• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「no go 」とは

ネイティブと話していて「Sometimes no go school」というフレーズが出てきました。 文脈から判断して 「時々、学校には行かないときさえあった」 という意味で言ったのだと思いますがこんな言い方ほんとにありなのでしょうか? 「long time no see」のように no+動詞 で ~しない ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数317
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

Gです、こんにちわ! 文法上の説明を聞いているのですか? paninixxさんなどが、うまく、文法的に説明してくれると思いますよ。 とにかく、使える英語、としての角度から、説明しますね。(文法的な説明にもなるのかな) Long time, no seeのseeは確かに動詞ですが、名詞的に使われているんですね。つまり、Oong time, no food.として、長い間食べていない、と言うフィーリングを伝えられますね。 ただ、long time no seeを分類学的に、体系付けたり、区切るのではなく、これは、「長い間会わなかったな、元気かよ」という意味です、でいいと思いますよ。一般的アメリカ人は、それ以上の説明は求めないでしょう。 さて、sometimes no go schoolですが、多分、sometimes no go-to-schoolを早く言った為、toが聞こえなかったのだと思います。今、自分で言って見ましたが、確かに、toは聞きにくいですね。 でも、わたしなら、Sometimes we did not go to school. Sometimes we do not go to school.と言って、いつの事かはっきりさせたいですね。 これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

toが聴こえなかった可能性はありますね。 しかしおばあちゃんがこちらのことを考えてかなりゆっくり喋っていたので定かではありません。 Long time, no seeとの違いは良く分かりました。 ありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

Sometimes no go schoolというのはか~なり ブロークンは英語ですね。ただ、no goって 「あかん」のような使い方することも あるんですよ。 「例のプロジェクトの進行具合どう?」 「それがさぁ、もー、全然ダメ~」 "How's that project going ?" "No go" もしくは "It's a no go" みたいな感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そう言う使われ方もするんですね、 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • ma_
  • ベストアンサー率23% (879/3732)

このフレーズは、文法から外れたものですので、文法上から説明ができないものです。 文法上、間違っているものに文法上の説明をつけることは難しいと思いますし、意味がないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時々

    時々=sometimes だと思っていましたが、殆ど聞いた事がありません。 from time to time だけです。 どうしてでしょうか。

  • 次のような否定文について

    次のような否定文について He doesn't speak from notes,very often. という文は、very oftenの前にコンマが入っているので、意味的にHe doesn't speak from notes,that happens very often.と同じになり、部分否定的でなく全体否定的な「彼は原稿を見て話さない、それがとてもしばしばである」という意味になるそうです。これは部分否定的な意味にはならないということでいいのでしょうか? なので、※「I don't like her very much.」※という、副詞句very muchの前にコンマがない場合は、全体否定的な意味の「私は彼女が好きではない、それがとてもだ」という意味にはならないそうです。 しかし、例えば、「We couldn't see the view by thick fog.」という文や、「He doesn't go to school sometimes.」というようなこれらのコンマのない文は、「濃い霧のために、景色が見えなかった」・「時々、彼は学校に行かない」という意味でとるとすると、notの否定域を[ ]であらわすと [We couldn't see the view] by thick fog. [He doesn't go to school] sometimes. というように、副詞(句)のby thick fogやsometimesは否定域に入っていないが、by thick fogやsometimesは動詞を修飾する副詞なのでcouldn't see the viewという動詞の部分やdoesn't go to schoolという動詞の部分を修飾していると考えていいのでしょうか? もしそうなら、※「I don't like her very much.」※という文も、同じように、notの否定域[ ]は[I don't like her] very much.とvery muchは入らないが、very muchは動詞を修飾して、「私は彼を好きではない、それがとてもだ」という意味で(部分否定的ではなく)全体否定的な意味になることはないのでしょうか?(というかその場合、全体否定的と言っていいのでしょうか?) 質問が多くてすみませんが、どなたかご回答をお願いします。

  • 頻度の副詞の位置(アメリカでは)

    「sometimes,often,usuallyなどは、一般動詞の前、be動詞・助動詞の後に置く」と学校で習いました。"I don't eat breakfast."にsometimesを入れると "I don't sometimes eat breakfast.”になりますね。 私の持っている英語の文法書を見ると、「アメリカでは、助動詞・be動詞の前に置くことがよくある(特に強調でなくても)」と書いてあります。そうすると "I sometimes don't eat breakfast.""I often was late." などの言い方も普通といえるわけですか。「よくある」とありますが、一般的に認められて文法的にも正しいということ?でしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

  • 「ときどき」を英語で・・・

    「ときどき」という英語は熟語も含め結構 ありますが、私が今思いつくのは ・sometimes ・for time to time ・once in a while です。ほかに「ときどき」という英語はないでしょうか? 思いつく限り書いてほしいです。

  • 現在完了の訳し方です お願いします

    I am sometimes late for school. これの意味は「私は時々学校に遅れます」だと思うのですが。 I have sometimes been late for school. と現在完了になると、どういう意味になりますか。 訳を教えてください。お願いします。

  • やめる勇気も大切です

    やめる勇気、捨てる勇気も大切です、と英語では何と言いますか? ~するに充分な勇気を持つ事、という言い方をするのでしょうか? ~できるほど勇敢である事? それとも「~する勇」、という言い方があるのでしょうか? 「も」は sometimes とか from time to time でいいでしょうか? too なのかな? と、色々考えています。

  • 英会話の文について

    it's actually annoying sometimes.「それは実は困るのです、ときどき」という文があるのですが、なぜこの文の単語がこの順序になるのか分かりません。 it'sは主語とbe動詞だから最初に来るのだけはわかります。 actuallyは副詞、annoyingは形容詞、sometimesは副詞というのはこのような順番になるのでしょうか。 ご教授お願いいたします。

  • いつも同じになってしまう・・・

    タイトルでも使ったんですが、 「いつも」「毎回」「ときどき」などを言う時、 「always」「 everytime」「 sometimes」しか使ってません・・・その頻度というのがどれくらいを表すものなのか。私は日本語を話す時も、「いつもそうなの」「毎回同じ」→あまり違いなく言ってます。「数回」と言いたい時は「a few times 」を使いますが、それ以外は「sometimes」です。少し前に「これはときどき更新してるよ」というのを言うのに「i sometimes up-date it」としたら「i up date it frequently」のほうがいいと言われました。後者の方が圧倒的に身近な英語のように感じられます。しかし、なかなか使うことができないです。 質問になるのかわかりませんが、何かいいアドバイス、ご意見など欲しいです。

  • sometimesの位置

    子供から質問されて返答に困ってしまいました、どなたかご教示ください。 教科書の本文に People using cell phones sometimes aren't careful. という文が載っていました。 おそらく意味としては「携帯電話を使っている人々は時として不注意である」という内容だろうと思うのですが、 私がかつて中学生の時に英語を習った際には 「sometimesのような頻度を表す副詞の位置は、一般動詞の場合は動詞の前に、be動詞の場合は動詞の後に」というように習った記憶があるのです。 この場合はなぜbe動詞の前にsometimesがあるのでしょうか? 中学英語で恐縮です。どなたかよろしくお願いいたします。

  • Long time no see. について

    しばらく会っていない相手に会ったとき、「Long time no see.(I haven't see you for a long time.」と言うと思うんですが、これってしばらく会ってない、今も尚会っていない状態の相手にも使えますか? (e-mailで使いたいのですが)つまり「Long time no see」には「お久しぶりです」という意味の他に「ご無沙汰しております」というニュアンスも持っているのかどうかがわかりません。また、「ご無沙汰しております」と言いたいのならこう言うといいよ、という英語表現があったら教えてください。よろしくお願いします<m(__)m>