険について 検討中です。 医療保険は私は1年前に アフラックの新EVER 日額5千円 特約なしで加入しています。 彼は、加入していません。 まず、基本的なことを質問させていただきます。 ・共働き ・頭金貯まれば家購入予定 ・彼氏、私共にがん家系 ・予算は2~3万(2人で) 1、医療保険、生命保険(収入保障)、がん保険は 特約で、つけるのではなく別々に単独で加入予定ですが、 特約で加入した方が良いのでしょうか? 2、高度障害や、病気での入院手術以外での 保障もいろいろ種類があり、つけるべきが迷っています。 高度障害や介護?などは、皆さんどのようにされてますか? 3、生命保険は、彼に200万~500万と考えています。 私の収入が少ないため、生活費の足しにするため。 子供ができた場合には、子供が成人までの定期に別に加入しようかと 考えています。2人とも葬儀代としては貯蓄を あてようかと思っています。 4、保険市場など、1度2人で行ってみようかと思っていますが、 実際のところ、きちんとした提案していただけるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 生命保険・医療保険は何歳まで加入しておくのがいい?

    初歩的な質問です。 (1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか? (2)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか? (3)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 生命保険・医療保険を検討中

    今年春に結婚いたしまして生命保険、医療保険を検討中です。 資料を頂いたりサイトを見たりしているのですが 考えば考えるほど分からなくなっているので アドバイスを頂ければと思います。 本人:32歳(会社員) 妻 :31歳(主婦。のちに働く予定ですが。。) 子供なし。 健康状態 ・本人、妻ともに入院経験、大きな病気等今までなし。 ・ともに非喫煙、非飲酒。&長寿家庭。 保険を選ぶ基準としたもの 医療保険 ・保障期間が終身。 ・払込期間が有り(60歳にしようと思ってます) ・三大疾病でも入院費が出る。 生命保険 ・保障期間が終身。 保険料は月給の1割までと考えているので 私+妻=3万円位で考えてます。 割合としては 私:妻=7:3もしくは8:2位 検討中の保険 医療保険:アリコ すこしであんしん終身医療保険(日額1万円 60歳払込 保険料5,680円) 生命保険:東京海上日動あんしん生命 長割り終身(1000万円 60歳払込 保険料18,870 円) ・子供が生まれたら定期の生命保険2000万を加入予定。 生命保険は長割り終身でいいかなぁ~と思っているのですが 医療保険に懸念点あります。 すこしであんしんだと、1入院60日。手術費が10万円。通院費が出ない。という点。 その点アフラックのEVERHALFだと特約で長期入院・通院特約が付けれるし、手術費が10、20、40万円とある。(日額1万円の場合) でも払込期間が終身しかないのが・・・。 入院日額1万円で長期入院・通院特約付きで5,960円。60歳から2,980円。 これらの保険ではガンがカバー出来ていない点と思いますが ガン保険単体ではあまり考えていなく、三大疾病特約があるものがいいなと思ってます。 そこまで考えるとなると全労済の新総合医療共済で三大疾病特約を付ければいい!? が、払込が終身で保険料が11000円程(?)が、老後に心配を残すし。 以上、よろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

私(夫)は「夫婦共働き、子供なし、住宅ローンあり(団信保険加入)」です。 私達は、生命保険、医療保険に全く入っていません。 ■生命保険: なぜなら、「もし明日 夫、妻どちらかが死んでも、両方仕事があり、収入が続くので生命保険がなくてもお金には困らない」からです。 子供ができたら、子供が社会人になるまでのあいだは、子供一人につき1000万ほど掛ける予定です。(大学生になったら、保障は500万に減らす予定。) 国民年金ということは、サラリーマン(厚生年金)ではないということですよね?でしたら、ご主人がなくなられても、子供がいないうちは遺族年金が出ません。(お子さんがいる場合に、ご主人がなくなられると、遺族年金が毎年100万前後出ます。) もし、tfanfam様の場合、ご主人が死亡して、奥様が働きに出たり正社員になるまで、生活費が足りなくなるようでしたら、10年の定期(掛け捨て)で1000万以下で十分かと。 住宅ローンがおありのようですから、定期(安い掛け捨て)の方が良いと思います。 終身保険は積立型の保険ですが、今は金利が低すぎです。「終身保険の金利<住宅ローン金利」だと思うので、終身保険に月1万前後支払うお金があったら、その分積み立てて繰り上げ返済に回した方が金利的には有利です。 kakakucomで保険料の比較ができるので、参考までに http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/Param=251uB0100110300000/ ※掛け捨て保険の場合、同じ保険料であれば、安い会社が良いです。保険屋さんが潰れても、国の制度で守られます。終身保険(積立型)は大きく減額される場合があるので、経営安全度は気にする必要があります。 ↓このページが参考になります http://hoken-kyosai.chu.jp/syakai-hoken ■医療保険: 医療保険もこのページが参考になりました。 http://hoken-kyosai.chu.jp/iryo-hoken.html 国の健康保険があるので、月に100万でも200万でも医療費が発生しても、9万~10万以内に出費は収まるので、医療費についてはそれほど心配していません。 国の健康保険が高くて、保障が厚いので、民間の医療保険は不要と私たちは考えました。 ↓のサイトで一番安い医療保険でも、月2000円ほどかかります。25歳~85歳まで 60年加入すると、総額で100万ほど保険料がかかります。 http://hoken.kakaku.com/insurance/gma/Param=251uB0100120200000/ 100万の保険料のもとを取るためには、生涯で合計200日(入院1回あたりは60日までしか出ない)入院しないといけません。親戚中探しても、そんなに入院した人を知らないので損する確率が高いとふんで、医療保険は加入するのをやめました。 以上は私たち夫婦の考えです。どうしても心配であれば、死亡も、医療も、最低限かけておけばよいのではないでしょうか? 若いウチだけは貯蓄が少ないから、突然の医療費が心配であれば、共済(死亡保障+医療保障で月2000円)とか、一定期間の医療保険にかけるのもいいのではないでしょうか。 http://hoken.kakaku.com/insurance/gma/Param=251uB0100110200000/ 国には高い保険料を払っているので、国の保障(遺族年金、高額療養費制度)を調べてから、足りないようでしたら民間の保険を少し足せばよいのではないでしょうか。 私は、保険で浮いたお金(夫婦で3万ほど楽に)は、毎月別口座で積み立て円定期にしています。これが年36万になります。これを私たちは、自炊医療保険と言っていて、入院したらここから使う予定です。もしくは、繰り上げ返済にも使えます。若い内は、保険にお世話になる確率は圧倒的に低いので、貯蓄を優先したいと私は思っています。 -------- 一点、終身=積み立て、定期=掛け捨てと認識されているようですが、終身医療保険は掛け捨てですよ。終身=一生保険料が変わらない、定期=10年ごとなどに保険料がアップする 意味もあります。生命保険でいうところの終身保険は積立型です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

追加…… 医療保障と死亡保障は、目的の異なる保障なので、 保険も別々にするのが基本です。 保険の分類は…… 期間で分ける場合には、終身と定期です。 死亡保険、医療保険、がん保険には、終身と定期の両方があります。 単に終身保険といえば、終身の死亡保険。 定期保険といえば、定期の死亡保険のことです。 基本的な分類は 死亡保険、医療保険(含む、がん保険)、年金保険 です。 死亡保険の中には、終身と定期があります。 終身でも、普通の終身保険だけでなく、 低解約払戻金型、利率変動型、変額保険など色々なタイプがあります。 定期保険にも、 低解約払戻金型、収入保障型、逓減・逓増型など色々あります。 期間の分け方でも、年満期、歳満期があります。 保険についての一般的な知識は…… 生命保険文化センターのサイトを参考にしてください。 http://www.jili.or.jp/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

保険を考えるときの基本は、どのような保障が必要かという ニーズをしっかりと決めることです。 このニーズを押さえておけば、どのような保険に契約しようとも、 いざと言うとき、役に立たないということはありません。 では、死亡したとき、いくらの保障が必要なのか? これを「計算」しなければなりません。 そのためには、無事に過ごしたときのマネープランが必要です。 万一のときと、無事の時のギャップを埋めるのが「保障」です。 つまり、万一があっても、遺族がマネープランを実行できるように 「保障」するというわけです。 その保障の方法の一つが、保険です。 ではマネープランをどのように立てるのか…… わかりやすく、基本的な方法は、キャッシュフロー表です。 http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2 http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm 自分で作るのが面倒ならば、保険担当者に作ってもらってください。 作れないような担当者ならば、保険の相談をすることはできません。 この表ができれば、まず、お金には出て行く順番があることが わかります。 お子様の学資より先に、老後の費用が必要になる…… ということはありません。 ならば、お金を貯める順番も、使う順番というのが基本になります。 次に、万一のときのシミュレーションをします。 夫様の収入を遺族年金にして、 死亡退職金、葬儀代を計上、 住宅ローンをゼロにして、 生活費から夫様の分を差し引く…… という操作をすれば、遺族の方のマネープランとなります。 このときのマイナスが必要保障額であり、 それを確保する方法の一つが、生命保険です。 つまり、この話ができないのに、保険の話をするのは、 本末転倒なのです。 次に、医療保険。 健康保険には、高額療養費制度があり、ある月(1日~末日)の 医療費の上限が決められています。 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm 差額ベッド代、入院食事代、雑費は別途、自己負担になりますが、 高額な差額ベッド(個室など)を利用しなければ、月に15万円も あれば、なんとかなります。 となれば、預貯金でもなんとかなりそうな金額です。 そこで、医療費の支払いは…… (1)主として預貯金で行い、医療保険は気休め程度でよい (2)主として医療保険で支払い、預貯金には手を付けたくない という2つの大きな考え方の流れが成り立ちます。 どちらが正しいという問題ではなく、どちらの考え方に近いかで、 選ぶべき保険も異なってくるのです。 (1)ならば、医療保険は気休め程度で良いのですから、保険料が安い、 入院限度日数60日型、入院給付金日額5000円でも良いでしょう。 (2)ならば、支払われないということがないように、入院限度日数は120日以上 が欲しいです。手術給付金の対象も広い方が良い。 通院、先進医療などの保障もあった方がよく、入院給付金日額も高い方が 良いです。 もちろん、保険料もそれなりに高くなります。 さらに保険という本来の意味を考えるならば、医療保険の万一とは、 短期入院を1、2回することではなく、短期入院を繰り返す、 長期入院を繰り返す、ということが万一です。 となれば、一回の入院限度日数は、120日以上が欲しいところです。 そもそも脳卒中の平均は、100日を超えていますし、 骨盤骨折、脊椎損傷、大火傷などの大怪我では、入院日数も長くなります。 そのような入院を繰り返すこと…… 医療保険でいう万一とは、こういうことを言います。 このようなことを考えて、保険を選んでください。 これも、このような話がきちんとできる担当者を選んでください。 どんなに良い保険であっても、いざというとき、保障額が足りなければ、 それは役に立たない保険です。 どんなに評判の悪い保険でも、いざと言うとき、十分な保障があれば、 それは、役に立つ保険なのです。 つまり、保険選びとは、担当者選びなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どのくらいの保障が必要なのか…プロの方とお話させていただくことにしました。保険の選び方や考え方、詳しく教えて頂きありがとうございます。

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 外交さんや口コミに惑わされない保険の入り方を私なりに解説します。 【生命保険】 ・まず、死亡したときに何で困るかをよくよく考えます。  多くの場合、ウェイトが大きいのは、住宅ローンと子供の学費(特に大学)です。 ・(意外に盲点ですが)サラリーマンなどの場合、会社の厚生年金で「遺族年金」の  制度がある場合があります。その場合は、必要な金額から遺族年金の額を差し引いて考えます。 ・ご夫婦のうち一方が亡くなったときに死亡保険金が下りて、契約が消滅するタイプの保険があります。  (例: http://www.sumitomolife.co.jp/lineup/p12.html)  夫と妻の収入が大きく違わない場合に有効な商品で、夫、妻それぞれ別に加入するより安く済みます。 ・疾病での死亡保険金が3000万円、災害・事故での死亡保険金が4000万円、  というようなタイプのものがありますが、  死亡の原因の大半は災害・事故ではなく疾病ですので、どちらの死亡も同額とするのが合理的です。 【医療保険】 ・入院1日目から保険金が下りるタイプは、ダメです。  その分、保険料が高かったり、わずか60日間で打ち切りだったりします。  1日~数日の入院で、いきなり困ることはありません。  従来のように5日目から数ヶ月間適用のほうがよいです。  本当に困ったときに助かるようにするのが、意味のある保険の入り方というものです。 ・高額医療費の制度があるので、医療費のすべてを医療保険でカバーする必要はありません。 ・個人的には、入院5日目から日額7000円辺りがちょうどよいと思っています。 ・会社の労働組合で医療保険のような制度(けんこう共済など)があれば、  生保の医療保険より割安で入れます。  なぜならば、健康体で働いている人の集団の団体契約だからです。 >>>生命保険も医療保険と同じような仕組みなのでしょうか? 医療特約がついた生保は、医療特約のない生保+医療保険 とだいたい同じです。 しかし、上述したような団体契約の医療保険があれば、そちらのほうがお得だと思います。 やたらとテレビCMで宣伝している医療保険は、大概ダメですね。 以上、ご参考になれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

非常に参考になります!生命保険・医療保険ともに掛け捨て(定期)か終身か、どちらが良いかのお考えも伺えますでしょうか。当方20代前半でして、若いうちから入るなら保険は(特に医療保険は絶対に)終身が良いと言われます。更新に伴う保険料UPがもったいないからと…。しかしネットでは掛け捨てにすべきとの意見をチラホラと見かけます。ちなみに住宅ローン有り、国民年金です。

関連するQ&A

  • 生命保険と終身医療保険の組み合わせについて。

    生命保険と終身医療保険の組み合わせについて。 こんにちは。今保険のかけかえについて検討しているのでご意見お聞かせください。 私25歳、現在妊娠9ヶ月、夫26歳、非喫煙 もうすぐ子供が生まれるので保険をきちんとしようと思い、調べています。 先日ソニー生命のFPさんに来ていただきライフプランニングをしてもらった上で、 生命保険と医療保険の提案をしていただきました。すべてソニーです。 夫 生命保険:家族収入保険(定額型) 年金月額16万円 保険期間60歳まで       :リビングベネフィット(生前給付特約付・終身)死亡・三大成人病・高度障害200万円   医療保険:総合医療保険120日型(終身) 入院日額7000円 死亡保障70万円 私 医療保険:総合医療保険120日型(終身) 入院日額7000円 死亡保障70万円  生命保険は定期型と終身と組み合わせる形なのですが、リビングベネフィットは「葬儀代として」という形での提案だったので必要ないか、とも思っています。 これは60歳を過ぎれば解約しても原本割れはしない保険で貯蓄としての役割もあると言われたのですが、老後資金としては少しずつですが財形と個人年金を別に職場で貯めていますし、まずは子供の学費とマイホームの頭金のための貯蓄に力を入れたほうがいいのでは、と思い・・・。 また、この四つを合わせると月額が17500円ほどになり 現在入っている保険(掛け捨ての生命・医療など)に払っている金額より少々負担増なのです。 リビング~を取ると13000円ほどで負担減、しかも保険料は生涯変わらず、終身200万の部分以外は保障内容が厚くなるので悪くないなと思っています。 定期型生命保険で60歳までの死亡保障がある場合、 終身で200万の保障を別につけるというのは必要でしょうか? もしくは生命保険は終身で入るほうがいいのでしょうか。 また、同じような保障内容でより安い保険会社やプランがあれば教えていただきたいです。 めぼしをつけて比較しようにも保険は会社も多く種類も多くどれも複雑で、どうにもよくわからないのです。 ほけんの窓口などにも行ってみようとは思っているのですが・・・。 よろしくお願いします。

  • 生命保険と医療保険

    私、夫ともに30才の夫婦です。実はいままで保険には全く入っていなかったのですが、今度子どもが生まれるため、加入を検討しています。いろいろと調べた結果、次のものに入ろうかと思っています。シンプルで最低限の保障を確保し後は貯金にまわそうと考えました。 ◎生命保険(夫のみ) 生協あいぷらす(10年定期) 1000万円 掛け金1700円 アフラック(終身)500万円 掛け金8870円 ◎医療保険(夫婦とも) アフラック(終身)1日5000円 掛け金1750円 ◎がん保険(夫のみ) 生協あいぷらすがん特約 掛け金270円 悩んでいるところとしてはがん保険です。わたしはがんの家系でもあるためいずれははいらなければならないかなぁとは思っています。とりあえず30代の10年は夫だけ特約の安いものをつけていてその後夫婦でアフラックの終身のがん保険に入るか、保険料の安い今のうちに夫婦ともに入っておくべきか迷っています。 また、上の保険よりもここの方がいいとか金額はもう少しこうすべきとかあればよろしくお願いします。

  • 生命保険、医療保険のことでお聞きしたく、投稿しました。

    生命保険、医療保険のことでお聞きしたく、投稿しました。 現在夫婦ともに未だ保険に入っていません。 主人23歳、私27歳、子供二人(1歳、0歳)の四人家族です。 子供二人は県民共済に加入しております。 いい加減、夫婦の保険を真剣に考えないとと思い、色々調べたのですが、 たくさんありすぎて、わからなくなってしまいました。 皆さまのアドバイスを頂けたらと思います。 主人はまだ若いので、保険料もだいぶ安いのですが、 まずお聞きしたいのですが、医療保険って定期と終身(60歳払い込み)、 どちらがいいのでしょうか? 若いから終身にした方が保険料が上がることもないし、いいのでは?と思う一方、 60歳払い込みだと約40年後の事。 これから、その時代にあった保険が出てくるからむやみに終身にしない方がいいのかな? 定期にしてその都度、見直しした方がいいのでは?と思うのですが・・・ 考えれば考えるほど、わからなくなってきてしまって・・・ 先日、第一生命の方に主人の生命保険のプランを出して頂いたのですが。 順風人生っていうやつだったかな。 15年更新のもので。月々13000円ほど。 三大疾病にかかったら以後の保険料は頂きません!っていうのがついていたり、 更に三大疾病になったら、年間何十万っていうお金が最長5年間受け取れるらしいですが。 それが「売り」なのか、すごく勧められました。 あと、他の保険会社は手術給付金対応の手術が88種類くらいなのに対し、 第一生命は1000種類以上だから!ということ。 「他の保険会社に加入して、いざ保険の申請すると給付金がもらえなかったってよく聞きますよ!」って 言われました。 やはり保険を加入する際には、そういう所も大事ですよね・・・ あ~ますます、わからない・・・ あと、がん保険について。 がん保険は医療保険の特約としてもつけることができますよね? 別々で加入した方がいいのか、特約で十分なのか? 主人は「俺は今まで入院したこともないし、怪我すらない!ガンにもならん!!」って言い張って、 保険のこと、真剣に考えてくれなくて(泣) なぜそんなこと言い切れるのか・・・ いざ、病気したら迷惑かかるの私たち家族なんですけど~(汗) 医療保険の事ばかり聞いてしましましたが、 子供二人もいるとなると、生命保険のことも考えないといけないですよね!! どこかオススメのものってありますか? 以前保険テラスで相談したことがあって、その時はアリコの「ドル建て」のものを すごく勧められました。 他の医療保険は値段だけだして、ドル建ての話を延々と・・・ 月々の掛け金も大きし、ドル建はなんか不安で。 長々を書いてしまいましたが、お時間のある方アドバイスください。 よろしくお願いいたします。

  • 医療保険の考え方

    医療保険に加入しようと考えています。私も妻も27歳です。 保険はまず、貯蓄で備えることを基本にしたうえで、 ▼二人がそれぞれの名義で別々に加入する ▼死亡保障はなしで、入院に一日5000円程度 などといったスタンスを決めて資料を取り寄せたりしているのですが、以下のような疑問が解決できず、いつまでたっても決められません。 (1)終身保険は将来物価が上がるとほとんど役に立たないことも考えられますが、そ れでもメリットはあるのでしょうか。 (2)60歳を超えてから、とくに80歳を超えてからの医療費に今から備える必要が どれほどあるのでしょう。 (3)私が死亡したとしても、その後の妻本人の医療に対する負担をできるだけ軽くし たいのですが、この場合は妻名義で終身医療保険に加入しておくべきでしょう  か。 (4)女性特約がついたいい終身保険があれば教えてください 以上です。どうかよろしくお願いします。

  • 生命保険と医療保険の違い

    生命保険と医療保険の違いは死亡保障の有無だけですか? ほかになにかあるのでしょうか?

  • 生命保険教えて下さい。

    夫の生命保険を考えているのですが 知識がなく苦労しています。現在加入は県民共済だけです。 日本生命に学資保険や夫の親が掛けている保険(被保険者は夫)があるのでステージ割引も考えて、日本生命に加入を検討しています。 私としては定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが 進められるのは新生きる力EXでとても特約が多く難解で保険料も高い気がします。 私のこの考えで(定期保険(20年、3800万)終身保険200万、終身医療保険(入院日額5000円)が欲しいのですが)ニッセイでは保険は組めない?のでしょうか。。。 出来ないとは言わないのですが、希望の設計書を作ってくれません。。。 希望の金額は満たしているのですが特約が多いです。この特約要りませんというと、この特約がないと生きる力は組めないです…などとおしゃるのですが 私は生きる力にこだわってはおりません。 あまりに無知な質問でお恥ずかしいのですが宜しくお願い致します。

  • おすすめの医療保険・生命保険について

    私は現在25歳、男性、社会人、独身です。 そろそろ医療保険に加入しようと思い資料を取寄せているのですが、 何が最適な選択なのかわかりません。 皆様のお知恵をお貸しください。 ■条件 ・60歳払済み終身保障であること ・入院日額5000円以上 ・海外でも適用可能なこと(数年単位の海外赴任があります) ・生命保険には万一のために解約払戻金があること 以上の条件で探しています。 今のところ、オリックス生命かNKSJひまわり生命を考えているのですが、 おすすめの保険会社や組合わせはありませんか? よろしくご教授ください。

  • 現在加入している生命保険の、医療保険部分だけを解約し、

    現在加入している生命保険の、医療保険部分だけを解約し、 医療保険だけ他社の(損保ジャパンか、オリックス)商品に加入しようとしました。 現在加入しているのは私が日本生命と大同生命、主人が興亜で、 解約手続きに行ったところ、現在解約しますと、30~50万円の払い戻しがあると言われました。 あくまでも医療特約部分のみです。 終身と生命保険は10数年前に加入したものなので継続するつもりです。 ここで、悩んでいるのが、3社とも営業の方が、 当社の医療特約は掛け捨てではないから、このように中途解約されると払戻金もあるのです。あなたが加入しようとしている保険は掛け捨てだから気をつけないとだめです。 と同じような事を言います。 結局解約せずに、保留で帰りましたが、 どなたか専門的な方、よきアドバイスをお願いいたします。 ●現在加入している保険の医療特約部分を解約し、今から他社で同じような条件の保険に加入しても掛金はあまり変わらないので、このようにしてもいいのでしょうか? ●何か見落としている事などあるのでしょうか? よろしくお願いいたしいます。

  • この生命保険内容をどう思いますか?

    こんにちは。夫(32歳・サラリーマン)の生命保険の見直しをしています。 夫が独身時代から入っている生命保険がいいものなのかどうか判断できず ご相談します。夫婦二人暮しで、子供なし(これから欲しい)。賃貸。 ニッセイ 定期付終身(H8年加入) 計12,741円       終身保険 500万円    55歳払込満了 3,973円      生活保障特約 1200万円  40歳まで   2,796円      定期保険特約 1500万円  〃      2,732円      新傷害特約  500万円  〃       290円      通院特約・新災害入院特約・新入院医療特約     (通院3000円・入院10,000円)      2,950円 40歳更新時には、保険料が19,671円になります。 もうひとつ3大疾病定期保険500万円(40才迄) 1,890円にも入っています。 合計14,631円です。合計10,000円ぐらいに抑えたいです。 終身だけに出来るということなので、定期部分は全部はずしてしまおうかと考えました。しかし、調べるにつれて、遺族保障(生活保障特約+定期保険特約)が2700万円もある保険にこの金額で入っているのはお得なのかな?と思いました。でも1500万円でも十分な気がします。 そこで、今まで考えた案は、 (1)終身と定期保険特約だけ残して、他社の安い定期型医療保険に入る。 →余ったお金は貯金。 (2)終身と定期保険特約だけ残して、他社の終身型医療保険に入る。(払い込みは60歳まで)→どうせ保険料を払うなら一生続く医療保障を買ったほうがいい。 (3)生活保障特約をはずし、入院特約の日額を下げて全体の保険料を安くして継続する。3大疾病も安くして継続。 →これだと、解約返戻金は発生しない?のでまったくの掛捨てになってしまう? わかりにくかったかもしれませんが、現在の保険内容と、私の案を、 どう思うかアドバイス頂きたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 生命保険どうしていいか迷ってます。

    私は会社員28歳、妻27歳(パート)で、現在私が大同生命の医療保険に妻が全労災の総合医療に加入しています。 ちなみに、 夫婦でオリコ生命のがん保険にも加入しています。 どれも掛け捨てです。 子供はいませんが先々欲しいと考えてます。 最近、生命保険と終身保険に加入しようと各社から (通販中心)資料を取り寄せて検討してますが、 終身はオリックス(300万)でと検討してますが 生命保険をどこにしようか迷ってます。 (希望額は、私が2000万程度。妻1000万です) 生命保険は妻の保証も一緒にと考えてます。 ただし家計に余裕はありません。 ちなみに全労済とDIYとオリックスなどで迷ってます。 最近は1年組み立て型や、主契約以外に医療保障や がん保証の特約がついているのが多いので すでに加入している医療保障を解約してもいいと 考えてます。 ただしDIYは1年更新で逆に掛け金が上がって行く為 さきが読めません。画期的なのでしょうが 素人には不安もあります。 どうかアドバイスお願いいたします。 それともう一点、大同生命の5年型利差配当付新医療保険 に加入中ですがその5年目が、今年6月にやってくるので 乗り換えるにのもいい時期かな~と思ってます。 ですがこの5年型利差配当付とはどのような メリットがあるのでしょうか? 自分では、よく理解してませんでした。