• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険のことでお聞きします。契約時に説明は受けたのですが忘れてしまい

生命保険のことでお聞きします。契約時に説明は受けたのですが忘れてしまいました。 お付き合いで入ったので、ちゃんと聞いていなかったのかもしれませんが…。 生命保険です。 保険期間の終期:終身 死亡受取人:父(結婚していないので) 【保険種類】  積立利率変動型終身保険 ※低解約返戻金特則適用    保障内容:死亡・高度障害保険金額 200万円    保健期間:終身    払込期間:70歳迄 【特約】  "収入保障特約"    保障内容:遺族・高度障害年金月額(定期型)(最低支払保証機関 5年) 5万    保険期間:65歳迄    払込期間:65歳迄  "災害入院特約"    保障内容:入院給付金(120日型) 5000円    保険期間:80歳迄    払込期間:70歳迄  "疾病入院特約"    保障内容:入院給付金(120日型)(その他手術給付金あり) 5000円    保険期間:80歳迄    払込期間:70歳迄 "疾病入院特約""災害入院特約"には「解約返戻金のない特約に関する特則」が適用され、無解約返戻金期間(各特約の払込期間満了迄)中の解約返戻金はありません。 という内容のことが証券に書いてあります。 5年以上保険料を支払っていれば、死んだときと高度障害になったときに200万おりるってことですよね? その保険料の支払い期間は70歳迄。70歳まで払えば、それ以降は保険料を支払うことなく保障を受けられるってことですよね? 「特約」の部分で、病気で入院したときも保険が降りるのでしょうか?120日を限度に一日5000円出るってことですね?疾病とはどこまでが疾病なんでしょうか? ケガで入院したときは関係ないんですよね? これはいい保険なんでしょうか? この内容で落とし穴ってありますか? よろしくお願いします。

noname#147252
noname#147252

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

まずは、現在の保険について、ご説明します。 会社名、保険名をお書きになっていないので、 あくまでも一般論としてのお話になります。 積立利率変動型終身保険 ※低解約返戻金特則適用 保険料は保険会社運用することによって、利益を生み出し、 それが保障や解約払戻金などに反映されます。 利率変動型というのは、そのときの金利状況によって、 その運用利率を変動させます、ということです。 つまり、低金利時代には運用利率が低く、 高金利時代になれば、運用利率も高くなる、ということです。 低解約返戻金特則と言うのは、 同じような死亡保険の解約払戻金が100万円ならば、 70万円に減額します、その代わり、保険料を安くします、 という特則のことです。 中途解約しなければ、払い込み期間が終われば、 普通の死亡保険と同等の解約払戻金となるので、 解約払戻率が良くなります。 具体的に言えば…… 8月31日が払込最終日だとします。 通常の保険の解約払戻金が、 8月31日が100万円、9月1日が101万円だとします。 この保険の解約払戻金は、 8月31日が70万円、9月1日が101万円となる保険です。 (実際には、払込最終日そのものではないので、注意してください) つまり、最終日の1日で解約払戻金がぐんと跳ね上がり、 通常と同じになりますが、それまでに解約すると、戻り率が 悪くなる、という保険です。 このような保険は、多くの会社が取り扱っており、 ちょっとした流行になっています。 この保険では、払い込みが70歳迄となっているので、 69歳で解約すれば損ということです。 問題があるとすれば、65歳で年金生活になっても、70歳までは 保険料を払い続けなければならない……ということでしょう。 このような保険の場合、現役時代に払い終えるようにするのが 一般的です。 収入保障特約 というのは、万一があったとき、月5万円、つまり、年60万円を 一定の年齢(この保険の場合には、65歳)まで、払い続ける という特約のことです。 つまり、「給料のように収入が保障される」というわけです。 一括で受け取ることも可能ですが、その場合には、減額されます。 例えば、30歳で死亡すると65歳までは、35年間 つまり、60万円×35年間=2100万円を受け取れるとうことです。 これを一括で受け取ると、1800万円だとか、利率に応じて 減額されます。 31歳で死亡すると、65歳までは34年間 つまり、60万円×34年間=2040万円となります。 最低保障の5年というのは、 64歳で死亡すると、65歳までは1年なので、60万円となりますが、 それでは余りにも少ないので、5年分300万円は最低保障します、 という意味です。 災害入院特約というのは、事故などのケガで入院したときの保障 疾病入院特約というのは、病気で入院したときおの保障です。 アドバイス。 死亡保険金の受け取りは、御尊父様ですが、 本当に、これだけの金額を御尊父様に遺される必要がありますか? 保険料払い込み期間が70歳というのは、先に述べたように、 ちょっと疑問です。 医療保障(入院保障)と死亡保障とは、そもそも目的の異なる保障 なので、保険も別々にするのが基本です。 例えば、将来、主契約を解約すると、入院保険も解約となります。 死亡保障はより大きなものが必要、または、不要になったので、 死亡保障を解約しようとすると、入院保険まで解約となります。 つまり、見直しがとてもしにくくなります。 また、死亡保障は一定の年齢になれば、なくても良いということに なりますが、医療保障は、高齢になればなるほど、 入院の確率が高くなるので、必要性が増します。 80歳までの保障で本当に良いのですか? ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。 「低解約返戻金特則適用」の意味、わかりました。理解していなかったので勉強になりました。 70歳まで支払うということは説明を受けました。保険料が安くする為です。7000円くらいなら定年したあとでも払えるでしょ、という理由だったと思います。 受け取り人が父なのは、父と母しか家族がいないので、ひとまずという感じだったと思います。結婚したら旦那様に変更するかと。 医療保険が80歳までは困りますよね。それこそ終身じゃないと…。見直してみたいと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ucosmos
  • ベストアンサー率63% (107/168)

chiropon-- さん chiropon-- さんがご加入の保険は、 1.主契約=本体      =積立利率変動型終身保険 2.特 約=オプション      =(1)収入保障特約      =(2)災害入院特約      =(3)疾病入院特約 から構成されています。 「1.積立利率変動型終身保険」と「2.(1)収入保障特約」は、死亡保障保険です。chiropon-- さんがお亡くなりになったとき、保険金受取人(ご遺族=お父様)にお金(保険金)が支払われます。ご遺族のための保障です。 「2.(2)災害入院特約」と「2.(3)疾病入院特約」は、ケガや病気で入院したときにご自分にお金(給付金)が支払われます。ご自分のための保障です。 本体である「1.積立利率変動型終身保険」を解約すると、自動的に「2.特約」も解約になります。 「1.積立利率変動型終身保険」は、一生涯の死亡保障があります。chiropon-- さんがいつ亡くなってもお金(保険金)が保険金受取人(ご遺族=お父様)に200万円支払われます。但し、そのためには、chiropon-- さんが70歳になるまで保険料の払込を続ける必要があります。 「2.(1)収入保障特約」は、chiropon-- さんが65歳になるまで死亡保障があります。chiropon-- さんが65歳までに亡くなった場合には、保険金受取人(お父様)に毎月5万円が支払われます。但し、そのためには、chiropon-- さんが65歳になるまで保険料の払込を続ける必要があります。 仮に、現在chiropon-- さんが30歳。お父様が55歳とします。 chiropon-- さんが65歳、35年後までの保障です。つまり、保険金受取人である、お父様が90歳になるまで保障があることになります。 また、「最低支払保障期間 5年」というのは、保険満了(chiropon-- さんが65歳)まで5年未満の時期にchiropon-- さんがお亡くなりになっても、最低限5年間は保険金を支払います、ということです。 chiropon-- さんが63歳でお亡くなりになった場合、その後5年間-お父様が93歳になるまで、保険金5万円がお父様に毎月支払われるということです。 chiropon-- さんが60歳より前にお亡くなりになれば、保険金の支払は、chiropon-- さんが65歳になったであろう年-お父様が90歳までです。 「2.(2)災害入院特約」は、治療を必要とするケガで入院したときに支払われる保障です。1回の入院で最大120日まで、入院1日あたり5千円が支払われます。 chiropon-- さんが80歳になるまでこの保障が続きます。但し、そのためには、chiropon-- さんが70歳になるまで保険料の払込を続ける必要があります。 「2.(3)疾病入院特約」は、治療を必要とする病気で入院したときに支払われる保障です。1回の入院で最大120日まで、入院1日あたり5千円が支払われます。 (一般的に、「病気」には、精神疾患も含みます。) chiropon-- さんが80歳になるまでこの保障が続きます。但し、そのためには、chiropon-- さんが70歳になるまで保険料の払込を続ける必要があります。 この保険には「お付き合いで入った」とのことです。 担当の保険営業員は、chiropon-- さんが年間7万円~8万円もの"交際費"を毎年毎年払っても良いと考えるような間柄の方なのでしょうか? この保険の保険料(月額約7000円)が、高いか安いか・・・? chiropon-- さんが、以上の保障内容を本当に必要だと考えるならば、高くはないと思います。 しかし、chiropon-- さんが若くしてお亡くなりになられた場合、お父様が90歳(?)になるくらいまで、chiropon-- さんの死亡保険金を受け取るような保障が必要ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。 80歳まで補償を受ける為に70歳まで支払をする…。これは保険料を安くする為だったと思います。あと、定年が60歳から65歳になってきてる今ですから、私が70歳になる頃には定年が70歳くらいになっている云々ということを会話したのも覚えています。だから70歳にしたよ、ということではなくて世間話のひとつとしてです。 見直さないといけないですね。 興味をもったこのときに色々調べてみたいと思います。

  • 回答No.2

こんにちは。 内容については、No.1の方が回答されている通りです。 >この内容で落とし穴ってありますか? 1. 収入保障保険 現在結婚されてないとのことですので、これはお父様の生活を保障する保険ということになりますね。 お父様の年金額その他から見て、月5万円は必要でしょうか? また65歳までとなっていますが、お父様の年齢を考慮してそこまで必要でしょうか? また、最近は単独(特約ではない)の収入保障保険が非常に安価になってきています。 2.災害入院特約と疾病入院特約 これは医療保険という分野になります。 医療保険は、死亡保険と違い商品の変化が激しい商品です。 死亡は簡単に言えば、○○円の保険料に対して、死んだら××円というシンプルなものです。 その為、保険金額に対する保険料の上下はありますが、そこまで大きな変化はありません。 対して医療保険は、○○円に対して、入院したら××円という以外にも、3大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)なら+△△円、先進医療は□□円など、保障対象が多岐に渡る為、各保険会社は差別化の為に、どんどん新しい商品を出しています。 その為、ご契約の2特約より優れた医療保険が出ている可能性があります。 私の意見としては、特約というのはあくまでおまけ、主契約を解約してしまえば特約も解除になりますし、そういった点で自由度(解約して新加入)が低いと考えています。 お付き合いということ入ったとのことですが、一定期間を経れば解約しても保険担当者の方には迷惑はかかりません(むしろ解約ー>新加入すれば、先方の得になります)。 もちろん、他の保険会社、担当者を探すというのも手です。 保険はメンテナンスが必要なものですので、この機会に見直しをされては如何でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。 受取人が父親なのは、当時(今もですが)結婚していなかった為です。結婚したら旦那が受取人になると思います。旦那受け取り、実質子供に残すという感じになるかと思います。…どうなるかわかりませんが(^_^;) そうすると、特約を解除して(できるのかわかりませんが…)、ただ単に死んだときのみの生命保険にして医療保険は別に入るということのほうがいいのでしょうか…?

  • 回答No.1

わかる範囲(想定できる範囲)でお答えいたしますが、正確には契約した保険の外交員の方に確認をお願いします。通常は親切に答えてくれるはずです。 >5年以上保険料を支払っていれば、死んだときと高度障害になったときに200万おりるってことですよね?  契約期間から死んだとき、高度障害時に200万円おりるのだと思います。  そのほかに、月5万円ずつ5年間支払われるという特約が付いているもの。 >その保険料の支払い期間は70歳迄。70歳まで払えば、それ以降は保険料を支払うことなく保障を受けられるってことですよね?  そういうことだと思います。 >「特約」の部分で、病気で入院したときも保険が降りるのでしょうか?120日を限度に一日5000円出るってことですね?疾病とはどこまでが疾病なんでしょうか?  そういうことだと思います。どこまでが疾病かは約款に記載されていると思いますが、健康保険がきくものは大丈夫だと思います。 >ケガで入院したときは関係ないんですよね?  ケガは災害入院特約の方で支払われるのだと思います。 >これはいい保険なんでしょうか?  いろいろな特約がついているので、広範囲だということではいい保険といえますが、これだと保険料がかなり高いのではないでしょうか? >この内容で落とし穴ってありますか?  保険料の支払い期間が長いと思います。いつまで働く予定かにもよりますが、60歳か65歳ぐらいまでの支払いが望ましいのでは? 以上、詳しくは外交員に聞いてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

保険料は6700円ほどです。これは安いですか?高いですか? なんとなく思い出しましたが、6700円という支払う金額は変わらないから70歳まで支払うようにして、月々の支払を安くした、と言われたような。。。6700円くらいなら仕事辞めても払えるから、という感じで。

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し。年払いの支払い前に検討したい

    31歳未婚 女 会社員です。 結婚は考えていません。 24歳の時に付き合いで現在の終身保険に加入しました。 保険料を安くして、その分貯蓄に回したいと思い、 見直し・他会社の保険への乗り換えを考えています。 年払いの支払いがもうすぐなので、できればその前に決めたいと思っています。 アドバイスよろしくお願いします。 ----------------------------- プルデンシャル生命 年払い/113,998円 終身保険65歳/3,500,000円 無解約返戻金型入院総合保障特約終身65歳払込済/日額 5,000円 災害死亡給付特約80歳65歳払込済/5,000,000円 無解約返戻金型がん入院特約終身65歳払込済/日額 20,000円 無解約返戻金型女性疾病特約80歳65歳払込済/日額 5,000円

  • 生命保険、どちらがいいのでしょうか?(妻編)

    結婚半年・夫婦共に32歳・子供はまだいません。 2社より以下の保険を勧められており、どちらにするか迷っています。 今週末には返事をすることになっているのですが、ご意見をお聞かせ下さい。なお、夫の方も後ほど質問させて頂きますので、そちらの方へもご回答頂ければと思います。 不明点は補足致しますので、宜しくお願い致します。 明治安田・L.A ダブル 10年更新型・65歳払い込み満了 生活サポート特約(払込・保険期間は42歳まで) 100万/年×終身 特定疾病保障定期保険特約(〃) 100万円((1)型) 介護保障定期保険特約(〃) 100万円 障害特約(〃) 500万円 がん特約(〃) 5,000円((1)型) 入院初期給付特約(〃) 20,000円 新退院給付特約(〃) 25,000円 女性疾病医療特約(〃) 5,000円 手術保障特約(〃) 200万円 総合障害保障特約(37歳まで) 3,000円 障害状態による特別終身特約(65歳まで) 500万円 保険料払込免除 有 保険料 9,780円/月(37歳まで・内積立金185円) 三井生命・セレナーデ 更新無し・終身払込 終身保険(死亡・高度障害) 300万円 リビング・ニーズ特約(余命6ヶ月) 300万円 入院初期費用給付特約(終身型・0泊1日以上) 50,000/回 短期入院特約(終身・一泊二日以上) 5,000円/日 災害入院特約(終身・ケガで5日以上継続入院) 5,000/日 疾病入院特約(継続5日以上) 5,000円/日 (所定の手術) 5万or10万or20万 成人病短期入院特約(終身・継続5日以上) 5,000/日 (所定の手術) 5万or10万or20万 女性疾病短期入院特約(終身・一泊二日以上) 5,000/日 新女性疾病入院特約(ガンもしくは女性疾病5日以上) 5,000/日 (ガンもしくは女性疾病所定の手術) 5万or10万or20万 保険料払込免除 無 保険料 9,221円/月

  • 定期保険から終身保険(生命、医療、がん)への見直しについて

    夫婦の終身死亡保険、終身医療保険、終身がん保険と、子どもの保険を検討中です。アドバイスお願いします。夫34歳会社員(手取り25~30万)、妻30歳専業主婦(将来パートに出る予定)、子ども1歳、持ち家ローン有。 現在加入しているのが定期保険で一生涯の保障でなく、将来保険料が高額になるため、以下の終身保険の加入を検討中です(子どもの県民共済以外は全て東京海上日動あんしん生命)。他は、個人年金1万円/月加入中。 【夫】 ●長割終身 5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険 300万 期間:終身 払込:65歳 5352円/月 傷害特約 500万 期間:90歳 払込:65歳 410円/月 家計保障定期保険特約 定額型5年 基準給付金月額10万 期間:21年 払込:21年(子どもの大学卒業までと考えました) 2960円/月 ●医療保険[無配当]入院初期給付特則付加 120日型 入院給付金日額5000円 期間:終身 払込:65歳 3710円/月 三大疾病保障特約 100万円 期間:終身 払込:65歳 1324円/月 ●がん治療支援保険 診断100万 入院1万 期間:終身 払込:65歳 4426円/月 【妻】 ●長割終身 300万 期間:終身 払込:61歳(夫65歳時) 4602円/月 傷害特約 300万 期間:90歳 払込:61歳 180円/月 ●医療保険 120日型 入院5000円 期間:終身 払込:61歳 4095円/月 女性疾病特約 120日型 支払い日数通算730日 入院5000円 期間:終身 640円月 三大疾病特約 100万 期間:終身 払込:61歳 1093円/月 ●がん保険 診断100万 入院1万 期間:終身 払込:61歳 3825円/月 【子ども】 ●がん保険 診断100万 入院1万 期間:終身 払込:60歳 1389円/月(もしがんになると一生がん保険に入れないので万が一に備えて加入するべきと勧められました) ●県民共済 子どもI型 1000円/月(第三者への損害賠償100万円が役立つと聞きました) 【合計35006円】 【質問】 (1)問題点があればご指摘お願いします。 (2)妻の医療保険の女性疾病特約は外しても良いでしょうか?がん保険に入るなら必要ないかと思いました。 (3)長割終身より長割定期が良いでしょうか?加入目的は葬儀代で、解約しないつもりです。学資目的に解約前提で入るなら長割定期の方が得ということでしょうか。 (4)保険料を少しでも安くするために、夫70歳(妻66歳)払込にするのはどうでしょう?二人で-約3000円/月 (5)第二子を4歳差ぐらいで考えているので、家計保障をもっと長くするべきでしょうか?25年にすると+約600円/月 (6)子どもの学資のためにお金を貯めるのに、リスクが少なく利率が少しでも良い方法は何でしょうか?保険、預金等問いません。 長文をお読みいただきありがとうございました。保険に無知なため、詳しい方にアドバイスいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

  • 生命保険(あいいおいニッセイ同和)のことで質問です

    主契約:低解約返戻金特則付積立利率変動型終身保険→200万(終身) 特約:収入保証特約・定額型→月額5万(65歳まで) 特約:無解約返戻金女性総合医療特約→日額5000円(終身) 特約:特定疾病保険料払込免除特約 特約:リビング・ニーズ特約 月7000円弱で、払込期間が65歳です。 今も似たような保険に入っているのですが、そちらの払込期間が70歳まででになっていて、入院日額5000円部分の保障期間が80歳までと、ちょっとオカシイ内容だったので変えてもらおうと試算をお願いしました。(給料が手取り12万ほどなので、月7000円前後の保険料で、とお願いして試算してもらいました) 現在26歳で、未婚・家族と同居です。保険金の受け取りが親になっています。 今は親と同居しているし、私が死んだときには葬式代が出ればいい。 結婚後の考えとしては、大きな金額は旦那さんにかければいいし、死んだときにお葬式代が出ればいい。でも、若いときに死んだら子供に手がかかるから月に5万入ればちょっとは楽になるだろう。保険期間は65歳だけど、65歳になる頃には子供もひとり立ちしているはず。 ケガや入院したときの保証は5000円で十分かな。 と思っているので内容的には十分かな、と思っているのですが…私は素人ですし、親も健在で保険の重要性を実感したことはなく、考えも甘いのかもとは思っているのでちょっと不安があります。 不足しているもの、つけたものがいいもの等あったらアドバイスをお願い致します。(保証内容はいくらでもいいものがあると思うので、この内容なら病気・怪我・死亡したときには保険でまかなえるだろう、お金で苦労しないだろう、という程度の保証内容でお願いします)

  • 保険の見直し検討中です。教えて下さい。

    会社員の主人の保険なんですが 年齢40歳で子供は2人です。 下の子供は10歳です。(持家 団信保険加入) 老後の事も考えて検討中です。(60歳払込済み希望) (1) 家族収入保険 払込・保険期間70歳 年金額15万円 医療保険   終身 60歳払込済み 日額10000円 730日型 生前給付   終身 60歳払込 給付金200万 解約返戻金付きで 総額保険料40000円です (2) 無配当・無解約返戻金収入保障保険 保険・払込期間60歳 年金額15万 医療保険 日額10000円 オリックス生命 低解約払戻定期保険 保険期間97歳 60歳払込 ここまで 保険料18000円 長割り定期 低解約返戻金特則付加 低解約返戻金期間60歳 保険金額900万円 保険期間98歳 払込期間60歳  保険料20000円 どちらも約4万円の保険料となりますが… (1)のほうは初期入院特約なしで5日目からの給付です。 (2)は初期入院から給付されます。 この他にスーパーがん保険 払込・保険期間 終身 入院給付金1日30000円 通院10000円 診断給付金200万 若い時に入っているので 夫婦で5000円弱です。 2つの保険のどちらの方が お金の使い方として 良いのでしょうか? 何が不足している部分などもあればアドバイスお願い致します。 

  • 夫の生命保険

    夫29歳 妻29歳 子0歳  賃貸 夫・手取り28万(ボーナスなし) 妻・専業主婦 東京海上日動あんしん生命 長割り終身500万円              払込期間60歳まで。     特約 災害入院特約360日型(5日目から)5000円       疾病入院特約360日型(5日目から)5000円 21歳の時に契約しています。毎月払込保険料は7745円です。 特約の保険期間80歳まで。払込期間は60歳まで。     学資保険と一緒に夫の生命保険についてソニー生命さんに相談して提案していただきました。 (1)家族収入保険(非喫煙)最低支払保証期間5年 リビングニーズ特約  保険期間・払込期間55歳まで 年金月額15万円                    保険料 3615円 (2)総合医療保険120日型 低解約返戻金特則 入院初期給付特約  保険期間 終身  払込期間65歳まで 日額10000円                   保険料 6320円 東京海上の保険は特約のみ解約する予定です。そうすると月5000円弱の支払になります。 夫は禁煙して半年なので審査に引っかかるかもしれません。そうなると保険料は4380円になります。 逓減定期保険も良さそうですが、ソニーさんは家族収入をおすすめしていました。 ガン保険もかけたいのですが、そうなると毎月の保険代が20000円位になってしまいますよね。 アドバイスお願いします。

  • 終身保険の入院特約と保険金について

    知人の生命保険の見直しについて、質問させていただきます。 終身保険について少々勉強し、最後まで保険料を払い込めば(保険料累計<保険金)になると思いこんでいました。 しかし保険証券と解約返戻金推移表を入手したところ、払込期間が満了しても(保険料累計>保険金)であると分かりました。 本人はそこそこ収入と預金があり、終身保険が必要か疑問を感じます。しかし今解約しても全額戻ってこないのがネックで、直ちに解約すべきか決めかねています。 質問は 1.(保険料累計>保険金)の原因は入院特約でしょうか。 2.入院特約は保険料の割には給付額が中途半端で、入院特約を外したいと思いますが、そのような契約変更は可能なものでしょうか。 3.入院特約を外すことができた場合、新たな契約内容は保険料累計<保険金になりますか? 4.他に何か見落としがあればご指摘願えると幸いです。 保険の内容 5年ごと利差配当付終身保険 保険金:400万円 災害入院特約:5日目から日額7,000円 疾病入院特約:5日目から日額7,000円 女性疾病入院特約:5日目から日額7,000円 毎回払込保険料総額:11,900円 うち特約保険料:6,384円 保険料払込期間:36年間 (2001年、24歳で契約なので60歳まで払い続ける) 解約返戻金推移表の抜粋 35歳 保険料累計1,558,998円 返戻金1,083,860円(現在) 53歳 保険料累計4,058,586円 返戻金3,425,080円(保険料が400万を超えた) 60歳 保険料累計5,030,648円 返戻金4,563,340円(払込終了) 81歳 保険料累計5,030,648円 返戻金5,100,230円(返戻金ピーク)

  • 生命保険が妥当かアドバイスをお願いします!

    今まで無保険だったのですが、妻が妊娠し、生命保険と医療保険に加入することにしました。しかし私は保険に対しての知識が全くないため、いろいろな保険を紹介いてくれるという、マンモス保険のFPに下記の保険を提案して頂きました。 この提案が妥当かアドバイスを頂けないでしょうか? なお、今回は取り急ぎ、私だけの加入を考えております。 『家族構成』 私29歳、妻26歳 子どもは将来的には合計3人欲しいと考えています。 『年収』 私 500万円 妻 専業主婦 3人目の子どもが幼稚園にあがったらパートに出て、100万円/年程度稼げればと考えています 『貯金』 800万円 『家』 賃貸アパート 『提案内容』 生命保険  ソニー生命  安く、一人ひとりに合ったプランを組めるのでのでお勧めとのことでした。  変額保険終身型 オプションA(貯蓄も出来るプランです)   保険期間 終身   払込期間 60歳   給付金 1000万円   保険料 15,578円/月  無解約返戻金型平準定期保険特約(非喫煙者割引特則)   保険期間 55歳   払込期間 55歳   給付金 1500万円   保険料 2,376円/月  逓減定期保険特約(リスク区分/非喫煙)II型  リビング・ニーズ特約(04)  ナーシング・ニーズ特約(04)  保険料払込免除特約   保険期間 30年   払込期間 30年   給付金 2500万円   保険料 4,215円/月 生命保険トータル22,169円 医療保険  損保ジャパンひまわり生命  「特定疾病診断保険料免除特約」や「無事故割引特約」があってお勧めとのことでした。   医療保険08(60日・B型)   入院10,000円/日(入院1日から)   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 4,910円/月   七大生活習慣病 追加給付特約   入院10,000円/日(入院60日から)   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 330円/月   三大疾病入院 一時金特約   一時金 50万円   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 1,865円/月   先進医療特約   1,000万円まで   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 99円/月 医療保険トータル7,204円/月 素人のため情報が足りるか分からないため、その他必要なことがあれば追記致します。来週にまたFPの方が話に来るため、それまでにアドバイス頂けますでしょうか?宜しくお願いします。

  • 生命保険選択についてアドバイスください

    先日、保険の無料相談に行って、そこの担当FPの方に下記の保険を勧められました。 ここでは即決できないので、帰って検討しますと伝え帰ってきましたが、FPの方の説明を聞く限り良く思えます。 私の状況と、勧められた保険を記載しますので果たして良い保険なのかデメリットは無いか等アドバイスを頂きたいです。 家族構成 私(31歳)・妻(29歳) 子供なし(すぐにでも欲しいです) 収入 年収ベースで私(420万)・妻(100万) 現在加入保険はありません (1)医療保険 メディケア生命保険(株) メディフィットA60日型(医療保険終身保険・無解約返戻金型) 保険期間:終身 払込期間:終身 月の払込保険料:4,996円 給付金 日額:8,000円 がん診断特約:給付金100万円 先進医療特約:給付金(技術料相当額)・一時金(5万円) 3大疾病保険料払込免除特約:あり (2)3大疾病保障保険 東京海上日動あんしん生命 特定疾病保障定期保険(無配当) 保険期間:65歳 払込期間:65歳 月の払込保険料:1,984円 一時金:200万円 (3)生命保険(葬儀代分) ソニー生命保険(株) 変額保険終身型オプションA 保険期間:終身 払込期間:60歳 月の払込保険料:3,777円 保険金:200万円 保険料払込免除特約:あり (4)生命保険(生活費分) NKSJひまわり生命保険(株) 無解約返戻金型収入保障保険(非喫煙者健康体保険) 保険期間:70歳 払込期間:70歳 月の払込保険料:4,872円 保障額:月12万円(70歳まで) 特定疾病診断保険料免除特約:あり 以上の4点です。 4点合計の月の掛金は15,629円です。 更新などはなく、保険料は変わらないそうです。 60歳以降の掛金は11,852円 65歳以降の掛金は9,868円 70歳以降の掛金は4,996円 となるとのことでした。 何かいいアドバイスがありましたらご教授ください。 補足事項が必要であれば、記載しますので教えてください。

  • 生命保険の見直し

    保険の見直しについて 子供なしのパート主婦です。 主人のお給料が下がりこの先上がる気配がないので保険を見直したいと考えてます。 とりあえず何か病気をする前に終身には入っておかないと、と考えてあまり保険の勉強もせず5年前に 以下の保険に入ったのですが最近オリックスのキュアなどの資料を取り寄せてみて悩んでいます。 葬式代と割り切って低解約返戻金特則という保険で入ったのですが まったく解約返戻金などがないので支払えなくなる事は避けたいと考えています。 しかし、主人の会社に来る保険の外交員(スミセイ)の方が会社に来た時に以下の保険に入っているので…と断ると これからは通院の保障と先進医療などの保障もつけないと!!と言われたらしく最近は入院期間は減ってきているし 先進医療や通院や在宅療養の保険に入ったほうがいいのかなと考えています。 貯蓄もあまりなく家のローンもあるので保険に入っておかないと何かあった時に困ると言う気持ちはあるのですが 見積もりを見た所スミセイは高く入れないので他社で考えたいと思っています。 以下の保険にプラスして入れるようなオススメの保険があれば教えて下さい。 もしくは、以下の保険を解約した場合にオススメの保険なども教えていただければ助かります。 夫 34歳 会社員 (保険)政府管掌 持ち家ローンあり 年収手取りで340万円 ソニー生命 終身 払込期間65歳 変額終身型オプションA 200万円 3125円 ガン特約 日額 10000円 1886円 総合医療保障(120日型) 日額10000円 6839円 入院初期給付特約 日額10000円 574円 合計 12551円 私 35歳 パート 年収80万 ソニー生命 終身 払込期間 65歳 総合医療保障 5000円 3125円 死亡給付金額 500000円 入院初期給付特約 5000円 270円 女性医療特約 5000円 1345円 合計 4740円 三井生命 終身 ステップ払い ステップ期間15年 死亡時 300万円 支払い額 2394円