• 締切済み
  • すぐに回答を!

生命保険が妥当かアドバイスをお願いします!

今まで無保険だったのですが、妻が妊娠し、生命保険と医療保険に加入することにしました。しかし私は保険に対しての知識が全くないため、いろいろな保険を紹介いてくれるという、マンモス保険のFPに下記の保険を提案して頂きました。 この提案が妥当かアドバイスを頂けないでしょうか? なお、今回は取り急ぎ、私だけの加入を考えております。 『家族構成』 私29歳、妻26歳 子どもは将来的には合計3人欲しいと考えています。 『年収』 私 500万円 妻 専業主婦 3人目の子どもが幼稚園にあがったらパートに出て、100万円/年程度稼げればと考えています 『貯金』 800万円 『家』 賃貸アパート 『提案内容』 生命保険  ソニー生命  安く、一人ひとりに合ったプランを組めるのでのでお勧めとのことでした。  変額保険終身型 オプションA(貯蓄も出来るプランです)   保険期間 終身   払込期間 60歳   給付金 1000万円   保険料 15,578円/月  無解約返戻金型平準定期保険特約(非喫煙者割引特則)   保険期間 55歳   払込期間 55歳   給付金 1500万円   保険料 2,376円/月  逓減定期保険特約(リスク区分/非喫煙)II型  リビング・ニーズ特約(04)  ナーシング・ニーズ特約(04)  保険料払込免除特約   保険期間 30年   払込期間 30年   給付金 2500万円   保険料 4,215円/月 生命保険トータル22,169円 医療保険  損保ジャパンひまわり生命  「特定疾病診断保険料免除特約」や「無事故割引特約」があってお勧めとのことでした。   医療保険08(60日・B型)   入院10,000円/日(入院1日から)   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 4,910円/月   七大生活習慣病 追加給付特約   入院10,000円/日(入院60日から)   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 330円/月   三大疾病入院 一時金特約   一時金 50万円   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 1,865円/月   先進医療特約   1,000万円まで   保険期間 終身   払込期間 終身   保険料 99円/月 医療保険トータル7,204円/月 素人のため情報が足りるか分からないため、その他必要なことがあれば追記致します。来週にまたFPの方が話に来るため、それまでにアドバイス頂けますでしょうか?宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4

「住宅保有ではない」というのは、やはり、リスクなのです。 転勤族の方でも、周囲の方を見れば、住宅を持っておられる方が多いと思います。 これは、お子様中心の生活を考えると、そうならざるを得ないからです。 現在の日本の教育制度では、中学二年生以降の転校は、お子様にとって、リスクが高いのです。 ましてや、高校になると、転校そのものができないという自体も生じます。 単身赴任となったとき、両方とも賃貸となると、生活はとても厳しくなります。 他の方のところで、定期保険を二つに分けた理由を説明されていましたが、本来、逓減や収入保障型ではなくて、昔ながらの一定期間の保険、たとえば60歳満期を1本持った方がベターなのです。 なぜなら、増額はできなくても、減額は自由自在だからです。 例えば、収入保障型の保険と普通の定期保険を比べると、収入保障型の保険は、保険料に比べて、当初の保障が厚く、当初のコストパフォーマンスは良いです。 でも、毎年強制的に保障が減り、後半部分では、保険料に比べて、保障が低いというデメリットも生じます。 一方、60歳満期型の定期保険は、それなりの保険料負担があり、逓減や収入保障型に比べると負担感が強いです。でも、毎年減額して、保障を減らすことができます。 毎年、書類を出さなければならないので、面倒ではありますが、それだけのことです。 しかも、解約払戻金があるので、実質の保険料負担は、どんどん安くなります。 お子様が高校、大学進学でお金がかかる時期に、保険料が下がることは嬉しいことです。 また、計算すれば分かることですが、定期保険で毎年減額していく方法の解約払戻金を含めた実質の保険料負担と収入保障型の保険料負担は、総額は、同じぐらいなのです。 先に高い保険料を払って、どんどん安くなる方を選ぶか、それとも、一定の保険料を負担し続けるか……という問題でもあるのです。 普通の保険の担当者ならば、毎年減額されることを嫌がる人もいますが、本当の担当者なら、歓迎しますよ。何しろ、毎年、かならず顧客と面談できる理由が用意されるのですから。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

私のFPです。 問題点だけ指摘しておきます。 変額終身は他の方もかいていますが、投資信託に保障がついていると考えた方が良いでしょう。 リンク先を参考にしてください。 葬式代として解約しない前提でせいぜい200万円程度なら目的にあっているかもしれませんが、解約返戻金の最低保障がない1,000万円の保障がどういうことかよくお考え下さい。 例えば、ご本人が介護状態になってお金が必要な時に解約返戻金の保障が無いということです。 また会社自体は運用の結果が悪くても1,000万円支払うリスクがでてきます。 それでも、この100年に1度の危機のときに投資するというなら投資してください。 また、住宅のことが書いていないので、プランの細かい判断はできかねます。 定期保険を二つに分けたのはおそらく、子供の養育費と奥様の生活費を別の保障にしたのでしょうが、税金を考えても収入保証型との組み合わせが安いです。 年収500万円とのことですが、鬱病で1年入院したら収入はどうなるのでしょうか? 先進医療特約はあったほうが良いですが、がん保険は必要です。 FPのコンサルティングのレベルを疑う内容です。 保険専門の相談サイトで相談した方が良いです。 マンモスは販売目的です。 商売として悪いとは言いませんが、有名だからFPのコンサルティングのレベルは保障されていません。

参考URL:
http://seiho.nyukon.com/sibou/sonyhengaku.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 保険で投資をするつもりはありませんので、変額終身は考え直そうと思います。 定期保険を2つに分けたのは、仰るとおり、子どもの養育費がかかる間は何かあった場合に備え、給付金が1,500万円と2,500万円の保険で賄う予定です。 収入保障型について少し調べてみましたが、保障内容が良さそうなので、こちらも考えていきたいと思います。

  • 回答No.2

ざっと、拝見しただけで…… 「え? 来週説明に来る? 順番、逆でしょう。話を聞いて、説明して、それから見積りでしょうが……」 「また、変額保険か? 変額保険は投資だってちゃんと説明してあるのか? あ、そうか、これから説明するんだ」 「定期保険を二つに分ける根拠は何なんだ? 金額的に見ても、意味不明」 「おいおい、また、無事故割引特約か……」 どうしてFPと名乗るプロがこんな見積書を出せるのだろう…… というのが、第一印象です。 保険を考えるときの基本は、リスクを考えることです。 これは、ライフプランを立てて、それに基く、キャッシュフロー表を作成することから始まります。 これは、万一がなかったときのプランです。 万一があったときは、そのキャッシュフロー表の夫の収入を遺族年金にして、生活費から夫の生活費を引き、死亡退職金を一時収入として加算……というシミュレーションをして、さて、お金はどうなるのだろう……と、考えるのが基本中の基本です。 だから、説明が先。 住居をどうするのか、という記載がないのですが、購入予定があるのでしょうか? それとも、相続の予定なのでしょうか? 万一のときは、妻様は実家に戻る? 住居の安定は、生活の安定の基本です。 現在、賃貸とのことなので、これをどうするのか、それが最大、最優先です。 年間100万円(月に8万)の家賃負担でも、60年で6000万。 ならば、万一のときは、買ったほうが良いのです。 (60年=妻様が平均寿命の86歳まで生きたとして……) 住宅購入の予定があるのなら、最優先は、貯蓄です。 その一方では、万一があったとき、一括で購入するだけの保険でリスクをカバーします。 変額保険は、投資です。 解約払戻金に当てるお金を株や債券に投資する保険です。 現状で、新たに株や債券投資を始めようという意図は何なのでしょう? 「葬式代や老後の生活費に……」というのは、保険を売るためのうたい文句。 終身の保障があると言っても、役に立つのは、30年、40年先の話。 葬儀代は、定期保険でカバーすれば良い。 それよりも先に、住宅やお子様の教育費がかかります。 住宅ローンの金利より高い予定利率の保険は存在しません。 ならば、今は、一円でも多く貯蓄するべきです。 住宅ローンを払いながら、一方で貯蓄するというのは、穴の開いたバケツに水を入れるようなものです。 穴が開いていないのがベスト……でも、これはなかなか難しい。 ならば、せめて、穴(ローン)は、小さければ小さいほど良い。 医療保険の「無事故割引特約」 私は、この特約を、顧客をバカにした特約だと思っています。 何のために医療保険に契約するのか? それは、病気になったときの経済的負担というリスクをカバーするため、であるはずです。 ならば、病気になって、経済的負担が増すときに「保険料は下げません」という保険は、一体、何なのだ? 本来、逆だろう……というのが、私の意見です。 これを勧めるFPとは、意見が真っ向から対立します。 医療保険を考えるとき、健康保険を抜きにしては、考えられません。 色々と問題のある健康保険ですが、それでも、良くできた制度です。 特に、高額療養費制度は、素晴らしい。 これは、ある月(1日~末日)までの医療費の自己負担の上限は、 80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1% である、と言う制度です。 200万円の医療費がかかったとしても、自己負担は97,430円です。 これに、入院食事代(1食260円)と差額ベッド代、それに雑費がかかります。 個室に入って、高額な差額ベッド代を払わなければ、短期入院ならば、貯蓄で十分カバーできる金額だと思います。 それでも、長期入院ともなれば、負担が増えるので、本当にリスクカバーを考えるのならば、長期保障の医療保険が必要です。 長期となるのは、七大疾病だけではありません。 事故でも、脳や神経(脊椎損傷)、骨盤骨折などの大怪我、重度の火傷は、長期入院となります。 ならば、基本の入院限度日数を120日、180日にするべきです。 29歳で、年収500万ということは、いわゆる大企業勤務でしょうか? 大企業ならば、上記の高額療養費制度に加えて、健康保険組合独自の付加給付があり、自己負担は、さらに減ります。 一流企業の自己負担は、2万、3万が上限というところもあります。 となれば、医療保険とは何か? ということを、もっと考えても良いと思います。 長くなりましたが、結論は、根本的に考え直す必要がある、と言うことです。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 まず、質問文が言葉足らずであることをお詫びします。 FPには最初に説明に来て頂き、生活プランを考え、それから保険の提案をして頂きました。来週はこのプランで最終確認し、契約に来るという意味です。失礼しました。 ただ、「変額保険は投資」ということは説明を受けていないと思います…。 現状では新たに株や債券投資を始めようという意図は全くありません。 住居についてですが、仕事の都合上、転勤があるため購入は考えておりません。年をとり、50歳など転勤がなくなった時点で、購入する予定です。FPから出してもらったプランの内容もそうしてもらいました。また、それまでに万が一私の身に何かあれば妻は実家に帰る予定です。 会社には独自の付加給付はありませんので、何かあった場合は医療保険で賄える必要があります。 「変額保険」「無事故割引特約」「入院限度日数」については改めて考えて生きたいと思います。

  • 回答No.1

元保険屋です、、終身の給付金 1000万円          保険料 15,578円/月 は不用です。とりあえずこれから子育てなどで一番お金がかかる時期に入ってきますので、老後の資金を無理に積み立てる必要はありません。ぜひこの金額は出し入れ自由な貯金に廻しましょ。三大成人病一時金特約が少ないです、本当に困るのは死亡した時ではなく、大病で仕事を失う、しかも大黒柱である、、という状況です、ですので、病気を苦に自殺される人もいるのです。。死亡保障を減らしても、一時金特約は増やす方が良いのでは?お子様が未成人のうちに死亡した場合は、遺族年金も支給されますので、、大変なのは御主人が病で収入が途絶えた時です。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 確かに貯蓄は貯金でもできますよね。 ただ、「終身の給付金は葬式代や葬式後の多少の期間の生活費用として500万円程度はあったほうがいい」と説明でしたので、 保険料7,440円/月  給付金500万円 というプランも提案されましたが、このプランなら如何でしょうか? また三大成人病の一時金特約どれくらいあれば妥当でしょうか? 

関連するQ&A

  • 生命保険選択についてアドバイスください

    先日、保険の無料相談に行って、そこの担当FPの方に下記の保険を勧められました。 ここでは即決できないので、帰って検討しますと伝え帰ってきましたが、FPの方の説明を聞く限り良く思えます。 私の状況と、勧められた保険を記載しますので果たして良い保険なのかデメリットは無いか等アドバイスを頂きたいです。 家族構成 私(31歳)・妻(29歳) 子供なし(すぐにでも欲しいです) 収入 年収ベースで私(420万)・妻(100万) 現在加入保険はありません (1)医療保険 メディケア生命保険(株) メディフィットA60日型(医療保険終身保険・無解約返戻金型) 保険期間:終身 払込期間:終身 月の払込保険料:4,996円 給付金 日額:8,000円 がん診断特約:給付金100万円 先進医療特約:給付金(技術料相当額)・一時金(5万円) 3大疾病保険料払込免除特約:あり (2)3大疾病保障保険 東京海上日動あんしん生命 特定疾病保障定期保険(無配当) 保険期間:65歳 払込期間:65歳 月の払込保険料:1,984円 一時金:200万円 (3)生命保険(葬儀代分) ソニー生命保険(株) 変額保険終身型オプションA 保険期間:終身 払込期間:60歳 月の払込保険料:3,777円 保険金:200万円 保険料払込免除特約:あり (4)生命保険(生活費分) NKSJひまわり生命保険(株) 無解約返戻金型収入保障保険(非喫煙者健康体保険) 保険期間:70歳 払込期間:70歳 月の払込保険料:4,872円 保障額:月12万円(70歳まで) 特定疾病診断保険料免除特約:あり 以上の4点です。 4点合計の月の掛金は15,629円です。 更新などはなく、保険料は変わらないそうです。 60歳以降の掛金は11,852円 65歳以降の掛金は9,868円 70歳以降の掛金は4,996円 となるとのことでした。 何かいいアドバイスがありましたらご教授ください。 補足事項が必要であれば、記載しますので教えてください。

  • 夫婦の生命保険について

    夫会社員、妻専業主婦。30代前半、子供無しです。 以下の様な保険をFPさんに提案頂きました。 夫→SONY生命 死亡時2000万 保険,払込期間25年 月8072円 災害死亡特約,傷害特約各1000万 月449円と622円   医療保障(120日型,死亡給付金無)日額10000円 払込,保険期間終身 月4450円   入院初期給付特約 日額10000円 月460円   診断給付金付がん保険 日額10000円 払込期間終身 月額2220円   ORIX生命 死亡時300万 払込期間60歳 保障期間98歳 月4503円 妻→ORIX生命 死亡時300万 払込期間65歳 保障期間98歳 月4281円   SONY生命 医療保障(夫と同内容)日額7000円 払込期間終身 月2954円   入院初期給付特約 日額7000円 払込期間終身 月315円   診断給付金付がん保険 日額10000円 払込期間終身 年20320円   女性医療特約(120日型)日額5000円 払込,保険期間80歳 月1145円 夫のSONY死亡保障のみ保険料払込免除特約付(他の保険には付けれないとの事でした) 近い将来、子供が出来ても見直し不要のプラン希望だったのですが保険料の都合上この様なプランになりました。 お伺いしたい点は 1:このプランをどう思われますか 2:保障額は適額か→女特を付けたので妻の入院保障が夫より多い             夫婦共入院保障は多くないか、死亡保障は適額か 等です 3:3大疾病の保障(一時金等)や通院保障が無いのはどうか 4:もし「3」の保障を付けた方が良いならどこを削るべきか 夫は以前健診で「要検査」となった事が有り(経過観察等は有りません)、妻は投薬治療期間が有り(服用から約2年経過) それらを踏まえて提案頂きました。 夫婦共、非喫煙、血圧は正常値です。 その他にも気付いた点があればご指摘下さい。 夫の誕生日が近いので出来るだけ早く決定したいと思っております。 よろしくお願い申し上げます。

  • 主人の生命保険と医療保険について

    主人の保険が未加入のため、ソニー生命のライフプランナーから下記の保険を提案されています。 1.変額保険終身型 保険期間:終身、払込期間:60歳、保険料:約15,000円 2.家族収入特約(月額15万) 保険期間:60歳、払込期間:60歳、保険料:約4,000円 3.総合医療保険(120日型) 保険期間:終身、払込期間:60歳、保険料:約6000円  総合医療保険には下記のものも含みます。  ・入院初期給付特約  ・成人医療特約  ・特定疾病診断給付金特約 主人の月の保険料だけで、約25,000円になります。 上記の保険で不要なもの、足りないものなどありましたら、アドバイスをお願いします。 また、月の保険料についてもアドバイスをお願いします。(4月から子どもが幼稚園に通うため、月謝だけでも28,000円の出費の増加が決まっています。)

  • 生命保険・医療保険を検討中

    今年春に結婚いたしまして生命保険、医療保険を検討中です。 資料を頂いたりサイトを見たりしているのですが 考えば考えるほど分からなくなっているので アドバイスを頂ければと思います。 本人:32歳(会社員) 妻 :31歳(主婦。のちに働く予定ですが。。) 子供なし。 健康状態 ・本人、妻ともに入院経験、大きな病気等今までなし。 ・ともに非喫煙、非飲酒。&長寿家庭。 保険を選ぶ基準としたもの 医療保険 ・保障期間が終身。 ・払込期間が有り(60歳にしようと思ってます) ・三大疾病でも入院費が出る。 生命保険 ・保障期間が終身。 保険料は月給の1割までと考えているので 私+妻=3万円位で考えてます。 割合としては 私:妻=7:3もしくは8:2位 検討中の保険 医療保険:アリコ すこしであんしん終身医療保険(日額1万円 60歳払込 保険料5,680円) 生命保険:東京海上日動あんしん生命 長割り終身(1000万円 60歳払込 保険料18,870 円) ・子供が生まれたら定期の生命保険2000万を加入予定。 生命保険は長割り終身でいいかなぁ~と思っているのですが 医療保険に懸念点あります。 すこしであんしんだと、1入院60日。手術費が10万円。通院費が出ない。という点。 その点アフラックのEVERHALFだと特約で長期入院・通院特約が付けれるし、手術費が10、20、40万円とある。(日額1万円の場合) でも払込期間が終身しかないのが・・・。 入院日額1万円で長期入院・通院特約付きで5,960円。60歳から2,980円。 これらの保険ではガンがカバー出来ていない点と思いますが ガン保険単体ではあまり考えていなく、三大疾病特約があるものがいいなと思ってます。 そこまで考えるとなると全労済の新総合医療共済で三大疾病特約を付ければいい!? が、払込が終身で保険料が11000円程(?)が、老後に心配を残すし。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 生命保険、アドバイスお願いします。

    これでいいのかと迷っています。 31歳男性。 ①終身65歳払込200万・保険料3200円、収入保険60歳まで月15万・保険料7500円、計10700円 ②医療保険終身日額7000円・保険料4500円、成人医療特約日額3000円・保険料920円。特定疾病診断給付特約100万・保険料1200円、退院給付金特約5万・保険料767円、入院時手術給付特約7万・保険料160円。 更新型の保険から見直し考えています。65歳まで医療保険は変わらず、終身です。生活収入保険は10万でもいいかなと思っています。 アドバイスお願いします。

  • 夫婦の生命保険について 再度お願いします

    質問NO2117040で質問した者です。 夫会社員、妻専業主婦。共に30代前半。子供無しです。 以下のプランを再提案頂きました。第三者のご意見をお伺いしたく質問致しました。 夫→(1)SONY生命 積立利率変動型終身保険死亡保障200万 保険期間終身 払込期間60歳 月4360円     平準定期保険特約死亡保障2000万 保険,払込期間25年 月5013円 災害,傷害特約各1000万 保険期間80歳 払込期間60歳 月576円と811円    診断給付金付がん特約 日額10000円 保険期間終身 払込期間60歳 月2166円    (2)医療保障(120日型,死亡給付金無)日額8000円 保険,払込期間終身 月4224円 特定疾病給付金100万 保険,払込期間終身 月1100円    通院特約 日額3000円 保険,払込期間80歳 月483円 妻→(1)SONY生命 夫と同保険死亡保障200万 保険期間終身 払込期間60歳 月3771円 災害,傷害特約各300万 保険期間80歳 払込期間60歳   月118円と170円   診断給付金付がん特約 日額10000円 保険期間終身 払込期間60歳 月1910円   (2)医療保障(120日型,死亡給付金無)日額7000円 保険,払込期間終身 月2954円 特定疾病給付金100万 保険,払込期間終身 月910円   通院特約 日額3000円 保険,払込期間80歳 月468円 女性特約(120日型)日額5000円 保険,払込期間80歳 月1145円 積立利率変動型保険をお葬式費用と考え、途中解約しない事を前提で、がん保険等を特約にしました。 夫婦共、(1)の保険には保険料払込免除特約を付加しています。 前回の質問の際にご回答者様からアフラックをご提案頂いたのですが、保険料の関係でSONYになりました。 この保険についてどの様に感じられますか。 お気づきの点をご指摘頂けたらと思います。 よろしくお願い申し上げます。

  • 生命・医療保険の見直し 迷っています

    こんばんは。 各保険の欠点と、特約の必要性を教えて下さい。 夫40歳、サラリーマン 妻34歳、主婦(夫の転勤により離職・求職中)  子供はそろそろ欲しいと思っています。 現在主人にかけている保険、第一生命の堂々人生はニーズに合わないので、他の保険を探しています。 必要度は 1.主人の死亡後の生活保障 2.がん及び三大疾病の保障(主人の肉親にがん患者がいる) 3.医療保障(サラリーマンなので気休めでいい?) 4.貯蓄としての終身型 と考えております。 総合保険代理店2社にてFPの方に相談しアドバイスを頂きました。 どの商品が合っているか迷っています。 生命保険について・・・ <A社> 1)あいおい生命「ジャストワンW」   払込期間・保険期間共に主人が70歳まで、保険料は6、780円/月   定期保険で保険料は契約後変わらないものです。主人の定年後苦しいかな?払込期間と保険期間は同じになってしまうようです。 2)損保ジャパン「無解約払戻金型 収入保障保険」   条件は上記に同じで、6、500円/月   逓減性で、保険料は5年ごとに軽くなっていきます。お得な気分。でも、何か落とし穴がある?    <B社> 3)ソニー生命「家族収入特約 定期型」   保険期間・払込期間は70歳 8、560円/月      これに「変額保険終身型オプションA」をつけては?と提案されました。5、847円/月が加算されます。 医療保険について・・・ <A社> 1)オリックス生命「CureW」   入院120日(7大生活習慣病なら180日)給付日額1万円   払込期間は60歳で、終身です。   7大生活習慣病入院保険(3,000円)入院医療特約(5,400円)・3大疾病一時金特約(5,000円)付けて 13,400円/月   ちょっと痛い金額です。 2)損保ジャパン「健康のお守り」(8,500円)   7大(240円)や3大疾病入院一時金特約(3,200円)、先進医療特約(100円)など付いて 12,000円/月です。 3)PCA   これについてはまだ見積もり書を出してもらっていません。 医療保険については、B社も同じものを勧めました。 各保険の弱点は?と聞くと、「ない」とのこと・・・。 パンフレットを読んでも長所は目に付くのですが、短所が解りにくいです。 保険について浅学でお恥ずかしいのですが、自分としては長所と短所をよく理解してから決めたいので、第3者の客観的なご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

  • 41歳 独身女性 今回の保険の見直しは妥当でしょうか?

    10年前に下記の保険に入りました。 (1)東京海上日動のあんしん生命  *長割り終身(5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険)(掛け金は月7500円)   死亡・高度障害保険金額600万円/保険期間終身/払込期間60歳  特約:保険期間80歳/払込60歳/*継続10年にて終身に変更可能との話   *災害入院特約 入院給付日額(120日型)5000円(掛け金は月430円)   *疾病入院特約 入院給付日額(120日型 他手術給付金有)5000円 (掛け金は月2500円) (2)アメリカンファミリー生命  *スーパーがん保険II /払込・保険期間は終身 (掛け金は月1860円)  *アフラック個人年金(5年ごと配当) /払込60歳/支払期間5年 (掛け金は月5000円) 全ての掛け金の合計は月17290円 あんしん生命の特約の部分の保障が入院即日から支払われるものではないため、思い切って終身医療保障かつ入院初日から給付が出る商品に変えようと思っています。あんしん生命で聞いたところ「メディカルミニ(医療保険無配当入院初期給付特則付加120日型)/入院給付金日額5000円/保険期間終身/払込期間60歳」で、月の保険料が7140円のものに変更しようと思っています。 そこで質問なのですが、最近の医療保険は掛け捨てが多いのでしょうか(現状の特約は解約すると多少戻り金が出るので・・・)。 また、アフラックのがん保険を解約するのはもったいないでしょうか。本当は毎月の保険料を2万円内に収めたいのですが、このがん保険は掛け金が安い(月¥1860)ので迷っています。 今回特約の部分を変更すると毎月21500円の払込になるのですが、同じような立場の女性もこんなものなのでしょうか。(私:41歳/女性/独身/会社員/賃貸住宅・独り暮らし/両親ともに健在・経済的支援は将来不要) 生命保険は、葬式+墓代のため。医療保険は、終身医療で60歳での払込み終了にしたい(定年にあわせて)と思っています。 もしアドバイスをいただければたいへん嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて

    いつもお世話になっております。住宅の新築、子供の誕生を機に生命保険の 見直しをしております。 先日、無料の相談窓口にて下記のような提案を受ました。その時は納得して説明を受けたのですが、 保険料が負担になりそうな気がしております。アドバイスいただけたらありがたいです。 主人:44歳、会社員(手取り35万)非喫煙 妻:36歳、専業主婦、非喫煙 子:0歳(5年以内にもう1人予定) 住宅(2900万借入)の団信に加入してます。 ●収入保障:4146万(確定保障5年)保険・払込期間:73歳(妻が65歳まで)  損保ジャパンひまわり生命:8,820円/月 ●整理資金:353万 既加入保険1,500円/月 保険期間:終身・払込期間:65歳 ●整理資金(不足分):200万 保険期間:終身・払込期間:65歳  あいおい生命:5,706円(低解約返戻型積立利率変動型) ●医療保険:保険期間:終身・払込期間:60歳  1入院60日 7大生活習慣病→120日 3大疾病入院一時金50万 先進医療特約  損保ジャパンひまわり生命:9,754円/月 ●学資準備:300万(死亡時410万) 保険期間:終身・払込期間:61歳  あいおい生命:14,005円(低解約返戻型積立利率変動型) ●医療保険(妻)保険期間:終身・払込期間:60歳  1入院60日 7大生活習慣病→120日 3大疾病入院一時金50万 先進医療特約  損保ジャパンひまわり生命:5,264円/月 ●整理資金(妻):200万 保険期間:終身・払込期間:55歳  あいおい生命:5,040円(低解約返戻型積立利率変動型) 保険料合計:50,089円 払えない金額ではないのですが、住宅ローンもあるし、子供ももう1人 と考えると、迷っています。どうかアドバイスをお願いします。

  • 夫の生命保険

    夫29歳 妻29歳 子0歳  賃貸 夫・手取り28万(ボーナスなし) 妻・専業主婦 東京海上日動あんしん生命 長割り終身500万円              払込期間60歳まで。     特約 災害入院特約360日型(5日目から)5000円       疾病入院特約360日型(5日目から)5000円 21歳の時に契約しています。毎月払込保険料は7745円です。 特約の保険期間80歳まで。払込期間は60歳まで。     学資保険と一緒に夫の生命保険についてソニー生命さんに相談して提案していただきました。 (1)家族収入保険(非喫煙)最低支払保証期間5年 リビングニーズ特約  保険期間・払込期間55歳まで 年金月額15万円                    保険料 3615円 (2)総合医療保険120日型 低解約返戻金特則 入院初期給付特約  保険期間 終身  払込期間65歳まで 日額10000円                   保険料 6320円 東京海上の保険は特約のみ解約する予定です。そうすると月5000円弱の支払になります。 夫は禁煙して半年なので審査に引っかかるかもしれません。そうなると保険料は4380円になります。 逓減定期保険も良さそうですが、ソニーさんは家族収入をおすすめしていました。 ガン保険もかけたいのですが、そうなると毎月の保険代が20000円位になってしまいますよね。 アドバイスお願いします。