-PR-
解決済み

雑誌の新創刊の企画方法を教えてください

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5880
  • 閲覧数1668
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (7/7)

出版社に勤務しています。最近、ある雑誌の企画担当となり、新創刊するための企画をせよというミッションを与えられました。これまで全然畑違いの仕事をしていたため、まったく雲をつかむような気持ちです。こういう時、まず何から手をつけたらいいんでしょうか?ぜひ教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 100% (2/2)

雑誌創刊というのは、例えば新会社の設立、新規事業の計画、新商品の企画等と

同じことですから、手の付け方がまったく分からなければまずSWOT分析をして

みてはいかがでしょうか。

SWOTとはStrength(自社の強み)とWeakness(自社の弱み)、

Opportunity(市場での機会)とThreat(市場での脅威)のことで、大雑把な例をあげると

高齢者層に新しい雑誌のニーズがある(O)、情報化の進展で雑誌以外のメディアが伸長(T)、

自社に高齢者市場に詳しいライターがいる(S)、広告予算が少ない(W)などですが、これを

もっと詳細に行います。これを通じて、新雑誌でやりたいこと、やれそうなこと、

創刊のためにやらなくてはならないこと、などを明らかにすることができます。

次はコンセプト固めで、創刊の意図・目的の確定、想定するユーザー(読者)層、

編集の方向性(NewかOldか、HighかLowか、HardかSoftか、WarmかCoolか、

週間か月刊か、多数派か少数派か、など軸はいろいろ考えてみてください)、

創刊までに必要なステップの棚卸し、創刊時期、版型、おおよそのページ数、価格水準、

社内の創刊メンバー、そして概算予算などを決めていきます。

この辺で一度、上司に企画書を出すタイミングになるでしょうか。

次の具体化段階では、外部協力スタッフも含めたチームづくり、

コンセプトに沿った雑誌タイトルのネーミングとロゴデザインの開発、創刊スケジュール、

流通チャネルの設定、プロモーション計画、などたくさんの山を越えることになります。

がんばってください。No.1でti14さんも仰られていますが、最も重要なのは企画・計画の

出発点となる創刊の意図、目的を十分検討することです。

そうそう、古い別冊宝島に「メディアの作り方」という本がありました。

プロ向けではありませんが、場合によっては参考になるかもしれません。
お礼コメント
sasashu

お礼率 100% (7/7)

ありがとうございます。
さっそくSWOT分析の勉強からスタートしようと思いますが、どんな本に載ってますか?また、他にも勉強した方がいい本があれば教えてください。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 6% (1/15)

昔出版社にいて、雑誌を編集していました。「新創刊」とはリニューアルのことでしょうか? それとも一から作る? いずれにしても、専門誌なのか一般誌なのか、ターゲットユーザーは? コンセプトは? 特集主義か毎号同じようにするか? などなどを決めていくもんじゃないでしょうか。そしたらデザインも決まってくるので、三号分くらいの表紙イメージと、主要ページのカンプをデザイナーに作ってもらって、ハイ企画の出来上がり、、、とはうまくいかないでしょうけど。簡単なのはまず既存の雑誌を上の項目で整理してみて、そこから自分の色をつけていくとかね。大変ですが、こんなことができる人はとてもラッキーだと思います。がんばってください。
お礼コメント
sasashu

お礼率 100% (7/7)

ありがとうございます。
現在ターゲットユーザの選定及びユーザ価値を決めようとしている途上です。ti14さんは以前雑誌の編集をされていたとのことですが、そのときはどうやってターゲットユーザを決めて行ったのですか?調査をし、そこからターゲットを決めて行ったのでしょうか?ターゲットに対してどんな価値を提供するか、どうやって決めていったのでしょうか?もしわかれば教えていただけますか?
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 100% (2/2)

SWOTはマーケティングの基本のひとつですから、

マーケティングや事業戦略関連の本にはたいてい

紹介されています。

読む方のこれまでのキャリアや業種、

また著者の傾向や文体など好みも分かれるでしょうから、大き目の書店に行って理解しやすいと思うものを

自分の目で見つけるのがいいと思いますよ。

それもマーケティングリサーチ実習の一環と

言えなくもない?

経験的な話をすれば、

・学問体系としてのマーケティング論は別として、

新しい書籍を選ぶ

・アメリカなどの翻訳本でなく、日本人の書いたものを選ぶ

・基本セオリーと事例紹介が分かり易く紹介されている

ものを選ぶ(それぞれ1册づつでもいい)

といった感じでしょうか。

東京であれば銀座電通の地下など、図書館以外でも本を

貸してくれる施設もあります。

お一人で雑誌を立ち上げられるということは、編集長

ですか?経営者の視点が必要ですね。成功をお祈りします。
お礼コメント
sasashu

お礼率 100% (7/7)

ありがとうございます。首尾よくいったらぜひご報告したいのですが、その場がなく残念です。本当にお世話になりました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ