• ベストアンサー
  • 困ってます

これも減価償却費ですか?

何度も質問してすみません。 仕事で使う100000円以上のものが 減価償却費の対象となるのは分かりました。 開業の際に店舗を借りて内装をしたのですが これも減価償却費の対象となるのでしょうか? もしよろしければどんな物が減価償却費の対象 になるかも教えていただけるとありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数241
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • SSSIN
  • ベストアンサー率62% (547/875)

#4さんが「開業費」とされていますが「店舗を借りて内装」については開業費ではなく「減価償却資産」に該当します。処理については先の回答者の回答通りです。 ちなみに「開業費」については下記のようなものをいいます。 http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/ また「開業費」にならない費用についての説明もあります。http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/index2.htm ちなみに「開業費」については、税務上は下記の方法を任意に選択できます。 1.繰延資産に計上して、5年間で償却する。5年以内でも未償却残高を一気に計上することもできます 2.開業年度に一括して経費に計上。 開発費は5年以内に任意な金額を償却(任意償却)できますので、一括経費にするか、資産として繰越すかは、期末時に決算をして利益が確定してから決めても良いと思います。 仕訳処理としては 開業までに支出した金額を「開業費」(繰延資産)としていったん計上して、決算時に「繰延資産償却費(開業費償却)××/開業費××」という仕訳を行います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく教えていただきどうもありがとうございました。 何も分からなかったもので参考になりました。 これからも質問するかと思いますのでよろしく お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

開業費だよね。 無形固定資産です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をいただきありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#13679
noname#13679

下記URLいかがでしょうか。耐用年数の一覧です。

参考URL:
http://www.rakucyaku.com/Koujien/I/I010000

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になるホームページを教えていただきありがとうございました。

  • 回答No.2

「100000円以上のものが減価償却費の対象」については原則その通りですが下記の制度があります。 ●10万円未満  損金算入できる ●10万円以上20万円未満 一括償却資産としてを3年間で償却できる ●30万未満 青色申告の中小企業者等が平成15年4月1日から平成18年3月31日までに取得した場合は損金算入できる ※従って、青色申告をしていれば30万未満の資産は経費として処理できることになります。 「店舗を借りて内装をしたのですがこれも減価償却費の対象となるのでしょうか?」については、その通りです。通常は「建物付属設備」や「器具備品」として計上することになるでしょう。 下記に詳しい説明がありますので参考までに。 http://www.m-net.ne.jp/~k-web/shokyak/shokyaktoha.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々と教えていただきありがとうございました。 ホームページの方も参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
  • o24hi
  • ベストアンサー率36% (2961/8168)

 こんにちは。 >仕事で使う100000円以上のものが減価償却費の対象となるのは分かりました。  これは、いわゆる「備品」のことを指しています。  これ以外に、減価償却費の対象となるのは、有形固定資産や無形固定資産です。  有形固定資産には、建物、構築物、機械装置、車輛運搬具、土地などがあります。  このうち、土地を除く有形固定資産は、減価償却を行うことになります。  また、無形固定資産としてコンピューターソフトなどがあります。  ご質問の内装が、一時的なもの(例えば、花輪とかのデコレーションですね)でなく、その後も使う建物に固定されているもののことでしたら対象になると思います。(例えば、企業でパソコンのLANケーブルの配線工事をすれば、減価償却の対象になります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

細かく教えていただきありがとうございました。 全然分からなかったもので参考になりました。

関連するQ&A

  • 減価償却費を来年度以降に持ち越せますか?

    ご覧いただいてありがとうございます。 事情があり今年度の所得を少しでもあげたいと思っています。 一昨年開店したばかりなので開業費を減価償却費として計上しています。何かで開業費は発生した年からでは無く、何年後か後でも経費として計算出来ると読んだような気がするのですが本当でしょうか? ※開業当初、減価償却(開業費)として1年申請しています。 ※その他、車両費などの減価償却費を据え置きで計上出来ることはないでしょうか? 税務署に朝から何回か電話をしているのですが、まったくつながりません。分かり難い質問で申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。

  • 減価償却費について

    個人事業主です。 店舗併用住宅を新築した場合の「減価償却費」について、初歩的な質問をさせていただきます。 現在は家賃を按分して経費に計上してますが、いずれ親と同居する住宅を建てて住む予定でして、それ以降は家賃が発生しない代わりに「減価償却」なるものがあると聞き、調べてるところです。 建築費用はすべて自己資金(自分の貯蓄と親の負担)で賄います。 仮に店舗(仕事場)部分面積を30%、共有持ち分を50%とした場合の減価償却費は、 建物の取得価額の30%で計算し、得られた金額(減価償却費)の内50%(自分の持ち分割合)が実際に経費に計上できる部分、と考えてよろしいでしょうか?

  • 減価償却費について

    昨年、個人で賃貸物件を購入しました。 申告書の『減価償却費の計算』の欄には、3年前からの減価償却費が残っていて、収入から減価償却費を引くと、赤字になるので、昨年購入した物件の減価償却費は、そのまま、翌年に持ち越し、翌年から減価償却費として差し引きたいのですが、それは可能でしょうか? 税理士に聞くと、可能だと言われ、税務署の申告相談では出来ない、と言われました。 どちらの言うことが本当なのでしょうか? ご存知の方、教えてください。

  • 減価償却費について。

    減価償却について3つの質問があります。 皆さんどうかよろしくお願いします。 ◆まず1つめなんですが、 減価償却費を費用として計上したときに、BSの固定資産の部分は減価償却費分、目減りするんでしょうか? つまり年々少しずつ目減りしていくのか、減価償却が完了した最後に、一気に固定資産が減るんでしょうか? ◆2つめですが 減価償却費は一括で必要経費にせず、定額法もしくは定率法で計上していくと思いますが、実際に減価償却にあたる固定資産を購入した代金は決算書のどの部分にも書かなくてもいいんでしょうか?全て減価償却費という形で毎年完了するまで処理するんでしょうか?でも実際は資産を購入した訳ですから現金は減ってると思うんですが、、、その現金の目減り分は計上しなくてもいいんしょうか? ◆3つめなんですが ある会計の本に営業キャッシュフローに減価償却費をプラスして、投資キャッシュフローでその減価償却費をマイナスにする、という説明がありました。それに加えて設備投資するには減価償却費以内にした方がいい。と説明書きがありましたが全然意味がわかりません。。。自分で書いてても3つ目の質問は皆さんに伝えにくくて困ってます。。。でも本を何回読み直しても詳細が載っていなくて困っています。もし、この説明だけでわかる方がいましたらよろしくお願いします。

  • 減価償却費について

    減価償却費は取得原価の5%になるまで計上するとありますが、そこで質問させてください。 平成11年1月に車両を1,964,680円で購入しました。 (定額法、償却率0.166) 購入した年の減価償却費は269,062円で、その後は 毎年293,523円を計上していました。 平成16年度の車両の末償却残高は228,003円です。 この期末残高は平成17年分の減価償却費に計上してよいのでしょうか?

  • 貸店舗の減価償却費は計上できますか?

    今まで個人経営で飲食店をしていました。 今後は廃業して貸店舗にするつもりです。 飲食店の他にテナントの所得があり不動産の決算書も出しています。 これまでは飲食店の減価償却費として、建物や設備機器を計上していましたが、 今後はテナントとして不動産所得の方で減価償却費を計上したいのですが移行できますか? 仮にテナントの借り手が見つからなくても減価償却費は計上できますか?

  • 減価償却費について

    今年、始めたばかりの開業医です。 税理士を雇うほど収入もなく、みなさんに 質問させていただきます。 今年、2310000円の医療機を買った のですが減価償却費ほどのように計算すれば よろしいのでしょうか? それと医療機を買った金額を買った日付に帳簿に 載せず減価償却費だけを年末に帳簿に載せれば よろしいんですか? 何も分からないもので教えてください。

  • 減価償却費って?

    基本的な質問で恐縮です。 経理の素人です。 減価償却が存在する理由ってどういうことですか? 素人でも判るように説明してもらえないでしょうか? 例えば車を現金200万で買ったとしますよね。 これって資産となって貸借対照表の固定資産になりますよね。 一方、200万の車の減価償却費が発生して販売管理費に入りますよね。 このお金って実際に出費されたものじゃないから、減価償却費相当の現金は残っているんですよね? この部分が経費として差し引かれるから、利益に対する税金が事実上安くなっているということですか? 一方、実際に会社から無くなった200万はどこで表現されるんですか? やはり費用の中に200万丸ごとで計上されてるんですか? それとも。。。。ローンみたいに減価償却費として200万が分割されて計上されているだけですか? ついでももう一つ。減価償却費を計上していない企業ってありますよね。 あれは、減価償却費を出して利益を落とすよりも、利益が出ているように決算書上表現したいからですか? すごく基本的な質問で申し訳ありません。 とにかく、減価償却というものの存在意義がイマイチ判らないのです。 馬鹿でも判るようにお願いします。

  • 減価償却費の算出の仕方

    例えば、店舗経営(飲食)を行なうとして、 店舗作りに計1500万 家賃・月70万、ならば、 減価償却費は月いくらが妥当ですか? (当然月間の売り上げ予測を算出しないとなんとも言えないのかもしれませんが) 私が現実に今、何かをするわけではないのですが、 「減価償却費」の算出の方法を知りたいのです。 よろしくお願いします。

  • 決算における減価償却費について

    お世話になっております。 減価償却費についてお聞きしたいのですが 決算前に除却した備品の減価償却費は 決算時には加えないのでしょうか? 除却した時点で、その備品は決算の時の減価償却の計算対象外になるのでしょうか? どなたかわかりやすくお教え頂けると助かります。 よろしくお願いします。