• 締切済み
  • 困ってます

細胞の形質転換の方法について

細胞の形質転換の方法について 細胞への遺伝子導入法としては,マイクロインジェクション法・ブリッキング法・ プロトプラスト融合法・エレクトロポレーションなどの方法があるのですが, 上記の方法のメリット・デメリットとしてはどのようなことが挙げられるでしょうか? また,エレクトロポレーションに関して詳しく書かれた書籍・Webサイト を知っていたら教えていただきたいです.

noname#245948
noname#245948

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数1128
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

ここは「化学」カテですので、「生物」カテでお聞きになった方が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません. ご指摘ありがとうございます. 投稿した後に他の皆さんの質問を見ていて,カテゴリー違いかなと 思ってたところでした.

関連するQ&A

  • 形質転換、形質移入、形質導入について

    形質転換、形質移入、形質導入、という言葉の違いが分からなくなりました。形質導入はtransductionでファージを介しして菌にDNAを導入することで、形質移入はtransfectionで細胞にエレクトロポレーション法などで工学的に導入することで、形質転換はDNAが導入されて形質が変わる事を指すので、細胞、菌、両者とも形質転換した、と言えるのですよね?形質転換、形質導入の違いは、DNAを導入する際のベクターがプラスミドかファージの違い、とある本もあってますますこんがらがりました。ベクターの違いなのか、導入される物(菌か細胞(cos7など)で分けてるのか、また現象をさしているのか操作をさしているのか曖昧です。どなたか教えて下さい。

  • クロロプラストの形質転換

    クロロプラストの形質転換でいくつか質問があります。 細胞中にクロロプラストはたくさんありますが、遺伝子導入でクロロプラスト上の形質を変える場合には、そのうちの一つでも変わればよい(ヘテロプラズミー?)のでしょうか。それとも、すべてを置換(ホモプラズミー?)させないといけないのでしょうか。 またヘテロプラズミーかホモプラズミーかはどのようにみわけるのでしょうか。 形質転換でクロロプラスとが一つでも変わればいいとした場合、その遺伝はどうなるのでしょうか。 実際に、クロロプラストの形質転換をする場合、プロモータは35Sでよいのでしょうか。 文献の中に、homologous recombinationという表現がありましたが、これが日本語訳で適当な訳があるのかと、どのような事象なのか知っている方がいましたら、併せてお願いします。

  • 形質転換について

    アグロを用いて植物の形質転換を行おうと思っています。植物体に存在する遺伝子を導入し過剰発現、もしくはアンチセンスにより発現抑制を行って、その遺伝子の機能を見ることを目的としています。そこで疑問があります。アグロより植物体に導入遺伝子が挿入されるということですが、実際植物体のゲノムのどの位置に挿入されるかはランダムなのでしょうか?ランダムだと導入遺伝子以外の遺伝子を分断させてしまったり、コドンがずれたりしてしまって、形質転換後の植物体の変化が目的遺伝子によるものだといえなく形質転換の意味があまりなくなってしまう気がしますがどうなのでしょうか?

  • 形質転換について

    乳酸菌から抽出した5KbのプラスミドとpUC19ベクターをXba1で消化後、ライゲーションしてE.coli5αにエレクトロポレーションしてIPTG,X-Gal含有LBプレート上で白色のコロニーが出現しました。そのコロニーを培養してプラスミドの抽出を行い、Xba1で消化すると2本のバンドが確認されたのですが、再び培養後に抽出を行い、電気泳動を行うとpUC19のバンドしか確認されませんでした。これはどういうことなのでしょうか?組み込まれたインサート部分が形質転換後にベクターから脱落することってあるんでしょうか?

  • ルーチンの形質転換

    昆虫細胞でのタンパク質の発現のところで、「ルーチンの形質転換」という言葉が出てくるのですが、どのようなものなのか教えていただけないでしょうか。 普通の形質転換とどう違うのかなども知りたいです。 宜しくお願いします。

  • エレクトロポレーション

    動物細胞にエレクトロポレーションで遺伝子を導入し発現させる実験をしてるのですが、いまいち発現効率が芳しくありません。エレクトロポレーションに対してあまり知識がなく、導入条件も生存率が50%になる電圧・電気容量でやってます。エレクトロポレーションでの遺伝子導入について詳しく書いた文献を御存知の方いらっしゃいませんか?できるだけ、動物細胞について書いたもので、実験によって得られた知見などがたくさん書いてあれば幸いです(贅沢な話ですが)。和文英文問いません。御存知の方がいらっしゃれば、どなたか教えて下さい!

  • 形質転換体の個体数、世代について

    形質転換体の個体数、世代について質問させて頂きます。 一般にある遺伝子の形質転換体の解析にあたって何個体調べれば証明できたと言えますか。たくさんの解析をして結果を得られれば良いとは思うのですが。論文をみているのですが、一般にどのくらいでしょうか。また、世代は当代より次世代の結果がでていますが、なぜですか。次世代の結果が有利な点など教えていただけますか。 ご専門の方、一般の方でご存知の方がいらっしゃったら どうか教えてください。どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 培養細胞への巨大DNAの導入

    200kb程度の巨大なDNAをを培養細胞に導入したいと考えています。 リポフェクションやエレクトロポレーションではどのくらいのサイズのDNAまで導入可能なのでしょうか。またそのようなおおきなDNAを細胞に導入する方法はありますでしょうか(マイクロインジェクション以外で)。 ご存じであればご教授おねがいします。

  • 酵母の形質転換

    酵母の形質転換を行う時に、マーカーとして使える薬剤耐性遺伝子にはどんなものがあるのですか?遺伝子とその由来生物とターゲットとなる薬剤の組み合わせについて教えてください。それから、その一つだと思うのですが、G418という遺伝子(薬剤?)は何の生物由来の遺伝子で、どんな薬剤に耐性になるのですか?

  • PCR反応における、形質転換について

    PCR反応における、形質転換効率と、組換えDNA作成による形質転換効率の度合いについての質問です。 今回の実験では、PCR反応をしていく上で、ベクターにDNA断片を挿入すると、ベクター上のβーガラクトシダーゼ遺伝子が破壊されるため、本来なら、この遺伝子の働きによってX-galという成分が破壊されてできるはずの青色の色素が合成されずに白色になる…とあるのですが、コロニーの色素がほぼ白色になっていました。 中にはコロニーの中心点にわずかながらですが青色がところどころのコロニーに点在し、どのような反応が起こったことでこのような反応になったのかがわかりません。 あるサイトでは以下のように記載されていたのですが、なんとなく理解できないので、詳しく解説してもらえたら助かります。 よろしくお願いします。 全部白(すべてに外来DNAが挿入され、形質転換もされている) ↑これは納得できます。 白と青(挿入されないものもあるがほとんどに外来DNAが挿入され、形質転換もされている) ↑形質転換されるときにベクターの反応が何らかの理由により形質転換されておきるものだと思います。 全部青(外来DNAは挿入されなかったが形質転換はされている) ↑これが一番のなぞです。うちの実験の解説では、X-gal(元は無色)をβーガラクトシダーゼが酵素活性することで加水分解しコロニーが青色に沈着するはずですが、いったいどういうことなのでしょうか? そもそも、この実験では、ベクターを挿入することで白色のコロニー(組換え体)を生成することに焦点を置いているはずで、青色のコロニーを生成することに焦点を置いていません。ですから、外来DNAが挿入されていないから白色コロニーを生成できなかった、だから形質転換できていないはずなのではないでしょうか?