• 締切済み
  • すぐに回答を!

統計学の問題です。数学が大の苦手で大変申し訳ないのですが解けないので…どのようにとけば良いのかお願いします。

統計学の問題です。数学が大の苦手で大変申し訳ないのですが解けないので…どのようにとけば良いのかお願いします。 以下が問題です。 【1】Z~N(0、1^2)、X~Z(40、8^2)のとき以下を求めよ。 1)Pr(0.82<Z<1.43)= 2)Pr(0.82<Z<a)=0.124となるa= 3)Pr(40<X<54)= 4)Pr(40<X<b)=0.324となるb= 【2】正規母集団と考えることができる母集団から15の標本を抽出したとき、標本平均x=32.4、標本分散s^2=4.8であった。 1)母分散σ^2=4.2であると考えてよいとき、母平均μの95%信頼区間を計算せよ。 2)母分散未知のとき、母平均μの99%信頼区間を計算せよ。 3)母分散σ^2の95%信頼区間を計算せよ。 【3】正規母集団と考えることができる母集団から16の標本を抽出したとき、標本平均x=181.7、標本分散s^2=9.8であった。 1)母平均μが179と異なるかどうかについて有意水準α=0.05として、両側検定を実施せよ。 2)母分散σ^2が8より大きいかについて有意水準α=0.05として、片側検定を実施せよ。 【4】ある試験の受験者の合格と不合格のA,Bのそれぞれの人数を下に示す、クラスにより合否に違いがあるかどうか、有意水準α=0.05 として片側検定を実施せよ。 合格 不合格 A 72 17 B 53 33 以上です。大変申し訳ありませんがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

>数学が大の苦手で といっても、表の見方ぐらい本をみればできるでしょう。 #1さんが言っているように、みな本に書いてあります。 【1】は表を利用する。 【2】の(1)は推定の正規分布に関する部分に載っている。 【3】【4】も大抵の統計学の本に例が載っている。 苦手でも自分でやってみてください。四則計算でできます。 ヒント (2)は、 t=(X-μ)√(n-1)/S この値を計算する。 (3)は、 NS^2/x0<σ^2<NS^2/x1 から求める。 【3】 (1)t=(X-μ)√(n-1)/S を使う。 (2)x^2=Ns^2/σ0^2 を計算する。 【4】 それぞれのクラスの級間変動と級内変動を計算し、それぞれの 自由度で割った数値の比を計算する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ID の異なる 2人の質問者から全く同じ文面の質問が出るとは不思議なことです. さておき, 「X~Z(40、8^2)」とはどういう意味ですか? あなたはこれらの問題の意味をきちんと理解できていますか? どこが分からないのですか? そして, あなたのそばに教科書, 参考書ないしそれに類するものはないのですか?

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5631442.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 社会統計について質問です。

    友人に社会統計学について、質問を受けました。 私は心理学科なので、心理統計しか分からず、困っています。 どなたか助けてください。 以下のような問題です。 体重に関して正規分布N(μ,σ二乗)に従う母集団から、無作為抽出によって以下の16の標本を得た。 62,50,60,48,62,59,36,64,64,62,87,63,75,27,65,76 (1)標本平均、不偏標本分散、不偏標本標準偏差を求めよ。 (2)母平均の最尤推定値(最尤推定量の実現値)を求めよ。 (3)母分散は既知とする。このとき標本平均の標本分布はどのような分布に従うか。「確立変数~確率分布」という形式で答えよ。 (4)母分散は未知であるとする。このとき、母平均の95%信頼区間を求めよ。 (5)母平均は未知であるとする。帰無仮説をHo:μ=52としたとき、適切な検定統計量を求め、5%水準両側検定、1%水準両側検定、5%水準右片側検定、1% 水準右片側検定をそれぞれ実施せよ。 (7)さらに、体重に関して正規分布する別の母集団から、無作為抽出して以下の16の標本を得た。2つの母集団の母分散は未知であるが、母分散は同じであると仮定して良い。「2つの母平均は等しい」を帰無仮説として、母平均の差に関する5%水準両側検定を実施せよ。(ヒント:t0.025(30)=2.042) 65,60,57,76,79,72,57,75,54,75,42,77,38,48,71,78 よろしくお願いします。

  • 社会統計について質問です。

    大学生です。社会学部の友人に統計学の課題について、助けを求められたのですが、これが私にもさっぱり分かりません。どなたか私達を助けて下さい。以下のような課題です。 母平均μ、母分散σ二乗を持つ正規分布でない母集団から、標本数900のデータを得たところ、標本平均は92、不偏標本分散は100であった。この場合、大標本であると見なして良い。ただし、母分散は未知である。 (1)仮説検定に用いる統計量は何か。また、その統計量は近似的にどのような分布に従うか。 (2)母平均の99%信頼区間を求めよ。 (3)帰無仮説をHo:μ=90としたとき、適切な検定統計量を求め、5%水準両側検定、1%水準両側検定、5%水準右片側検定、1%水準右片側検定をそれぞれ実施せよ。 よろしくお願いします。

  • 統計の問題について(Rを用いています)

    某県のA高校とB高校の生徒からそれぞれ,32人と36人を選び学力テストを行い,得点の平均と標準偏差に 関して次の結果を得た. A : x_A = 66.9, s_A^2 = 90.3, B: x_B = 59.7, s_B^2 = 50.7 これらは正規母集団からの標本であると仮定して (1) 有意水準0.05で「等分散仮説の検定」を行え. (2) A高校の得点の母平均はB高校のそれを上回っているといえるか.有意水準0.05で検定せよ. という問題について、私は以下のように考えました。 (1) 測定値の母集団分布を正規分布と仮定する。 「等分散仮説の検定」なので、定理5.4(III)(両側検定)より、 σ_1:某県のA高校の生徒の母分散、σ_2:某県のB高校の生徒の母分散 として、 H0:σ_1=σ_2、H1:σ_1≠σ_2 を検定する。 > 90.3/50.7 [1] 1.781065 > qf(0.975,31,35) [1] 1.99025 > qf(0.025,31,35) [1] 0.4950745 よって、 1.78<1.99、1.78>0.50 となるので、H0を採択。 従って、有意水準0.05でσ_1=σ_2となる。 (2) (1)より、σ_1=σ_2なので、 定理5.6(I)(右側検定)より、 μ_1:某県のA高校の生徒の学力テストの平均点、μ_2:某県のB高校の生徒の学力テストの平均点 として、 H0:δ=μ_1-μ_2=0、H1:δ=μ_1-μ_2>0 を検定すればよい。 > sqrt((31*90.3+35*50.7)/(32+36-2)) [1] 8.324662 > (66.9-59.7)/8.32*sqrt(1/32+1/36) [1] 0.2102507 > qt(0.95,66) [1] 1.668271 よって、 0.21<1.67 となるので、H0を採択。 従って、有意水準0.05では、A高校の得点の母平均はBのそれを上回っているとは言えない。 (>のところはRでの実行結果です。) これは正しいですか? 間違っている部分を指摘してほしいです。

  • 統計学の基礎?

    前提 日本人の身長の真の平均値を知るためには、日本人全員の身長を測定しなければならないが、それはおそらく不可能である。 そこで、一部の人(標本)の身長を測定し、その結果から推測したい。 標本(n)の身長もばらつき(標本分散:v)を持つし、日本人全体(母集団:N)の身長もばらつき(母分散:σ^2)を持つが、これらと真実の値(母平均:μ)や標本平均(m)との関係はどうなっているだろうか? ただし、各人の測定結果(身長)はX1,X2,X3・・・XNとあらわす。 問 1)日本人の平均身長= 2)日本人の平均身長の標準偏差= 3)標本の平均身長= 4)標本の平均身長= 5)標本の平均身長の分散から推定される日本人の平均身長の標準偏差= 6)標準誤差はσ/√nで与えられるが、これを標本分散を用いて表すと次のようになる。  標準誤差= 7)標準誤差を用いると、真実の平均値(母平均)があるであろう範囲(信頼区間)を特定の有意水準で求めることができる。有意水準5%のときの範囲(95%信頼区間)を表す式を示せ。 8)160、165,170,175,180というデータの平均の95%信頼区間を求めよ また、145,165,170,175,195というデータの平均の95%信頼区間と比較せよ。 以上の問です。 7と8以外は、数値を聞いているわけではなく、求める式を問うていることはなんとなくわかるのですが、ちょっとパソコンを利用して調べて回ったところ、どれが必要な情報かさえわからないレベルで、頭が痛くなってしまいました。 よろしければ問いの回答、その回答に至る考え方の流れなどを、簡単なものでも構わないのでご教授願えないでしょうか?

  • 確率・統計です。 助けてください!

    母平均0,母分散1の標準正規分布に従う母集団から無作為抽出された標本X1,…,Xnを 用いて母平均μについて有意水準α=0.05で H0:μ=0 H1:μ≠0 の検定を行った時,「標本数n」により「正しい検定結果が得られる確率」がどのように変化するかについて検討せよ.乱数を用いたシミュレーション,思考実験,理論からの考察など手法は問わない 大学の課題なんですが、わかりません。 詳しく解説してもらえると助かります。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 統計の問題です。

    統計の問題です。 答えがなく困っています。よろしくお願いします。 x1,x2,…,xnが平均μ、分散1の正規分布N(μ,1)をしている母集団からの大きさnの無作為標本であるとする。xバー=Σ[i=1→n](xi/n)と置く。 標準正規分布上側確率0.025の点は1.96であることを用いよ。 1)xバーの標本分布を与えよ。 2)μの95%信頼区間を求めよ。 3)帰無仮説H0:μ=μ0を対立仮説H1:μ≠μ0に対して有意水準0,05で検定するときの棄却域を求めよ。 4)3)の検定問題において、xバーの値を固定した時、棄却されないμ0の値の全体と2)の信頼区間との関係を述べなさい。 一応解いた答えを載せますが、全部自信がないです。 1)f(xバー)=1/√2πexp(-(x-μ)^2/2) 2)P(|(xバー-μ)/1|=0.95 よって、μ-1.96≦xバー≦μ+1.96 3)棄却域Rは、R<-1.96,1.96<R

  • 統計学入門書の例題で、標本平均7.5(標準偏差2.5、n=28)と標本

    統計学入門書の例題で、標本平均7.5(標準偏差2.5、n=28)と標本平均9.1(標準偏差2.3、n=25)を平均値検定した結果、z=2.43で有意水準5%で有意差ありとなっていました。ところが、それぞれの母平均を区間推定すると95%信頼区間で推定幅に重なりを持ってしまいます。もし、有意差があるなら、重なりを持たないと理解していますが…。当方の計算法の誤りまたは計算違いでしょうか?計算方法は、例えば前者の場合、7.5±1.96×不偏分散の平方根/28の平方根でやってます。

  • 検定の質問です

    問題がどうしても解けないのでお願いいたします。 母分散と母平均が両方未知で正規母集団から大きさ51の標本を無作為抽出し、不偏分散Vを計算しました。 帰無仮説:母分散がvを有意水準0.05%で検定するときの棄却域をどうか教えてください。 カイ2条分布を用いて解けるとは思うのですが、どのように区間推定したら良いのかわからないのでよろしくお願いいたします。

  • エクセルによる母分散の検定

    一つの母集団から標本のサンプルサイズ10、標本平均50、不偏分散100を与え、母分散に関する帰無仮説 σ2=50、有意水準5%としたとき棄却域を求め仮説を検定しろ。 という課題がでたのですが、悪戦苦闘しています。どなたか分かる方教えてください。

  • 統計学の検定について

    統計の問題で以下のようなものがあります。 ある母集団から無作為に抽出した学生にテストを受けさせたところ 55 45 46 54 38 62 64 36 という標本が得られた。この母集団が正規分布している元のした時、得点の母平均が60である、という仮説を有意水準5%で検定せよ。 というものでしす。この時の検定の仕方はどうすればいいのでしょうか? またこの時の有意水準とは何の何に対する比率が5%なんでしょう? あとこの場合でなされる判断は、観測された結果をどのように考えた結果なされたものなのですか? よろしくお願いします!