• ベストアンサー
  • 困ってます

内部エネルギーと運動の自由度

いつもお世話になっております。 今、熱力学の練習問題を解いていて、分子の自由度のところで詰まってしまいました。 1つは内部エネルギーの計算方法についてです。 単原子分子は全自由度が3なので内部エネルギーUが U=3RT/2 で与えられるというのはなんとなく理解できました。しかし2原子分子についての内部エネルギーが U=5RT/2 となる理由がよくわかりません。2原子分子は並進自由度3、回転自由度2、振動自由度1で、全自由度は6となるので内部エネルギーは U=3RT となるような気がします。振動自由度1を無視して計算するのでしょうか? もう1つは2原子分子や直線分子の回転自由度が2になる理由についてです。 直線分子の回転自由度が2となるのは、結合軸についての回転を考えないからですよね?それはなぜなのでしょうか。 ご教授よろしくお願いします<m(_ _)m>

noname#70525
noname#70525

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数2111
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

結合軸についての回転云々は、おそらく物理学の力学で、慣性モーメントについての疑問を呈された方が良いと思います。 私も正確な話をすっかり忘却しました。 原子を質点として扱うと、結合軸から眺めた場合、結合軸まわりに回転していても全く運動しているように見えませんよね。 この説明で本当に正しいのか自身がありません。やはりちゃんとした人に聞かれた方が良いですね・・・ 振動がどうなっているのか、ということですが・・・ 2原子分子の場合なら、単純に結合距離が伸びたり縮んだりする形ですよね。思い思いに動いていようが、分子全体としてなんらかの統一性があろうと良く輪からんなぁ、ということになってしまいそうですね。 しかし、もっと大きい分子(といっても、3原子分子で充分ですが)だと、振動モードというものを考えないとうまく振動を説明できません。 要するに、分子の振動を、この結合の伸び縮みだ、というように単純に説明できなくなります。 分子の中のいくつもの原子が、共同的に運動しています。 例えば、二酸化炭素を考えて見ましょう。 二つの振動モードがあります。 対称伸縮といって、両端の酸素原子が中心に向かって動くもの。 逆対称伸縮といって、左の酸素が中心に、右の酸素が外側に向かって動くもの(細かく言うと、重心を保つために、炭素は左に向かって動きます)。 このように、二酸化炭素程度の簡単な分子でも、分子の振動はいくつもの原子が共同して運動した結果です。 ですから、質問者さんの疑問に対しては、原子が好き勝手に動いているわけではないよ、ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

暇を見つけて図書館で本をあさってみたのですが回転の話については結局疑問のままです・・・ 「なぜかはわからないけど、結合軸に対する回転は無視するんだ」ぐらいに割り切って考えることにします。 わかりやすい説明をしていただいたので、振動についてはなんとなくイメージすることができるようになりました。 ご丁寧な回答ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

振動の寄与を無視します。 なぜか? まず分子論的な説明をします。 通常の温度範囲では、分子振動は熱的に励起されないため、分子はほぼ100%振動基底状態にいます。そのため、分子振動は比熱に寄与しません。 ですから、通常の温度範囲で比熱に寄与するのは、並進の自由度(3つ)と回転自由度(2つ)だけです。 もっと温度を下げると、分子回転も熱的に励起されなくなるため、比熱は並進の寄与(3つ)だけになります。 なお、振動も励起される温度範囲での比熱は3RTではありません。 7/2RTです。 振動1個あたり、均分定理から比熱はRTになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅くなって申し訳ありません。 通常の温度では分子はほとんど振動しないということで、振動自由度を無視するということですね。それでほとんどの問題は解決しました。 並進運動のところだけは学んだのですが、エネルギーへの振動や回転の寄与がいまいち良くわかっていないです。振動というと、原子1つ1つが思い思いに振動している感じなのでしょうか。それとも分子全体として振動している感じなのでしょうか。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 気体分子運動論 2原子分子 3原子分子 なぜ振動は

    こんにちは、気体の分子運動論について確認させてください。また質問をさせてください。どうぞ宜しくお願いします。 気体の運動エネルギーを考える際、 単原子分子の場合、内部エネルギーの変化 ΔU = 3/2 nRΔT となりますが、この3の意味は単原子分子のとる自由度の数だと教わりました。 そしてその自由度とは、XYZ方向への並進運動とのことですね。 二原子分子の場合、これら3自由度の並進運動に加え、回転の自由度を加えるとのことでした。 回転は、二原子分子の線分をたとえば、z軸にそろえて載せた場合、X軸を回転軸とする回転、Y軸を回転軸とする回転の二つが加えられる。したがって、合計5の自由度があり、ΔU = 5/2 nRΔT となる。 Q1: もうひとつZ軸を軸とした回転(つまり鉛筆を両方の掌ではさんで回すような回転)については、他の二回転に比べて運動エネルギーが小さいため考えない、と理解しているのですが、いかがでしょうか。 Q2:並進、回転運動の他にも、自由度として振動が考えられますが、なぜこれは加えないのでしょうか。 また、三原子分子の場合は、二通りあり、直線分子の場合、非直線分子の場合に分けられると知りました。ただ、三原子分子の場合の内部自由エネルギー変化についての式が与えられておらず、考えてみました。 Q3: 直線分子の場合、二原子分子と同じ考えで、並進、回転運動の自由度の合計は5となりそうですが、どうでしょうか。ただ、ここでも振動をどう扱うのか分かりません。振動の自由同は、三原子直線型分子の場合、4つあるようですが、これらの振動は考慮しなくて良いのでしょうか。 Q4: 非直線分子の場合、回転の自由度は一つ増えて合計3になるそうですが、これは、先程、二原子分子の際に考慮に入れなかった回転、Z軸を回転軸とする回転、が無視できなくなった、ということでしょうか。すると、ΔU = 6/2 nRΔT となりそうですが、いかがでしょうか。 また、しつこいようですみませんが、振動はどうなのでしょうか。非直線分子の場合、振動の自由度は3あるそうですが、このことは内部エネルギー変化を考える場合に考慮に入れる必要はないのでしょうか? 以上となるのですが、私の理解があっているかどうかも含め、是非質問に回答頂ければ幸いです。どうか宜しくお願いします。 分かり難い記述があるようでしたら、訂正いたしますゆえ、どうか重ねて宜しくお願いします。

  • 運動エネルギー

    二原子分子以上の気体では運動エネルギーとして 並進、回転、振動運動があるが、 単原子分子では並進運動エネルギーしかありません。 なぜ、回転、振動は起こらないのでしょうか? それとも起こってはいるが、回転や振動しても単原子なので 相互作用のようなものが起こらず、エネルギーとして観測されないと いう意味なのでしょうか? 質問よろしくお願いいたします。

  • 「分子の内部エネルギー」とは 

    「分子の内部エネルギー」とは並進運動、回転運動、振動運動で合っていますか? 間違っていましたら訂正をお願いします。

  • 熱力学:気体の比熱の分子運動論的記述について

     気体の比熱は1Kあたりの内部エネルギーの変化 (3/2)R=分子の運動エネルギー N m(v2)av /2(N:アボガドロ数、m:分子の質量、v:分子の自乗平均速度)と捉えることができ、例えばx方向の並進運動のみ(1自由度)に注目するとその1/3なので、結局比熱は1自由度あたりR/2(Rは一般ガス定数)と表されます。2原子分子について並進運動の次に特性温度を超えると量子効果により回転の自由度が2つ追加され(比熱は5R/2)、さらに次の特性温度を超えると振動の自由度がさらに2つ追加され比熱は7R/2となります。  さて、教えていただきたい点ですが、例えば回転の自由度ひとつあたりの1Kあたり内部エネルギー変化(比熱変化)についても並進運動の1自由度あたりの運動エネルギー変化(= N m(v2)av/2)と等しいのはなぜでしょうか。さらに振動についても。事実としてはそれでいいのですが、理論的な解釈を易しく解説して下さい。よろしくお願い致します。

  • 2原子、3原子分子の自由度について

    2原子、3原子分子に対して回転運動・振動運動のそれぞれの自由度はいくらになりますか? 調べれば調べるほど、 2原子分子については回転3振動0だったり、回転2振動1だったりします。3原子分子でも回転3振動3だったり、回転2振動4だったりします。 正しい答えが知りたいので説明お願いします。(>_<)

  • 回転運動のエネルギー

    回転運動のエネルギー E=K+U K 並進 1/2mv^2  U 並進 mgh   回転 1/2Iω^2    回転 1/2kx^2 並進と回転はあわせて考えるのですか、個別に成り立つのですか? あとU(位置エネルギー)のkってなんですか?

  • 分子のポテンシャルエネルギー

    熱力学において反応熱をエネルギー図を使って求める場合、縦軸をポテンシャルエネルギーとします。このポテンシャルエネルギーについて 2点お尋ねします。 1)ポテンシャルエネルギーは分子のもつ全運動(並進,回転,振動)エネ  ルギーと分子間ポテンシャル(双極子間の相互作用など)との和に相   当するものですか。 2)このポテンシャルエネルギーと分子を構成している結合エネルギー  との関係を分かりやすく教えて下さい。

  • 酸素の内部エネルギーの問題

    酸素の内部エネルギーは2原子分子ですからU=(5/2)nRTですよね。 このnは原子ではなく分子の物質量で間違いないですよね? 次の問を解いてみましたが、確認をお願いいたします。 [問]27℃で8.0gの酸素の内部エネルギーを求めよ。 O2=32[g/mol]ですので、8.0gの酸素をn[mol]とすると、 1 : 32 = n : 8.0より、n=0.25[mol] よって、U=(5/2)*0.25*8.31*300=1558.125[J] これであっていますでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • エネルギー等分配則

    2原子分子では,原子間距離の変化する振動は起こりにくいので, 自由度は重心運動の3と,分子軸の方向(2つの角であらわされる) が変化する回転の2の合計5である. という説明が熱力学の本に載っていました. (1) 分子軸とは何ですか?  ぐぐってもよくわかりませんでしたし手持ちの本には載っていま  せんでした (2)なぜ2つの角であらわされるのですか?  球面の極座標変換の緯度と経度のことですか?2原子分子だと  なぜ2つなのでしょう? (3)重心運動の3と回転の角度の2つのパラメーターが等価になるの  はなぜですか?

  • 並進・回転・振動のエネルギー

    並進・回転・振動のエネルギー 分子の運動の種類を、エネルギー準位の間隔の小さいものの順に 3つ列挙すると、並進、回転、振動となるそうです。いま、これを 数値的に確かめようと思っています。例えば、水素分子で比べよう として、  並進:ΔE=(2n+1)h^2/(8mL^2) ・・・n=1 回転:E=l(l+1)(h/2π)^2/(2I) l=0,1,2,3・・・  振動:ΔE=(h/2π)√(k/m) の式を用いて計算しようとしました。 ここで分からない点が4つでてきました。 1)並進のmはプロトンと電子の質量のそれぞれ2倍でよいのか。 2)並進の箱の大きさLはいくつに設定すればよいのか。 3)回転のEの式をΔEの式に直したとき、lの値は0でよいのか。 4)振動の化学結合の力の定数kは水素分子の場合いくらか。(どんな本を見れば載っているのか) 以上です。ご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたいます。