• 締切済み

エポキシ基の反応について

エポキシ基を修飾してメチレンブルーなどの物質を結合させるとき、何か触媒は必要ですか?それとも加熱なんかでもいいんでしょうか?

みんなの回答

回答No.1

メチレンブルーは反応しないと思います。 エポキシとメチレンブルーを結合させるということですか? 解釈違いでしたらすみません。。。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • エポキシ系反応性希釈剤とカルボキシル基の反応

    はじめまして。 今、官能基としてカルボキシル基を持ったものにエポキシ系反応性希釈剤を反応させようとしていますが、上手く反応しません。 小生が試した条件としては以下の通りです。 カルボキシル基含有化合物 1mol エポキシ系反応性希釈剤  1mol トリエチルアミン     0.02mol これを酢酸ブチルに濃度30重量%に希釈して85~90℃で4時間撹拌加熱混合しました。 一応、若干は反応しているようですが、100%反応はしていないようです。 小生としては低温(90℃以下)且つ短時間(数時間)で100%反応させたいと考えておりますが、どなたかよい方法をご存じないでしょうか? アドバイス頂ければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • 活性メチレン基のヒドロキシル基

    タイトルがおかしいかもしれませんがご容赦ください。 不飽和脂肪酸の自動酸化において、二重結合に挟まれた メチレン基(活性メチレン基)と結合したヒドロキシル 基は特に不安定であるという知見があったのですが、 これはなぜでしょうか?

  • メチレンはないのに、メチレン基?

    メチレンという物質は存在しませんよね。 それなのに、なぜ、-CH2-で、表される炭化水素基はメチレン基という名称ですか?

  • エポキシについて教えてください

    化学にたいして全くの素人です。 現在仕事の都合上で接着剤について調べています。そこでエポキシ系接着剤と いうものも調べているのですが、このエポキシがよくわかりません。 エポキシでネットを検索したときに2,3エポキシプロピルフェニルエーテル という物質がひっかかりC9H10O2と書かれていたのでこれからエポキシ って何なのかわかるかと思い勉強してみました。(以下は勉強した内容です) 構造式を考えてみると名前がエーテルなのでエーテル基の両側にアルキル基が ついたものらしい。フェニル基はベンゼンから水素が1個とれたものらしいの でC6H5と考える。あと残っているのはエポキシプロピルなのでこれを考え るとプロピル基はC3H7のアルキル基で元の化学式C9H10O2から考え るとCが3個、Hが5個、Oが1個残っているってことだからH2個が01個 に置換されたもの(構造式上)と考えて良いのでしょうか? その後調べると今度はビスフェノールAとエピクロロヒドリンから合成した物 がエポキシ樹脂と呼ばれるともわかったのですが、こちらはこれから勉強する ところです。 高校のときに化学の授業はあまり聞いていませんでした。高校を卒業してもう 12年(そんなにたったのか・・・)の間に全然化学に触れてこなかったので 全然知識がありません。有機物ってなんだ?というところから始めてここ1ヶ 月でやっと上の程度を考えられる頭になりましたが、まだまだわからないこと だらけなのでエポキシについて説明していただけないでしょうか? またエポ キシについて勉強できるHPなど御存知でしたら教えてください。

  • メチレンブルーの酸化還元反応について

    メチレンブルーの酸化還元反応について 初めて光触媒(繊維)を扱います。 触媒機能を確認するため酸化還元指示薬(メチレンブルー)で 確認を行なったのですが下記のような現象になりました。 メチレンブルーを0.1mol程度に水で希釈したものに 触媒を入れると透明になる。 ここから触媒を抜き取ったら透明のままの状態。 触媒が無くなればまた青色に戻ると思っていたのですが 原因はなぜでしょうか? 私の仮定として繊維自体が黒色というのが炭素も含まれていて 炭素の効果によりメチレンブルーが吸着され透明のままなのでは! と考えてます。 何方かご存知でしたらご回答をお願いします。

  • メチレンブルーの脱色反応

    光触媒の実験を現在しています。 典型的な実験で、TiO2をメチレンブルー水溶液に 加え、紫外線を当てています。 光触媒の効果により、メチレンブルーは脱色 しますが、これは脱色とともにメチレンブルーも 分解されているのでしょうか? それとも脱色のみで、分解はされていないのでしょうか? 色々本を読んでいるのですが、そこまで 書かれている本が見つかりませんでした。 脱色または分解の反応式もあれば 教えていただけるでしょうか?

  • ヒドロキシ基について!

    現役高校生です。 無機化学ではヒドロキシ基をもつ物質は塩基性を示すのに、 有機化学では中性または酸性を示すのは何故ですか? 無機化学の分野では、「ヒドロキシ基を持つ物質は、水に溶かすと塩基性を示すものだ」と、当然のように思っていました。 しかし、有機の世界に入ると、そのような考えはまったくの勘違いであることが分かりました。 アルコールも、フェノールも、ヒドロキシ基を持つのに塩基性を示さないのです。 足りない頭を私なりにフル回転させて考えたところ、 「無機化学の場合、金属イオンに付いたヒドロキソ基は、酸素と金属の間の結合力が弱いためヒドロキシ基が丸ごと外れる。 しかし有機化学の場合は、酸素と炭素の結合力が強いため、それらよりも結合力の弱い酸素と水素の結合が先に切れるのではないか」 と考えました。 この考えかたで、果たしてあっているのでしょうか? 皆さん教えてください

  • 加熱時に液状エポキシ樹脂から発生する気泡に関して質問です。

    液状エポキシ中に金属個片(錫)を含浸させ、約200℃まで加熱すると、180℃あたりで、含侵させた金属個片周辺から気泡が発生する現象が見られております。液状エポキシのみで同様に加熱しても気泡は発生しておりません。この気泡の発生要因がお分かりの方いらっしゃいますでしょうか?金属が触媒効果をもたらしているいのでしょうか?エポキシは熱硬化型エポキシ樹脂で主成分は、ビスフェノールA型エポキシ樹脂とアミン系硬化剤です。よろしくお願いいたします。

  • メチレンブルーの分解について

    メチレンブルーの分解について 光触媒(酸化チタン)でメチレンブルーの分解を行っています。 論文などで濃度を見ているのですが、やはりバラバラであり、いまいち濃度の値を決めかねています。 そこで、メチレンブルーで光触媒の分解を行っている方は、どのぐらいの濃度で行っているのでしょうか? また、例えばメチレンブルー1Mではどれぐらいの汚染水(大雑把で結構なので:家庭用排水など)なのでしょうか? 言葉足らずですが、どうかよろしくお願いします。

  • 単糖の定義と記法 カルボニル基 について

    今、単糖について勉強しています 教科書には「CmH2nOnとかける物質」という定義がありましたが 窒素、リン、硫黄などを持つ物質も単糖と呼ばれているのでこの定義は あきらかに不適当だと考えました。 辞典に「カルボニル基一つとヒドロキシル基を持つ物質」 という定義があり、かなり的確な説明だと思ったので これを定義として採用して考えていこうと思ったのですが いくつか分からないことが出てきてしまいました http://chalk-less.org/lecture/lifesci/biomajor/biomaj01a.html の上のほうで、β-D-glucose を例にとって糖の記法について説明している箇所なのですが Fischer投影式では確かに↑の定義、「カルボニル基一つとヒドロキシル基を持つ物質」 が当てはまるように思えました。 しかし、Haworth投影式、イス形配座の書き方ではカルボニル基の酸素-炭素二重結合が 消えて、酸素が単結合二つになってしまっています。 これはどういうことなのでしょうか? 見方を変えて違う図で表すのは理解できるのですが なぜ酸素-炭素の二重結合が酸素の単結合になってしまっているのでしょうか? 見方を変えるだけで結合が変わるわけありませんよね? (1)本当はβ-D-glucose はどのような形をしているのでしょうか? 問題の酸素は本当はどんな結合になっているのでしょうか? (2)なぜ記法を変えると問題の酸素周りの結合が違う種類になっているのでしょうか? 本当は単結合とも二重結合ともいえないとか、そういう感じなのでしょうか? (3)単糖の定義はどうするのが適切でしょうか?

このQ&Aのポイント
  • 40代前半の独身女性が知り合いの20歳の男性から「ずっと会いたかった」と言われたら、彼女は嬉しいと感じるでしょう。
  • このような言葉は女性にとって特別感を与え、自分が魅力的だと感じることができます。
  • ただし、まだ知り合いの段階であるため、女性の気持ちは個人によって異なるかもしれません。
回答を見る