• 締切済み
  • 困ってます

科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?

  「不老不死」 よく考えると、不思議な言葉だ。 「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か? 生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか? そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか? それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのか? 「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのか? 獲得できると仮定して、この技術を用いるべきなのか? 人が好きな年齢を選んでその年齢にとどまるならば、社会が成立するのか? 倫理上、人間のクーロンを作ってはいけない様に、この技術も用いてはいけない事になるのか? 疑問ばかりで、申し訳ないが、自由に意見を書いてもらいたい。  

noname#136007
noname#136007

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数188
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

不老不死・・・直線運動の形態に入るので、ありえない話になります。 直線運動ではいつか終わりがこなければならないため、全ての存在様相は、永遠性を持たせるために、円形運動をしているのです。 存在するものは、極大は天体から極少は電子に至るまで全てが、円環運動を行っています。 ただ、実際は、全ての存在が、文字通り円環運動を行っているのではないのです。 基本形は円環運動ですが、その変形としてその他の形態を取っているということです。 典型的な円環運動は、空間的円環運動と時間的円環運動です。 天体全体がそうですが、たとえば地球は自転しながら、太陽のまわりを回っていますし、 電子も自転しながら原子核のまわりを回っています。これは、文字通りの円環運動ですが、いつもほぼ同じ軌道を回っているから反復運動でもあります。 生物の成長と繁殖を伴う「継代現象」も一種の円環運動と見ることができると思います。 植物の成長は、一粒の種が芽を出し、成長し、花を咲かせ、果実を実らせ、多くの新しい種ができるが、 この新しい種は初めの種より数が増えており、この種がまた芽を出して成長し、また新しい果実を実らせるのです。 動物の場合も同様ですね。受精卵が成長して子が生まれ、子が成長して親になり、生殖を行って、再び新しい受精卵ができる。 この新しい受精卵が大きくなって親になる。 あるいは、同一個体内であっても、新陳代謝のように新しい細胞が現れるためには、古い細胞が死ななければなりません。何度もそれを繰り返して生命を維持しているのです。 また、体を作っている細胞が直接円環運動しない代わりに、血液とリンパが体内を巡って細胞と細胞を関係付けており、それによって細胞が円環運動しているのと同じ効果を現しているのです。 植物においても、導管と篩管の働きにより、葉でつくられた同化産物が体を巡り、細胞が円環運動しているのと同じ効果を現しているというわけです。 地球におけるマントルの対流とかプレートの移動なども同様です。 これらの例は一種の代替性円環運動ともいえると思います。 余談が過ぎましたが、という具合に、植物も、動物も、サイクル(生活史)を繰り返しながら種族を保存しているため、不老不死という物理化学や生物の法則を無視した作用はありえないし、また不必要とも言えるです。 第一科学がいくら発展しようとも、宇宙に元々あった基本や原則や法則を壊すことはできないでしょう。 科学は、自然界の法則や特性を応用することができても、万有引力など、存在界のおおもとの法則それ自体を変えたりすることはできないのです。 死なないことを永遠の命というではなく、死んでも、新しい命を生み出しながら、世代から世代へ受け継がれることの方がより強く、現実的な永遠性を感じませんか? 私には、「不老不死」が現実にあったりしたら、おもちゃのようにニセモノっぽく感じてしまいます。笑っちゃいますよ! 我々凡人ですらそう感じるのですから、全知全能の神がそんなちゃちなものを創るとは到底考えられませんね。 実は、普段からあたり前に目にしてきているだけに、このことの価値がどんだけ素晴らしいか、忘れさられてしまいがちなのかもしれません。 少なくとも、私は、今生きている環境から十分すぎるほどの、永遠性を感じることができています。永遠なる宇宙の神秘とでもいうのでしょうか? 逆に万が一にも不老不死があったら、科学法則を破壊するだけでなく、大切な夢やロマンを消してしまうだろうなと思います。 受け継がれるからこそ、素晴らしい仕組みだと思い、凄いとは思われませんかね? 今まで不老不死なんて考えたこともなければ、考えた人とも出会ったことがないので、いい意味でいろいろ考えるきっかけになりました。 ありがとうございました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

  回答ありがとうございます。 考えるきっかけになったというのは、嬉しい言葉ですね。 自分は、愚鈍な為か、何でも疑問に思う所があります。 それで、こんな事でも、どうなんだろう?って思ってしまうんですね。 「不老不死」については、#1の回答のお礼に書いた様に、生物学カテで質問して、色々回答を頂いて、考えさせられます。 現実は、「想像」を超えているな!と、思ったりしています。 生物カテをみて、何か考える所があれば、「不老不死」を考える のスレッドの方に書いて下さい。  

関連するQ&A

  • 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか?

      「不老不死」 よく考えると、不思議な言葉だと思います。 「不老」とは何か? 「老いない」とはどういう事か? 生まれた赤ん坊が、赤ん坊のままなのか? そもそも、精子と卵子が結合して、細胞分裂を行えるのか? それとも、好きな年齢の(例えば18才)のままで、いられると言う事か? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は獲得できる可能性はあるのでしょうか? 「不老不死」を獲得できると言う事は、代償として、生殖機能を失う事にならないのでしょうか? 将来の話で、難しいと思いますが、予想で結構です。 意見を聞かせて下さい   因みに、哲学カテでも、類似の質問を出しています。 哲学から見た「不老不死」をどう考えるかです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html   そちらも、参照、又、書き込みしていただければ、助かります。 宜しくお願いします。  

  • 「不老不死」を考える

      先に、「科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?」 の質問スレッドを立ち上げましたが、トラブルがあり、締め切られた様です。 そこで、新たに、質問スレッドを立ち上げます。 ------------------------------------------------------------ 「不老不死」 何度か、聞いた事のある言葉だが、実際に考えると不思議な言葉だ。 「不老」とは何だろうか? 「老いない」とはどういう事なのだろうか? 考えると、イメージが湧かない。 ゆっくり老いる事か?それとも、ある年齢(例えば18才)でとどまることか? それより先に、この「不老不死」の技術を、将来科学は手に入れる事が出来るのか? 「不老不死」を獲得する代わりに、生殖機能を失う事にならないのか? 獲得できると仮定して、この技術を用いるべきなのか? 人が好きな年齢を選んで、その年齢にとどまるならば、そのような社会は成立するのか? 倫理上、人間のクーロンを作ってはいけない様に、この技術も用いてはいけない事になるのか? 疑問ばかりで、申し訳ないが、自由に意見を書いて下さい。 前回質問スレッド「科学は「不老不死」の技術を獲得できるか?」 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612709.html から、続いている内容です。 また、生物カテでの質問も必要と思い、類似質問スレッドを立てています。 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612722.html こちらも、参照下さい。  

  • 不老不死

    学校の先生がテロメラーゼで不老不死も夢ではない!とか言っていたのですが なんのことかよくわかりません。一応テロメラーゼは酵素で、この酵素を使っ て細胞の寿命を延ばすことの研究がされているところまでは調べられたのです が、脳細胞の寿命も延ばすことが可能なのでしょうか? テロメラーゼや幹細胞、脳細胞など、不老不死に関することなら何でも好きな ようにご回答してください。こういう方法を使ったら不老不死が可能なのでは ないか?不老不死は人類にとって良いことなのか?悪いことなのか?など、自 分の不老不死に対する考えや思いなども自由にご回答してください。

  • 回答No.1
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

不老不死などという欠陥を、科学が実現する必要があるのでしょうか? そのような事を行う生物は、自然淘汰の中で消えるでしょう。 人類の細胞には、DNAの最後に回数券のようなくり返し配列が(50回ほど) あり、一回細胞分裂するごとにくり返しが1つ減って、なくなるとそれ以上 細胞分裂できず、新陳代謝できずに老化して死ぬようになっています。 生物は、有性生殖以前の「突然変異による多様化と、その淘汰による選択」 という人まかせで遅い進化に対して、交配する事で、遺伝子の配列をシャッフル して多様性を生み、また交配のための種内の競争による選択という、すばやい 進化を可能にしたのです。 そこにおいて、世代交代しなければ個体数が増える一方なので、自ら寿命を 制限しているのです。 細胞分裂で増えるゾウリムシ(単細胞生物)は、有性生殖など必要ないよう ですが、実は時おり、他の細胞とくっついて遺伝子を交換する、「接合」を行います。 もし接合をせずに、細胞分裂だけしていると、百数十回ほど分裂したところで それ以上分裂できなくなり、死んでしまいます。 接合をすると、また若返って、百数十回分裂できます。 それほど「遺伝子の交配」というのは、進化に必要なのです=長生きは退化。 死は世代交代を意味し、その有性生殖において愛は生じ、親や子供は 存在するのです。 人は往々にして不死に幻想を抱きますが、人も愛さず、子供もいない、 そんな社会が魅力的には思えません。 逆に愛があれば、自己の肉体の限界を超えて、意志(=精神的充足)は広がります。 「より良く死ぬことが、より良く生きること」なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

  回答ありがとうございます。 生物学カテで、次の様な質問を立てました。 科学は将来、「不老不死」の技術を、獲得できる可能性はありますか? http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5612722.html の#2で、 >樹木は成長し続けている限り枯れる事はありませんし、 >魚類の多くも成長が止まらないので高齢魚ほど体長が大きいですが、魚肉は新鮮です。 と言う事です。 ちょっと、不具合が在りました。以後は、「不老不死」を考える。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5614619.html の方に、回答下さい。  

関連するQ&A

  • これで不老不死実現できますか?

    細胞を分裂しないようにする 細胞を老化しないようにする これで不老不死実現できますか?

  • 「不老不死」「不労不死」の薬 どっちが欲しい?

    もしそんな薬があったらどっちが欲しいですか? 不老不死・・・飲んだ瞬間の年齢から一切老化せず、永遠に死なず(折れたり、首が吹き飛んでも再生する) 不労不死・・・飲んだ瞬間から一生働かなくても衣食住が保護される(ただし、衣食住が保証されるだけで金持ちになるわけではない)。ただし永遠に死ぬことも不可。

  • 漢方・中国・不老不死

    以前この場を借りて質問をしたのですが、 どうやらレポートの回答を求めていると勘違いされてしまい、消されてしまったようなので、再度質問します。(答えてくださった方、申し訳ありません) さてさて。 不老不死といえば中国ですし、有名なのが「漢方」などの薬(?)ですよね。しかし、その漢方は実際のところ、病気を治すものなのか、健康状態を維持するものなのか、それとも寿命を延ばす(2つ目と似ていますが)ものなのか、その根源について知りたいです。 (出来れば代表的な漢方の効能まで) 二つ目に、(こんな事を聞いたら軽蔑されるかもしれませんが)不老不死、は実際に存在するのでしょうか。 三国志のなかでも曹操と不死の修行をしようという者もいますが(もちろん「三国志演義」内のものかと思われますが。。)実際に存在するのでしょうか。。 最後に、これまでの人類の中で最も長生きした人物と、その年齢を教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします

  • 人が半永久に生きる技術を得て不死になれるのはいつ頃

    人が半永久に生きる技術を得て不死になれるのはいつ頃ですか? 薬による不老、クローンによる脳入れ替えなど半不老不死の状態になるのは何年、何百年後になりそうなど仮説はありますか? そんなことはわからないと短絡的に答える方の回答は必要ありません。 あくまで予想ですからなんらかの答えを一緒に考えて下さる方のみでお願い致します。

  • 細胞について

    全く無知な者ですがお答えいただければ幸いです。 人間の細胞の修復能力が衰えたり、 人間の細胞分裂の回数制限を越して細胞の交換ができなくなったりすると人は死ぬそうですが、 では、細胞分裂を停止させ、細胞を修復する事が人為的に出来るようになれば人は不老不死になるのでしょうか? また、細胞分裂の停止ができたり、その他細胞の不死化ができたとして、考えうるデメリットはありますか? 例えば記憶力が無くなるとか、詳しいことがわからないのでうまい例えが思い付きませんが……

  • 最大の延命『不老不死』は(将来)医学的に実現しますか??

    僕たち生物・・いえ人間は、 「判らない将来」の為に健康診断や各種保険・健康管理・ 将来設定・貯蓄・体調&栄養管理・・・ 怪我をすれば、病院に行き治療をする。 あれもこれも、「明日がどうなるかわからない」から・・ そして、根本を辿っていけば、『死と生の概念』に結びつきます。 現代・・医学科学の発展で、人間の寿命は100年前と比べ 随分伸びています。 この先・科学技術や医学の発展で将来・・・ 100年や200年先・・いつに成るか判りませんが・・ 人類最大の目標『不老不死』は実現しますか??

  • ゾウリムシは死なない?

    ほかのカテゴリーの回答文のなかに「単細胞生物は死にません。分裂するだけで不死です。その他ゾウリムシも不老不死です。」と書いてありましたが不死とゆうことは永遠に死なないことですね。まったく理解できないので、なるべく易しく教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

  • 科学技術の発達を、あなたは望みますか?

    こんにちは。私の疑問を、皆さんはどう考えているのか、少しでも多くの方に教えていただきたいです。 最近、例えばタブレット端末だとか、ips細胞だとか、2,3年前までありえなかったようなものが、どんどん進出してきてますよね。確かに、タブレットは便利だし、ips細胞なんかは救えなかった命も救うことができます。一見メリットの多いようにも見える現代の科学技術ですが、そこに”いきすぎ”た感じがありような気がしています。 もし現代の技術が、このまま発達していけば、とんでもないことになるように思うんです。 医学の発達なんかを例にとると、ips細胞が見つかり、人間の寿命がのび、さらには不老不死なんかも実現するかもしれない。けど、それが本当に幸せなことなのでしょうか? 死ねなくなるなんて、ずっと生きていなければならなくなるなんて、ただの苦でしょう。 科学の発達なんかも、いろいろ研究しすぎて、宇宙人と出くわして戦争になってしまったり、人間の本質がわかって、マインドコントロールが可能になったり。これらの話を、確かに若干オーバーかもしれませんが、他人ごとだとは思ってほしくないです。40、50年くらい先の話だとしても、十分ありえると思います。 でも、かといって技術を発達させないわけにはいかない。 その理由には、人間の好奇心というものもあるだろうし、流れにさからえないようなところもあると思います。あと、欲望とか。 だから、これらの中間をとって、ほどほどに、まったり技術発達するのが理想な気もするんですが… それも難しい、のでしょうか。 皆さんの意見を聴かせてくださいv

  • 不老不死になりたいです。

    ぼくは1000000000%の本気で不老不死になりたいです。そこで先端や不老不死の薬の製造方法や材料を調べたところ硫黄と水銀が必要であることがわかりました。これは本当なのでしょうか。もし違うのでしたら本当の材料を教えてください。先ほども書きましたがぼくは1000000000%の本気で不老不死になりたいです。ですから嘘や冗談や遊び半分での回答はやめてください。

  • 不老不死

    老衰を含め不治の病がなくなり、二十歳くらいの外見・身体能力を ずっと維持できるようになり、死亡原因の大半は生きることに飽き た人による自殺という時代が訪れるとします。 (死者の蘇生はまだ不可能で、全身を燃やしたり首を切り落としたり した場合は死ぬこととします) 人口増加による居住地・食料の問題については、宇宙空間の利用 等から特別大きな問題にはなっていないとします。 このような社会と今の社会を比べた場合、プラス面・マイナス面等 について感じることを教えて下さい。