• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

量子力学の問題で-∞<x<∞の範囲で次の波動関数を

量子力学の問題で-∞<x<∞の範囲で次の波動関数を規格化せよと言う問題で exp(-ax)という波動関数なのですが、この関数を二乗して積分して出てきた[1/a]の平方根をとってその逆数をもとの関数にかければ規格化はできると思ったのですが、そもそも波動関数は複素数だと授業でならいました。 この(a)^1/2・exp(-ax)は規格化された波動関数とは言えないのでしょうか?よろしければ教えてくださいm(_ _)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数370
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

実数も複素数の一部ですが、 そんなことより、波動関数間違っていませんか? そもそも-∞<x<∞じゃ収束しないよexp(-ax)だと。 > (a)^1/2・exp(-ax)は規格化された波動関数とは言えないのでしょうか? 別の意味で言えません。だって-∞<x<∞で積分したら1にならないで、無限大になるもの。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すいません、xに絶対値つけるの忘れてましたm(_ _)m

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Lysvky
  • ベストアンサー率37% (3/8)

ヒント:実数は複素数に含まれますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

含まれますね、解決しましたありがとうございます

関連するQ&A

  • 量子力学

    猪木・川合著「量子力学I」p.162、または「基礎量子力学」p.131に 波動関数の規格化条件としてs>-1/2としてありますが s>-3/2のように思いますが、お教えくださいませんか。

  • 波動関数と複素数

    量子力学初心者です。 いろいろ本を読んでみたのですが、波動関数を複素数で表すのは単に便利であるとか、オイラーの式とか、二乗すれば確率となる…など数学的には分かりますが、波動関数を複素数で表す直感的で本質的な理由はあるのでしょうか? また、電子などが粒子性と波動性を持つことと、波動関数が複素数であることは関係しているのでしょうか? 最後に電気・電子回路でも複素数を用いますが、単に便利さのためでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 波動関数について

    量子力学に関しての質問なのですが、「量子力学の波動関数はどのように解釈されるか」という質問が大学の講義で出たのですが、「波動関数は粒子の存在確率を表す確率波」という解答であっているでしょうか。よろしければ教えてくださいm(_ _)m

  • 量子力学の問題です。

    量子力学の問題です。 体積Vの領域内に閉じ込められた粒子の波動関数がAe^((i/h)p・r)で与えられている時、規格化条件からAの値を求めよ。 (波動関数の hはエイチバー  pとrは両方ともにベクトルです。入力の仕方が分からなくて上記のとおりに書いてしまいました。。。) 自分は物理を専攻している大学3年生です。そのレベルで分かるようにご説明していただけると幸いです。

  • 量子力学の問題についての質問です

    量子力学野問題について野質問です。 試験が近いのに解けなくて困っています。 どなたかお助け下さい。 以下問題です。 波動関数ψ(x,t)={1/(2π)^1/2}∫Φ(k)exp[i{kx-ω(k)t}]dk (積分範囲は-∞から∞です。) で与えられる自由粒子を考える。ただし、Φ(k)とω(k)はk野関数で、Φ(k)は Φ(k)=Aexp(-ka) (k≧0) , 0 (k<0) である。Aは規格化定数で、aは正の実定数である。以下の問に答えよ。 (1) ω(k)を求めよ (2) この粒子の運動量pをp>p0(ピーゼロ)に観測する確率を、p0,a,h-(エイチバー)を用いて表せ。ただし、p0>0とする。 です。 どなたかよろしくお願いいたします。

  • 量子力学の問題について質問です。

    量子力学の問題です。 一次元だけで考える。粒子の波動関数がAe^{(k/2)(x-c)^2} (A・k>0.cは実数の定数)であたえられている時、 (a)規格化条件からAを求めよ (b)xの期待値を求めよ (c)(x-c)^2の期待値を求めよ (d)運動量p=-ihd/dx の期待値を求めよ (e)上で求めた運動量の期待値をp₀とするとき、(p-p₀)^2の期待値を求めよ どなたかわかる方説明していただけるとありがたいです。

  • 量子力学の問題(期待値を求める)

    量子力学の問題について、自分で解いたのですが正しいか自信がありません。各問いで解答が正しいか、また考え方が正しいかご教授をお願いします。 問題 ポテンシャルV(x)=-gxの中を運動する質量mの粒子について。ある時刻t=t0において粒子の波動関数が次のように与えられたとする。 Ψ(x,to)=Cexp(-ax^2+ibx) (a,b,Cは正の実数) このとき、 (1)t=toにおける位置の期待値 (2)t=toにおける運動量の期待値 (3)時刻tにおける位置の期待値 (4)波動関数Ψ(x,t)が従う、時間に依存するシュレディンガー方程式 を求めよ。 解答 (1)<Ψ(x,to)*| x |Ψ(x,to)> =∫[-∞,∞]Cexp(-ax^2-ibx)・x・Cexp(-ax^2+ibx)dx =C^2∫[-∞,∞] xexp(-2ax^2)dx を計算して答えが0になりました。(この積分を直接計算できませんでしたが、被積分関数のグラフを考えると原点対象だったので、-∞から∞に積分して0になるだろうと考えました。) (2)<Ψ(x,to)*| -ihd/dx |Ψ(x,to)> =… =hbC^2∫[-∞,∞] exp(-2ax^2)dx =hbC^2×√π/√(2a) (最後の積分でガウス積分の公式を使いました。) (3)ハミルトニアンが時間に依存しないので、時刻tにおいて波動関数ψは ψ(x,t)=Ψ(x,to)exp(-iEt/h)=Cexp(-ax^2+ibx)・exp(-iEt/h) とおける。従って求める期待値は、 <ψ(x,t)*| x |ψ(x,t)> =∫[-∞,∞]Cexp(-ax^2-ibx)・exp(iEt/h)・x・Cexp(-ax^2+ibx)・exp(-iEt/h)dx =C^2∫[-∞,∞] xexp(-2ax^2)dx =0 (結局(1)と同じ) (4)(-h^2/2m(d^2/dx^2)-gx)ψ(x,t)=ihd/dtψ(x,t)

  • 量子力学の期待値の問題です

    波動関数φ(x)=C*exp(-x^2/2a^2)から不確定性関係を導く問題です。 運動量のp^2の期待値<p^2>の計算がわかりません <p^2>=∫φ(x)'*p^2*φ(x)    *φ'(x)は共役複素数 =|c|^2*(-ih) ∫(d^2/dx^2) exp(-x^2/a^2) dx =|c|^2*(-ih)*(4/a^4) ∫x^2* exp(-x^2/a^2) dx ここで |C|^2=1/a√π (規格化より求めた) ∫x^2* exp(-x^l2/a^2) dx=(a^3*√π)/2 を代入して <p^2>= -2ih    以上のようになったのですが、間違っている気がしてなりません。 間違いがあったらご指摘お願いします。

  • 量子力学における状態について

    よく量子力学の本で"波動関数は量子力学的状態を表す"とありますが,"量子力学的状態"というのはどういうことなのでしょうか? Wikipediaでは"量子状態"の方で載ってありましたが,"すべての物理量の測定値が一定の確率分布をもつような仕方で系が準備されているとき、その系の状態を指してある量子状態という"とありました.

  • 水素原子の波動関数の規格化

    水素原子の基底状態の波動関数はN*exp(-r/a)である。(a:ボーア半径)規格化定数Nを決定しろ、という問題があります。 自分はψ=N*exp(-r/a)として∫r^2ψ^2dr*∫sinθdθ*∫dφ=1となるNを求めました。しかし答えとは違い、答えは R=N*exp(-r/a)として∫r^2R^2dr=1となるNを求めていました。(Rとはおそらく動径波動関数のことだと思います。)当然自分のやりかたで求めた答えとは違いました。 ここで疑問なのですが、なぜ自分のやり方ではだめなのでしょうか。規格化とは(うまい言い方が見つからないのですが)波動関数の2乗を全範囲で積分して1になるようにする作業。だから動径部分だけでなくθ、φも考えて1にしなければならないと思うのですが・・・。 どなたかお分かりになる方、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。