• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

2002年のテレビドラマ「ジュリアス・シーザー」について

  • 質問No.6275781
  • 閲覧数413
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 44% (74/167)

2002年のテレビドラマ「ジュリアス・シーザー」について

上記のテレビドラマを見て(クリストファー・ウォーケンが出てるやつです)
疑問に思ったことがあり教えて頂ければ嬉しいです。


1.作中で、ポンペイウスとカトーは、ガリアでシーザーが敗れたほうが好都合だ、
と考えていましたが、これは事実でしょうか? この時期はポンペイウスとシーザーの
蜜月期であり、すでにシーザーが戦死したほうがよいとポンペイウスが考えている
ことに少し違和感を覚えました。


2.最後のシーンで、シーザーの奥さんのカルプルニアが血まみれの夫に
駆け寄るシーンがありますが、これも実話でしょうか? もしそうでなかった
のなら、シーザーがが死ぬ瞬間は周りに誰もいなかったのでしょうか?
そもそもあんだけ刺されて息があるのも不思議でしたが(笑)。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 33% (2764/8360)

http://en.wikipedia.org/wiki/Calpurnia_Pisonis
シーザーの奥さんのカルプルニアが血まみれの夫に駆け寄るシーン

シェイクスピアの戯曲からの着想でそのような映像にしたと思われます。
お礼コメント
kojiramone

お礼率 44% (74/167)

遅くなりましたが、有難うございました。
投稿日時:2010/11/15 23:03
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ