• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

運動エネルギー

二原子分子以上の気体では運動エネルギーとして 並進、回転、振動運動があるが、 単原子分子では並進運動エネルギーしかありません。 なぜ、回転、振動は起こらないのでしょうか? それとも起こってはいるが、回転や振動しても単原子なので 相互作用のようなものが起こらず、エネルギーとして観測されないと いう意味なのでしょうか? 質問よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1049
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

自由度の配分の仕方だけです。 単原子分子は三次元空間にあって三方向の自由度があります。 二原子分子は三方向に移動するほか一方を中心に回転する仕方が二通り、結合が伸縮する仕方が一通り、合わせると自由度は六つで、二つの原子に三つずつの自由度と一致します。 多原子分子になると非常にややこしくなりますが基本的に自由度は三×原子の個数で決まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 回転や振動運動というのは、分子間で起こる運動であり、 原子自身そのものが1つで回転や振動を起こすというものではなかったのですね。 原子同士の回転や結合の伸縮による振動のエネルギーという理解で合っていますでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

#2です。 >原子分子以上の気体では運動エネルギーとして もう一度質問をよく読むと、運動エネルギーとしてと書いてありますね。 そういう意味では、原子核や電子は回転運動や振動をしているという 状態では無いので、運動エネルギーと言える回転状態や振動状態は 持っていません。 回転のエネルギーは原子核の核スピン、電子の軌道角運動量、電子スピンとしてすべて量子化されています。 したがって古典的な回転運動による運動エネルギー=回転エネルギーに近い概念は 量子化されたある角運動量をもつ状態のエネルギーということになります。 これを変化させるということは、たとえば電子を異なる角運動量量子数の 軌道に励起するということになります。 このような変化を引き起こす外部からの相互作用は光を当てる、電子を当てるなどが相当します。 原子での水素原子の吸収でみられれる線スペクトルはこのような 光と電子の相互作用により原子の角運動量が変化した結果であって、 古典力学的に言う回転エネルギーが変化したと言えると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

原子自体の回転運動はという問いだと思います。 #2では原子自体の回転は核スピンだとしておられますが少し飛び過ぎているように思います。原子のスケールで原子の回転を考えるとどういうものが対応するかという問いです。 原子の周囲にある電子の分布全体をある速さで回すというのが対応することになります。これは全ての電子の軌道角運動量を変化させる運動になるでしょう。 このような運動は起こりうることでしょうが非常に高い温度でしか実現しないでしょう。 こういう記述がバーローの「物理化学」に載っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

回転や振動のエネルギー準位が2原子分子の場合とだいぶ違っていていて 通常の温度からするとずいぶん高い領域になってしまいます。 したがって、通常の気体の比熱などを考える上では無視するということです。 たとえば、2原子分子の場合の回転運動は構成する2つの核の 位置関係による運動であるのに対して、単原子分子の回転運動は 核自身の角運動量=核スピン(+厳密には電子の総核運動量) ということになります。 この核スピンのエネルギー準位は通常の室温付近のエネルギー準位で 励起されるような領域にないので、観測されません。 振動についても同様でそのような準位無いわけではないのですが、 観測範囲外になってしまいます。 つまり、回転や振動のモードは存在するが、2原子分子の場合のような室温の温度レベルで励起されるようなエネルギー領域に無いために 観測されないというのが答えでしょう。 準位が存在すると書きましたが、 おそらく、単原子分子の核の核運動量に影響を与えるようなエネルギーを 単原子分子に与えた場合には原子はイオン化してしまい、 そもそも単原子分子とは言えない状態(つまり原子核のみとか)になってしまうので、実際にはそのような原子状態は存在できないと言うほうが正解のように思います。(原子核にだけ核運動量を与えるような方法があれば別ですが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 気体分子運動論 2原子分子 3原子分子 なぜ振動は

    こんにちは、気体の分子運動論について確認させてください。また質問をさせてください。どうぞ宜しくお願いします。 気体の運動エネルギーを考える際、 単原子分子の場合、内部エネルギーの変化 ΔU = 3/2 nRΔT となりますが、この3の意味は単原子分子のとる自由度の数だと教わりました。 そしてその自由度とは、XYZ方向への並進運動とのことですね。 二原子分子の場合、これら3自由度の並進運動に加え、回転の自由度を加えるとのことでした。 回転は、二原子分子の線分をたとえば、z軸にそろえて載せた場合、X軸を回転軸とする回転、Y軸を回転軸とする回転の二つが加えられる。したがって、合計5の自由度があり、ΔU = 5/2 nRΔT となる。 Q1: もうひとつZ軸を軸とした回転(つまり鉛筆を両方の掌ではさんで回すような回転)については、他の二回転に比べて運動エネルギーが小さいため考えない、と理解しているのですが、いかがでしょうか。 Q2:並進、回転運動の他にも、自由度として振動が考えられますが、なぜこれは加えないのでしょうか。 また、三原子分子の場合は、二通りあり、直線分子の場合、非直線分子の場合に分けられると知りました。ただ、三原子分子の場合の内部自由エネルギー変化についての式が与えられておらず、考えてみました。 Q3: 直線分子の場合、二原子分子と同じ考えで、並進、回転運動の自由度の合計は5となりそうですが、どうでしょうか。ただ、ここでも振動をどう扱うのか分かりません。振動の自由同は、三原子直線型分子の場合、4つあるようですが、これらの振動は考慮しなくて良いのでしょうか。 Q4: 非直線分子の場合、回転の自由度は一つ増えて合計3になるそうですが、これは、先程、二原子分子の際に考慮に入れなかった回転、Z軸を回転軸とする回転、が無視できなくなった、ということでしょうか。すると、ΔU = 6/2 nRΔT となりそうですが、いかがでしょうか。 また、しつこいようですみませんが、振動はどうなのでしょうか。非直線分子の場合、振動の自由度は3あるそうですが、このことは内部エネルギー変化を考える場合に考慮に入れる必要はないのでしょうか? 以上となるのですが、私の理解があっているかどうかも含め、是非質問に回答頂ければ幸いです。どうか宜しくお願いします。 分かり難い記述があるようでしたら、訂正いたしますゆえ、どうか重ねて宜しくお願いします。

  • 分子の運動エネルギーについて

    単原子分子n[mol]の内部エネルギーは3nRT/2、二原子分子は5nRT/2、三原子分子は6nRT/2となっていますが 手持ちの教科書には分子1個の運動エネルギーについては3kT/2としか書いてありません。 分子1個の運動エネルギーもこれに比例して3kT/2→5kT/2→6kT/2と増えるのでしょうか それとも分子1個の場合はどんな分子でも3kT/2なのでしょうか 回答よろしくお願いします

  • 分子のポテンシャルエネルギー

    熱力学において反応熱をエネルギー図を使って求める場合、縦軸をポテンシャルエネルギーとします。このポテンシャルエネルギーについて 2点お尋ねします。 1)ポテンシャルエネルギーは分子のもつ全運動(並進,回転,振動)エネ  ルギーと分子間ポテンシャル(双極子間の相互作用など)との和に相   当するものですか。 2)このポテンシャルエネルギーと分子を構成している結合エネルギー  との関係を分かりやすく教えて下さい。

  • 希ガスの黒体放射

    黒体放射についての質問です。あらゆる物質はその温度に応じて電磁波を放出しているという言葉をよく目にすることがあります。 (1) これは、物質を熱するといわゆる振動や回転などの状態が励起され、電磁波を放出するということなのでしょうか。 電磁波を出すには、励起状態から基底状態への遷移が必要になってくると思います。しかし、ヘリウムやアルゴンなどの希ガスは単原子分子であり、極めて安定な分子であり、赤外不活性です。そうなると、電磁波を吸収したり、放出するエネルギー準位が、電子状態ぐらいしか存在しません。 (2) 常温で希ガスの放射スペクトルを観測すると、どの波長の電磁波が観測されるのでしょうか。その温度に応じた黒体放射が観測されると思いますか。 (3) 電磁波を吸収・放出するためには、離散化されたエネルギー準位が必要と思われます。しかし、ヘリウムやアルゴンなどの単原子分子の場合、振動、回転といったモードは考えづらく、かといって並進運動はエネルギー準位が非常に小さいために、電磁波として放出される波長は検出できないくらいの長い波長になってしまうのでしょうか。また、それはドブロイ波になるということでしょうか。 (4) 黒体放射の電磁波は並進エネルギーからも出ているのでしょうか?並進運動は、直接、電磁波を吸収したり、放出したりすることはできるのでしょうか。

  • 単原子分子について

    二原子分子は「2つの原子からなる分子」なので 単原子分子は「1つの原子からなる分子」だと思っています. しかし,中学校のとき「銅や鉄は分子を作りません」と習ったような気がします. 銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示すので単原子分子ではないのですか? もし「銅や鉄が分子を作らない」と言うのが正しいなら, 単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされるべきなのですか?

  • 熱力学:気体の比熱の分子運動論的記述について

     気体の比熱は1Kあたりの内部エネルギーの変化 (3/2)R=分子の運動エネルギー N m(v2)av /2(N:アボガドロ数、m:分子の質量、v:分子の自乗平均速度)と捉えることができ、例えばx方向の並進運動のみ(1自由度)に注目するとその1/3なので、結局比熱は1自由度あたりR/2(Rは一般ガス定数)と表されます。2原子分子について並進運動の次に特性温度を超えると量子効果により回転の自由度が2つ追加され(比熱は5R/2)、さらに次の特性温度を超えると振動の自由度がさらに2つ追加され比熱は7R/2となります。  さて、教えていただきたい点ですが、例えば回転の自由度ひとつあたりの1Kあたり内部エネルギー変化(比熱変化)についても並進運動の1自由度あたりの運動エネルギー変化(= N m(v2)av/2)と等しいのはなぜでしょうか。さらに振動についても。事実としてはそれでいいのですが、理論的な解釈を易しく解説して下さい。よろしくお願い致します。

  • 内部エネルギーと運動の自由度

    いつもお世話になっております。 今、熱力学の練習問題を解いていて、分子の自由度のところで詰まってしまいました。 1つは内部エネルギーの計算方法についてです。 単原子分子は全自由度が3なので内部エネルギーUが U=3RT/2 で与えられるというのはなんとなく理解できました。しかし2原子分子についての内部エネルギーが U=5RT/2 となる理由がよくわかりません。2原子分子は並進自由度3、回転自由度2、振動自由度1で、全自由度は6となるので内部エネルギーは U=3RT となるような気がします。振動自由度1を無視して計算するのでしょうか? もう1つは2原子分子や直線分子の回転自由度が2になる理由についてです。 直線分子の回転自由度が2となるのは、結合軸についての回転を考えないからですよね?それはなぜなのでしょうか。 ご教授よろしくお願いします<m(_ _)m>

  • 共有結合の軌道間相互作用

    等核二原子分子B2,C2;,N2等では2s軌道と2p軌道のエネルギー差が小さく、その相互作用が分子軌道のエネルギー準位に大きな影響を与える。 つまり2s軌道由来(2s-2s)のσ結合、2p軌道由来(2p-2p)のσ結合に、2s-2pのσ結合が影響する。 この時、エネルギーの低い2s軌道由来のσ結合、σ*結合はエネルギー準位が押し下げられ、2p軌道由来のσ結合、σ*結合はエネルギー準位が押し上げられる。 以上が無機の教科書で述べられていることなのですが、「この時」以降の意味がわかりません。何方かご教授願います。

  • 熱力学の変数

    気体の入った容器(体積V )の熱力学的性質が気体分子の総運動エネルギーUと体積Vで記述できないことを示したいのですが、どうすればよいでしょうか。 たとえば、一番単純な単原子分子理想気体である場合でも, エントロピーはU,V,Nで表されるので, 明らかにN(物質量)が足りないのは分かるのですが、 その証明がうまくいきません。 そもそも、単原子分子理想気体ではNが足りないのは良いけれども、 気体によっては物質量に無関係にエントロピーが定まるものがあるかもしれないということを排除するにはどうすれば良いのでしょうか。 また、気体の内部エネルギーがNによらないで、ある値U1(>0)が定まるとすると、 どんどん気体を抜いていきN=0の状態でもU1>0となり矛盾する ということも考えたのですが、なんか腑に落ちません。 どうすればよいでしょうか。教えてください。

  • 陽子と電子との相互作用、地球と月との相互作用の根本の力は・・?

    陽子と電子が永遠性を持って回転していますが、 その力は、相互作用により生じるのだと思いますが、 その相互作用により生じる回転力を、生じさせている 元々の力はどこから生じるのでしょうか?つまり、 絶えず、お互いが、関わり合いを持とうとする動機・目的・方向性 を持つ根本のエンルギーがどこからか絶えず生じない限り、 お互いに、相互作用を持とうとも思わないはずです・・・ その大本の力はどこから絶えず来ているのか?? どうか専門家の方、アドバイス願います。 地球と月との関係も御願いします。 地球の位置エネルギーは、運動エネルギーとして、 月との相互作用として使われているのでしょうか? だとすれば、保存の法則に従い、位置エネルギーは、 運動エネルギーへと変質するので、地球は、その太陽との 公転軌道を維持できなくなるのではないでしょうか?? 月との相互作用に「力」がとられてしまい、へたってしまい 千鳥足になるのではないか・・・?と・・・??