• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

減価償却の対象

減価償却の対象 個人でマッサージ関連のお店をしています。 新メニュー導入に伴って、使用する機材やら道具をまとめて全部で50万程で支払いました。 そのうち38万ほどが一番大きい金額の物で、その他は200円~3万くらいの物を細々と買っています。 この場合は全部1つづつ分けて、38万の機材だけ減価償却にして、他の細かい物は 経費として落とすのでしょうか? それともまとめて50万で減価償却にできるのでしょうか? ご回答宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1027
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

備品類を購入した場合、それを固定資産に計上したいのであれば、いくらでも可能です。 たとえ100円の備品であっても、固定資産に計上して減価償却をすることは可能です。 ただ、黒字経営で税金を支払う場合、固定資産にするよりも消耗品費などの必要経費にするほうが納税者有利になります。 したがって通常は、必要経費にできるものはドンドン経費にしてしまい、固定資産にはなるべく計上しないほうが有利になります。 固定資産に計上するか、必要経費にするかの判断基準は次の3種類があります。 1.寿命(使用可能期間)が1年を以上あるかどうか。 2.金額が10万円以上かどうか。 3.金額が30万円以上かどうか。 1.寿命(使用可能期間)が1年未満かどうか。 使用する期間が1年未満のもの、たとえばボールペンやコピー用紙のような本当にすぐ消耗してなくなってしまうものは、固定資産に計上したとしても、すぐにその全額を必要経費に振替えることになりますから、固定資産に計上することは無意味です。 したがってそういうものは購入時に必要経費にしてしまいます。 2.金額が10万円未満かどうか。 一個又は一組の金額が10万円未満であれば、これも購入時に即、経費にしてしまいます。 (20万円未満ではありません。10万円未満です。) 細かいものまでわざわざ固定資産に計上して毎年ずっと減価償却費の計算をするのはめんどくさいので、金額的に重要性の乏しいもの、つまり10万円未満の少額なものは、たとえ使用可能期間が1年以上あったとしても全額必要経費にして問題ありません。 3.金額が30万円未満かどうか。 平成24年3月31日までの特例として、一個又は一組の金額が30万円未満であれば、購入時に必要経費とすることができます。 たとえ10万円以上のものであっても、この特例が使える場合(つまり100,000円~299,999円までのもの)であれば、必要経費とすることができます。 ただし、全体で金額合計が年間300万円までという上限はあります。 また、この30万円未満の特例を使う場合、その対象となった物品の一覧表を作成して保管しておく必要もあります。 結論としては。その38万円のものを器具備品などの科目で固定資産として計上すればOKです。 それ以外のものは、わざわざ固定資産にするのもめんどくさいでしょうから、消耗品費などの適当な科目で必要経費にしてしまうことをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

基本的には、通常の状態で使用する単位か、常識的な考え方で販売される一個または1組の金額が20万円以上かどうかで、固定資産かどうかを判定します。 たとえば、3万円のソファでも1個ごとに購入でき、自由に配置が換えられるようなものならば100個でも費用になります。 一方ひとつ一万円のものでも常識的にそれだけでは使用できないような場合は、それをつける本体に含めて判定します。わかりやすいたとえでは、車のミラーやドアは補修パーツでは別に買うことは可能でしょうが、新車の状態で別々ですといっても、通る可能性は無いですよね。 これらの判定はとりあえずは常識にした従えばよいと思います。あまり一人勝手な自分に都合の良い考えは危険です。 また38万円でも中古だったり、特殊なもので通常3年以上は使えないものは、これも費用で処理できます。 したがって現物が何でどのような状態であるかによるのですが、必ずしも耐用年数表だけでは判断できない場合もあるので、疑問は税理士に相談した方が良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

一式か個別かによって違います。 具体的に言うと、その他のうち38万円の機材とセットで使うものは38万円の機材と一緒に減価償却をします。 そうではなく単体で使える物や、38万円の機材と一緒に使う物であっても消耗品(ローションとか)は経費で落とせます。 事例としては、応接セット(机+椅子数脚)はセットで考えます。 マッサージで言うと、マッサージチェアにオプションで足マッサージ器を付けたらそれはセットでしょうが、マッサージチェアと足マッサージ器が別のシリーズであれば別々に計上できると思います。その差は、足マッサージ器が単独で使えるかです。 余談になるかもしれませんが、デスクトップパソコンは、昔は一式で考えていましたが、最近はモニターとハードと別々で計上することも多いようです。(ハードだけ取り替えるケースが増えたため)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 減価償却について

    個人事業主をしている者です。 4月以降の減価償却について質問なのですが、12万円の家電を購入し、これを家事按分30%とした場合は減価償却の対象になるのでしょうか? それとも事業の経費としては84000円になるので、10万円以下と考えて減価償却対象外でしょうか?

  • 減価償却の基準

    減価償却の基準 個人事業主です。 最近、業務で使用する機材を38万程で一括支払いで買ったのですが、 それは「仕入」になりますよね? その機材は減価償却にできるのでしょうか? いくら以上でないと償却できないとか、償却対象の基準とかあるのでしょうか? よくわからないので、ご存知の方教えて下さい。

  • 減価償却について

    個人事業を経営している知人に頼まれて経理を担当していますが、分からない事があるのでどなたか回答お願いいたします。2,3年前に減価償却の対象となる遊戯に使う機械(80万円ほどを3台)を購入していますが、まだ一度も経費に入れていない事がわかりました。これは今から減価償却出来るのでしょうか?

  • 減価償却の対象について

    利用しているパソコンとプリンターを対象にしようと思っていますが、3~4年くらい前に会社員時代に購入したもので、いつ購入したのか、いくらだったのか領収書もなくあいまいです。 これは、減価償却としてどのようにしたらいいでしょうか。 また、減価償却は絶対にやった方がいいでしょうか。 やらなくても問題はないでしょうか。

  • 減価償却できる、できない

    減価償却中の自動車を事故で廃車しました。 廃車後も償却期間中は減価償却の処理を続けて行ってよいのでしょうか? もしだめなら、何十万円もの残っているので経費として計上する方法は なにかあるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 減価償却について

    書庫を購入しました。1個あたりの諸経費込みの金額は56,000円で、10個購入したので 56万円でした。 この場合、固定資産として減価償却の対象になるものでしょうか? お知恵を拝借させてください。 無知ですみません。。。

  • 個別減価償却

    償却資産の申告で、取得価額10万円未満で個別減価償却のものは「申告の対象」となっておりますが、どういったものが「取得価額10万円未満であるが、個別減価償却をする」ものと考えることができますでしょうか。

  • 1台1万円の機器を8台、減価償却の対象かどうか

    減価償却の対象になりうるかどうか、教えてください。 物流倉庫で勤務しています。 質問(1) 倉庫で使用するため、1台1万円の機器(ラック)を8台買いました。 これらは減価償却の対象でしょうか? ルール上、10万円以上は原価償却となるそうなので、償却ではなく、購入した月の費用として良いでしょうか? 質問(2) 1台1万円の機器(ラック)を8台と、別の種類のラックを5台買いました。 これらは減価償却の対象でしょうか? 10万円以上の購入となりますが、2つの種類に分かれており、1つ1つでみれば10万円未満なので、購入した月の費用として良いでしょうか? よろしくお願いします。

  • 減価償却対象外

    有形固定資産のうち減価償却の対象にならないものといえば 土地ですが、これは、価値が減少しないから、ですよね。 建物仮勘定も対象にならないと思うのですが、この理由ってなんなのでしょうか?

  • 減価償却はしなければいけないものですか

    当社はいわゆる中小企業です。今期は減価償却をしてしまうと赤字になりそうです。聞いたところによると赤字になりそうな場合は減価償却しなくてもいいとか...この真偽を教えていただけますか? 対象とする固定資産は車両とソフトウェアです。 車両は殆ど使っていません。 ソフトウェアはアップグレードしながら使っているものです。