• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

表層改良と基礎の間の空間

計算上、表層改良と基礎捨てコンの間に10センチメートルの空間がある事が判明しました  ハウスメーカーは計算上は空間が出たが表層改良工事をした時に地盤の高低さもあるので解消されて空間は無いと言います。そんないい加減な工事がされたとは考えられません。 地面を捨てコンから10センチメートル以上掘っても硬い部分が見えません。メーカーがうそを言っているとしか思えないのですが

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数604
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

地盤改良時の写真があるわけですよね。 そうすれば地盤改良はされたわけですよね。 地盤沈下がもしするとして、地盤改良した地盤より上の土がどれだけ地盤沈下するでしょうか。 もし、1m下までしか地盤改良されていなかったとして1m普通の土で工事されていたとしても基礎をする際に転圧もします。果たして何センチ沈むでしょうか? せいぜい沈んだとしても1センチ沈まないと思います。 televiさんのところは10センチ~15センチくらいですか。 どれだけ沈下するでしょうか? 後、考えられること 掘っていっても同じ土質で変化がないとしたら、表層改良して固まった土を基礎するのに掘ってやわらかくなったと考えられるのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もう一つ 質問をお願いします 積雪2メートルで構造計算されている家のはずです 現在 屋根はカラーベストですが 瓦に替えたいとメーカーに尋ねたら反対されましたが、表層改良問題と関係がありますか

質問者からの補足

回答有難うございます  表層改良の上に残土が山のように積まれていた。改良の深さは50センチメートルです。 基礎を造っている所を一度見に行きましたが  端から土をどかしながら造っていました。土に挟まれて造っていました。 しかし 表層改良された上に基礎を造る方が楽だと思いますが 業者さんが表層改良を知らされていなかったとは考えたくないですが fujiさんの意見も考えられます。やはり もう1ヶ所掘るしかないです。 

関連するQ&A

  • 表層改良の上に基礎がのっていない

    隣地が空き地だったが 建築する事になり浄化槽の穴を掘ったら 境界のコンクリートの長さが90センチメートルあったので 我が家の表層改良の位置を調べたら 表層改良と基礎の間が19センチメートルの空間がある事が計算したら出たので ハウスメーカーに問い合わせたら地面を掘って見ると言われました 表層改良、基礎工事はそれぞれの業者さんですが 現場監督はハウスメーカーの社員です。 10年検査で地盤沈下は1mmと言っていました。ここは雪は多くないですが地域が2メートル積雪地域の為 基礎ベース幅は85センチメートルです 表層改良した時の写真に移っていた定規を基に出したのですが 地面を掘らないと判らないものですか

  • 地盤改良(表層改良)後の基礎のやり直しについて

    地盤改良(表層改良)後の基礎のやり直しについて こんにちは、現在Mホームで建築しているものです。 畑だった土地を表層改良(1メートル)の後、基礎工事が終わりそろそろ枠を外す 段階になって基礎の配置が間違えていたと施工会社から連絡が入り メーカーの判断で基礎を取り壊し正しい位置に基礎を打ち直すことになりました。 この場合、もういちど表層改良は必要ないのでしょうか? メーカーの営業は???施工会社は問題ないといっています。 心配なので専門家のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いいたします。

  • 表層改良とべた基礎

    地盤改良(表層改良)とべた基礎について教えてください。 表層改良とは、地盤を一定の厚みでセメント系等の改良材で混合攪拌して1枚の盤にしてしまうものと理解しています。また、べた基礎とは、接地圧の分散を図るものでN値が低い場合にとられる基礎型式と理解しています。 では、表層改良が必要な地盤とは、べた基礎でももたないような軟弱地盤が表層に薄く分布している地盤ということなのでしょうか? 通常、表層改良は1m程度しか行わないと思うのですが、だったらべた基礎の接地面を1m掘り下げても同じではないかと思うのですが。 質問の論点がぼけてしまって申し訳ありません。要は、「表層改良+べた基礎が必要な場合」とは、どのようなケースなのでしょうか? 基本的なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

そうでしたか。 地場に密着した工務店等でしたら、このあたりは地下水位が高いとか、風向きはこうなどの地理的なものを加味した設計や施工方法を採用しますがメーカー住宅の場合、統一なのでそんなことになるのでしょうね。 でしたら、近所の方に地下水位のことは聞けばわかるかと思います。 当社の場合ですが、地下水位が高い敷地では基礎砕石から排水を抜くこともあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鉄骨住宅なのに メーカーの構造体の10年延長の必須条件に床下の防蟻があります。 湿気は床下を時々 のぞいて生活します。 表層改良と基礎に関しては許せません。 表層改良をした意味があると回答した方もいましたが100パーセントではないように思います。 誰が間違えてこうなったのか、メーカーは何も言わず、アフターの担当者の対応で 穴を掘って 表層改良部分が見つかったので原因を聞かなかった事が失敗でした。 色々 教えて頂き有難うございました。

  • 回答No.7
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

地面の中のことですし、周辺を掘ってみるとか地盤改良をした際のデータなどを見るなど現地調査をしてみないと何とも言えないです。 適当なことを言ってご迷惑おかけするかもしれません。 地盤改良をされた会社か建築会社に問い合わしてみるといいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ハウスメーカーからは床下の湿気等は回りの環境の影響で 家を建てて見ないと判らないと素人のような事を言われています。 軽量鉄骨住宅で床下の鉄骨はさびがきていないので 大丈夫だそうです。  納得できずに10年経ちました。 有難うございました

  • 回答No.6
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

捨てコン10センチメートルの部分は水が流れる上流になり捨てコン無し部分は下流になりますが 表層改良の上に水がたまる事はないですか。 についてです。 表層改良は、コンクリート打設したようにガチガチのものでは無いはずです。よって隙間だらけといっては言い過ぎですが、空隙はありますので水は表層改良の中を流れていると思いますよ。 ですから、 梅雨時になると立ち上がり基礎の下部分が水分を含んだ色になり、水が上がってきているのが判ります。 秋以降は乾いています。 については、元々地下水位が高く梅雨時には水位が上がってきているのだと思われます。 対策としては、浸透管と砕石を使った暗渠排水をするといいかと思います。 地下水位の高いお宅ではこんな風に地下排水をしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

時間が経っているのに 回答頂き有難うございます。 地下水位が高いと言われれば 成る程と思います。 敷地の南側から70センチメートル下に2メートル強の道路があり、その下に幅2.5メートル程の川があります。 表層改良の底は増水した時の水位と同じ位の位置のようです。雨が降るとすぐ増水しますが、雨が止むと下がります。 敷地の西側から70センチメートル下に2.5メートル程の道路があり、道路から1.3メートル下に畑があります。畑は川底より低いです。 敷地の北側上は道路があり山に続いています。 家から80メートル上に幅15メートル程の堰堤があり水がたまっています。 その下に4宅地があり、我が家は一番下になります。 川の側面は石積みです。 このような環境の場合 地下水位はどうなりますか。 いろいろ質問して申し訳ありませんが 宜しくお願いします。

質問者からの補足

立ち上がり基礎の下部分10センチメートルが梅雨時期に水を含んだ色になる場所は床下で、外周基礎は濡れても晴れれば表面は乾いています。日の当たらない北側は判りませんが 今まで気ずいていないので乾いていると思います 犬走りはコンクリートで北、東は全てコンクリートです。 南は10畳、西は3畳程の土です。 細かくてすみません。 宜しくおねがいします。

  • 回答No.5
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

先ずは、表層改良の件です。 表層改良は土をかき混ぜただけで、レベルを見て水平に迄はしません。 また、表層改良が終了してからではないでしょうか、実施GLが決定されるのは。 また基礎の底ですが平らではありません、荷重を支える部分は地中に埋まる部分も多いので基礎をするときは、掘るか埋めるかしないと基礎はできないです。 積雪2メートルで構造計算されている家のはずです 現在 屋根はカラーベストですが 瓦に替えたいとメーカーに尋ねたら反対されましたが、表層改良問題と関係がありますか? についてです。 カラベストと瓦では、建築基準の構造上の安全基準で「軽い屋根」と「重い屋根」に分かれ必要な壁量(耐震壁)の計算にまで影響が出てしまいます。 よって表層改良の問題ではなく、耐震性、風圧力に建物が耐えられるようにする構造の安定性に関係するのです。

参考URL:
http://www.mokutaikyo.com/susume/07-2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます ご返事が遅れて申し訳ありません。 GLは表層改良をする1ヶ月以上前にSGLとして計算されています。 基礎部分を2ヶ所 掘ったところ 表層改良に捨てコン無しで基礎が乗っている部分と表層改良に捨てコンが10センチメートルしてある部分がありました。強度的には問題がないのでしょうか。 捨てコン10センチメートルの部分は水が流れる上流になり捨てコン無し部分は下流になりますが 表層改良の上に水がたまる事はないですか。 梅雨時になると立ち上がり基礎の下部分が水分を含んだ色になり、水が上がってきているのが判ります。 秋以降は乾いています。 構造計算はされていませんでした かわらに 変えても耐力的に大丈夫だけど、リフォームする場合 構造計算しなくてはならないそうです。 宜しくお願いします。

  • 回答No.3
  • ebisenn
  • ベストアンサー率24% (44/178)

こんにちは、判断する上で確認したいのですが「計算上」と度々出て来ますが、どのような計算方法でしょうか?また10cm位の空間とは土も何も無く建物が浮いている状態と考えて良いのでしょうか?掘ったのは建物の基礎際ですか?周囲何ヶ所掘りましたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます 下の方の補足欄に書きました 宜しくお願いします

  • 回答No.2
noname#105344
noname#105344

もし、そうだとしたら、相当珍しい工法ですね こっちの方が工事が面倒だと思いますが。 その間に何もない?と思ってらっしゃるんですよね。 コンクリート造の斜面地等では全て埋め戻しをしない判断もあるので すが、一般住宅ですよね。どこまでの斜面かわかりませんが、 そういう、かなり斜面やコンクリート造の場合、いろいろな 判断はあります。 普通、地面があって、石系をひいて、捨てコンがあって その上に型枠を組まずに、宙に浮かしたのですね。 要は、わざわざ、基礎の下に型枠で浮かしたという事? お金がかかりそうですし、面倒だと思いますが。 計画をみないとわからいかな。 表層改良は、いろいろありますし、10センチメートルぐらい のレベルではなく、一般住宅では20センチ、30センチぐらいから 支持地盤ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます 軽量鉄骨の一般住宅です。私の計算とメーカーの計算の値が同じでした。 相手は一級建築士で私は表層改良の写真に写っている定規を基本に出したのですが 私は間違っていなかったと思っています。 まさか 基礎を作った業者が表層改良を知らなかった事があったのかなとも 疑っています 素人で回答が理解できませんが 10センチメートルの空間(土)があっても問題が無いのでしょうか  表層改良に斜面は影響していません 床下を1ヶ所掘りました 10月2日にも質問しています  宜しくお願いします

  • 回答No.1
  • 03594
  • ベストアンサー率32% (148/456)

通常捨てコンの下には6~10cmくらい砕石敷となっていると思いますが、小さな石ころがたくさん出てきませんでしたか? 計算上10cmの空間というのは多分設計図か施工図での計算ミスだと思いますが表層改良自体はちゃんとされていると思います。 そもそも表層改良は土と改良材を重機で攪拌(かくはん)するだけなので1cm単位で施工できるものではありません。誤差は5cm程度あるかもしれません。 転圧後にレベルが合わなければ砕石敷で調整するので問題ないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難うございます 捨てコンの下にたくさんの石等はありません 

関連するQ&A

  • 表層改良の硬さ

    ハウスメーカーに表層改良部分まで掘ってもらいました 大きさは15センチメートル四方です 帰った後 園芸用ショベルで掘るといくらでも掘れます 硬い部分に当たるのは石です。表層改良とはこんなものですか。 地面は大小の石が多いのでしなくても良かったのではと思う

  • 表層改良の上から鋼管杭

    軽量鉄骨メーカーで建坪15坪の2階建てを新築中です 建築にあたって地盤改良をしました。 支持層が4m程下にあるのですが表層改良を1.5m~2.8mしており、 この改良から支持層までの強度はどうなるのか説明を求めた所 納得いくものではなく、表層改良の上から鋼管杭を25本 支持層まで打ち込む事となりました。 最初の説明では表層改良の下の支持層までの約2m程の軟弱層はN値が3程なので 反発力?が働き大丈夫との事でしたが、話し合いの結果、表層改良に鋼管杭を 打ち込むという事になりました。土質は砂質土と粘性土です。 そこで質問ですが、堅い表層改良に杭を打ち込んで大丈夫なのでしょうか? 基礎ももうできており(布基礎)、それを壊して作ります。 もしかしたら杭を打つ事でより結果が悪くなるのではないかと心配です。 鋼管杭にする事により基礎が今より細くなるという説明を受け、そこも心配です

  • 表層改良と布基礎について

    初めて質問させていただきます。よろしくお願いします 私の実家ですがとあるHMにてH4年夏着工、H5年初頭に引渡しとなった家ですが現在建物の対角で約9cm傾いております。 もともと軟弱地盤で知られる土地で、さらに新築時に周りの土地とレベルを合わせる為に約1m盛り土をしております。 そのような場所で当初HMはベタ基礎を考えていたようですが、それでも不安があったので盛り土分約1mを表層改良を行うこととし、 それに伴いHMは布基礎に変更して工事いたしました。 結果的に築約9年時に異変を感じて測定依頼すると建物の対角で約9cm傾いておりました。 そして時間はたっていますが先日再測定を行い同様に約9cmの傾きでした。 HM側の説明ですが基礎部、表層改良部に問題はなくその下部の地盤部が 沈下して現状のようになったそうです。当時の技術的知見では予測不能であり100%の補償はできかねるとの回答でした。 現在は傾き修正のための見積もりをしていただき、そのうちどの程度HMが補償できるかの検討をしていただいております。 長くなりましたが私としては当時の技術的常識がどうだあったか知りたいと考えています。(HMの言い分は正しいのかを確認したい) さらに何かお勧めの学術文献や裁判の判例等がありましたら教えていただきたくよろしくお願いいたします。 グダグダの文面で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

  • 表層改良工事について教えてください

      このたび新築を予定しています。建坪35坪 1階19坪  HMの見積もりの中に、地盤改良費120万(調査後確定)が含まれていました。 120万は柱状改良の予定 調査の結果1.2M表層改良を行う予定であり、見積もりだしてもらったところ120万かかるとの報告を受 けました。   内訳        表層改良1.2M   750000円        無粉塵改良工事  170000円        残土客土費     280000円  税抜 無粉塵改良は、住宅密集地であるため土埃を立つのを防ぐために必要な粉であり、まわりに気を使  わないのであれば170000円は必要ないとの説明をうけています。 無粉塵改良はやった方がよいのでしょうか? 表層改良だと費用が半分くらいだと思っていただけに、営業マンにたいする不信感でいっぱいです。 よろしくお願いします。    ちなみに人力等、必要な土地ではありません。   

  • 地盤改良 表層改良工法について

    新築物件を建築するにあたり、表面波探査法の検査により地盤改良が必要となりました。下記調査会社よりの報告です。 **検査報告** 現状地盤より-1.2メートル程度までに建物荷重を支えうる支持力が不足しているバランスの悪い不安定な地盤であると思われ、現状地盤より-1.2メートル程度まで掘り返し、床付面を充分に転圧を行い、表層改良(10.3m毎転圧)での施工が必要。振動ローラ・タンピングランマーにて転圧、プレートランマーは使用不可。 **特記事項** 調査地は既存物件のある敷地内、裏庭での計測です。 表面は全体的にやわらかく、付き棒検査では、60~80センチ程度貫入しました。調査データを、見てみると全ての測定地 地耐力30kN/m2未満の地盤があると思われます。(0.49~-1.22m程度の深さ) 敷地内には、大きな樹木があり、確実に撤去することをお勧めいたします。 上記の報告があり、表層改良を1月上旬に行い、棟上げは先月末に終了しています。本日現地の様子を見に行ったところ瓦がすでに葺かれ、窓の設置が行われていました。が、2.3日雨が続いていた影響なのか、建築建物基礎のすぐ横の土の部分(足場が組まれている建築建物側)に1メートル四方の土地の陥没を発見しました。 その上を歩くと陥没部の土はフワフワ、踏めば踏むほど周りの陥没していない土の部分までが、みるみると沈下していき地盤改良がきちんと行われていたのか不安になりました。地盤改良後の検査データは不動産会社から頂いていません。 現場の大工に確認したところ、木が生えていた場所だからまだ土が落ち着いていないだけで大丈夫だと返答されました。(この土地は大きな樹木があった場所で今回建築にあたり、植木屋さんに根ごと撤去してもらっています。) 今のところ陥没があった南側は基礎の真下までしか表層改良がされていないようです。一般的に表層改良は建物基礎部分から前後左右どれぐらい改良されるものなのでしょうか? どなたか詳しい方アドバイスをお願い致します。

  • 軟弱地盤の表層改良工法

    【背景】 新しく分譲された土地を購入し、スウェーデン式サウンディング試験により、7mほどの鋼管杭が39本の地盤改良工事が必要となりました。 いざ、地盤改良工事がはじまると、深さ60cmのところで、ヨウ壁の一部が、土地の底面に底皿として折入っていることがわかり、端っこの一列の5本の鋼管杭をあきらめ、表層改良工法となりました。 【質問】 他34本は鋼管杭にて対応、一列5本のみ表層工法で、さらに軟弱地盤と聞いています。 将来、この表層工法部分だけが地盤沈下するのではないかと心配しています。 (その場合、家に亀裂が入るなど) この方法は適切なのでしょうか? 今回、建築にあたり財団法人の瑕疵担保保証には加入済みです。 よろしくお願いします。

  • 地盤改良が必要なの???

    マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、 表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1 3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土 6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。 杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。 その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

  • 基礎工事の施工ミスについて

    こんにちは。少し皆さんの意見をお聞きしたくて投稿しました。今とあるハウスメーカーで家を建てている最中で、基礎工事が完了した所です。しかし、現場で基礎の位置が10cmずれて施工されていることを告げられました。完全なミスで担当の方は謝罪していたのですが、やり直しができないのでこのまま進めさせて欲しいとの事でした。地盤改良では正しい位置に杭を打ち込んでいるので、基礎と杭には10cmのずれがある事になります。強度上問題がないかを再度計算してもらっている所ですが、そのような家に今後何十年も住み続けるのに不安があります。やはり基礎工事をやり直してと言うべきなのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 地盤改良の費用について教えてください。

    ハウスメーカーで新築します。 1階が17.5坪の総2階建てです。 先日、土地の地盤調査が終わったそうで、その結果を聞きました。 GL-2.5m程度のところにそこそこの地盤があるため、 2.0mの表層改良で130万円かかると言われました。 ざくっり聞いただけですが、 現状、GL+0.5mの状態で、2.5m掘ってGL+0mから2.0mの表層改良をするそうです。 その後、GL+0mからの深基礎にすると言っていました。で、130万円。 3.0mの柱状改良でも良いが、表層改良のほうが多少安く済むため、表層改良を推奨するといわれました。 ネット等で見ると、表層改良は20坪で3-70万程度といろいろ見られますが、 130万なんて高額、見当たりません。高すぎませんか? 下記についてアドバイスください。 1. 今週末に、見積もりの詳細を出してもらう予定ですが、 それまでに少しでも知恵を付けておきたく、一般的な妥当な価格を教えてください。 2. 上記のような状態で、柱状改良、表層改良、どちらがオススメですか? (地域として低い土地ですので、できるだけ、基礎高はあげたいと思いがあります) 3. 交渉ごとになったら、どんな点を指摘したらよいのでしょうか。

  • 表層改良とべた基礎の仕様について

    お世話になります。以下の内容について専門家のご意見を頂きたくよろしくお願いします。 木造2階建て(総2階)・瓦屋根・外壁窯業系サイディングほぼ長方形で1階床面積85m2(約26坪)です。 1.SWS式の地盤調査でGLより1.5M以深では換算N値5以上の粘土層で自沈層はなし 2.おそらく1.5Mの表層改良(セメント系固化剤による攪拌)になりそうです Q1.表層改良時の転圧はユンボによる突き固めと言われていますが、ランマー転圧もしくはローラー転圧しなくても良いでしょうか? Q2.1.5Mの場合、何回に分けて攪拌・転圧するのが妥当でしょうか? Q3.表層改良後に最低養生期間を見たほうが良いでしょうか? Q4.表層改良後に砕石地業、捨てコンは打たないと言われましたが妥当でしょうか? べた基礎の仕様ですが 根入れ12cm・ベースコン厚17cm・ベース上端=GL+5cm 立ち上がり幅15cm 高さGL+42cm 配筋 D13@30cmですが Q5.外周部もL字型(基礎断面、地中梁部がなくまっ平ら)ですが根入れ12cm(基準法最低)で、横滑りなどは心配しなくて良いでしょうか? Q6.ベース部に強度を持たす必要はないと思いますが 30cmピッチ(基準法最低)というのはどうでしょうか? (将来ジャッキアップするとかは考えてません) 長文となりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。