• 締切済み
  • すぐに回答を!

DIY 畳からフローリング 防湿シート施工位置

こんにちは。 今回築35年の古い木造住宅の 畳をフローリングにDIYしようとおもいます。 たくさんインターネットや本で調べたのですが、 書いてあることがまちまちで困っております。 1、古い基礎根太の下は土です。 2、そのうえに30ミリの根太を30センチ間隔で張る予定です。 3、その根太の間に断熱材 4、その上に防湿シート 5、その上に12ミリコンパネ 6、床を張る この方法であっているのか?ということと、 一番気になるのが防湿シートの施工位置です。 施工位置を間違えるとかびが生えるとか。。 日当たりが悪く、湿気の多い部屋です。 防湿シートの位置を間違えると恐ろしいことになるんではないかと 心配です。 皆様、防湿シートの正しい施工位置教えてください!! よろしくお願いいたします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数990
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.5
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

他の方の回答で分かってきたと思いますが、床には防湿シートは用いません。もし防湿シートを貼るのなら、地盤面です、その上にコンクリートt=50を敷いて防湿します。 自分でコンクリを練るのは大変なので、ここだけは業者に頼んだ方が良いかもしれません。 (湿度が高い場合はここを押さえるのは大切です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとございます!床には使わないんですね。トホホです。。インターネットは色んなことがかいてあるものですね。。。難しくて頭がごちゃごちゃです 笑!もう少し勉強したいとおもいます!ありがとございます。

関連するQ&A

  • diy畳からフローリング。防湿シートの位置

    こんばんは。DIY初心者です。 畳からフローリングにする際の防湿シートの敷く位置についての質問です。 今回本やネットで勉強し、知人にアドバイスをもらいながら古い自宅のリビングを畳からフローリングにしました。自宅は木造平屋建てです。畳を剥がすと床から550mmの隙間ができたので、【防湿シート→防湿シートの上から根太40mm→根太と根太の間隔に断熱材→合板フローリング12mm】のしました。コンパネはひかずに根太に直接フローリングを打ち付けました。後から色々調べてる内に『防湿シートは根太とコンパネの間にひく』と書かれた内容が多いことがわかりました。もう手遅れかもしれませんが、今回のやり方は間違いだったのでしょうか。また今回のやり方での悪影響、やり直した方がいい、本来の正しいやり方など、教えていただける方がいましたら回答よろしくお願いします。

  • 畳からフローリングにリフォーム

    畳からフローリングにリフォーム 畳からフローリングに、リフォームしたいと思っています。 敷居との段差、60ミリありました。根太、コンパネ、床材で仕上げたいと考えています。 コンパネ12ミリ、床材12ミリ、根太36ミリ×45ミリでいこうと思いました。 根太の36ミリ×45ミリがやっと見つかったのですが、プレナー加工がしてありませんでした。ほぼ平らなので、コンパネを打てば、その上に床材でOKでしょうか? 畳を外した下地は、45角の根太の上にコンパネ12ミリが張ってあります。 45ミリ角の根太の上に、床材12ミリの方がよいのでしょうか? いろいろ教えてください。 宜しくお願いします。

  • DIYで畳から無垢フローリングへのリフォーム

    DIYで畳から無垢フローリングへのリフォームを計画しているのですが、 次の2つについて教えていただけますか。よろしくお願いいたします。 一戸建ての1階の4.5畳、今の畳は55ミリ 質問(1) それぞれのメリットとデミリッとを教えてください。おすすめは?       厚ものが、よさそうかなと思っているのですが、実際はどうなんでしょうか?   A 無垢フローリング(30ミリ)+合板   B 無垢フローリング(30ミリ)+根太(根太の間に断熱材)   C 無垢フローリング(15ミリ)+合板+根太(根太の間に断熱材) 質問(2) 壁側は5~10ミリ隙間を設けて、巾木で隠すと載っていたのですが、      敷居側は巾木で隠せないのですが、うまいやり方はありますでしょうか。      敷居とフローリングの長手方向は平行となります。      私としては、2ミリ厚の発泡スチロールを間に挟んで、最後にコーキングと      考えたのですが、他にいいやり方を教えてください。

  • 回答No.4

カビ・結露対策の専門です。 この湿気対策において何故!?防湿シートが弊害になるのか?をご理解頂くには5000字以上の文字数が必要になりますので、その点についての解答は省き、結論を先に申し上げます。 建物(土台、床下、内壁内、屋根裏の全て)に防湿シートを使用する事自体が間違いの始まりです。 家全体の湿気の通気がなくなってきます。 防湿シートという性質上、逆に使用して良いと思える場所、湿気の多い地盤の場所または地下水が流れており、地面からの湿気が上がってくる場合、それを防ぐ場合、土間の土の中或いは、湿気対策の為土間コンクリートを打つ場合の土間コンクリートを打つ前の位置であれば、地面からの湿気を防ぐ意味では有効的であると言えますが、 土間以下の地盤がそれほど、建物に影響するような湿気が上がってこない限り、使用する事は無意味であります。 また、最近、壁を外張り外断熱工法というような謡い文句のハウスメーカーが多いのですが、外張り断熱工法をと唯一謡っていないのは2×4工法の建て方ですが、壁自体を製造組み立て工場で製品化して、現場で壁をレッカ等で吊り下げて組み立てるという建て方の場合、必然的に内断熱工法となる為、家の中の湿気を壁の中に浸入しないように内壁側に使用して、尚且つ、防湿シートを使用しているので、家の中の気密性が高まり、家の中の湿気は換気扇があれば、壁内には湿気は入り込ます、すべて外気に排出され、館内同一温度(玄関・トイレ・部屋の温度差がない)で、部屋間の温度差がなく、快適な空間になる高性能住宅というふうに謡っているPRもよく見聞きしますが、実際は壁の中にはコンセント、エアコンの配管口等などの小さな開口部などの隙間は沢山あり、その小さな隙間から壁内に入り込んだ、湿気が外にも、家の中にも戻る事ができず、壁の中で暴れており、結果、壁内でカビ・結露が出やすい現状になっており、 私の過去20年以上の住宅の中で、防湿シートを使用しているせいで、カビ。結露どころか、白蟻を発生している住宅にで5~6年くらいでそういう白蟻という問題を起こしている住宅を十数件、修理させて頂いた住宅があり、有名な企業で名前は申し上げる事はできませんが、そういった経験上、防湿シートは家の中で使用して湿気対策の方法の一つとする事自体が間違いの始まりと存じます。 建物に影響しない位置で使用してください。  痔際に防湿シートを使用をして、欠陥住宅となった住宅のお住まいの方から相談を受け、修理改善をしてきた経験上、現場で起きている実経験を基に回答させて頂きました。 参考に、防湿シート以外に米国の住宅業界で普及している遮熱シートも日本の気候には全くあいませんし、やはり湿気の多い日本国の機構及び住宅環境には合いませんの使用しないほうが宜しいかと存じます。 また、余談ですが、防水透湿シートの一般的に住宅には当たり前のように使用されていますが、その殆どの設置している位置や使い方が間違っております、それが原因で壁の中の柱が腐食している住宅が全体の70%以上です。 そのシートの使い方や設置位置が悪い為です。防水シートの設置の位置が外壁材を支える為のビスや釘において穴だらけになっており、その段階で、防水透湿シートの防水機能をかなり低下しており、現在の防止透湿シートは外壁材のヒビや隙間、開口部などの家の至るどころから浸入した雨水が防水シートの紙面を水の通り道にしており、その部分が穴だらけになっていれば、当然、壁内に侵入し、柱や壁の断熱材部分に雨水が浸入してしまいます。 それ故、内壁側に設置した防湿シートは、確かに防湿機能がありますが、電気コンセントやエアコンの配管口や窓などの開口部は気密テープで止めてあるみたいですが、それも不十分でどうしても家の中の湿気は壁の中に入り込み、壁の中に入った湿気は防湿シートが下手に設置してある為、家の中に戻ろうにも戻れず、壁の中で湿気の流れがとまり結果、湿気が結露にあり断熱材部分や木柱に水分が浸入し、腐食を早めたり、白蟻がよりやすくなってくるという訳です。 カビ、結露が酷く、それが原因で柱が腐食してしまい、築浅でもそのような事が現実に起こっている住宅を実際に見てきた事実をそのまま回答させて頂きました。 壁の中はどうなっているのか見えなく、誰も実際のところわからないです、外壁や内壁を全て解体してみないと誰もがわからない部分ですので、そんな事をいって本当に!?と思われる方が殆どかと思いますが、 実際に新しい外壁を工事をする為、外壁材の下地を使用としたら、ビスが全く効かず、既存の外壁材を剝ぐって調査をしたら柱や間柱が腐食してしまい丸ごと1本や2本腐食で手で簡単にむしりとれる状態になっているという住宅を過去、40年以上の間に5000件以上見てきました。 その多くが外からの雨水が住宅内部で使用されている防湿シートの設置位置や工事方法が間違った方法であるが故、また、簡単に言えば、防湿透湿シートの防水機能を信じ込み、頼り過ぎている為、このような事が事実で起きております。 家の内部で使用する防湿シートの防湿機能を信じ込み過ぎて、間違った、使い方をしますと住宅に弊害をおよぼしますので充分にお気をつけて下さい。 防湿シートや防水透湿シートを苦労して製造している技術者の方がこの記事を見れば、いやな気分になされるかと存じますが、防湿シートや防水透湿シートの機能、性能がきちんと生かせるような設置工事方法がなされていれば、使い方次第でとても良い製品でありますので誤解がなきよう、ご理解頂ければ、幸いに存じます。 長くなりましたが、質問者の方が望まれるような回答になったかどうかわかりませんが、 土間より湿気が数多くあがってくる、湿気の多い地盤の地域で土間コンクリート及び土間の土の中部分に設置をして住宅の土台や大引き、床を湿気を守るという意味で良いかと存じますが、 逆に床下の通気が悪い場合は、その防湿シートには家全体の湿気が床下に結露になった場合、水たまりのようになり、それはそれで、大引きやそれをを支える束、土台等に悪影響を及ぼすという弊害も生じる可能性があるという事も念頭におかれて検討をされたほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答ありがとうございます!簡単に考えておりましたので、少し恐ろしくなってきました。下手にやらない方がいいですね。ありがとうございます!

  • 回答No.3

地面からの湿気を止めないと大引き根太・フロアーがが湿気で痛みますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。やはり簡単にはいかないものですね。。。素早いご回答ありがとうございました!

  • 回答No.2

通常は土の上に防湿シートを敷きシートの上にコンクリ―ト8センチぐらい打設して大引き・束建て根太は1寸3分x1寸5分材  mmだと39mmx45ミリ根太を1尺間(303みり)に取り付けてフロアーを張るフロアーはさねの箇所に45ミリのフロアーネイルを斜めに、打ち終わりは釘締で打ち込む取付方法はフロアーの梱包に有ます。参考になるかな。コンクリ―ト打設の場合大引きの箇所に固定する番線を入れて置く事3尺間隔で入れて置くと床鳴りが防ぐ事が出来ます。文章を書くことが無い為わかるかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 本来は防湿シートは地面に敷くんですね。。。内容はわかります。ご丁寧にありがとうございます!お詳しそうなので、少し教えてください! 防湿シートを何かのサイトで、1、根太とコンパネの間に敷く と書いてあったり、 2、根太と根太に敷き込んで、その上から断熱材をはめ込み、コンパネを敷く と書いてあったりで、困っております。 おわかりになれば教えてください!よろしくお願いします!

  • 回答No.1
  • k205t
  • ベストアンサー率13% (344/2542)

畳からフローリングにしたいとのことですが、自分でやるよりもプロにお願いした方が良いと思いますよ。 万が一失敗したらと思うと、やはりプロの業者さんに頼んだらと思います。 ちなみに4,5畳の和室からフローリングにする費用は、6万円から75000円です。 これを参考にしてご検討を。 ホームプロとかクリナップで数社の会社に見積もりを。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! ヤッパり、難しいんですよね。実は私ではなく、主人がDIYするんです。主人は素人なので私も色々調べながらの状態です。材料も買ってしまってます 笑。 素早いご回答ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 畳からフローリングでの根太の高さ

    こんにちわ。DIY初心者です。 畳の部屋をDIYでフローリングにしようとしています。 築45年の在来工法住宅なのですが、リフォームのため畳をめくったところ、 厚さ15ミリ程度のベニヤ板(幅30センチ程度)が貼ってありました。 その上にフローリングをしようとしているのですが、そのベニヤ板から敷居の高さまで 43ミリしかないことがわかりました。 つまり、畳の厚さが43ミリしかなかったのです。(45年も前の畳だったからでしょうか) さて、本題に入りますが この43ミリの高さにフローリングを貼る際、 (1)根太(30ミリ) → フローリング材(12ミリ) (2)根太(19ミリ) → 合板(12ミリ) → フローリング材(12ミリ) どちらの方が、いいでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 防湿シートの位置について

    お世話になります。 友人の所有する小屋(約20畳)があるのですが これを改装してアトリエにしようってなってリフォームに挑戦しています。 現在の壁の構造は外側からサイディング⇒石膏ボード⇒柱⇒構造用合板となってます。 柱の間には断熱材を入れました。 合板が格好良い感じで、当初これで十分満足してたんですけど 断熱材を入れると防湿処理しないと駄目ってネットに書いてありました。 使用した断熱材はボードタイプで防湿シートは付いてないです。 この場合、断熱材のすぐ内側に防湿シートを貼るみたいなんですが すでに構造用合板を貼ってしまっています。 接着剤も付けて板を貼ってしまった為、これを剥がすのは大変です。 そこで構造用合板の上からシートを貼って、その内側にもう一度柱を作り、その上から石膏ボードを貼ってみようってなりました。 つまり2重の壁みたいな構造になります。 防湿シートは隙間とかあると駄目とのことで、このやり方なら合板がフラットなので頑張れば貼れそうだし、もう一つ内側の石膏ボードからコンセントとかを付けるのでシートに穴も空かないだろうという意見になったからです。 なので計画としては 外側からサイディング⇒石膏ボード⇒柱⇒構造用合板⇒防湿シート⇒柱⇒石膏ボード となっています。 ここで質問なのですが、構造用合板の上(内側)から防湿シートを貼って何か問題あるでしょうか? もしくは貼らなくても大丈夫でしょうか? ちなみに構造用合板は9ミリです。 自分達の住居ではありませんが、どうせなら後悔しないようにやりたいと思ってます。 ものすごく素人っぽい質問で大変恐縮ですが、プロの方の意見をお聞かせください。 宜しくお願いします。

  • 防湿シートは必要ない?

    只今建築中です。業者の説明によると、壁になる部分、OSB合板を張った上に気密テープを張り、断熱材を張って、またその上に気密テープを張り、本来ならその上に防湿シートを張って胴ぶち→外壁材となると思っていましたら、OSB合板→気密テープ→断熱材→気密テープ→胴ぶち→外壁材と、防湿シートは必要ないと説明されたのですが、同じその業者の他の現場ではちゃんと防湿シートを使っているんです。何で差別をするのかわかりませんが、問題はその防湿シートがない状態でも気密の方は大丈夫なのかと不安です。どうぞ、宜しくお願いします。

  • フローリングの施工法を教えてください

    無垢材を使ってフローリングをDIYで施工しようと思っています。 次のような状況での無垢材での施工についてご指導ください。 長方形の約7畳の部屋に施工する予定です。(現在の状態は根太の上に合板のフローリング材を直張りしています。経年劣化でぶよぶよの状態です。) 現在のぶよぶよのフローリングは撤去し、根太の上に合板を捨て貼りした上で無垢のフローリング材を取り付けるつもりです。 フローリングは、長方形の長い辺の向きに並べたいのです。 昨日、床下から調べたところ、根太は長方形の長い辺の向きに並んでいました。 この根太の上に合板を捨て貼りして、フローリング材を長方形の長い辺の向きに並べようとすると、 根太とフローリング材が平行になっているので、釘を捨て貼りの合板にしか打つことが出来ません。(フローリング材の位置がたまたま根太の上にくる場合を除いて) 以前大工さんにフローリングを施工してもらった部屋があるのですが、 やはりのこ部屋も同じ条件たっだので、床下から調べると、根太とフローリング材の向きが平行で 釘を捨て貼りの合板にしか打っていませんでした。 ただし、このフローリング材は無垢ではなく合板でした。 無垢のフローリング材を利用して上記のような施工で大丈夫でしょうか? 例えば、 フローリングを固定するのにミニビスを利用して、固定するピッチを細かくするとか、根太を増やして捨て貼りの合板をしっかり固定するとかすれば大丈夫でしょうか? どのような施工法であれば、長方形の長い辺の向きにフローリング材を並べても大丈夫でしょうか。 無垢の寄木のフローリングなら大丈夫でしょうか? あきらめて、フローリング材の向きを変更するか、合板のフローリング材を使用するしかないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 畳をDIYで無垢フローリングにする際に

    畳を無垢フローリングにするにあたって質問です。 お世話になります。DIYで畳の6畳間を無垢杉板のフローリングにしようとしています。無垢材フローリングが好きなのと、そこに薪ストーブを置くためです。それで、畳を一旦剥がしてみましたところ、わからないことがでてきましたので、どなたかお教えいただけましたら幸いです。 【現状】参照:添付写真 ・畳6畳間 実寸 約2631mm×約3533mm ・大引 450mm間隔(2631mmの方向と並行) ・その上に、幅200~300mmほどの板張り(隙間あり)が貼られていて、畳が敷いてある。 ・畳の厚み55mm 【計画】 ・その板張りの上に、根太(300mm間隔)と断熱材 ・そして、捨貼り ・そして、無垢杉のフローリング 【問題点】 その1:畳の厚み分55mmにおさめるために各材料の厚みをどうしたらよいか。調べると、根太は45mm以上推奨、捨貼り(耐水合板)12~15mm、フローリング厚15mmとあり、どの材料をどう低くする、あるいは省く等、わかりかねてます。根太は高さ調節がいちばんの目的とされてるならば厚み27mm(幅は広いものにしようかと)にすれば、27+12+15mm=54mmとなりなんとかなります。あるいは、捨貼りを省くやりかたでも可能なら、フローリング厚を11mm程度にして、45+11mm=56mmで考えようとも思います。ただ、歩き心地や薪ストーブを置く上での耐久性も考えるとどうしたものかと。 その2:断熱材には、安全性と薪ストーブのことも考慮しパーフェクトバリアを考えてますが、耐水性や耐熱性、耐久性等、素材的に何か問題はあるでしょうか。ロックウールなどは安全性が心配で、スタイロフォームは耐熱温度が低かった(80℃)です。薪ストーブの炉台として、床面上にはタイルやレンガ等だけでなく石膏ボードやケイカルなどもかませ断熱しようと考えてますので、パーフェクトバリアの耐熱性410℃もあれば安心かと考えました。 その3:重い薪ストーブの床面の補強として、床下地面から大引を支えるための補強を入れるほどではないと考えているのですが、このリフォームのなかでできる補強は何かあるでしょうか。根太を多く入れればある程度の補強になり得るのか、あるいは根太は高さ調節以上の役割はなく気休めと考えるべきか、幅広の根太なら補強になり得るのか、等々よくわかりません。 いろいろと長文書いてしまいましてスミマセン。ご理解する上での一助となれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 教えてください!布基礎防湿シートについて

    別荘として使う家を布基礎で施工したのですが 引渡しからたった3ヶ月で和室の畳がカビてしまいました。 畳をめくって見ると下の床も湿ってカビていました。 湿気の多い所なので 今となってみれば ベタ基礎で施工すべきだったと後悔しています。。。 がっくり。。。 基礎の防湿シートの敷き方?工法について教えてください。 床下を開けて見ると 土の上に直接防湿シートが敷かれています  そして、シートが隅々まできっちり敷きこまれているのではなく  ひとまわり小さいものが置かれているといった感じです。 特に何かで押さえてあったりしていなく…まるで10畳の部屋に8畳用のカーペットを置いたような状態になっています。(それぞれの基礎の間に) このような周りに土が見えてる敷き方で 防湿になっているのでしょうか???  シートの敷き方に問題はないのでしょうか??? 施工したとこに確認すると『基礎は⊥になっているから きっちり隅まで敷かなくても・・・』との事ですが そんなものなのでしょうか? そして これからの対策はどのようにしたらよいでしょうか?  『畳の下に防湿シートを敷く』ではダメでしょうか? 床が腐ってしまいそうなきもするし??? どうぞ 教えてください よろしくお願いします。

  • 新築の壁の構造、防湿シートについて

    建築に詳しい方に教えてください。 新築中の我が家の壁についてですが、室内側の石膏ボードと断熱材ロックウールの 間には防湿シートが貼られておりません。ロックウールは袋に入っておりますが、 その袋が破れているものや、狭いところに入れるために切断しておりその切断面は ロックウールがむき出しになっております。又、耳が付いていないものなので ロックウールの袋で隙間無く覆っている状態ではありません。 ここで質問なのですが、そもそも石膏ボードと断熱材の間に湿気た空気が通るものなのですか? 通るとしたら床面からの風ですか、石膏ボードを通って裏面に湿気がいくのですか? もし、そこに防湿シートがなくロックウールに湿気が入った場合、カビや劣化などが起きたりするのでしょうか? (どうなるのか教えてください。) 防湿シートは無くても大丈夫なのでしょうか? 一般的には防湿シートを貼るものなのでしょうか? それとも高気密、高断熱の家仕様で無い場合は貼らないものでしょうか? 色々教えてください。

  • 防湿シート

    このたび家を新築したのですが、当方勉強不足だったため、天井に防湿シートの施工がありません(壁には頼んで入れてもらったのですが) この場合、防湿シートは入れたほうがいいのでしょうか?また、後から天井をはがずに張ることできるのでしょうか  天井にはグラスウールが敷いてあるのでそれをどかしてその下に防湿シートをはってグラスウールを敷き詰めようと考えていますが、そうすると天井の木の部分(根太のような部分)も覆ってしまいますが大丈夫なのでしょうか どなたか教えてください

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 防湿シートについて教えてください

    現在住宅をリフォーム中です。今回改築にあたり蓄熱暖房機を導入する予定ですが、高気密高断熱仕様するにあたり防湿シートを断熱材に張り合わせますが、防湿シートを張ることでシックハウスや結露の発生が心配ですが防湿シートをはらずに蓄熱暖房機をいれて十分効果があるのでしょうか。ちなみに私の地区は次世代基準でいうところのII地区にあたります。宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう