• ベストアンサー
  • 困ってます

分子の運動エネルギーについて

単原子分子n[mol]の内部エネルギーは3nRT/2、二原子分子は5nRT/2、三原子分子は6nRT/2となっていますが 手持ちの教科書には分子1個の運動エネルギーについては3kT/2としか書いてありません。 分子1個の運動エネルギーもこれに比例して3kT/2→5kT/2→6kT/2と増えるのでしょうか それとも分子1個の場合はどんな分子でも3kT/2なのでしょうか 回答よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数10
  • 閲覧数3023
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

No.1とNo.2の方々の回答に有るように、分子の運動の <自由度1つ当たりのエネルギーは、kT/2>になります。 ここで 1)単原子分子とはヘリウムHeのような分子のこと、 2)二原子分子とは水素H2のような分子のこと、 3)三原子分子とは二酸化炭素CO2のような分子のこと、 ですから、それぞれの分子の運動の自由度は次の様になります。  1)分子を球状とすると、運動はX,Y,Zの3方向に可能で自由度は3。   (回転は分子が球対称で有るために無視される。) 2)分子をダンベル(亜鈴)状とすると、運動は1)の3方向の他に、   ダンベルの軸方向とそれに直交する軸の2つに対して可能で   自由度が2つ追加され、合計5。 3)分子をスキージャンプフォームのV字に開いたスキー板の形とすると、   2)の2つの回転軸の他に、更にV字が開いたり閉じたりする   自由度(伸縮の自由度)が1つ追加され、合計6。 「自由度」を分子1個の「運動を記述するために必要な変数の数」と 言い換えもできます。 以上をまとめると、分子1個の持つ内部エネルギは 1)単原子分子では、3kT/2 2)二原子分子では、5kT/2 3)三原子分子では、6kT/2 となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 少し説明が難しいので、よく調べてみます

その他の回答 (9)

  • 回答No.10
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#9です。 私の理解不足であいまいなことを書きました。 参考URLの中の記述についておかしいと書いたことを撤回します。 エネルギーの当配分則で考える自由度の数は古典論と量子論で区別する必要ががあります。 振動状態での自由度が運動エネルギーと位置エネルギーで自由度が2つになるというのは古典論での話です。 調和振動でのエネルギー順位を求めるときにはその2つを考慮した値になっていますから振動のモード1つで比熱を考えればそれで終わりです。2倍する必要はありません。その表現に高温近似を当てはめると古典論での自由度2に対応する値、Rになります。 CO2の比熱比1.30を出すときに0.43を2倍したのは直線状分子の変角振動が縮重しているからです。H2OやSO2のような分子では変角振動の縮重はありません。 (直線状の分子 O=C=O がどちらの方向に曲がるかで2つの方向の可能性があります。この図の面内で折れ曲がる、この面に垂直な方向に折れ曲がるの2つです。) SO2の場合についての比熱の計算がバーローの「物理化学」に載っています。3つの振動のモードからの寄与を全部あわせるとγ=1.26が得られるということを示しています。 これは10/8=1.25に近いですから自由度8です。振動からの寄与が自由度2に対応しています。でもこの自由度2はほとんどが変角振動1つから来ています。SO2の変角振動の振動数は518cm^(-1)でCO2の667cm^(-1)よりも小さいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ訂正ありがとうございます

  • 回答No.9
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#7、#8です。 書いたことに「?」のつく部分があるようです。 まだチェックできていません。 一応保留ということにしておいてください。 申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#7の続きです。 #6にあるサイトに自由度について文章がありました。 質問されている方の書いたものです。 誤っているのですがきちんと指摘されていません。 むしろそれを認めてしまっています。 「CO2は3原子分子だから自由度は9」 「並進で3、回転で2、残りの4は振動である」 「そのうち対称振動1、非対称振動1、変角振動2」 自由度の最大は9ではありません。 9は「1原子あたり3、原子が3つだから9になる」という数字です。 これは3つの原子が自由に運動できるという場合です。 束縛があればエネルギーの分配先としての自由度の数はこの数よりも多くなります。3+2+2×3=11です。振動のモードが3つありますからそれぞれについて自由度が2増えるのです。 これはデュロンプティの法則でもわかることです。N個の原子から出来た金属固体を考えます。力学的な運動の自由度は3Nですがエネルギー等配分で考える自由度は6Nになっています。この金属を加熱して気体にします。自由度は3Nに減少します。モル比熱は3Rから(3/2)Rに変わります。 一案最初には認めていたはずの考え方が後ろではどこかにいってしまっています。基準振動が4つあるという文章に乗っかって話を進めているサイトですから読んでいてわからなくなるのも仕方がないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サイトの内容自体が間違っていたのですか 回答ありがとうございます

  • 回答No.7
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#6に紹介されているサイトを見てみました。 CO2では667cm^(-1)の振動が励起されているという計算をしています。 分布関数から出した比熱の値が0.43Rになっています。これを2倍した値を使ってγを求めると1.30がでてきます。 0.43は0.5よりも少し少ないです。でも比熱への影響で考えるとずれは小さくなります。 0.43/0.5=0.86 1.30/(9/7)=1.01 1%のずれです。 水の場合、γ=1.33です。3原子分子の剛体運動そのままの値ですから変角振動は出てきていないと考えてよいということになります。 でも肝腎の「変角振動」についての理解は危ういですね。 >変角振動がどういうものかは知りませんが、その自由度が3ではなく縦波を除く2であって、回転の自由度が2で実測とぴったり合うならそれでいいのではないですかね。 ・これはフォーラムを主催している人の文章です。 変角振動だから角度が変わる振動です。 これを伸縮振動の図で説明しているコメントが出てきたり、 (このコメントではCO2を C O O と書います。O C Oです。) 変角振動は横振動だから自由度は2だという説明がされていたり 振動が媒質の中を伝わる場合にしか使うことが出来ないはずの「波」という言葉を使っていたり とか「?」のつくところがたくさんあります。 固体比熱についてのデュロン・プティの法則を出していながら自由度6の意味が理解できていないことになります。 束縛状態の中での振動が3方向ありますから 1方向についての自由度が2で合計で6です。 1方向について運動エネルギーとポテンシャルエネルギーの2つにエネルギーが配分されるとして自由度が2になります。(これは最初に確認されている内容だったのですが後ろの方では忘れられています。同じ人の発言です。) mintD様が読んでみてわからなくなってきたと書いておられるのは軸の定まらない文章が次々とでてくるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#185706
noname#185706

#5の回答が出ましたので、質問内容の範囲を超えますが、参考として以下をあげておきます。 http://sci.la.coocan.jp/fphys/log/stat/2_main.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 今の自分の知識では、下のほうになるにつれてよくわからなくなりました

  • 回答No.5
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

分子の運動エネルギーという時は重心の並進運動について言っています。振動も回転も運動だと言えば振動のエネルギーも回転のエネルギーも運動エネルギーだということになりますので混乱してきます。 この意味での並進の運動エネルギーの自由度はx、y、zの3方向のものしかありません。これはすべての粒子に共通です。 常温の気体では回転運動は充分に励起されていると考えられます。回転軸は3方向が可能ですから自由度は3です。直線状の分子の場合は自由度は2になります。定圧比熱Cpと定積比熱Cvの比を比熱比γで表します。γ=Cp/Cvです。 Cp-Cv=RですからCv=(3/2)Rのときγ=5/3=1.33になります。1原子気体の場合です。 2原子分子気体 γ=7/5=1.40 3原子分子気体 γ=8/6=1.33 (折れ線型・・・H2O)            γ=7/5=1.40 (直線型・・・CO2) ここまでは分子を剛体として考えたものになっています。 4原子分子でも同じです。 これ以上の自由度は分子の変形に対応します。 CO2はO=C=Oの直線型ですから予想されるγの値は1.4です。 理科年表(少し前の版)に載っている値は1.30(16℃)です。 この値はγ=9/7に近いです。 自由度7というのは振動のモードが1つ励起されているとするとでてきます。(振動の場合はモード1つで自由度が2増えます。運動エネルギーとポテンシャルエネルギーの2自由度に対応するからです。) OCOの角度が変わる振動(変角振動)です。理科年表に載っている変角振動の振動数(波数)は667cm^(-1)です。H2Oの変角振動の振動数 1595cm^(-1)の半分以下です。励起されやすい振動だということです。CO2の逆対称伸縮振動の振動数は2349cm^(-1)です。 #4に書かれている(3)の説明は誤りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まさに振動や回転が運動エネルギーといえるかどうかで悩んでいました 回答ありがとうございます

  • 回答No.3

>分子1個の運動エネルギーもこれに比例して3kT/2→5kT/2→6kT/2と増えるのでしょうか そのとおりです。ボルツマン定数kは、わかりやすくいえば「1分子あたりの気体定数」なのです。ですから、 分子1個当たりの運動エネルギーが 1原子分子 3kT/2 2原子分子 5kT/2 ・・・ならば、 nモルの理想気体の内部エネルギーは、 1原子分子 3nRT/2 2原子分子 5nRT/2 ・・・になります。 R = Na × k(Na=アボガドロ数) という関係にあるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます やはり運動エネルギーも二原子分子、三原子分子となるにつれて増えるのですね

  • 回答No.2

 運動エネルギーは3kT/2ですが、その他に回転エネルギーがあるため、2原子分子や3原子分子の内部エネルギーは、単原子分子よりも高くなります。  今仮に、単原子分子の場合を考えてみます。  分子は熱運動によって、前後、左右、上下、の各方向に運動する事が出来ます。(右前方向は、右方向の運動と前方向の運動が、組合さった運動です)  後方向への運動は、前方向へマイナスの値だけ運動する事ですから、前方向と後方向は、同じ種類の方向と言えます。  同様に、上と下で1方向、左右で1方向、の運動と言えますから、運動の方向は全部で3方向となります。  この様な、動く事の出来る方向の数の事を、自由度と呼びます。  運動の方向は、3方向ですから、この事を「運動は3自由度である」と表現します。  内部エネルギーは、自由度の1つ1つに、等し量が分配されるという性質があります。  そして、自由度1つ当たりのエネルギーは、kT/2になります。  どの様な分子も、運動は3自由度ですから、分子の運動エネルギーは3kT/2になります。  では、2原子分子の5kT/2や3原子分子の6kT/2は何かと言いますと、運動エネルギーの3kT/2に、回転エネルギーが加わったものなのです。  回転速度が同じ場合、回転エネルギーは、回転するものの質量が重い程、又、質量が回転軸から離れている程、高くなります。  原子の質量の殆どは、原子核に集中していますから、単原子分子の回転エネルギーは、原子核の回転エネルギーに、ほぼ等しくなりますが、原子核の直径は原子の1万分の1以下しかありませんので、原子核の回転エネルギー(≒単原子分子の回転エネルギー)は、非常に小さくなります。  そのため、単原子分子の内部エネルギーは、運動エネルギーのみの3kT/2になります。  次に、2原子分子ですが、今仮に、分子を構成している2個の原子が上下に並んでいる場合を考えます。  回転を行う際の回転軸が、2個の原子の中心を結んだラインと、同じ方向に向いている場合には、回転しても原子の位置に変化は生じませんから、回転したとはみなされません。  回転軸が、前後方向を向いている場合と、左右方向を向いている場合は、原子の位置に変化があるため、回転した事になります。  従って、2原子分子の回転の自由度は、2自由度となり、運動の3自由度と合わせて、全部で5自由度となりますから、内部エネルギーはkT/2の5倍で、5kT/2になります。  同様に、水分子の様な3原子分子の場合は、回転の自由度が3自由度ありますから、運動の自由度と合わせて、6自由度となるので、内部エネルギーは6kT/2となります。  尚、同じ3原子分子でも、二酸化炭素の様に、原子が直線上に並んでいる分子は、回転の自由度が2自由度である筈ですが、何故、内部エネルギーが5kT/2にならないのかに関しては、私も満足の行く説明を見た事はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自由度×kT/2、ということですね 回答ありがとうございます

  • 回答No.1

単原子分子とはヘリウムHeのような分子のこと 二原子分子とは水素H2のような分子のこと 三原子分子とは二酸化炭素CO2のような分子のことを指します。 分子の数を表しているものではありません。 分子を構成する原子数を言っています。 教科書ではこの分野を取り扱う時は、基本、希ガス元素のHeやArを取り上げることが多いので、そのような表記になっているのだと思います。 分子の運動エネルギーに関して、高校レベルでも導き出し方があるので、一度勉強してみると面白いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

授業では壁にt秒間の間に壁に与える力積を求めて計算したのですが、 壁にぶつかるときには分子内での回転は関係ないから、と考えていいのでしょうか 回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 酸素の内部エネルギーの問題

    酸素の内部エネルギーは2原子分子ですからU=(5/2)nRTですよね。 このnは原子ではなく分子の物質量で間違いないですよね? 次の問を解いてみましたが、確認をお願いいたします。 [問]27℃で8.0gの酸素の内部エネルギーを求めよ。 O2=32[g/mol]ですので、8.0gの酸素をn[mol]とすると、 1 : 32 = n : 8.0より、n=0.25[mol] よって、U=(5/2)*0.25*8.31*300=1558.125[J] これであっていますでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 気体の分子運動について

    気体の分子運動の分野で、 「運動の自由度が大きい気体分子は内部により多くエネルギーをためることができるため、温度が上がりにくい」 という説明を目にしたのですが、いまいち理屈がわかりません。 エネルギーをためる能力が高いと、どうして温度が上がりにくいのでしょうか? U=(3/2)nRT をみると、エネルギーがたまればたまるほど温度が比例しているように見えるのですが・・・ どなたか解説のほど、よろしくお願いいたします。

  • 運動エネルギー

    二原子分子以上の気体では運動エネルギーとして 並進、回転、振動運動があるが、 単原子分子では並進運動エネルギーしかありません。 なぜ、回転、振動は起こらないのでしょうか? それとも起こってはいるが、回転や振動しても単原子なので 相互作用のようなものが起こらず、エネルギーとして観測されないと いう意味なのでしょうか? 質問よろしくお願いいたします。

  • 気体分子運動論 2原子分子 3原子分子 なぜ振動は

    こんにちは、気体の分子運動論について確認させてください。また質問をさせてください。どうぞ宜しくお願いします。 気体の運動エネルギーを考える際、 単原子分子の場合、内部エネルギーの変化 ΔU = 3/2 nRΔT となりますが、この3の意味は単原子分子のとる自由度の数だと教わりました。 そしてその自由度とは、XYZ方向への並進運動とのことですね。 二原子分子の場合、これら3自由度の並進運動に加え、回転の自由度を加えるとのことでした。 回転は、二原子分子の線分をたとえば、z軸にそろえて載せた場合、X軸を回転軸とする回転、Y軸を回転軸とする回転の二つが加えられる。したがって、合計5の自由度があり、ΔU = 5/2 nRΔT となる。 Q1: もうひとつZ軸を軸とした回転(つまり鉛筆を両方の掌ではさんで回すような回転)については、他の二回転に比べて運動エネルギーが小さいため考えない、と理解しているのですが、いかがでしょうか。 Q2:並進、回転運動の他にも、自由度として振動が考えられますが、なぜこれは加えないのでしょうか。 また、三原子分子の場合は、二通りあり、直線分子の場合、非直線分子の場合に分けられると知りました。ただ、三原子分子の場合の内部自由エネルギー変化についての式が与えられておらず、考えてみました。 Q3: 直線分子の場合、二原子分子と同じ考えで、並進、回転運動の自由度の合計は5となりそうですが、どうでしょうか。ただ、ここでも振動をどう扱うのか分かりません。振動の自由同は、三原子直線型分子の場合、4つあるようですが、これらの振動は考慮しなくて良いのでしょうか。 Q4: 非直線分子の場合、回転の自由度は一つ増えて合計3になるそうですが、これは、先程、二原子分子の際に考慮に入れなかった回転、Z軸を回転軸とする回転、が無視できなくなった、ということでしょうか。すると、ΔU = 6/2 nRΔT となりそうですが、いかがでしょうか。 また、しつこいようですみませんが、振動はどうなのでしょうか。非直線分子の場合、振動の自由度は3あるそうですが、このことは内部エネルギー変化を考える場合に考慮に入れる必要はないのでしょうか? 以上となるのですが、私の理解があっているかどうかも含め、是非質問に回答頂ければ幸いです。どうか宜しくお願いします。 分かり難い記述があるようでしたら、訂正いたしますゆえ、どうか重ねて宜しくお願いします。

  • 分子運動における運動エネルギーと熱エネルギー

    ご覧頂きありがとうございます。 昔、高校と大学で教わった事をふと思い出し、疑問が浮かびましたので質問いたしました。 様々な分子は回転、並進、伸縮運動を繰り返してますよね。外部から熱エネルギーを加えるとそれらの運動も活発になると記憶しています。この場合、熱エネルギーが運動エネルギーに変わったと考えても宜しいでしょうか。 しかし、水に熱を加えると分子運動が活発になるのと同時に温度も上がりますよね。 これは外部からの熱エネルギーが運動エネルギーに完全に変わることが出来ず、熱エネルギーとして発散していると考えて宜しいでしょうか。

  • 分子エネルギーの平均と分散について。

    分子エネルギーの平均と分散について。 分子シミュレーションの実験結果を検討したいのですが、(学生実験です^^) 各自由度に与えられるエネルギーの平均はkT/2である。 これはマクセル速度分布がN(0,kT/m)に従うことから明らかです。 では、同様にエネルギーの分散は求まらないでしょうか?調べても参考になりそうな記述はなかなか見つかりません。 よろしくお願いします。

  • 熱運動と分子の速さについて

    教科書に「一般に、気体分子の平均の速さは、温度が高いほど大きく、同じ温度では、分子量が小さいほど大きい。」とあるのですが、分子量の違う2つの分子の、同じ温度における熱運動によるエネルギーは同じなのでしょうか?回答お願いします。

  • 「分子の内部エネルギー」とは 

    「分子の内部エネルギー」とは並進運動、回転運動、振動運動で合っていますか? 間違っていましたら訂正をお願いします。

  • 異核二原子分子における分子軌道のエネルギー準位について

    無機化学の分子軌道理論に関する質問です。 等核二原子分子の場合の分子軌道のエネルギー準位の順番はおおよその傾向があるようなのですが、異核二原子分子の場合のエネルギー準位の順番はどのようにして予測するのでしょうか?なにか合理的な手段があるのかもしくは実験値に従うしかないのでしょうか?回答をいただけたら幸いです。

  • 内部エネルギーと運動の自由度

    いつもお世話になっております。 今、熱力学の練習問題を解いていて、分子の自由度のところで詰まってしまいました。 1つは内部エネルギーの計算方法についてです。 単原子分子は全自由度が3なので内部エネルギーUが U=3RT/2 で与えられるというのはなんとなく理解できました。しかし2原子分子についての内部エネルギーが U=5RT/2 となる理由がよくわかりません。2原子分子は並進自由度3、回転自由度2、振動自由度1で、全自由度は6となるので内部エネルギーは U=3RT となるような気がします。振動自由度1を無視して計算するのでしょうか? もう1つは2原子分子や直線分子の回転自由度が2になる理由についてです。 直線分子の回転自由度が2となるのは、結合軸についての回転を考えないからですよね?それはなぜなのでしょうか。 ご教授よろしくお願いします<m(_ _)m>