• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

大学の数学の写像についての問題です。

大学の数学の写像についての問題です。 ヒントだけでもおねがいします;; f:X→Y が与えられたとき F:P(Y)→P(X) [Pは冪集合です] をF(B) := f^(-1)(B) [f^(-1)はfの逆写像です] で定める,このとき fが全射 <==> Fが単射であることを示せ (==>) 仮定より∀y∈Y ∃x∈X y=f(X) このとき∀B,B'∈P(Y)をとると fが全射より ∃x,x'∈X ,f({x}) = B ,f({x'}) = B' (?) このとき F(B) = F(B') ∴f^(-1)(B) = f^(-1)(B') ⇒f^(-1)(f({x})) = f^(-1)(f({x'})) ⇒{x} = {x'} ⇒f({x}) = f({x'}) ∴B = B' よってFは単射?■ (<==) さっぱりです。。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数127
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>最初に何をすればいいのかだけでも教えてもらえませんか? ベン図を書く。 補足に書かれた「証明」からは「わかっていない感じ」がビシビシ伝わってきます。 まずは問題を理解しなければいけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

未ださっぱりですが付き合ってくれてどうもありがとうございました。 感謝します。m(、、)m

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

⇒ の証明はできていると思います。 さあ、<= の証明はできましたか? まだ「さっぱりだ」というのであれば、今使用した命題 (*) が理解できていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Fが全射より ∀B⊂P(Y) F^(-1)・(F(B)) = B ∴f(f^(-1)・(B)) = B (∵定義より) ∴∀b∈P(Y) f(f^(-1)・(b)) = b ■ 。。。 返信遅くなってすいません。 最初に何をすればいいのかだけでも教えてもらえませんか?

  • 回答No.2

あえて突き放します. f^(-1) はほんとうに「fの逆写像」ですか? まずはそれを確かめてください.そうでないなら,f^(-1) という記号はどんな意味で使われているのか,理解してください. …という私の指摘の意味を,質問者さんが心底理解できない限り,質問者さんは(誰かが親切に解答を教えてくれたとしても)絶対にこの問題の解答を理解できません. 質問者さんが質問文を入力するときに,おおもとの問題文では「f の右肩に -1,それら全体の右に (B)」と書かれているのを表現しようとして「f^(-1)(B)」と入力した,ということは,容易に想像できます. 私の指摘は,その問題文の「f の右肩に -1」の記号は,「f の逆写像」を表す記号として使われているのですか? ということです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

写像、また一からやろうと思います。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

逆像でした。。。

  • 回答No.1

⇒ の方もさっぱりですね。 適当にベン図とかを書いて、証明の算段をつけてから文章を書いたほうがよいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

もう一度考えたので見てもらいたいです。 お願いします。m(. .)m (==>) 仮定から fが全射より ∀B∈P(Y) f(f^(-1)・(B)) = B …(*) ∀A,B∈P(Y) をとるとき F(A) = F(B) とする ∴f^(-1)・(A) = f^(-1)・(B) 両辺に fの像をとり f(f^(-1)・(A)) = f(f^(-1)・(B)) ∴A = B (∵(*)) よって Fは単射 ■

関連するQ&A

  • 縮小写像について質問です

    フラクタル数学という本を読んでいたら縮小写像が出てきたのですが、縮小写像の性質で逆写像を持つというのがありました。 逆写像が存在するということは写像が全単射であると思ったので、全単射の証明をしようとしたのですが、単射であることは示せても全射であることを証明することができません。 どのようにして証明すればいいのでしょうか? わかる方、ヒントでもいいので教えてください(>_<) よろしくお願いします。

  • 写像の問題です。よろしくお願いします。

    (1)2つの写像f:X→Y、g:Y→Zがある。g・fが全射ならばgは全射であるとする。ここでさらにgが単射であると仮定すればfも全射となることを証明せよ。 (2)自然数Nと零を合わせた集合N∪{0}から整数の集合Zへの写像で、全単射となるものを構成し、その理由を説明せよ。

  • 写像について

    問題 A:有限集合 写像f:A→Aとする。写像fが単射ならば全射、また全射ならば単射である事を示せ。 <自解> 写像fが単射ならば a_1,a_2∈A、f(a_1)=f(a_2)⇒a_1=a_2(単射の命題の対偶) 写像fはAからAへの写像より ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A 故に、写像fが単射ならば全射。 また、 写像fが全射ならば ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A … ここから単射をどう示したらいいのかわからなくなりました。 全体的に証明できていないと思います。 どう示すべきか教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

  • 写像の証明問題です。よろしくお願いします。

    写像の問題です。よろしくお願いします。 (1)2つの写像f:X→Y、f:Y→Zがある。g・fが全射ならばgは全射であるとする。ここでさらにgが単射であると仮定すればfも全射となることを証明せよ。 (2)自然数Nと零を合わせた集合N∪{0}から整数の集合Zへの写像で、全単射となるものを構成し、その理由を説明せよ。

  • 写像についての問題

    写像についての質問です。 解答できるものだけでよいのでお願いします。 次の集合X,Yについて指定された性質を持つ写像f:X→Yの例を一つ挙げよ。ただし、Rは実数全体の集合、Zは整数全体の集合。 1、X=R、Y={x∈Z│x≧-1}, fは単射でないが、全射である 2、X=R, Y={x∈R| x >0} fは単射であるが、全射ではない。 3、X={x∈R | 1≦x≦3}, Y={x∈R | 2≦x≦5} fは全単射である。

  • 逆写像の条件について

    集合Uから集合Vへの写像fが全単射なら 逆写像f^{-1}が存在し、f^{-1}は全域写像になりますが、 f^{-1}の逆対応はfなので、f^{-1}は全単射で、 fは全域写像になるのでしょうか? また、集合Uから集合Vへの部分写像fが逆写像をとる条件を単射とした場合は 合成写像f◦f^{-1}がUの恒等写像にならないですよね?

  • 写像について

    問題 写像f:A→Aとする。写像fが単射ならば全射、また全射ならば単射である事を示せ。 <自解> 写像fが単射ならば a_1,a_2∈A、f(a_1)=f(a_2)⇒a_1=a_2(単射の命題の対偶) 写像fはAからAへの写像より ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A 故に、写像fが単射ならば全射。 また、 写像fが全射ならば ∀y∈A、∃a∈A、st y=f(a)∈A … ここから単射をどう示したらいいのかわからなくなりました。 単射から全射の証明も、不十分な気がします。 どう示すべきか教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

  • f:X→Y, g:Y→Xを集合Xと集合Yの間の写像

    f:X→Y, g:Y→Xを集合Xと集合Yの間の写像とし、g⚪︎f:X→X、f⚪︎g:Y→Yをそれらの写像の合成写像とする。次の記述1から5について、 1:gが全射ならば、g⚪︎fは全射である。 2:g⚪︎fが全射ならば、fは全射である。 3:g⚪︎fが単射ならば、gは単射である。 4:Yが有限集合で、g⚪︎fとf⚪︎gが全射ならば、fは全単射である。 5:f⚪︎gが全単射ならば、g⚪︎fは全単射である。 常に正しいのは4であるそうですが、その理由がわかりません。どなたか教えて下さいませんか。

  • 数学 集合と写像の問題 回答・解説お願いします。

    数学 集合と写像の 過去問ですが、回答がないので困っています。 よろしくお願いします! 前回質問させていただきましたが、問題に打ち間違えがありましたので再度修正して 質問いたします。 ミスをご指摘いただいた方ありがとうございました。 X={3,4,5} Y={5,6,}とする。 (1) YからXへの単射を1つ求めよ。 (2) XからYへの全射を1つ求めよ。 (3) (1)(2)で求めた写像の合成写像を求めよ。 (4) XからXへの写像で全射であるものを全て求めよ。 (5) (4)で求めた写像 f で合成写像 f2=f○fが恒等写像となるものを全て求めよ。 (6) YからYへの写像で単射であるものを全て求めよ。 (7) (6)で求めた写像 f で合成写像 f3=f○f○fが恒等写像となるものをすべて求めよ。  数学が うまく変換出来ませんでしたので、わかりにくいと思いますが、よろしくお願いいたします。

  • 商空間における全射について

    商空間の定義で出てくる、『全射』がよくわかりません。 内田伏一著、集合と位相の96ページに、定義として、 (X,O)を位相空間とし、f:X→Yを集合XからYへの全射とする。集合Yの部分集合族O(f)を O(f)={H∈B(Y)|f^(-1)(H)∈O} によって定義する。 とあるのですが、ここでf^(-1)の逆写像の存在を認めていますよね?しかし、fは全単射ではなく、全射としか仮定がついていないのに、この逆写像は存在することにしてしまっていいのでしょうか?? すごく初歩的なことかもしれませんが、アドバイスお願いします。