解決済み

結婚を考えている男性に、ドキドキしない

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5461149
  • 閲覧数3463
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 98% (65/66)

初めまして。今、婚活中の42才(初婚)です。
結婚相談所で知り合った男性(初婚)について相談したいことがあります。
その男性は、とてもいい人で、条件もとても良く、私の周りではみんなが歓迎しているような、本当にいい人なんです。

だけど、私は彼にドキドキしないんです。
恋愛の最初はやっぱりドキドキしますよね。普通。でも、彼が最初から私のことを気に入ってくれたからなのか、全然ドキドキせず、もう6回目のデートです。
ピンとこないと言った方が、良いかもしれません。

ただ、私はかなりのだめ男好きで、今までドキドキした相手はみんなだめ男でした。DVがあったり、私を怒鳴ったり、コントロールしようとした人たちでした。だから、今回こそはいい人を見つけたいのです。

彼は今までの男性と違うので、なんか調子がくるうというか、何かちょっと違う感じがしてしまうのです。

このまま結婚??いい人ですが、「好き!」っていう強い気持ちがないまま結婚しても良いんでしょうか。
ちなみにまだHをしていません。キスだけです。

彼はすごく結婚に乗り気で、会って3回目のデートでプロポーズされたんです。彼は結婚に焦っているのかも。
彼は女性に不慣れなところがあり、それが私の不満でもありますが、私の意見を尊重してくれる優しい人でもあります。

このまま、「好き!」という強い恋愛感情が生まれないまま結婚しても良いのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 30% (1916/6193)

わかる気がします。
わたしがドキドキした男も、DV・モラハラ男でした。

うちは父親がDV・モラハラですが、もしかしたらあなたも?
そういう家庭の出身者は、それ系の男にドキドキするそうです。

理由 考えてみました

1. 実は不安でドキドキする
2. DV・モラ男は、表面は理想の男性を演じるから、
父親とは正反対、自分の救世主のように見える。
(母いわく、うちの父も、最初は理想の男性に見えたそうです)
3. DV・モラ男は、何か自分と通じるものを感じる=運命!?
4. DV・モラ男と気づいても、自分が彼を救って、
過去にできなかったことを果たしたい!!となる。

潜在意識的な部分だとは思いますが。

で、あんまりドキドキしない人のほうが、普通の人、というのは、
当たってると思います。

だからといって、ドキドキしない=理想の人、でもないと思いますが。
人は、それぞれ何かしらの問題を抱えているものです。
結婚にあたって、彼の真実の姿を知って、
それを許容できそうか、底だと思います。

DV・モラ男のかかえる問題は、あまりにも大きすぎますがね。

男性の父親がDV・モラ男・愛人・アル中 などなど、
ダメ父親ではないか、確認したらいいと思います。
DV・モラ男に育てられると、基本的に息子も同じようになるので。

たぶん、DV・モラ男に感じてしまう、
強烈な「好き!!」は、麻薬みたいなものです。

女性の側にも、自分を救ってくれる王子様、
何でも一気に解決する魔法の杖、みたいな、非現実的な解決を求める
心があるからこそ、そういう男が良くなって見えるのだと思います。

ちょっと調子狂う相手、というのは、
その人が何かしていても、
あまり気にならずに許せてしまう相手ではないでしょうか?
だとしたら、結婚向きだと思います。

激しい恋愛が当たり前になっていると、
もしかしたら、おだやかなつきあいは恋愛じゃない、と思っていませんか?
激しい恋愛は、結構破滅的でもありますから、
性格によっては、元々おだやかな恋愛の多い人もいますよ。
激しい恋愛は炎のようですが、
おだやかな恋愛や、結婚生活は、静かな池のようなものだと思います。

炎は、何年かすれば燃え尽きます。
ある種の、麻薬に似たときめきホルモンが分泌されてるんですが、
そのホルモンは、もって3,4年。
炎が消えた後に、その穏やかな池ができているかいないかで、
結婚生活がうまくいったりいかなかったりするようです。
激しい恋愛期間中に、結婚してしまうのは、賭けのようなものだと思います。

恋をするときは、互いの長所に惹かれあいます。
けれど、激しい恋愛ほど、
耐えられないくらい嫉妬の炎が燃え上がったり、寂しさが募ったり、
相手の短所が受け入れられないことが、多いんですよね。

お互いの短所があまり気に障らない相手、
それが結婚生活がうまくいく相手のようです。
お礼コメント
yhy01535

お礼率 98% (65/66)

回答ありがとうございます。
 そうです!まさにkanakyu-さんの言うとおり、うちの父はDV男でした。もう年なので、しないですけど。モラハラは母の方でした。

 今までつき合った相手は、もう1から4まで、全部当てはまります。

 今年の夏(結構最近ですよね)までつき合っていたのが、モラハラ男で、本当にドキドキしました。
>女性の側にも、自分を救ってくれる王子様、
>何でも一気に解決する魔法の杖、みたいな、非現実的な解決を求める
>心があるからこそ、そういう男が良くなって見えるのだと思います。
 まさにこの通りです!そう言う男を選ぶ私に問題があるんだと思います。

 今まで穏やかな男性とつき合ったことがないので、「あなたのことが大好きだ」とか言われると、びっくりしてしまって。優しい愛の言葉を今まで言われたことがないって、かなりひどいですよね。(笑)

 42才で、もう父がDV男だからと言い訳している年ではなくなっているので、父の影響から脱して良い男性と幸せな結婚がしたいです。

 ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-11-23 23:33:18
感謝経済

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 32% (485/1473)

30代既婚者♂です。
私も長い時間、婚活を経験しましたので分かるのですが、
あなたがいつも心ひかれる相手とは、必ずしも周りから
見て、素敵だということにはならないですよ。
人と人とが繋がる縁というものは、その人と付き合うことで
何か学ぼうと自分が欲している可能性があります。
だから、DVや品が悪い相手であろうと、あなたが心動く
のです。かたや周りが絶賛するような素敵な男性だと何とも
思わないわけです。
私が思うに、今のこの彼と結婚したらきっとあなたは周りから
みてとても幸せな女性に見えるはずです。
ご両親も喜ばれるでしょうね、でも当の本人であるあなたは
幸せを感じない可能性はあります。
結婚はやっぱり心動かされる相手、好きな男性としたほうが
いいと思いますよ。
条件に合う人が理想の人ではありません。
あきらかに苦労すると分かっているような人生でも進むべき
意味があるはずです。
お礼コメント
yhy01535

お礼率 98% (65/66)

回答ありがとうございます。
 私はDV男、モラハラ男だけは嫌なので、この2種類の男とは絶対結婚したくないという希望があります。
 ですが、気がつくとそんな男とばかりつき合ってしまうのです。

 周囲が喜んでくれて、私も幸せになるような結婚をしたいのですが、なかなか難しいです。
 まだつき合って1か月なので、どちらにしても結論を出すのは早いですよね。もう少し時間をかけてみます。
投稿日時 - 2009-11-23 23:37:56
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (11/34)

結婚とは生活だと思うんです。
最初にいくらドキドキしたってそれが
今後50年続くわけではありませんから、
優しくて安心できる方と末長く一緒にいることが
一番ではないでしょうか。
生意気言ってすみません。
お礼コメント
yhy01535

お礼率 98% (65/66)

回答ありがとうございます。
 そうですね。ドキドキはいつまでも続かないですよね。
 結婚してから、ずっとドキドキした生活なら、それはそれで不幸せな感じもするし。
 安心できるって、いいですよね。
 とりあえず、1か月では結論を出すのは早いと思うので、もう少し様子を見ることにしました。
 ありがとうございます。
投稿日時 - 2009-11-23 23:17:37
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (846/1728)

最初からドキドキではメクラになって、冷静な立場での彼の品定めが出来ず、結婚後あるかは深い付き合いの後、彼の実態(暴力、変態、借金、女にだらしがない、家庭を顧みない、マザコン、いざというときあなたを放り出し逃げてしまう、実行が伴わない口上手、平気でうそをいう、ギャンブル好き、アル中、持病もちなど)を見せられ、こんなはずではなかったとの後悔や衝突や喧嘩が頻発し別れになるケースをよく耳にします。国際結婚もかっこよくするカップルもいますが4割強が離婚に至って、子供の養育権などで国際問題になって途方にくれる人が多い。国によってはわが子を連れ日本に帰るだけで誘拐罪という重罪になるようです。

あなたの場合、彼の方が積極的ですので、彼が、あなたの結婚の条件を満たしあなたの条件や希望が冷静に伝えられ、また彼があなたに惚れているならチャンとあなたの不安や疑問に対して向き合って応えてくれると思います。惚れられて結婚する。惚れて結婚する。とは逆です。惚れて結婚する場合はあなたにとって不利な彼の条件や態度やあなたに対する行動を無条件に受け入れないといけない立場になります。惚れられて結婚する場合は逆にあなたにとって彼より有利な立場に立て、多少のあなたのわがままも受け入れてくれると思います。
ドキドキ間は結婚前のもの、結婚後はドキドキ間より互いの思いやりや役割分担と彼の収入や生活力が大切になります。あなたの居場所(空間的な居場所、および精神的な居場所)を家庭の中に作ってくれる(認めてくれる)ような彼なら大丈夫だと思います。家庭で一緒に住み、協力し合えるなら、互いの居場所を尊重し合えるなら、幸せな家庭が作れると思います。あなたも、42歳では子造りの最後の機会になるかも知れません。
僕の場合は29才、家内27歳(半年の遠距離交際で結婚)し、家内が34歳までに3人の子を産み終えました。もう皆成人しました。
僕もプロポーズの日に始めてキスをしただけで、新婚旅行で初めて結ばれました。いまは、互いにいてくれないと困る関係のパートナーですね。互いのために家庭の中の役割分担をし僕が外で働き家計を支えています。
好きで結婚したというより、この女性ならうまくやっていけそう(70%位の合格点)、この場ではキスをし抱いてやらないと、またデートにも誘ってやらないと、ドライブにも連れて行ってやらないと、といった互いへの気遣いや思いやりが互いの信頼関係を作り、プロポーズしてもチャンと受けてくれる状態になる、それが愛情につながっていくかと思います。
なので、42歳になったあなたは、幾ら若いつもりでも、高校生や大学生のころの無鉄砲な一途の恋愛は無理だと思います。
年相応の付き合い方と、結婚適齢期の最後の機会だと思って、真剣に自分の幸せを考えて、後悔しない選択をして下さい。
年齢が行くほど、あなたを求めてくれる男性もだんだんレベルが落ちていくばかりだと思います。

幸せは、過ぎ去ってから、取り戻すことは出来ません。目の前の幸せのチャンスをしっかり見極めて、逃さないようにしましょう。
あとから後悔することのないように、いまの彼もいつまでもあなたと向き合っていてくれるか、分かりません。あなたより若くて条件の良い女性を見つけてしまえば、いつあなたの前から消えていってしまうか分かりません。そのことも考えてください。
お礼コメント
yhy01535

お礼率 98% (65/66)

ご回答ありがとうございます。
 私よりご年配の方ですよね。人生の先輩にお答えいただいて、とてもありがたいです。

 確かに彼が私を好いてくれているので、私の条件が悪くても「いいよ、いいよ」と「あなたが来てくれればそれで良い」と現在の天皇陛下のプロポーズみたいなことを言ってくれます。「柳コウリ一つで良い」みたいな(笑)
 彼がいなくなったら、やはり寂しいでしょうねぇ。一緒に生活するにはとてもいい人だと思います。安心できるし、穏やかだし。

 彼と結婚したら、一生穏やかに暮らせるんでしょうねぇ。ですが、結論を出すにしても、1か月はちょっとはやいと思うので、もう少し様子を見てみます。

 彼が本当に今のままで、結婚しても変わらないなら、それは結婚した方がいいのだろうと思います。

 ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-11-23 23:14:37
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (5/11)

結婚に何を求めるかで違ってくると思います。
それはyhy01535さんにしかわかりません。

私ならプロポーズを断りはしないけど、
お互いのことを知るために、
もっとゆっくり進めたいと相手に正直に話します。
(ドキドキしないの、とは言わないと思いますが)

焦って結婚しても良いことは何一つ無いと思いますよ。
人生は1回ですから、自分にとって何が一番大切かを考えて決められることをお勧めします。
お礼コメント
yhy01535

お礼率 98% (65/66)

回答ありがとうございます。
 確かにまだ会ってから、1か月しかたっていないので、結論を出すのは早計ですよね。

 結婚するにしても、やめるにしても、まだ結論がでるような期間ではないんですよね。何か、冷静になれました。
 彼も焦っているのかもしれないけど、私も焦っているところがあるんです。
 もう少し時間をかけて、ゆっくり考えます。
投稿日時 - 2009-11-23 22:41:37
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ