• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英訳願います!(生物)

英訳願います!(生物) (1)有用遺伝子を見つける  微生物や植物、動物などの細胞の中から、有用な遺伝子を見つけて取り出す。 (2)遺伝子を細胞に入れる。  植物の場合、方法は主に3つあります。 パーティクルガン法: 金粒子に遺伝子をまぶし、細胞に撃ち込む方法 エレクトロポレーション法: 細胞壁を酵素で取り除いた細胞に直流パルスを瞬間的に与えて細胞膜を乱れさせ、できた穴から遺伝子を潜り込ませる方法 これを英訳してほしいです! ちなみにパーティクルガンはparticle-gunでエレクトロポレーションはelectroporationです!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数100
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

機械翻訳です。checkは自分で。 (1) Find a useful gene.   A useful gene is found and taken out of cells, such as a microbe, a plant, an animal. (2) Put a gene into a cell.   In the case of a plant, there are mainly three methods. The particle-gun method : How to sprinkle a gene on golden particles and fire into a cell The electroporation method : The method in which give a direct-current pulse momentarily to the cell which removed the cell wall with enzyme, make it a cell membrane confused, and a gene is made hidden from the made hole

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 細胞の形質転換の方法について

    細胞の形質転換の方法について 細胞への遺伝子導入法としては,マイクロインジェクション法・ブリッキング法・ プロトプラスト融合法・エレクトロポレーションなどの方法があるのですが, 上記の方法のメリット・デメリットとしてはどのようなことが挙げられるでしょうか? また,エレクトロポレーションに関して詳しく書かれた書籍・Webサイト を知っていたら教えていただきたいです.

  • エレクトロポレーション

    動物細胞にエレクトロポレーションで遺伝子を導入し発現させる実験をしてるのですが、いまいち発現効率が芳しくありません。エレクトロポレーションに対してあまり知識がなく、導入条件も生存率が50%になる電圧・電気容量でやってます。エレクトロポレーションでの遺伝子導入について詳しく書いた文献を御存知の方いらっしゃいませんか?できるだけ、動物細胞について書いたもので、実験によって得られた知見などがたくさん書いてあれば幸いです(贅沢な話ですが)。和文英文問いません。御存知の方がいらっしゃれば、どなたか教えて下さい!

  • 限界希釈法について

    私はいま、KO細胞を作成しています。方法としてはKOコンストラクトを用いてエレクトロポレーションで細胞に導入していますが、遺伝子破壊株を単離出来ていません。 そこで限界希釈法をするのですがどう希釈するか悩んでいます。 流れとしては、細胞を5×10^6集めてエレクトロポレーションによりKOコンストラクトを導入しています。 この時点で生き残る細胞数は予備実験から60細胞とわかっています。 これを1ml中に1細胞になるように限界希釈をしようと考えてます。 どのように希釈をすれば効率がよいでしょうか? アドバイスをお願いします。

  • エレクトロポレーション

    エレクトロポレーション素人です。 動物細胞のプライマリーカルチャーに エレクトロポレーションで遺伝子導入しようとしていますが全然入りません。 条件検討をしようと思っていますが、何をどうすればいいのでしょうか? voltageを変えるのはなんとなくわかりますが、capacitor=capacitance、 resistor等の条件はどうすればいいのでしょうか? どうゆう条件設定をすればよいか教えてください。 →まずどれを振って、それから、、、、など。 ちなみに使っているDNAはHelaでちゃんとしていることは 確認済みです。 使用している機種は、 EasyjecT Optima (Equibio)です。 よろしくお願いいたします。

  • 遺伝子組み換え技術の破壊株作成法について

    私は実験で細胞性粘菌を使用して特定の遺伝子破壊株を作成しています 方法としては相同組み換えさせるために必要なノックアウトコンストラクト(人工構築物) を作成し、エレクトロポレーション(電気穿孔法)で細胞に導入しています ほかの生物でもノックアウトコンストラクトは使うと思うのですが どうやって組み換えをおこされているのでしょう? マウス等では受精卵にいれて組み替えているんでしょうか? 方法等知っている方、教えてください

  • 細胞壁は原核細胞に存在する?(センター生物Iの質問です)

    旧課程履修者です。 生物IBで「細胞壁は植物細胞のみに存在する」と習い、今日まで来ました。 代ゼミライブラリー「センター・マーク標準問題集 生物I」 大堀求/著 という問題集で、 「細胞壁は、植物細胞と原核細胞に存在する」 と解説しています。初耳です。 しかし、参考書で文英堂「理解しやすい生物I・II【新課程版】」 水野丈夫・浅島誠/編著 では、「原核細胞は細胞膜を外側の構造として持ち...」と書いてあり、イラストもありますが細胞膜が外側の構造となっていて、細胞壁は描かれていません。 また、学研 「きめる!センター生物IB」(田部眞哉/著)は、旧課程ですが「細胞・組織」のところは一緒ですので参照したところ、文英堂「理解しやすい生物I・II【新課程版】」と同様に、「細胞壁は植物細胞にのみ存在する」とし、原核細胞は「細胞膜」を持っていると書かれています。 大堀氏の解説が間違っているのでしょうか?堂々と赤字で強調しています。新課程版の参考書と齟齬があるので困っています。

  • エレクトロポレーションの原理

    工学部で学生やっています。 研究の流れでエレクトロポレーションに携わることになったのですが、 今まで生物に関わる学問を避けてきたため、壁に当たっています。 電圧パルスを印加することによって細胞膜に微細孔を形成して、 その開いた穴からの自然拡散やパルスによる瞬間的な電気泳動によって 導入したい物質を入れているというのは何となくわかったのですが、 1)何で細胞膜に穴が開くのか どういうメカニズムを経て細胞膜に穴が開くのか、 印加したパルスの何が(電流?電界?)起因しているのかが知りたいです。 2)細胞膜ってなんだ 上の質問と被りますが、EPによって穴が開く原因となる細胞膜の組成は何なのか? 導電性なのか、絶縁性なのか 浸水なのか疎水なのか、 物性をざっくりと教えていただけるとありがたいです。 以上2点、まとまらない質問となってしまっていますが、 どなたかご教示頂ければと思います。

  • 培養細胞への巨大DNAの導入

    200kb程度の巨大なDNAをを培養細胞に導入したいと考えています。 リポフェクションやエレクトロポレーションではどのくらいのサイズのDNAまで導入可能なのでしょうか。またそのようなおおきなDNAを細胞に導入する方法はありますでしょうか(マイクロインジェクション以外で)。 ご存じであればご教授おねがいします。

  • 3T3L-1への遺伝子導入 (Lipofectamine 2000 or LTX)

    培養系前駆脂肪細胞である3T3L-1への遺伝子導入を行う際には、ウイルスの感染やエレクトロポレーションを用いる場合が多いと思いますが、論文によっては少数ですが、Lipofectamine 2000やLTXを用いて出来たと報告している場合もあります。 私も論文に記載してあった方法でやってみましたが、ほとんど導入することができませんでした (導入効率はGFPで確認)。 上記の方法で遺伝子導入し、成功した方がいらっしゃいましたら、やり方のこつなどを教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。

  • GFPの発現

    GFP遺伝子を、エレクトロポレーションで導入しようとしていますが、うまく光りません。 やり方が悪いのか、それとも光が検出できないほど弱いのか? GFPってどれくらい光るものなのでしょうか? 蛍光顕微鏡で観察しています。 緑に光ったと思っても、フェノールレッドの自家蛍光らしく、死細胞しか光りません。 それと、光り出すのはある程度増殖してからでしょうか? 増殖と同時に光り出すのでしょうか? 時間の経過に伴ってGFPも蓄積され、蛍光は増すのでしょうか?