• ベストアンサー
  • 困ってます

ベタ基礎における防湿シートの施工順序

ベタ基礎に防湿シートを施工する際の施工順序ですが、建築関連HPの施工記録や、建築関係図書をいろいろ調べてみましたが、 (1) 砕石⇒防湿シート⇒捨てコン⇒耐圧コンクリートの施工順序 (2) 砕石⇒捨てコン⇒防湿シート⇒耐圧コンクリートの施工順序 という2通りの説明が見られます。 (1)(2)は防湿シートを捨てコン前とするか、後にするかの違いです。 設計者、あるいは施工者の認識不足でどちらかが誤った知識でやられているとも考え難いため、それぞれメリット・デメリットを考慮して判断されているのかもしれません。 ベタ基礎の場合、防湿シートは必ずしも必要と言うわけではなさそうなのですが、防湿シートの施工を前提し、さらに捨てコン(均しコン)がない場合も見られますが、捨てコンもありとした場合、 どちらの施工順序が良いでしょうか? 理由も合わせてお聞かせ願えると有難いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数5936
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

シートさん側の立場からすると理想は捨てコンの上に敷いて欲しいでしょうね。 墨出しに問題なければそれもありかなと。 施工側の立場からすると捨てコンの下ですかね。 炎天下の捨てコン打ちは下にシートがある方が水分を取られず作業性はいいですね。 つまり強度確保もドライアウトしない分その方がいいと思います。 一応捨てコンも強度規定があるので。 逆に先シートだと冬場はなかなか水が引かないので夕方に打っちゃうと 打ち終わり仕上げになってしまいます。 結論はその時の施工性と防湿性に問題なければどっちでもいいんじゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 施工側の立場でのご意見とてもありがたいです。 捨てコンも強度規定があるのですね。 >その時の施工性と防湿性に問題なければどっちでもいいんじゃないですか シートを優先するあまり、施工性が劣って不具合が起きると本末転倒ですね。 >逆に先シートだと冬場はなかなか水が引かないので夕方に打っちゃうと 打ち終わり仕上げになってしまいます。 なるほど・・・ですね あくまでも想像ですが・・・ 実例で後シートをされていたり、矩計図でそのように表記しているのは、 基礎工事の時期も考慮しているのかも知れませんね。 以上の事から 「先にシートを基本とし、冬場は現場で変更する事も念頭においた柔軟な対応」 が必要とされるのかも知れませんね。

関連するQ&A

  • 防湿シートの下は雨でびしょびしょ

    お世話になります。 この度、家を建てることとなり、先日から基礎工事が始まりました。一昨日、根切りが終わり、砕石が撒き、固められました。そして昨日、一日中雨(基本的には小雨、時折大雨、天気予報は曇り)という天候でしたが、突き固められた砕石の上に防湿シート?(透明なビニールシート)が敷かれ根切り部分には捨てコンが打たれました。 そこで質問なのですが、防湿シートの下は雨でびしょびしょでも大丈夫なのでしょうか。おそらくはこの防湿シートの上にコンクリートが打たれるはずですが(基礎はベタ基礎です)問題はないのでしょうか。防湿シートの下がこの先ずっとびしょびしょなのかと思うと心配です(それとも水は地下に染み入って落ち着いていくのでしょうか)。また、今日になっても雨は止まず一日中降っていましたのでさらにビニールの継ぎ目から水が入っていっているものと思われます。継ぎ目は1m間隔くらいで簡単にガムテープで止めてあるだけです。同じ分譲地でほぼ同時進行の物件では継ぎ目がぴったりガムテープで塞がれているので私の家の方は作業中に大雨にでもなってぴったり貼れる状況ではなくなってしまったのかもしれません。 それではよろしくお願いいたします。

  • 土間床の防湿シート

     土間コンクリート床の下に敷く防湿シートの位置に関して教えてください。  今までの私は、下から順番に、再生砕石・目潰し砂・防湿シート・スタイロフォーム・土間コン の順番にやっていました。  ところが、最近ある工事関係者から「下から順番に、再生砕石・スタイロフォーム・防湿シート・土間コン」の順番が正しい。こうすれば、目潰し砂も省ける と言われました。  どちらが正解でしょうか? 後者は目潰し砂を省く口実だけのようにも思えるし、それなりに妥当にも思えるし… さて?

  • 壁への防湿シート施工について。

    木造の間柱間にグラスウール(ナイロンで包まれているタイプ)を施工後、防湿シートを貼りたいのですが、もともとグラスウールについている防湿シートは剥がした方がよいのでしょうか?それともその上から防湿シートで覆ってしまっても問題はないのでしょうか? 防湿シートは土間コンクリート用の0.15mmタイプの物を壁に使うのは可能でしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

構造屋さんではないのでよくわかりませんが、建物重量に横方向に力がかかった場合に基礎絶縁すると動きませんか 摩擦抵抗がなくなりませんか? 鉄骨BPL などに荷重がかかった場合に摩擦力W*0.3で抵抗していると思うのですが。 基礎下にシ-ト系のものをおいて横方向にずれませんか?根いれ部分の土抵抗?地震力で働く力 昔 W*0.3 の横方向 の水平力かかっかてももちますか。なにかイメ-ジ的にすべる気がするのですが? 昨年鉄骨建物の土間解体したとき土間シ-トがしかれていて、下部土に対して抵抗がほとんどないような気がしたので。 横方向に簡単にスライドしましたが?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

この件に関しましてはaderasuさんの回答あるいは 構造の知識のある方からの回答を待ちたいと思います。 一応質問者としてイメージしてみた事を・・・。(何の根拠もありません) 基礎スラブには建物の総荷重(固定+積載)がかかります。土間コンは解体時には土間コンの自重あるいは一部壊しているとすれば、部分的な荷重のみがかかるかと思います。 摩擦係数云々を使った計算はわかりませんがシートを引き抜こうとすれば、前者の場合、シート事態が破れるだけかと思います。(抵抗がなければシートは抜けます) 解体された土間コンの場合(大きさ、高さ、荷重・・にもよると思いますが)動いたり、転がったりするような気がします。 それが答えのような気がします。 つまり、建物に横方向への力がかかった場合、シートは破れることはあっても動かない。 シート自体やわらかいものです。もし鉄板などが敷かれていた場合、絶縁体となるかも・・・? それでも鉛直荷重が遥かに大きいため動く事はまずないとも思います。 擁壁の事を調べていた時の事思い出してみますと、擁壁が転倒や横ズレをしないように、土圧、摩擦係数・・・などを計算して擁壁の設計をしていると思います。このような場合、シートなんかがあると滑るかもしれない?? 以上のようにイメージをしてみました。 蛇足でありましたら、容赦願います。

  • 回答No.6
  • aderasu
  • ベストアンサー率24% (17/70)

興味深い質問です。 いろいろ参考になりますがNo.5さんの回答の意味がちょっとよくわかりません。 もうすこし具体的に解説していただけませんか? >通常コンクリ-トを打設する場合に打設時に地盤側に接地圧が生じバランスがとれるのではと思っていましたが。 >したがって上部を受けるような免震等耐震受けの用途をもつなら別ですが。 >その場合基礎がありそのうえで支えていると思うのですが。 防湿シートとなんの関係があるのでしょうか?? >建物解体してみるとわかりますが、土間打コン下に土間シ-トをいれた場合は完全に下部と接続していませんよ。 シートを入れなくても砕石部分が一体物ではないため結局下部とは接続されないですよね? 最上部の砕石とは一体となって接続されると言えばそうなりますが、その砕石とその下が 接続されないので結局下部とは一体にはならないですよね? 接地圧は鉛直荷重だけなのでシートの有無は関係ないと思うし、 シートの存在で水平荷重時にμを低減したりするのも聞いたことがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ANo.5dokatanさんに対するお返事のようですが、 質問者としてまずはありがとうございます。 シートを入れる事により接地圧が阻害される恐れがあるため シートを入れるべきではないというご意見かと理解しました。 具体的にはよくわかりませんが、aderasuさんの仰るように、 あくまでも鉛直荷重による応力分布・・・バランスであるため、 シートの影響はないものと理解しています。 もしかしたら、もっと奥の深い内容かもしれません。 ここは構造の専門家にアドバイスいただきたいところですが・・・。

  • 回答No.5
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

通常コンクリ-トを打設する場合に打設時に地盤側に接地圧が生じバランスがとれるのではと思っていましたが。 したがって上部を受けるような免震等耐震受けの用途をもつなら別ですが。 その場合基礎がありそのうえで支えていると思うのですが。 建物解体してみるとわかりますが、土間打コン下に土間シ-トをいれた場合は完全に下部と接続していませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 勉強不足で、詳細はわかりませんが・・・ ベタ基礎の考え方は、 「主として柱から加わる下向きの建物荷重と,基礎スラブの下面に分布する, 地盤からの上向きの反力が釣り合う」事で安定するわけですが、 防湿シートを敷くことで何ら影響がないと考えます。 また、土間コンは建物とは縁切り、基礎ではないため、比較はできないかと思われます。 実際に多くの現場でシートを入れていると思われますし、 これが問題であるという事になりましたら、今回の質問以前の重要なポイントとなり、 自分には残念ながらそこまでの知識・経験を持ち合わせていないため、 これ以上のお返事ができない事をご理解願います。(質問しておきながら恐縮です。) ただ、こちらが誤った解釈をしている可能性もありますし(内容がかみ合っていない等) 防湿シートを入れない現場も実際にあるようですから、もしかしたらアドバイスに関係 があるのでしょうか? 何か参考になる点がございましたら、是非お聞かせ下さい。

  • 回答No.3
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

べた基礎 に防湿シ-ト を施工するのですか? 土間地業工事ならわかりますが。防湿シ-トは土からあがってくる湿気を防ぐためとだけとおもっていました。 基礎のような上部重量を支える部分に防湿シ-トのような干渉材をいれるわけですね。 基礎砕石地業部分と上部基礎を分断するわけですか? なんのためにいれるのでしょうかね?耐圧にいままで防湿シ-トとかいれたことはないのですが? 土間のように考えるのであれば、土間砕石地業→目つぶし砂等→土間シ-ト0.15→土間コン この土間コン部耐圧のような鉄筋を配筋し、厚があるなら、その上にスペンサ-ブロック設置し受け、墨出し用として捨てコンとなるのですかね。そうすると(2)はありえないような気がしますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 自分は住宅設計、現場未経験でして、あくまでもネットや書籍で調べた内容である事をご理解願います。 確かに土間コン(布基礎などの場合)の場合は必然的に 「土間砕石地業→目つぶし砂等→土間シ-ト0.15→土間コン」 となるかと思います。 仰るとおり、ベタ基礎に防湿シートを必ずしも入れる必要はないようですし、(コンクリート厚60mm以上あれば・・・)まして耐圧コンクリートは150mm以上になりますから基本的には必要はないようですね。ただネットで実際調べてみるとシートを敷いている現場が多いかと思います。想像ですが、施工業者の考え方も千差万別で、情報社会の中、入れる事が常識化(本当に入れる必要があるか分からないけど、他社同様とりあえず入れておく・・・?といった事もあるかと想像します。)している感じもします。 こういった事は他の事でも言えると思います。実際に評価が分かれる事や、実験で検証された結果、これまで良しとしてきた事と逆の結果が得られる事もあるようです。あるいはメーカの思惑に踊らされる事も・・・。 ネットでHP等で公開している会社はほんの一部でしょうから、シートをやらない業者ももしかしたら案外多いのかも知れません・・? また、実際調べているときに、シートも施工時や完成後の自重等で破れる可能性が大で、あまり意味をなしていない・・・と言った記述もありました。(ないよりはマシ程度) もちろん、シートは必ず敷く必要があると言った記述も多かったです。 コストがかかる事でもありますし、納得の出来る明確な回答があればと思い質問させていただきました。

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

防湿シートは、地業砕石の上に敷きましょう。 したがって捨てコンクリートの下となります。 捨てコンの上に敷いたら、鉄筋配筋工事でボロボロに穴開いて補修のしようが無くなりますからね。 業者が捨てコンの上に敷いたら、迷わず業者をぶん殴ってやって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 施工的に、問題ありのようですね。 実際、捨てコンの上に敷いている例もあるようですが、間違った設計や施工方法をやられているとすれば問題ですね。(建築図書の矩計図でも同様の表記があったりします) 自分としては、シートが地面の湿気を押さえる役割である事から、どちらもあり得るかも?と考え、質問させていただきました。 アドバイスいただきましたポイントは重要かと思いますので、参考にさせていただきます。

  • 回答No.1

捨てコンに地墨を打つならシートなんて引けない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 HPやブログで基礎工事の施工例を調べていた時、捨てコンの後にシートを敷き、墨の確認はシートごしに確認できるような事が書いてあったような・・・? (自分では現場を見た事がないためどの程度確認できるか定かではないですが) 確かに、墨出しの事を考えると、シートの後に捨てコンが良い事は想像できるのですが、敢えてそれでも捨てコンの後にシートを敷く現場があるようで、何か理由が(メリット)あるような気がして、質問させていただきました。

関連するQ&A

  • 防湿シート施工前後の雨と水たまり

    ベタ基礎での新築工事中です。 先週末から基礎工事に入り、 1日目は割栗石から地ならしで終了。 その日の夜本降りの雨でしたが、2日目の朝に防湿シートを張っているのにびっくりしました。 当然中止かと思っていましたので・・・。 請負先の個人建設会社に電話しましたが、大丈夫ですとそのまま続行。 その直後に時間雨量50mm以上の記録的豪雨! 夕方見に行くと、外枠と配筋工事まで終っていました・・・。 (おそらくJIOの検査のために配筋工事を急いだのだと思います) 翌日、JIOの検査でしたが、特に何の指摘もありませんでした。 その日も小雨~本降りの雨が降っていましたが、コンクリートを打設をしたいと 基礎屋さんから言われ、さすがにそれはやめてもらいました。 気になっているのは防湿シート。 そもそもベタ基礎なのでそれほど必要性は感じていませんでしたが、 雨天時に防湿シートを張っているので当然その下は雨でぬれています。 多少なりとも下が緩んでいたりするわけですよね・・・。 これって大丈夫なのでしょうか? また現在かなり水たまりができてしまっています。 そのまま打設すると強度にももちろん影響出ますよね。 防湿シートの上の水たまりはどうやって水だししたらよいでしょうか? JIO検査のときに施工会社&基礎屋さんにいろいろ質問してみましたが、 多少の雨の打設は大丈夫と、検査当日に打設を打診されたぐらいなので 防湿シートの水たまりをそのままに打設されそうで心配です。 (当日は妻が立ち会う予定です) フラット35Sで建ててもらうのですが、 (この場合の設計強度って21Nでしょうか?24Nでしょうか?) そんな施工で本当に大丈夫なのか心配になってきました。 いろいろご意見を頂けると助かります。

  • 基礎下の防湿シート要否

     地面とベタ基礎との間に防湿シートは必要でしょうか?  わが家は木造軸組工法で,基礎パッキン,床断熱です。 設計士の設計図には防湿シート(ビニール?)の記載はなく,現実に工事でもシートは敷かれませんでした。  このような建築にも防湿シートは必要なのでしょうか。また,シートがないとどのような不具合が出るのでしょうか。よろしくお願いします。  

  • ベタ基礎工事に除湿シートは不要か

    建築士さんからのアドバイスでわからないことがあるので教えてください。ベタ基礎工事に通常は防湿シートを敷くのが一般的だと思いますが、湿気のあまり心配の土地で、コンクリート厚みが十分ある場合、防湿シートは不要だと説明されましたが本当でしょうか?その場合のメリット・デメリットを教えてください。

  • 布基礎 防湿シート施工

    我が家は床下点検口から床下を覗くと防湿・防蟻シート(アリダンシート)がそのまま見える状態で基礎立ち上がりの端に防湿・防蟻シート押さえの砂が盛ってある施工です。ふと思ったのですがこれで良いのでしょうか?防湿コンクリートの施工は予定していませんでした。普通は防湿・防蟻シート上全面を砂押さえするのではないのですか?ちなみにフラット35利用です。

  • 教えてください!布基礎防湿シートについて

    別荘として使う家を布基礎で施工したのですが 引渡しからたった3ヶ月で和室の畳がカビてしまいました。 畳をめくって見ると下の床も湿ってカビていました。 湿気の多い所なので 今となってみれば ベタ基礎で施工すべきだったと後悔しています。。。 がっくり。。。 基礎の防湿シートの敷き方?工法について教えてください。 床下を開けて見ると 土の上に直接防湿シートが敷かれています  そして、シートが隅々まできっちり敷きこまれているのではなく  ひとまわり小さいものが置かれているといった感じです。 特に何かで押さえてあったりしていなく…まるで10畳の部屋に8畳用のカーペットを置いたような状態になっています。(それぞれの基礎の間に) このような周りに土が見えてる敷き方で 防湿になっているのでしょうか???  シートの敷き方に問題はないのでしょうか??? 施工したとこに確認すると『基礎は⊥になっているから きっちり隅まで敷かなくても・・・』との事ですが そんなものなのでしょうか? そして これからの対策はどのようにしたらよいでしょうか?  『畳の下に防湿シートを敷く』ではダメでしょうか? 床が腐ってしまいそうなきもするし??? どうぞ 教えてください よろしくお願いします。

  • DIYガレージ小屋(約10m2)の基礎の防湿シート

    DIYガレージ小屋(約10m2)の基礎の防湿シートについて 建築場所は南向きでありながら東西家に挟まれているためか乾きが非常に悪く、かつ北と西側の敷地から雨水が集まり易い場所だったこともあり、シートを砕石上に敷きました。ただ、下地とコンクリートの密着が悪くならないだろうかという危惧がありました。というのも砕石を予定より多く埋設したためコンクリートの土かぶりがほとんどなくなったのと面積に対し屋根を高くしようと思っているので横ズレが気になっていたためです。地中梁を入口開口部にのみ設けているので多少ズレ防止になるかなとは思っているのですが…。 それと、実はポリシートが見当たらなかったので薄手のブルーシートを代用したのですが問題になるでしょうか?ズレ防止の観点も含め、まだシートを抜くことは可能なので、よろしければアドバイスください。

  • 床下の防湿コンクリート施工の相場を教えてください。

     私の家は、湿気の多い低い土地で、床下はすぐ土です。先日こちらでご相談して、防湿シートを敷いた上に防湿コンクリートを打つ事と致しました。さっそく業者に見積もりして貰ったところ、一坪あたり10万円という事でした。  そこで質問ですが、こういった施工の相場はわかりづらいので、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、参考までにお教え頂けないでしょうか?(なお、ミキサー車が入れない場所の為、手で捏ねるぶん割高という事でした。)

  • 床下の防湿シートについて教えてください。

    布基礎で建築中です。床は床下収納2ヶ所以外は貼ってあります。 その2ヶ所から床下を見たら、防湿シートが「貼り付けてある」 のではなく、ただ「置いてある」状態なのですが・・・。 四隅を見ると基礎コンクリートに沿って、5cm程度土が 完全に出ています。 現場監督は、問題ありませんと言っていますが・・・。 防湿シートは隅々とか重ね合わす部分に、 ピン、テープ等でしっかりとめないのでしょうか? 床下収納部分からみた2ヶ所がこの状態なので、 床下全部ではないかと不安です。 もし手抜きであれば、床を貼ってあっても やり直しさせることができるのでしょうか? HMはミ○○ホームです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 外壁(外側)の防湿シートの施工について

    はじめまして。現在、在来木造工法にて戸建を新築中の者です。 外壁の防風防湿シートと、施工後の雨の影響について教えてください。 昨日休日を利用し建築現場に行ってみると、現場では外壁合板の外側に 防風防水シート(半透明のシート)を張る工事をして頂いておりました。 昨日は「だいぶ家らしくなってきたな」なんて思っていたところ、今朝 起きてみると雨が降っています。雨自体は小雨程度ですが、朝からシト シトという感じで降っています。家は防風防水シートが雨に濡れた状態 になっているかと思います。 そこで質問なのですが、外壁合板の外側の防風防水シートというのは雨 に濡れても、乾燥等させれば後々悪影響等がでてくる心配はないのでし ょうか(外壁合板と防湿シートの間に雨等が溜まっていないかはこれから確認に行く予定です)。 工事が進むと後戻りにも限界があろうかと思いますので、気になったこ とは早めに工務店の方にネタを持って伝えたいと思います。 ご存知の方がおられましたらご教授の程 お願いいたします。

  • 施工令第22条 床下の防湿方法 大臣認定品とは

    二級建築士です。建築確認の必要な増築の設計をうけましたが既存住宅が基礎高330しかなく床下土間は土です。 増築の場合既存部分も全て適合させなければならないのですが、居室のみ床下防湿施工しないといけません。施主は炭を敷きたいと話されてましたが大臣認定の炭は私が知ってる限りないように思いますが何かありますか? 50mm程度のコンクリ敷き込みすればよいのですが既存部分は点検口もなく床下も狭くまた住みながらの工事施工が困難です。居室だけでも20坪はあります。 大臣認定を受けたものでよいものがあれば教えてください! 宜しくお願いします (22条 最下階の居室の床が木造である場合における床の高さ及び防湿方法は、次の各号に定めるところによらなければならない。ただし、床下をコンクリート、たたきその他これらに類する材料で覆う場合及び当該最下階の居室の床の構造が、地面から発生する水蒸気によつて腐食しないものとして、国土交通大臣の認定を受けたものである場合においては、この限りでない。)

専門家に質問してみよう