• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:生命保険の特約を見直す場合について)

生命保険の特約見直しと定期部分の見直しについて

このQ&Aのポイント
  • 生命保険の特約の見直しを検討しています。特に医療特約と定期部分の見直しについて知りたいです。
  • 医療特約部分の保険料を少しでも安くするため、入院日額を変更したいです。しかし、特約の変更が予定利率に影響するのか不明です。
  • また、定期部分(死亡保障)の見直しも検討中です。災害死亡保障を減額し、定期部分を調整したいですが、利率の良い保険なので減額しない方が良いか悩んでいます。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • maru315
  • ベストアンサー率83% (5/6)
回答No.4

maron1208 さん こんにちは。 回答が遅れて申し訳ありませんでした。 先に「お問い合わせ」についてお話したいと思います。 ・災害給付 500万円 ・災害死亡 1500万円  についてですが、 災害給付は、たとえば交通事故などで体に傷害が残った場合に、 保険会社の定める傷害の等級によって給付金が支払われます、 事故、天災でなくなった場合も給付されます。 ・手の指(第一関節以上欠損)~身体(首から下麻痺状態) 災害死亡は、事故、天災でなくなった場合のみ給付されます。 災害死亡については、必要ないと思いますが、災害給付については あってもいいと思います、この部分の保険料は、 災害給付(高くても数百円) 災害死亡(100円ほど) です。 ・定期金額と医療保障を減額した場合の割戻し金 定期保険については、掛け捨て、ですので「転換」していない限り 解約返戻金はほとんどありません。 (積立金などを転換で定期保険に充当した場合) 医療保障の場合は、中堅生保(後発生保)が医療部分だけ保険料を短期払い (主契約の払済年齢までの)にして80歳まで付加できる定期保険特約 付終身保険もありましたので、55歳から80歳までの前払い分の保険料か と思われます。 保険は、切り替え「転換」は、していないですよね? ・途中で減額をしたら現在の年齢で計算 減額後に保険料率が変わることはありません、、特約を中途付加 する場合は現在の年齢です。 死亡保険金の保障期間について maron1208さんの年齢をお聞きしてませんでした、0歳のお子さんが 独立する年齢は、maron1208さんの年齢で55歳前でしょうか? 55歳前でしたら保障期間は、大丈夫だと思います。 少しでもご参考になればと思います。

maron1208
質問者

お礼

この度も丁寧なご回答をいただきましてありがとうございました。 災害給付のことなど、とてもくわしく教えていただいて 参考になりました。 maru315さんのHPを拝見させていただきました。 とても、詳しく生命保険のことを記載されていたので 今度時間をかけてゆっくり拝見させていただいて 勉強しなおしたいと思います。 なお、現在の保険は転換など全くしていません。 今から、災害死亡の見直しなども含めて検討していきたいと思います。 どうもありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (3)

  • maru315
  • ベストアンサー率83% (5/6)
回答No.3

初めまして、よろしくお願いいたします。 できれば、もう少し詳しい情報があればありがたいのですが、 1既婚、未婚 2子供の有無(有りの場合下の子の年齢) 3定期保険特約付終身保険  ・主契約部分(終身保険の死亡保障)  ・定期保険は10年更新タイプなのか主契約(終身保険)の払い込み終了   までの保障なのか(非更新タイプ)  ・主契約(終身保険)保険料の払済年齢 1既婚、未婚  これについては、独身でしたら高額の死亡保障は基本的には必要ないと思います、  定期保険部分を解約して終身保険だけにされたほうがいいと思います。  定期保険を解約。減額しても予定利率に影響はありません、ここで問題になるのが  終身保険の死亡保障です、保険には最低取扱単位がありまして減額、解約する際に  最低残しておかなければならない死亡保険金があります、その場合終身保険の死亡  保険金がこれに満たない場合、定期保険を不足分残すことになります。  定期保険がもし10年更新タイプでしたら更新時に更新しなければいいので更新後  は定期保険は無くなります。 2子供の有無(有りの場合下の子の年齢)  子供がいない場合は、基本的には高額の死亡保障はいらないと思いますので、終身  保険だけにされたほうがいいと思います。  子供がいる場合は、一番下の子供が大学を卒業するまでは高額の死亡保障が必要です  ので、必要保障額、保障期間を決めてください。  保障期間は、下の子供さんが25歳くらいまであってもいいと思います。  子供がいても、一番下の子供が独立して就職している場合も終身保険だけでいいと思  います。   ここで確認したいのが、主契約(終身保険)の払い済み年齢です、定期保険の保険期間  (保障期間)は、更新タイプにしろ非更新タイプにしても保険料の払済年齢までです。 3定期保険特約付終身保険  ・主契約部分(終身保険の死亡保障)  終身保険は、将来の葬式代も兼ねていますので、死亡保障額は葬式代の平均200何円  は確保したいところです、仮に死亡保険金が500万円だとしたら将来保険金額を減額  し取り崩して老後資金として使うこともできます。  保険料をできるだけ抑えたいのであれば、終身保険を「払済」にするのも一つの方法で  す。  (積立金を活用して、一時払いの終身保険に変更します、積立利率は加入時のままです   ので、放っておいても積立金は増えていきます、ただし特約(定期保険、入院特約は   その時点で消滅します。)  終身保険の保険料を支払わなくてもよくなります、払済にする場合は、払済後の死亡保  険金額を確認してください。 入院特約について 入院特約の減額時も加入時の利率で行きます、転換をしない限り利率が変わることはあり ません。 定期保険特約付終身保険の場合、入院特約は80歳まで付加できますが、80歳までの 保険料を一時金で支払うか年払で80歳まで支払う必要があります、保険料は主契約 (終身保険)払済年齢で新たに算出されます。 入院保障は、終身保障の医療保険をお勧めします、入院特約を解約して加入されたほうが いいと思います、今加入されている保険でも80歳まで医療保障は取れますが、平均寿命 を考えると終身保障が必要です、保険料も今見直しされたほうが安いです。 入院日額もできれば10,000円にされたほうがいいと思います、高額療養費を考える と5,000円で足りますが、治療費だけですので差額ベット代、食事代、他もろもろの 雑費を考えると10,000円あったほうがいいと思います。 医療保険は、入院初日から給付金が出ます。 医療保険を終身タイプに変える場合は当然今加入している入院特約部分の保険料より高く なりますので安いところを紹介しておきます、 あまり社名は出さないのですが ・アヒルがキャラクター ・上野樹里が昔コマーシャル ・フランス最大手の金融グループ ・外資系 ・損保系 がいいと思います、国内大手生保(漢字)は保険料が高くて太刀打ちできないでしょう。 特約の定期保険が更新タイプで子供がまだ小さい場合はまた別の方法がありますので コメントをいただければと思います。 何か、一方的に決め付けたような内容になりましたが、少しでもご参考になればと思います。

maron1208
質問者

お礼

とても詳しく回答していただいてありがとうございます。 私の情報不足でご迷惑をおかけいたしました。 ここで情報を捕捉させていただきます。 ●既婚 ●子供3人 子供は皆年齢が近く一番下の子は0歳 ●主契約 終身部分は300万円       55歳で払込終了            定期部分     1700万円          災害給付 500万円          災害死亡 1500万円       定期死亡保障は55歳まで       56歳から80歳まで           災害給付  300万円          災害死亡  300万円      医療部分(55歳まで)          入院    10000万円      医療部分(56歳から80歳まで)          9000円           81歳以降の更新なし 個人的には災害死亡などは不要ではないかと思っているのですが 保険のことがよくわからないので迷っています。 病気でもケガでも2000万円の保障があれば大丈夫なのかなあと思いますが どうなのでしょうか? 定期金額と医療保障を減額した場合も割戻し金が20万円もあるとの事だったので 途中で減額をしたら現在の年齢で計算されてしまうのではと不安になりましたが それは無いと考えて大丈夫ということですよね? すみません、不明なことばかりで質問ばかりになってしまいました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • maki1115
  • ベストアンサー率40% (131/324)
回答No.2

<20年前加入の保険は「お宝保険」と呼ばれている利率の良い時のものなので 定期部分も減額しない方がよいでしょうか?> 積立利率、予定利率は貯蓄性のある「終身保険」にのみ適用されますのでカケステの「定期保険」は無関係です。 <入院5000円で減額の計算をする場合は20年前に加入した時点での 計算方法で計算してもらえるということでしょうか?> まず医療特約は10年か15年の定期ですから何度か更新しているはずです。そしてその都度、各特約に関する保険料は上がっているはずです。 特約の残存期間が仮に5年あるとすればその5年間だけは最後の更新時のご年齢で計算してくれるはずです。 ですから、保険証券に書いてある保険期間に対してあとどれくらい期間が残っているかを調べればわかるはずです。そんな基本的なことも担当者はわからないんでしょうかね。 しかしながらその医療特約もどんなに更新しても80歳で終わりです。 できるかどうかは別にして死亡保障(終身保険+定期保険)だけを残して、医療特約は解約し他社(漢字系生保以外)の終身医療保険を検討した方がベターです。 できないと言われたら(そんなはずはないんですけどね)その保険を払済終身保険にして、他社(漢字系生保以外)で不足した保障額を検討した方が無駄は減るでしょう。

maron1208
質問者

お礼

ご回答ありがとうございました。 医療特約の更新は55歳までないと思っていましたが もう一度確認してみます。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • rokutaro36
  • ベストアンサー率55% (5458/9820)
回答No.1

生命保険専門のFPです。 >医療の特約部分は掛け捨てなのですが特約を途中で変更してしまうと 予定利率などに影響がでますでしょうか? (A)いいえ。影響ありません。 >入院5000円で減額の計算をする場合は20年前に加入した時点での 計算方法で計算してもらえるということでしょうか? (A)例えば、1万円を5千円に減額するならば、そのまま 半額になるだけです。 ただし、保険によっては、減額ができない場合もあります。 >定期部分も減額しない方がよいでしょうか? (A)定期部分は、基本的に掛け捨てです。 なので、満期になれば、解約払戻金がゼロになります。 お宝保険というのは、貯蓄部分も予定利率で貯まるからです。 掛け捨てならば、減額しても、影響ありません。 ご参考になれば、幸いです。

maron1208
質問者

お礼

わかりやすく説明していただいてありがとうございました。 定期部分は減額しても影響がないとのことで安心しました。 減額で検討してみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しをしています

    今、生命保険の見直しをしています。 私は今年結婚した専業主婦です。夫はサラリーマン。 今、夫は生命保険に入っていません。会社のグループ保険くらいです。私は独身の時になんとなく入った終身保険に入っています。今生命保険の見直しをしていて、夫にはなにか定期付終身保険又は定期付養老保険?とかいろいろ考えています。医療保険のほうも入ろうと検討中です。 私の終身保険は 平成5年契約ニッセイ50歳払い込み満了。月払9758円 死亡保険金1000万円 特約・新災害入院特約5000円/日   ・新入院医療特約5000円/日   ・通院特約   3000円/日です。 この保険を死亡保険金500万円に減額しようとも考えたのですが、たいして月払金は変わらなかったのでやめようとも考えています。 私の考えではとりあえず私に関しては医療保険に重点をおき、死亡保険金はなし又は100万から500万円あればうれしい。夫に関しては子供が大きくなるにつれて金額が少なくなり、最終的に終身を500万円くらいでと思っています。でも定期付終身保険は60歳になったら定期保険はなしになって、いままで払い込んでいた分が損ということになるみたいだし。養老保険?もあるらしいですが詳しいことはわかりません。どうかどなたかよいアドバイスください。お願いします。

  • 生命保険減額したいのですが…

    お世話になります、タイトル通り収入減により、生命保険の見直しを考えているのですが、どの様にすれば効果的なのか分かりません、加入しているのは、 日本生命の終身保険「重点保障プラン」 加入時は、20代前半です。 平成5年加入→平成11年に特約を付加しています。 終身保険    250万円 →  残す 定期保険   4750万円 →2750万円に減額 新傷害特約本人型     500万円 ←意味が?? 特定傷害特約給付金額     5万円 →残す 新災害入院特約 5日目より  8千円 →5千円 新入院特約   5日目より  8千円 →5千円 新成人病特約  5日目より  5千円 →辞め 通院特約      3千円 →辞め   に減額を考えているのですが、確か平成5年といえば予定利率がかなり良いですよね? 減額するのはもったいないのでしょうか? この保険では10年後には2万円程上がり、その後50代前半で終身保険しか残らない様です。 まだ子供も小さく、心配です。  アメリカンファミリーのエヴァー等も(一生上がらない終身医療保険)考えているのですが、アドバイス宜しくお願いします。

  • 生命保険について

    現在JA共済の養老生命共済保険に加入しています。父が掛けてくれていた保険で結婚を機に引き継ぎました。 最近二人目の子供も生まれたので遅くなってしまったのですが保険の見直しを考えております。 JAの方からは終身保険の転換を薦められています。保険の事は全くわからないのでアドバイス頂けると助かります。 現在33歳で28歳の時からかけており、毎月9,505円支払っています。 48歳で満期で100万円受け取れるようです。 死亡・一級後障・重要介護(災害)3,000万円 死亡・一級後障・重要介護(疾病)1,500万円 入院5,000円 定期特約1,400万円 災害給付特約500万円 災害死亡割増特約1,000万円 全入院特約5,000円

  • 生命保険の契約変更と配当金についてお尋ねします。

    (1)生命保険の契約変更についてお尋ねします。45歳、男、独身。第一生命「パスポート21」に平成2年加入。内容は終身500万、定期保険特約病気死亡2500万+災害死亡2000万、入院(災害・疾病ともに)日額8000円(5日目から)で年間保険料が20万円弱です。  特約部分の減額と医療保険の見直しを検討していますがアドバイスをお願い致します。順調に行けば子供2人も後5年で社会人となりますが、万が一の場合、5年間で必要な経費は最大で2000万くらいと考えています。その他には家と土地が残せます(売却となると1200万くらいでしょうか)。保険は他に全労災の総合+医療タイプに加入しています(病気死亡450万円~交通事故死1250万、病気入院7500円、事故入院9000~11000円)。  (2)生命保険の配当金についてお尋ねします。現在の積立配当金の残高は60万円ほど有り、ここ数年は配当は0ですが、年率4.0%の利息が付いて、毎年2万数千円ずつ増えています。配当金は主契約、特約両方に付いているのでしょうか?主契約500万はそのままにし、特約を減額(解約)すると配当金に影響がありますか?又、この配当金は払込期間後(生涯)も預けておいても良いものなのでしょうか?これからも、配当は期待していませんが、年率4.0%は魅力です。 不勉強で申し訳ありませんが、どなたかアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて(転換など)

    15年前に加入し放置したままだったニッセイの生命保険が更新時期なので見直しを考えております。 30代 独身 女性です。結婚の予定はありません。 <現保険> 月額8,500円  主契約(終身保険)  300万円(死亡・高度障害)  定期保険特約    1,700万円(死亡・高度障害)  災害入院特約 日額 5,000円(入院5日目から)  入院医療特約 日額 5,000円(入院5日目から)  通院特約      3,000円  積立配当金 200,000円(適用年利率4.00%) <勧められた保険 生きるチカラフラウEX> 月額11,000円  医療保険終身   主契約(終身保険) 10万円、新災害入院特約   日額5,000円    新入院医療特約  日額5,000円、がん入院特約   日額5,000円  3大疾病定期特約  300万円、疾病障害補償定期特約200万円、介護保険定期特約  500万円  新障害特約     500万円、特定障害特約     5万円、女性入院特約  日額5,000円  通院特約    日額3,000円、短期入院特約  日額5,000円 見直しに当たり、こちらでいろいろ過去の質問を見ました。 何点かわからないところがあるので、教えてください。 ・「予定利率」とは、「適用年利率」のことでしょうか? ・ニッセイには「基本転換方式」で設計書を提案されていますが、こちらで過去の質問を見ると  「転換」はしない方が良いという方ばかりです。  現契約から「生きるチカラ」に転換することで、過去の積み立て分?を充当するため、  当面は保険料が抑えられるけれど、その後は更新ごとに保険料が上がっていくと考えてよいのでしょうか?  (提案書には、10年後の保険料は生きるチカラは15,000円となっています) ・私の場合、現契約の主契約300万円部分のみを残し、医療保険は他の保険会社を検討する方が良いのでしょうか?  独身ですので、死亡保険金は必要ないと考えているため、  配当200,000円の4.00%程度の利率で、主契約を持ち続けている価値があると思えないのですが、  それでも「転換」はしない方が良いのでしょうか?(考え方が間違っていますか?) ・提案書を見ると、現契約の主契約300万円部分は 払込期間が「60歳」、保険期間が「終身」となっていますが、  これは60歳まで現状どおり保険料を払い込めば、終身の保障があるということで良いでしょうか? 当初は、勧められるがままに 入院時の保障の手厚い「生きるチカラ」にしようと思っておりましたが 現在は、3大疾病、介護などの定期特約は必要と思えないので、転換をしない方がお得なのであれば、 主契約のみを残し、アフラックの「レディースEVER HALF」やアリコの「すこしであんしん終身医療保険」の払い済みタイプなどとの組み合わせを考えています。 長文の上、無知な質問ばかりで申し訳ないのですが、皆様のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

  • 日本生命保険の特約について

    生命保険の見直しを考えています。 現在、日本生命の終身保険に加入しています。特約で「新入院医療特約α」と「女性入院特約α」を付けています。 もし、「新入院医療特約α」で「女性特有の疾病入院も保障されるのであれば、「女性入院特約α」を解約しようと思います。 「新入院医療特約α」で「女性特有の疾病入院も保障されるのでしょうか? 教えてください。宜しくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    夫婦で生命保険等の見直しを考えています。生涯の核となるような保険を検討したいのですが、どのように見直しをしたらよいのかアドバイスをいただきたいです。 家族構成:夫(29歳・会社員)・妻(26歳・会社員) 現保険:夫-医療保険 5年(平成10年加入安田火災ひまわり生命);死亡時100万円 生存給付金(5年)20万円 入院給付金1万円(6,720円/月) 会社の医療保険 1年;入院給付金5千円/日 死亡時500万円(3,545円/月) 終身保険600万円ほどの加入を検討しております。医療保険について見直しを考えてますが、喘息もちです(ここ6年くらいは、通院・治療はしておりません)。 ”会社の”というのは、会社で団体扱いでGEエジソン(将来的に今の会社に勤務しつづけるかはまだ未定です)。 現保険:妻-生存給付金付定期保険(平成8年加入、15年定期第一生命)死亡時主契約分300万円 特約分900万円 傷害特約100万円 災害・疾病・女性特約疾病入院時5千円/日 給付金30万円/3年毎(12,880円/月) 都民共済;交通事故死亡時1,500万円 病気死亡時600万円 交通事故入院時7,050円/日 病気入院・通院時2,250円/日(3,000円/月) 終身保険500万円程の加入を検討しております。第一生命の保険については、来年加入後6年となるので給付金を貰って解約・見直しを検討してますが、以前検査を受け(保険加入後のH12年です)嚢胞腎と診断され、現在は診察・手術等の治療の予定はありませんが、経過観察のみを行っている状態です。新たに医療保険に加入できればしたいのですが、出来ない可能性のほうが高いかと思っておりますので、保証を減らそうかと思っおります。 上記のような場合、無条件条件付でも加入できる保険があるのであれば、他の保険でも教えてください。

  • JA養老生命共済の特約解除と定期特約の減額について教えてください。

    JA養老生命共済の特約解除と定期特約の減額について教えてください。 養老生命共済(平成9年11月6日契約・30年満期で50歳まで・月8,559円) 予定利率3% 主契約 100万円 定期特約 1400万円 災害給付特約 500万円 災害死亡割増特約 1000万円 全入院長期保障特約 5000円 通院特約 3000円 特約の解除や定期特約の減額を検討していますが、2月にJAの担当にたずねた際、11月が契約月なのでそれまで待って欲しいと言われました。11月には特約の手続きができると言われましたがどうも腑に落ちません。約款には、特約の追加は11月かなあと思うような記述がありましたが、特約の解除や減額についてはそのような記述はなかったと思います。私の理解力が無いのかなと思いますが、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

  • 生命保険を見直したいのですが

    生命保険が我が家にみあったものかどうか、月々の保険料が高めなのもありまして是非見直しをしたいと思います、他県に移転したため契約時の信頼できる(主人の話では)担当者と連絡を取るのも難しものでして。詳しい方からアドバイスを頂けますと大変有り難いです。 現在主人32歳、私(妻)28歳、子一才、数年後にもう一人予定 主人27歳契約、定期付終身保険(特別保障更新型) 38年払込、月々保険料21、000円、死亡保険金額主契約500万、定期保険特約2,100万、他収入保障基本年金180万・特定疾病死亡保険金300万、重度慢性疾患死亡保険金500万・災害死亡保険金500万・傷害災害保険金500万・損傷給付金五万・新災害入院一万・新疾病入院一万・通院3000円・新成人病入院5000円 の特約付き 十年確定個人年金、月々一万、 終身共済、35年払込、基本契約300万、月々6500円、生存給付金特約5%、長寿共済金特約5%、災害特約300万、疾病・災害医療特約5千円 以上です。不明確な部分もあり大変恐縮です。分かり易く アドバイスいただければと思います。宜しくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて、相談です。

    保険の見直しを考えています。助言お願いします。 夫34歳(公務員)私33歳(専業主婦)子供2歳です。 手取り月20万、毎月の保険料は3万6000円くらいで 非常にきついです。 今加入している保険は 1. 三井生命3年ごと配当ザ・ベクトル(10年更新)   定期保険特約付 利率変動型積立保険です   加入して2年です。(元の夫のみの個人から変更)   家族型です。我が家は積みたてはしておりません。   死亡2500万 特約がたくさんついていて、更新すると   かなり保険料が高くなる。   妻・子は入院5000、死亡500万(子は250万)   通院3000円   毎月保険料約20000円 2. 妻のみ三井養老保険加入後5年(2年前減額)   解約を考えています。 3. 職場の団体生命保険 1年更新   死亡2500万、災害3000万、傷害50から500万   4. 職場の生命共済    死亡(疾病・傷害の場合)1000万   入院5日目より6000円 5. 職場の傷害保険   交通事故による       死亡3000万、入院3万、通院1万5000円   その他の事故        死亡2000万、入院1万、通院6000円   以上です。 3~5は職場の団体なので、かなり安い保険料です。 養老は解約したい、1の保険を夫単体にした方がよいのか。 希望として夫の死亡は5000万、入院は8000円くらい 妻の死亡は300から500万、入院は5000から8000円(妊娠時2ヶ月入院しその時は1日1万円で助かった。2人目もこれから考えています。) 終身がないので、夫のを終身にし、妻のは安い掛け金の職場の団体の生命と医療保険に入るべきか。 詳しい方のアドバイスをお願いします。

専門家に質問してみよう