• 締切済み
  • 困ってます

科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか?

  「不老不死」 よく考えると、不思議な言葉だと思います。 「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か? 生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか? そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか? それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのでしょうか? 「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのでしょうか? 将来の話で、難しいと思いますが、予想で結構です。 意見を聞かせて下さい   因みに、哲学カテでも、類似の質問を出しています。 哲学から見た「不老不死」をどう考えるかです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html   そちらも、参照、又、書き込みしていただければ、助かります。 宜しくお願いします。  

noname#136007
noname#136007

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1153
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.5

不老不死の定義を「同じ年齢でいられるか」と考えると年齢の定義(生まれてからの年数)を変えなくてはならず、ナンセンスに思えますので、「加齢による身体の劣化を防ぐことができる」と考えることにします。 加齢による劣化はいろいろあると思いますが、血管、脳、筋肉が目立つように思います。 血管の老化は、遠い将来血管内でコレステロールを取り除く赤血球ていどの大きさの工作ロボットができる、蓄積したコレステロールを食べてくれる人工生物ができれば何とかなるような気がします。また弱った血管の修理もしてくれれば血管の老化は克服できるかもしれません。 脳細胞は細胞分裂ができないので、なにかの問題で細胞が死んでしまえば少なくなっていくだけですが、これもES細胞を使う技術が向上すればなんとかなりそうです。ただし自己同一性が保障されるかはわかりません。脳細胞が全部新しくなったけど意識が別人、では意味がないように思います。 筋肉は衰えた筋肉の修復の技術は何れはできると思います。 他のほとんどの臓器は将来はES細胞で修理出来ると「思います。 やっぱり一番の問題は脳(意識)の同一性をどうするかだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

  回答ありがとうございます。 >やっぱり一番の問題は脳(意識)の同一性をどうするかだと思います。 やっぱり、そこに行きますよね。 自分とは何か?不老不死で自分が自分じゃなくなったら、不老不死に意味を見いだせるのか? というような、哲学的な鋭い問題を付きつけられる気がします。  

関連するQ&A

  • 科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?

      「不老不死」 よく考えると、不思議な言葉だ。 「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か? 生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか? そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか? それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのか? 「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのか? 獲得できると仮定して、この技術を用いるべきなのか? 人が好きな年齢を選んでその年齢にとどまるならば、社会が成立するのか? 倫理上、人間のクーロンを作ってはいけない様に、この技術も用いてはいけない事になるのか? 疑問ばかりで、申し訳ないが、自由に意見を書いてもらいたい。  

  • 「不老不死」を考える

      先に、「科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?」 の質問スレッドを立ち上げましたが、トラブルがあり、締め切られた様です。 そこで、新たに、質問スレッドを立ち上げます。 ------------------------------------------------------------ 「不老不死」 何度か、聞いた事のある言葉だが、実際に考えると不思議な言葉だ。 「不老」とは何だろうか? 「老いない」とはどういう事なのだろうか? 考えると、イメージが湧かない。 ゆっくり老いる事か?それとも、ある年齢(例えば18才)でとどまることか? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は手に入れる事が出来るのか? 「不老不死」を獲得する代わりに、生殖機能を失う事にならないのか? 獲得できると仮定して、この技術を用いるべきなのか? 人が好きな年齢を選んで、その年齢にとどまるならば、そのような社会は成立するのか? 倫理上、人間のクーロンを作ってはいけない様に、この技術も用いてはいけない事になるのか? 疑問ばかりで、申し訳ないが、自由に意見を書いて下さい。 前回質問スレッド「科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?」 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html から、続いている内容です。 また、生物カテでの質問も必要と思い、類似質問スレッドを立てています。 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612722.html こちらも、参照下さい。  

  • 不老不死

    学校の先生がテロメラーゼで不老不死も夢ではない!とか言っていたのですが なんのことかよくわかりません。一応テロメラーゼは酵素で、この酵素を使っ て細胞の寿命を延ばすことの研究がされているところまでは調べられたのです が、脳細胞の寿命も延ばすことが可能なのでしょうか? テロメラーゼや幹細胞、脳細胞など、不老不死に関することなら何でも好きな ようにご回答してください。こういう方法を使ったら不老不死が可能なのでは ないか?不老不死は人類にとって良いことなのか?悪いことなのか?など、自 分の不老不死に対する考えや思いなども自由にご回答してください。

  • 回答No.4

これは、何をもって不老不死とするかという質問にもなるんですよね。 現時点での肉体のまま加齢を停止と仮定します。 今のところ、死はDNAにプログラムされてとのことです。 DNAにはある種の時限装置があり、それが切れたら代謝などの生命保持機能が停止するわけです。(アレですね。死の国にある「命の蝋燭」) なので、時限装置を止める、巻き戻す研究が行われており、ある程度の成果は出ているようです。 ただ、細胞の老化はこれが原因なのかというと、他にも説はあり、確定しているわけではありません。 不老不死には「機械の体になる」「記憶を他の肉体に移し変える」などなどがありますが、 これらは「自分とは何か」という哲学の領域にもなっちゃいます。 記憶を機械に移し変えたとして、はたしてソレは人間なのか。 また人類皆不老不死なら子孫を残す必要もない。 新しい生命が誕生しない世界とはどういうものなのか。 いろいろ問題はありますね。 でも人間は欲しいものは大抵実現しています。 いずれ技術的には不死身の肉体は実現するでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

  回答ありがとうござ今合う。 >でも人間は欲しいものは大抵実現しています。 と言うことですが、「タイムマシン」は、実現できていないし。 すべてが実現されるかどうかは、個人的には?を感じています。 回答者様の、回答内容では、哲学的問題も含んでいますね・・・ 哲学のカテでも、人間とは見なせないという結論が出そうな気がします。哲学では「意識」=「自分」という考え方が、主流ですからね・・・  

  • 回答No.3

不老不死にかなり近い生物がいます。 ベニクラゲ 成熟したくらげがポリプに若返り、細胞レベルで若返ります。 人間にもこの技術が使う事が出来れば、不老不死を実現できるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

  ベニクラゲの事は知っています。 神は、こんな物も作ってしまうのか!と驚きました。 まるで、輪廻転生を、現実に見る感じがしましたね。 これが、人間に行う事が出来るかどうかは、まったく「空想」の域を出ない感じがしますが、考える事の楽しみを感じますね。  

  • 回答No.2
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11961)

動植物は成長が止まれば、老化が始まります。 成長を止める事と、老化を遅らせる事は可能と考えられますが、若返る事は困難でしょう。 樹木は成長し続けている限り枯れる事はありませんし、魚類の多くも成長が止まらないので高齢魚ほど体長が大きいですが、魚肉は新鮮です。 爬虫類等も成長が止まらないので、太古の恐竜等は驚くほど長寿命だったと思います。 ただ、成長にも限界があるようですし、病気は成長過程でもなりますから、不死は困難と思います。 私は、哲学的な考え方はしたくないです。生物学的に考えると老化を遅らす事は可能ですが不老不老は無理と考えてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答がありがとうございます。 少し分からない点があるのですが・・・ >樹木は成長し続けている限り枯れる事はありませんし、魚類の多くも成長が止まらないので高齢魚ほど体長が大きいですが >成長にも限界があるようですし、病気は成長過程でもなりますから、不死は困難と思います。 と言うことは、病気にかからなければ、そのまませいちょうを続けると言うことですか?・・・まさしく、不老不死ですと言うことですか・  

  • 回答No.1

不死というのは難しいのではないでしょうか? 突発的に人は簡単に死んでしまいます。 不老のほうも私は無理ではないかと思います。 素人考えなのでよそうですが、日々生きてる中で再生を体の中で行われています、その瞬間に100%のものを再生できるとなるとそれは人ではないような気がします。 外部の刺激にあわせて体は再生していくのですから目には見えなくても1秒1秒老化は進んでいるものと思われます。 毎年毎月18歳の体に戻すことは可能になるのではないでしょうか。 ただ聞いた話ですと脳のほうがパンクしてしまうらしいですよ。 ただ、若返るのは可能だと思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

  回答ありがとうございます。 >突発的に人は簡単に死んでしまいます。 これは、アクシデントなので、一般的な考えから外したいと思います。 >毎年毎月18歳の体に戻すことは可能になるのではないでしょうか。 これは、興味深いですね。可能ならソースを知りたいですね。 >ただ聞いた話ですと脳のほうがパンクしてしまうらしいですよ これも、詳しく聞きたいですね。「不老不死」の問題のポイントが、ある感じがします。 宜しくお願いします。   

関連するQ&A

  • これで不老不死実現できますか?

    細胞を分裂しないようにする 細胞を老化しないようにする これで不老不死実現できますか?

  • テロメラーゼと不老不死

    テロメラーゼと不老不死 ・テロメアを延ばす酵素テロメラーゼは癌発生に深く関係しているのですか?詳しく教えて下さい ・今から何年後に不老不死が完成すると思いますか?根拠も教えて下さい。 ・一部の細胞はテロメラーゼを導入しても無限増殖には至らない細胞があるということですが、それは何と言う細胞ですか?

  • 不老不死とお金持ち

    あるブログでなかなか面白そうな記事を見ました。 お金持ちと不老不死には、共通点があるのではということみたいです。 読んでなるほどと思いました。 両刀論法として面白いなと思いましたが、そこに自意識が存在するのか?とも思いました。 こういう考えは哲学だと思うのですが ただ存在意義に関しても書き込まれていました 存在意義は、どうなんでしょう? 存在意義はあるとは思うのですが・・・ 読んでいて わけがわからなくなったので まとめて欲しいなと思い質問しました。 この場合、ブログのURLは紹介しちゃダメですよね? 暇なときにでも回答ください。

  • 細胞について

    全く無知な者ですがお答えいただければ幸いです。 人間の細胞の修復能力が衰えたり、 人間の細胞分裂の回数制限を越して細胞の交換ができなくなったりすると人は死ぬそうですが、 では、細胞分裂を停止させ、細胞を修復する事が人為的に出来るようになれば人は不老不死になるのでしょうか? また、細胞分裂の停止ができたり、その他細胞の不死化ができたとして、考えうるデメリットはありますか? 例えば記憶力が無くなるとか、詳しいことがわからないのでうまい例えが思い付きませんが……

  • 受精すると若返る?

     細胞分裂には回数が決まっているそうですね。  詳しくはありませんが、これが全体的に限界に近づいてきた状態が老化みたいな話があった気がします。  精子や卵子ももちろん細胞で、分裂を繰り返して人の体になって、それぞれの生殖器へとなっているはずですよね。  となると、同じように分裂回数の限界になると思うんですが、受精して新しい命として生まれると、また同じような期間、人間として生活できるわけですよね。  これがなぜなのかが分かりません。  受精しようと何回か分裂を繰り返してきた細胞同士なんだから、親と同じくらい生きられる(分裂できる)ことにはならないと思うんですが…。  精子も卵子も老化すると言われていますよね。  受精することで若返るんでしょうか?  一旦、遺伝子レベルにまで分解して、新しい細胞に生まれ変わるとか?  細胞分裂回数の上限は外部的なものが要因であって、ある条件下では無限に細胞分裂できるとか?  あまり勉強慣れしていない頭なんで、どなたか簡潔に説明していただけないでしょうか?(^_^;

  • 教えていただきたいことが5つほどあります。

    教えていただきたいことが5つほどあります。 1 老化の研究をしている大学を教えて下さい。 2 ips細胞を取り扱い、再生医療の研究をしている大学を教えて下さい。 3 3D印刷機を使い、臓器を作る研究をしているところがあると聞きました。その場所を教えて下さい。 4 僕は中学生で、塾に行ったり、高校の細胞の本を買ったりして勉強しています。そのほかにしておいた方がいいと思うことを教えて下さい。 5 細胞関係の本、不老不死のことなどでお勧めの本があれば教えて下さい。 日がかなり経っていても、回答をお願いします。 1~3はそれぞれの事で一番すごい(進んでいる)大学を教えて下さい。将来は、不老不死の研究に携わりたいと思っています。しかし、他の方の不老不死関係の質問を見たら、不老不死そのものを研究しているところは無い様で(汗)どうしようかと思っています。勝手な我侭、いえ、みな誰もが思っている「死にたくない」と言う思いを絶対に叶えたいと思っています。また、それが尋常ではない、大変なことと言うことも十分承知しています。だから、黙って他の方が不老不死を完成させるのを見ているのではなく、自分もその場に積極的に関わって、少しでも力に慣れるように努力して行こうと思っています。

  • 単為生殖時の減数分裂細胞と3倍体の細胞分裂について

    有性生殖可能な生物(2倍体として)が単為生殖する場合、染色体が半数になった卵子は、一旦不足分の対になる染色体をコピーした後、分裂を開始すると考えてよいのでしょうか?それとも、最初から2倍体が卵子に入っていて 完全なクローンとして生まれるのでしょうか? また、3倍体や4倍体の生物の細胞分裂はどういった形で行われるのでしょうか?それらの生殖細胞もゲノムになるまで減数分裂されて、3以上の性の組み合わせで受精されるのでしょうか?

  • ゾウリムシは死なない?

    ほかのカテゴリーの回答文のなかに「単細胞生物は死にません。分裂するだけで不死です。その他ゾウリムシも不老不死です。」と書いてありましたが不死とゆうことは永遠に死なないことですね。まったく理解できないので、なるべく易しく教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

  • 【哲学】あなたは龍を殺す事ができますか?

    哲学的な問答をさせていただきますが、あなたは龍を殺す事ができますか?思うところお教えください。古代の書物にはよく龍の生き血をすすると不老不死になれるだのあれだこれだ書かれています。実際に龍を殺して生き血をすすると不老不死になれると仮定して、あなたはその龍を前に龍を殺す事ができますか?ドラえもんの作者は主人公ドラえもんの居候になっている家ののび太君にその選択をさせて、彼は龍を殺すのは人間の勝手だ、かわいそうだと言って龍を殺す事ができませんでした、その様にのび太君をやさしい人間として描いていました。しかし私の場合はどうだろうか?龍を上手い事殺して不老不死になれるのならば、私の場合喜んで龍を殺してしまいそうな気がする。龍を殺す以前から牛や豚などを好んで殺させて食って来た人間ですので、わたしはそのあたり抵抗感がありません。これは残酷な事でしょうが、私の現実です。それで皆様は不老不死を得る為龍を殺す事ができますか?思うところ教えていただけると幸いです。私もだいぶ大人になってきて、残酷な現実も見過ぎてしまったのかなぁ??

  • 一卵性双生児(双子)について

    以前からずっと疑問に思っていたのですが、一卵性双生児とは一つの受精卵が細胞分裂して胎児となった双生児の事で、二卵性双生児とは二つの受精卵が胎児となった双生児の事ですよね。 卵子と精子が受精した場合、受精膜が形成されて他の精子の侵入を防ぐと聞いた事があります。可能性はほぼないに等しいと思うのですが、一つの卵子に二つの精子が同時に受精して受精卵の細胞分裂が行われた場合も一卵性双生児というのでしょうか。 よろしくお願いいたします。