• 締切済み
  • すぐに回答を!

生物に関する質問、詳しい方回答お願いします。

いくつか質問があるので列挙します。分かるものがあったら、回答お願いしますm(__)m (1)体細胞核移植において粗の発生途中、あるいは誕生直後に志望するものが多いがこの理由は? おそらく染色体の初期化がうまくいかなかったんでしょうけど、詳しいメカニズムがよく分かりません。 (2)エレクトロポレーション法ではDNAをリニアーで用いるがこれはなぜか?またカルシュウムホスフェート法、DEAE‐dextran法では環状プラスミドを用いるがこれはなぜか? (3)B細胞がプラズマ細胞に分化する際に他のリンパ球との相互作用が必要である。そのメカニズムはなにか? (4)核内でDNAはタンパク質やRNAとともに(   )と呼ばれる構造をとっている。 核小体のことでしょうか? (5)培養細胞をG0期にする方法、またG1期に戻す方法は? 無血清培地を使えばよいのでしょうか? (6)ミトコンドリアDNAにコードされている遺伝子がミトコンドリアで合成されていることを示す実験は?またその実験方法の背景となるミトコンドリアの性質は何か?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数170
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

あまり詳しくはないですから自信はありません。できたら御自分の考えられた答えを載せてもらう方が回答はしやすいと思います。 1はテロメアの問題とか核移植がうまく行ってないとか(?) 2エレクトロポレーションではプラスミドも頻繁に用います それとも何か別に問題背景があったりするのでしょうか。 3わかりません 4染色体かクロマチン 5G1やG0で止まるような薬品処理をします確か。 6なんか放射性のP標識とか使ったりするのかもしれません。 エッセンシャル細胞生物学やTHE CELLなどを参照したらほとんど載ってるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 培養細胞への巨大DNAの導入

    200kb程度の巨大なDNAをを培養細胞に導入したいと考えています。 リポフェクションやエレクトロポレーションではどのくらいのサイズのDNAまで導入可能なのでしょうか。またそのようなおおきなDNAを細胞に導入する方法はありますでしょうか(マイクロインジェクション以外で)。 ご存じであればご教授おねがいします。

  • ミトコンドリアDNAの抽出・解析方法

    今、ミトコンドリアDNAについて調べています。 そこで疑問に思った事なのですが、ミトコンドリアDNAはどのようにして抽出されるのでしょうか? ミトコンドリアは細胞の中に数多く存在していますが、その一つ一つからDNAを抽出する方法は具体的にどうなっているのでしょう?核のDNAと何か違う点もありますか?そして取り出したDNAをPCR法で増幅させ、解析装置にかけるんですよね?一体どのような解析をするのですか?これも核のDNAと違うところはありますか? 分からないことだらけですが、教えてください。

  • 英訳願います!(生物)

    英訳願います!(生物) (1)有用遺伝子を見つける  微生物や植物、動物などの細胞の中から、有用な遺伝子を見つけて取り出す。 (2)遺伝子を細胞に入れる。  植物の場合、方法は主に3つあります。 パーティクルガン法: 金粒子に遺伝子をまぶし、細胞に撃ち込む方法 エレクトロポレーション法: 細胞壁を酵素で取り除いた細胞に直流パルスを瞬間的に与えて細胞膜を乱れさせ、できた穴から遺伝子を潜り込ませる方法 これを英訳してほしいです! ちなみにパーティクルガンはparticle-gunでエレクトロポレーションはelectroporationです!

  • エレクトロポレーション

    動物細胞にエレクトロポレーションで遺伝子を導入し発現させる実験をしてるのですが、いまいち発現効率が芳しくありません。エレクトロポレーションに対してあまり知識がなく、導入条件も生存率が50%になる電圧・電気容量でやってます。エレクトロポレーションでの遺伝子導入について詳しく書いた文献を御存知の方いらっしゃいませんか?できるだけ、動物細胞について書いたもので、実験によって得られた知見などがたくさん書いてあれば幸いです(贅沢な話ですが)。和文英文問いません。御存知の方がいらっしゃれば、どなたか教えて下さい!

  • 高一・生物の、体細胞分裂について質問があります。

    高一・生物の、体細胞分裂について質問があります。 体細胞分裂において、「染色体が見え始めたら」前期、「赤道面に染色体が並んだら」中期、「紡錘糸によって少しでも染色体が二つに分かれたら」後期、と教わりました。 終期は、「染色体がひも状になり、核膜と核小体が形成される」ということですが、では後期と終期の境目は何なのでしょうか? 核膜が完全に形成され、細胞が完全に二つに分かれて初めて終期と言えるのでしょうか? 細かい質問ですみません。 回答よろしくお願いします。

  • 生物に詳しい方!

    ある被子植物の花の若いつぼみの時期から、めしべの中にある特定の部位の細胞に注目してDNAの量を書いたグラフがありました。 グラフでは、体細胞分裂して減数分裂をして3回の核分裂をしています 肺のう母細胞が減数分裂して4つのうち3つが退化して、それから3回の核分裂をしているのはわかるのですが、この体細胞分裂は何がどうなっているのかが分かりません。 どなたか教えてください

  • 限界希釈法について

    私はいま、KO細胞を作成しています。方法としてはKOコンストラクトを用いてエレクトロポレーションで細胞に導入していますが、遺伝子破壊株を単離出来ていません。 そこで限界希釈法をするのですがどう希釈するか悩んでいます。 流れとしては、細胞を5×10^6集めてエレクトロポレーションによりKOコンストラクトを導入しています。 この時点で生き残る細胞数は予備実験から60細胞とわかっています。 これを1ml中に1細胞になるように限界希釈をしようと考えてます。 どのように希釈をすれば効率がよいでしょうか? アドバイスをお願いします。

  • 酵母内のミトコンドリア

    出芽酵母内のDNAをDAPI染色し、酵母の核及びミトコンドリアのDNAを蛍光観察しました。 その結果より、ミトコンドリアの所在に特徴があると考え、それについて考察したいと考えたのですが、その為に必要な事柄について、三点質問があります。 (1)出芽酵母内のミトコンドリア内のDNAは局在しているのか、あるいは全体に分布しているのか。 (2)DNAが局在しているのならば、染色によるミトコンドリアの核の所在=ミトコンドリアの所在とは言えないのか。 (ミトコンドリアの核の蛍光像がミトコンドリア自身の大きさに対し、十分に大きければ言えると、私は考えたのですが…) (3)ミトコンドリアDNAの所在=ミトコンドリアと言えないのであれば、酵母内のミトコンドリア自体を観察することは可能なのか。 どうぞ、宜しくお願いいたします。

  • ES細胞作成に卵を使う理由

    こんばんは ES細胞の話を聞いてふと思ったんですが なぜ体細胞の核と脱核した卵をつかうのでしょう?? そもそも体細胞の分類自体がよくわかっていないのですが 生殖細胞とはまた違いますよね?? でも含まれているDNAは同じではないのですか?? だから体細胞でなくても生殖細胞の核をつかっても OKなのでしょうか。 そしてなぜ卵細胞を使うのでしょうか? 卵細胞は卵割した沢山の細胞になりますが 体細胞でも処理をすればDNAを複製して 細胞分裂ができますよね??? 断片的にしか知識がなく、考えるほど よくわからなくなります。 どなたかご存知の方よろしくおねがいします。

  • 細胞の形質転換の方法について

    細胞の形質転換の方法について 細胞への遺伝子導入法としては,マイクロインジェクション法・ブリッキング法・ プロトプラスト融合法・エレクトロポレーションなどの方法があるのですが, 上記の方法のメリット・デメリットとしてはどのようなことが挙げられるでしょうか? また,エレクトロポレーションに関して詳しく書かれた書籍・Webサイト を知っていたら教えていただきたいです.