• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

表層改良の硬さ

ハウスメーカーに表層改良部分まで掘ってもらいました 大きさは15センチメートル四方です 帰った後 園芸用ショベルで掘るといくらでも掘れます 硬い部分に当たるのは石です。表層改良とはこんなものですか。 地面は大小の石が多いのでしなくても良かったのではと思う

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数591
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • shorun
  • ベストアンサー率42% (133/310)

No3です。 前質問の続きとは知らず、勝手にべた基礎を想定してごめんなさい。 独立基礎でしたね。 地盤改良と捨てコンの間に、15センチ程度の厚さで栗石または砂利を敷く設計・施工になっておれば、石があって当然です、その下が改良地盤である可能性もあります。  また、地盤改良幅は基礎コンクリート85センチより大きければ基礎コンクリートの横を掘れば、改良地盤面に届きますが、もし基礎コンクリート幅と同じぐらいだと横を掘っても改良地盤面には届かないので硬さを下方向の手掘りでは確認できないかもしれません。 もし10年前の基礎施工写真でも残っておれば構造は明らかになると思います。 それから >基礎下から地盤改良の間に10センチメートルの空間が出ましたが それは表層改良工事、実際の地盤の高低差がある事から 10センチメートルは表層改良されているそうです。 この文章では、「10センチ表層改良されている」説明は成立しませんね。 なお、沈下測定の基準点・方法がわかりませんが、 10年経過で1ミリなら測定誤差の範囲として、殆ど沈下の心配ないような気がします。以上は素人である私の想定です、 No4さんに賛成です、これ以上のコメントはご遠慮申し上げます、失礼いたしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問ですが 前回の回答で掘ると地盤がガタガタになり 良くないと言われましたが 2ヶ所でも良くないのですか 少し 不安になっています 

質問者からの補足

建物は軽量鉄骨です。 カタログでは捨てコンの下はすぐ基礎になっています。地盤は大小の石が多い山土を入れて造成されているので石は多いです。 基礎ベースの捨てコンの下15センチメートルを掘っても硬い部分に当たらないので ハウスメーカーは基礎ベース下から表層改良の間の10センチメートルの空間が表層改良で解消されるといいますが そんないい加減な工事がされたとは考えられないので確認します。 表層改良の上に基礎が載っていなければ 意味の無い工事になるのではないですか 50メートル離れた橋に大型車が通ると 1メートルの高さの擁壁から50センチメートル離れた和室はふすまがガタガタ鳴り、その上の2階は強い風が吹くと窓の上部分がビリビリと音がしますが地盤と関係ありますか メーカーは振動の影響といっていますがよく判りません 沈下測定の基準点はGLゼロ地点で三脚にカメラのような機械で測っていました 面倒な質問で申し訳ありませんが 表層改良の上に基礎が載っているのか確認するつもりです 2ヶ所も掘れば判るはずです どなたか ご意見頂ければ 助かります

関連するQ&A

  • 表層改良の上に基礎がのっていない

    隣地が空き地だったが 建築する事になり浄化槽の穴を掘ったら 境界のコンクリートの長さが90センチメートルあったので 我が家の表層改良の位置を調べたら 表層改良と基礎の間が19センチメートルの空間がある事が計算したら出たので ハウスメーカーに問い合わせたら地面を掘って見ると言われました 表層改良、基礎工事はそれぞれの業者さんですが 現場監督はハウスメーカーの社員です。 10年検査で地盤沈下は1mmと言っていました。ここは雪は多くないですが地域が2メートル積雪地域の為 基礎ベース幅は85センチメートルです 表層改良した時の写真に移っていた定規を基に出したのですが 地面を掘らないと判らないものですか

  • 表層改良と基礎の間の空間

    計算上、表層改良と基礎捨てコンの間に10センチメートルの空間がある事が判明しました  ハウスメーカーは計算上は空間が出たが表層改良工事をした時に地盤の高低さもあるので解消されて空間は無いと言います。そんないい加減な工事がされたとは考えられません。 地面を捨てコンから10センチメートル以上掘っても硬い部分が見えません。メーカーがうそを言っているとしか思えないのですが

  • 表層改良の見積もりについて。

    表層改良の見積もりについて。 土地を購入したのですが、ハウスメーカーのサウンディング試験より表層1m土が弱いので改良が必要であると判断されました。 柱状改良の場合、深さ4mで25本 127万円 でした。 表層改良と柱状改良があるのに,どうして柱状改良なのか質問しても,漠然としている状態のHM側. よくわからないので,表層改良の見積も追加で出してもらいました。 表層改良の場合、深さ1mで改良範囲は約72平米、129万円と出てきました。 表層改良の見積が高すぎるのではないかと、不信に思っています。 当初より、なんだかんだと理由をつけて、柱状改良をなんとしてでもやらせたい感があり、 柱状改良が必要な理由を聞いても表層のN値が足りないからだそうです。 柱状改良をさせるために、表層改良はもっと高い見積を出してきたのではないかと思ってしまいます。 この表層改良の見積価格は妥当でしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

表層改良をすると、2,3時間もするとかちかちになり、工事用ショベルでたたくとキーンキーンという金属音がするくらいになります。園芸用シャベルではとても掘れないのが普通です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます そんなに硬いのなら 我が家の改良は不良ではと 思います 頑張って掘って見ます 表層改良の写真では強度試験の土は茶色で圧縮されて下部分が少し崩れています (写真は住宅完成後2,3年経ってもらった) 同時期に同ハウスメーカーがアパートの表層改良をしたのを見たら表面が黒色でアスファルトのようでした 現場にいた人はその上を歩いていてとても硬そうでした。その人に聞くと乾いたら基礎をすると言っていました。一軒家の場合もアスファルトの色でした。 我が家の表層改良部分の写真は 白色に写っていて 試験物は茶色でした  私が夕方 現場に行くとすでに改良工事は終わっていて残土が載せられていたので何も判りません。 担当の新人さんは残土はあまり出ないと言っていたのに山の様に積まれていました。大体は一級建築士の人と決めたのですが 以後は新人さんでした。 10年点検の時に屋根がカラーベストなので 瓦に交換出来るのか 聞いたところ しない方が良いと反対されました  しかし 構造は積雪2メートル対応だから 大丈夫ではと聞くと 雪はあまり降らなくても 瓦は一年中 屋根に載る事になるので 雪は一時的に載るだけだから 瓦とは違うと言われ、 不思議に感じましたが どうなんでしょうか  基礎ベース幅が85センチメートルで50センチメートルの表層改良をして瓦がのったら地盤がさがるのでしょうか。営業の人で 専門的な説明はありませんでした。 構造保障は10年で終了しましたが もし 改良に問題があったらメーカーは何かしてくれるのでしょうか。何もしてくれなくても解明したいです。 本当に面倒な問題で申し訳ありませんが 判る事があったら何でも教えて頂ければ幸いです 宜しくお願いします   

  • 回答No.4

ご質問の主旨がわかりにくいのですが、 10年たって、家が傾いてきたとかの実害が出ているのでしょうか。 もしも、10年たって家が傾いてきたのなら、地震などの天変地変がなければ、 地盤改良の不具合を考えてみる価値はあると思います。 何の実害もないのなら、家の周りを掘り返すだけ地盤が緩みますから 損なことをしているにすぎません。 具体的に困っていることを書けば、明確な回答がもらえると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • shorun
  • ベストアンサー率42% (133/310)

園芸ショベルで掘った位置が添付図の埋戻しの底部分に間違いなければ、 15センチ四方の穴は、べた基礎なら深さが50センチぐらいあり、その下の改良地盤を簡単には掘れそうにないと思います。 穴の位置が間違っているか、でなければ改良不十分も想定されます。 次の2点を補足して、専門家の回答を期待してみてはいかがですか。 1. 穴は基礎コンクリートから何センチ離れて深さは何センチ? 2. 園芸ショベルで掘ったのは、表層改良施工何日後? また次の意味は私には理解できませんでした。 >表層改良と基礎の間に10センチメートルの差がある事が判りましたが 地盤の高低差、表層改良等でその差は解消されて

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます 原因は9月29日に質問している続きです 宜しくお願いします 1. 穴は床下で基礎下横15センチメートル以上掘りました ステコンが5センチメートルあります 手で掘っても柔らかく まだ 掘れますが大きな石で囲まれているので穴を広げられないので 外も掘ってみます 2. 10年経ちます 1階床面積90平方メートルに1メートル前後、深さ50センチメートルの表層改良にセメントは1立方メートル?(おおきな袋)を7袋使用しています。表層改良の内容は2年位して要求したら写真をくれて それを見ています 圧縮試験の写真はありますが結果は判りません 3. ハウスメーカーが計算(1ヶ所)したところ 基礎下から地盤改良の間に10センチメートルの空間が出ましたが それは表層改良工事、実際の地盤の高低差がある事から 10センチメートルは表層改良されているそうです。 4. 束ベースは土の上です 10年点検では地盤沈下は1mmです(5月実施)、家は何も感じる事がないので このままで良いのでしょうか

  • 回答No.2
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 表層改良というのは、現地盤にセメント系改良材を混合・攪拌する工法です。地耐力を上げるのが目的であって、地盤そのものをがちがちに固めるものではありません。シャベルなどで掘ればそれなりに掘れますよ。  石が多いのと地耐力の大小はあまり関係ないです。石が多くても全体としての密度が小さかったり空隙が多かったりすると軟弱な地盤と判断されます。要は圧密に対してどの程度の抵抗力があるか、というのが判断基準です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます ハウスメーカーが計算したところ 表層改良と基礎の間に10センチメートルの差がある事が判りましたが 地盤の高低差、表層改良等でその差は解消されて 表層改良の上に基礎が載っていると言われましたが そんなものでしょうか

  • 回答No.1

セメントを混ぜたのでは。 時間を置いてまた掘ってみては。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 表層改良

    地盤調査の結果、補強が必要という結果が出ました。1メートルから3メートルの間が少しやわらかいみたいでN値2から4の範囲で、3メートル以降はN値が9以上ありまあまあの値みたいです。地盤改良の方法が1、5メートルまでの表層改良をするみたいです。素人なのでよくわからいのですが地盤がしっかりしているのが3メートル以降のの部分なのに1.5メートルの所までの表層改良で意味があるのでしょうか?あと25坪、25坪の木造二階建ての場合3メートルぐらいの所までがやわらかい場合は地盤改良は必要なのでしょうか?素人判断ですが3メートル以降が硬ければ地盤改良も必要ないようなきがするのですがどうでしょうか?

  • 表層改良の費用

    建坪39坪の家を新築予定です。形は総2階建てで約9M×8Mです。地盤調査の結果、2~3M下に石がたくさんあると言う事で、鋼管杭打、コンクリート杭不可と言う事でした。 色々と話し合った結果、表層改良で行きましょうと言う事になりましたが、費用が「鋼管杭打100万」から「表層改良120万」に変わりました。 色々なサイトを見ていても、ちょっと法外な金額のような気がします。 擁壁の部分にも土圧がかかると言う事で、一面10M程度だけ表層改良をします。 隣が親の畑の為、表層改良の工法や材料にも若干の不安があります。 大手HMですが、ベタ基礎はしていないとの事です。 よろしくお願いします。

  • 表層改良不良の返金

    表層改良部分と基礎べース部分が接していない場合、表層改良した意味が無いと思うのですがその場合 返金してもらえますか

  • 地盤改良 表層改良工法について

    新築物件を建築するにあたり、表面波探査法の検査により地盤改良が必要となりました。下記調査会社よりの報告です。 **検査報告** 現状地盤より-1.2メートル程度までに建物荷重を支えうる支持力が不足しているバランスの悪い不安定な地盤であると思われ、現状地盤より-1.2メートル程度まで掘り返し、床付面を充分に転圧を行い、表層改良(10.3m毎転圧)での施工が必要。振動ローラ・タンピングランマーにて転圧、プレートランマーは使用不可。 **特記事項** 調査地は既存物件のある敷地内、裏庭での計測です。 表面は全体的にやわらかく、付き棒検査では、60~80センチ程度貫入しました。調査データを、見てみると全ての測定地 地耐力30kN/m2未満の地盤があると思われます。(0.49~-1.22m程度の深さ) 敷地内には、大きな樹木があり、確実に撤去することをお勧めいたします。 上記の報告があり、表層改良を1月上旬に行い、棟上げは先月末に終了しています。本日現地の様子を見に行ったところ瓦がすでに葺かれ、窓の設置が行われていました。が、2.3日雨が続いていた影響なのか、建築建物基礎のすぐ横の土の部分(足場が組まれている建築建物側)に1メートル四方の土地の陥没を発見しました。 その上を歩くと陥没部の土はフワフワ、踏めば踏むほど周りの陥没していない土の部分までが、みるみると沈下していき地盤改良がきちんと行われていたのか不安になりました。地盤改良後の検査データは不動産会社から頂いていません。 現場の大工に確認したところ、木が生えていた場所だからまだ土が落ち着いていないだけで大丈夫だと返答されました。(この土地は大きな樹木があった場所で今回建築にあたり、植木屋さんに根ごと撤去してもらっています。) 今のところ陥没があった南側は基礎の真下までしか表層改良がされていないようです。一般的に表層改良は建物基礎部分から前後左右どれぐらい改良されるものなのでしょうか? どなたか詳しい方アドバイスをお願い致します。

  • 表層改良工事と柱状改良杭工法について

    購入を考えている土地があるのですが、地盤改良が必要とのことで、その工法は表層改良(深度2メートルまで)ということでした。土地は小さな山の緩やかな斜面になる部分で、このような形状の土地ではほとんどの場合土地改良は必要だという話なのですが、そんな話は本当なのでしょうか。 また、うちの希望している土地の両隣は柱状改良杭工法が必要という話ですが、うちは表層改良だけでいいということです。そのような土地で表層改良だけで十分な地耐力を得られるものなのかもお教えいただけると有難いです。よろしくお願い致します。

  • 表層改良とべた基礎の仕様について

    お世話になります。以下の内容について専門家のご意見を頂きたくよろしくお願いします。 木造2階建て(総2階)・瓦屋根・外壁窯業系サイディングほぼ長方形で1階床面積85m2(約26坪)です。 1.SWS式の地盤調査でGLより1.5M以深では換算N値5以上の粘土層で自沈層はなし 2.おそらく1.5Mの表層改良(セメント系固化剤による攪拌)になりそうです Q1.表層改良時の転圧はユンボによる突き固めと言われていますが、ランマー転圧もしくはローラー転圧しなくても良いでしょうか? Q2.1.5Mの場合、何回に分けて攪拌・転圧するのが妥当でしょうか? Q3.表層改良後に最低養生期間を見たほうが良いでしょうか? Q4.表層改良後に砕石地業、捨てコンは打たないと言われましたが妥当でしょうか? べた基礎の仕様ですが 根入れ12cm・ベースコン厚17cm・ベース上端=GL+5cm 立ち上がり幅15cm 高さGL+42cm 配筋 D13@30cmですが Q5.外周部もL字型(基礎断面、地中梁部がなくまっ平ら)ですが根入れ12cm(基準法最低)で、横滑りなどは心配しなくて良いでしょうか? Q6.ベース部に強度を持たす必要はないと思いますが 30cmピッチ(基準法最低)というのはどうでしょうか? (将来ジャッキアップするとかは考えてません) 長文となりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 軟弱地盤の表層改良工法

    【背景】 新しく分譲された土地を購入し、スウェーデン式サウンディング試験により、7mほどの鋼管杭が39本の地盤改良工事が必要となりました。 いざ、地盤改良工事がはじまると、深さ60cmのところで、ヨウ壁の一部が、土地の底面に底皿として折入っていることがわかり、端っこの一列の5本の鋼管杭をあきらめ、表層改良工法となりました。 【質問】 他34本は鋼管杭にて対応、一列5本のみ表層工法で、さらに軟弱地盤と聞いています。 将来、この表層工法部分だけが地盤沈下するのではないかと心配しています。 (その場合、家に亀裂が入るなど) この方法は適切なのでしょうか? 今回、建築にあたり財団法人の瑕疵担保保証には加入済みです。 よろしくお願いします。

  • 地盤改良の費用について教えてください。

    ハウスメーカーで新築します。 1階が17.5坪の総2階建てです。 先日、土地の地盤調査が終わったそうで、その結果を聞きました。 GL-2.5m程度のところにそこそこの地盤があるため、 2.0mの表層改良で130万円かかると言われました。 ざくっり聞いただけですが、 現状、GL+0.5mの状態で、2.5m掘ってGL+0mから2.0mの表層改良をするそうです。 その後、GL+0mからの深基礎にすると言っていました。で、130万円。 3.0mの柱状改良でも良いが、表層改良のほうが多少安く済むため、表層改良を推奨するといわれました。 ネット等で見ると、表層改良は20坪で3-70万程度といろいろ見られますが、 130万なんて高額、見当たりません。高すぎませんか? 下記についてアドバイスください。 1. 今週末に、見積もりの詳細を出してもらう予定ですが、 それまでに少しでも知恵を付けておきたく、一般的な妥当な価格を教えてください。 2. 上記のような状態で、柱状改良、表層改良、どちらがオススメですか? (地域として低い土地ですので、できるだけ、基礎高はあげたいと思いがあります) 3. 交渉ごとになったら、どんな点を指摘したらよいのでしょうか。

  • 軟弱地盤の上に表層改良のある土地の購入について悩んでいます(長文です)

    マイホームのため土地を検討している者です。 数社のHMに相談はしてるのですが、意見が分かれ悩んでいます。 一般的なご意見をいただければ幸いです。 土地は、30年ほど前は田で、その後、元の地主さんが駐車場にする ため行った表層改良が地表面から1m程下に、50cm~1mの厚さ で、分譲地全体にわたって存在しています。 その土地を中規模の分譲業者(今回の売主)が購入し、9区画で 分譲しています(すでに6区画は建築済み)。元々は建築条件付 きの土地だったのですが、条件を外してもらったのでHMと相談 しつつ検討しています。 場所が谷地で、近くに小さな川が流れていることもあり、SSやボーリング のデータを見ても、相当、軟弱地盤の土地です(建築済みの家では13m 程度の鋼管杭を打ってるそうです)。 また、地下水位が非常に浅く、表面は乾いていても1m弱も掘ると、 どんどん水が浸み出てくるほどです。 この土地に家を建てるにあたって、杭を打つ部分についての表層改良 は売主負担で撤去してもらえることになっています。しかし、全面的 には撤去しないとのことで、既に周りの家はその方式で建ててるそうです。 しかし、表層改良の影響を巡って意見が分かれています。 多くのHMは、表層改良を残したまま建てることに難色を示している のですが、1社は杭さえしっかり施工すれば心配ないと言っています。 地盤以外は非常に気に入った条件の土地なのですが、軟弱地盤の上に 表層改良のある今回のケースで考えられる不具合や、建築する際の注意点 としてはどのようなことが考えられるでしょうか?

  • 表層改良

    SGL:KBM-1100,地盤調査はスウェーデン式サウンデイング方法です。 調査結果: 測定場所1」 地下水位/ミアタラズ、設計GL=調査GL/+0.01m、 測定場所2」地下水位/ミアタラズ、設計GL=調査GL/+0.13m、敷地内の段差は最大+1.2m,擁壁高さは最大+3.3m、結果は調査深度が浅い為、基礎工を提案できません。標準貫入試験等の追加調査を提案します。参考までに、最終貫入深さ以深の地耐力が、最終貫入深さの地耐力と等しいと仮定した場合の提案工法は部分深基礎・部分ラップル基礎を提案します。現状では3T基礎「基礎幅70cm」で支持できると思われる。HMは基礎幅85cm「宅地が積雪2m地域の為」で表層改良Z=500,GL-330で工事しました。建物に異常はありませんが、大雨が降ると床下の防湿シートの下の砂が水を吸っています。梅雨時は床下全体が結露します。結露は無くなるのに1ケ月かかります。工事は適切だったのでしょうか、床下はどうしたら、良いでしょうか、教えてください。HMは床下の結露等は地形が原因で当社に責任はないと言います。築7年です。