• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。 口語=話し言葉 文語=書き言葉  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数12868
  • ありがとう数25

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>口語=話し言葉 >文語=書き言葉 というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、 日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。 結論から言えば、 口語=現代語 文語=古語 というのが普通の理解です。 「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、 「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。 江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。 江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。 そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。 日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、 「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。 現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。 中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。 そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。 そういうわけで、 現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」 「文語」=「古典語」ということになりました。 ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、 「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。 すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、 「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。 もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。 お気の毒です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご親切に回答していただきありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 話し言葉の質問(「生まれてこの方」、「大きな雪」)

     日本語を勉強中の中国人です。  次の話し言葉は自然な日本語になっているのでしょうか。   1.私は生まれて初めてこんな大きな雪を見ました。 2.私は生まれてこの方こんな大きな雪を見ました。 疑問点 1.「生まれてこの方」は口語にも使えるのか。 2.「大きな雪」とは言わないのか。  また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ有難いです。よろしくお願いいたします。

  • 「文語と口語について」

    過去の質問でそういうのがあったのですがベストアンサーの回答は書き言葉ならば文語という趣旨だと思います。それは分かりいいのですがそれで一般的に支障なく通じるのでしょうか。 確かに作品では会話文において口語ではなく口語体というものが多々あり会話(口語)としてはおかしいのですが、口語と口語体の使い分けも以上のような形で宜しいのでしょうか。 また、小説などで「」の文は会話文と呼ぶのが正式ですか。他は地の文でしょうか。会話文と地の文では対として醜い感じがしますが。まとめてください。 よろしくお願いします。

  • 文語と口語の違い「お世話になります。~なっています。」

    文語と口語の違い「お世話になります。~なっています。」 初めて投稿致します。 表題の通り、文語(書き言葉)と口語(話し言葉)の違いについて 教えて頂けますでしょうか。 以前受講したビジネス研修では「っ」の入った文章は口語にあたるので、 なるべく文章の中では使わないようにと指導を受けました。 そこで質問なのですが、メール等の文章の書き出しにふさわしいのは 1・いつも大変お世話になります。 2・いつも大変お世話になっております。 のどちらが正しいのでしょうか? 今回、別のビジネス研修を受講したところ、講師は「2」を使用していたので 確認の為、どちらが正しいのか質問をしたところ、 「それって私が間違っているって事!!」と、 かなりきつい口調で言われ、その後、相手の剣幕に押されてしまい、 質問内容じたいが、うやむやにされてしまいました(涙)。 お忙しい中、申し訳ありません。 何かしらのご回答を頂けますでしょうか。 よろしくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

1mizuumiさん、ご飯食べましたか? 国語の試験・日本語検定の回答では、 口語=話し言葉 文語=書き言葉 と書くのが正解です。 「話し言葉」、「書き言葉」は小学校で使う言葉・表現です。 子供向けの「口語」=「話し言葉」、 子供向けの「文語」=「書き言葉」と覚えました。 平安~江戸時代の幕末に使われた言葉は文語だけで、 「口語」という表現・分類は有りませんでした。 つまり文語が標準語でした。 (しかし、方言としての「口語」は有りました。) 明治以降に政府による「学校」が作られ、 北海道~沖縄までの日本中の言葉を統一するために、 文章で多用された「文語」を標準語とし、 方言(話し言葉)を「口語」と呼ぶようになりました。 (一般的には、東京方言を「口語」と言います。 中国の普通話と北京語の関係に似ていますね。) 現在使われている標準語は、 文語と口語を第2次大戦後に統一・精査し、 新しい「標準語」として制定したものです。 従って、現在の標準語には、口語・文語の分類は無いです。 日本語文学の中での「口語・文語」の区別は、 明治~第2次大戦終戦以前の期間の日本語を指します。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E8%AA%9E  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%AA%9E  ------------------------------------------------------------- が、しかし、現実には2番さんの解答のように、 慣習としての「口語・文語」は現在も使われています。 日本語も時代と共に変化しています。 現在、**日常会話の中で使われる「書き言葉・話し言葉」**は、 別の意味も持っています。 ちょっと理解しにくいですが、 一般的には下記のように区別して使われる**場合も有ります。** 口語 = 一般的に「~です・~ます」を使う と思われている。      主に明治~昭和に使われた東京弁を指す。 文語 = 一般的に「~だ・~である」を使う と思われている。      主に明治~昭和に使われた標準語を指す。 現代的「書き言葉」=現代的「文語」  上司や客との対話や、書類、契約書、公共機関の知らせ、   ニュース・新聞などに使う丁寧な現代公用語。    文語形態で使うが、大部分で(~です・~ます)を使用します。 現代的「話し言葉」=現代的「口語」  親、兄弟や友達との会話に使う現代日常会話語     口語形態で使うが、友達との会話では(~です・~ます)は使わない。   (~よ。~だよ。~だよね。~って。~ね。)などが多く使われます。 例  デートの後のメール 現代的書き言葉→「今日はとても楽しかったです。また、誘って頂ければ幸せです。」 現代的話し言葉→「今日はとても楽しかったね。また、誘ってくれたら嬉しいな。」 感謝状 正式な文語→「この度は色々とご配慮頂き、真に有難う御座いました。」 現代的書き言葉→「今回はとてもお世話になりました。本当に感謝しています。」 現代的話し言葉→「いやー、ありがとねー。ほんま、感謝してるわ。」(関西弁) ---------------------------------------------------------------- *普通体(常体)および 丁寧体(敬体)の区別* 常体-原形・基本形の文章で、文末に「~だ・~である」を使う。 一般的に「~だ・~である」は、自分に対して、また、目下・部下に対して使います。  敬体-文末に「~です・~ます」を使う丁寧な言葉。 一般的に「~です・~ます」は、目上・上司、一般人に対して使い、敬語を含みます。 本来、「常体/敬体」は「口語/文語」とは無関係なのですが、 夏目漱石などの近代小説で「常体」が多用されたために、 常体を使う文章=「文語」と思われるようになりました。 (誤認・混同された) http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/c01c07.htm http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%AC%E4%BD%93#.E6.99.AE.E9.80.9A.E4.BD.93.E3.83.BB.E4.B8.81.E5.AF.A7.E4.BD.93 どうでしょうか? なんとなく、ぼんやりと理解できたでしょうか? ややこしいですね。説明が下手で御免なさい。 ( > _ < ) では、また。 改天見。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 kentaulusさん、おはようございます。朝ごはんは食べました^^。ご丁寧に回答していただき誠にありがとうございます。関係が複雑で、難しいですね。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#111034
noname#111034

古めかしい・難しいほうを先にして,数学的に書くと, 文語 < 書き言葉 < 口語 <= 話し言葉 じゃないでしょうか。文語は「古文」であり,いまは使われなくなったものと(ぼくは)認識しています。しかし,書き言葉の中に文語(的表現・語彙)がまじることはあります。 口語と話し言葉の区別は,ないともいえます。しかし,話し言葉が定義上どこまでもくだける(下卑てくる)可能性があるのに対し,口語は一定の品位はもつのではないかと,これもぼくの個人的な認識です。 実例をあげると: 「日本人だってこんな問題わからねえよ。」話し言葉,江戸弁 「日本人でんこげな問題わからんばい。」話し言葉,北部九州弁 「日本人だってこんな問題わかりません。」標準的な話し言葉 「日本人でもこんな問題はわかりません。」不特定多数の人前でもしゃべれる口語(文章としてはメールのような軽いものには書ける) 「日本人でもこのような問題はわからない。」書き言葉(正式な表現として論文にも書ける) 「日本人といえどもこのような問題はわからない。」文語(=いえど も)混じりの書き言葉 「日本人といへどもかやうな問題に答ふることかなはず。」文語(旧かなづかい)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 英語の話し言葉と書き言葉の違い

    このカテの質問で アメリカ英語とイギリス英語の違いに関する質問がいくつも見つかりました。 そこで、ちょっと目を引いたのが、アメリカ英語もイギリス英語も書き言葉では違いが小さいけれど、 話し言葉でははっきり違いが出てくるそうなのです。そう言えば、日本語でも方言差が顕著に現れるのは話し言葉です。 そこで質問ですが、英語の話し言葉と書き言葉は どれくらい違っているんでしょうか?

  • 書き言葉と話し言葉について

    こんにちは。 私は、日本語は書き言葉と話し言葉がかなり違った言語で、きちんと使い分ける必要があるとずっと思っておりました。最近、メールの普及もあって、これがずいぶん崩れてきていると思います。私自身も身内宛のメールにはかなりくだけた文章を書きますが、このごろ仕事関係でも口語だらけのメールを受け取ることがあり(比較的若い年代からが多いです)、困惑しています。Webやメルマガなど(公のもの)にも多数見られ、首をかしげたくなります。 そこで、他の方のご意見を伺いたいのですが、 ・この傾向は 嘆かわしいですか? 仕方ないですか? ・あなたは文章で人を判断しますか? 関係ないですか? ここで私の言う口語とは、例えば やめておく → やめとく ~しておく → ~しとく すみません → すいません 2:困っています → 2: 困ってます ^ ^; などです。 できれば年代と性別をお知らせ下さい。私自身は40代前半の女性です。単に他の方の意見を聞きたいだけなので、攻撃的な回答は遠慮致します。よろしくお願いいたします。

  • 話し言葉と書き言葉はどのくらい違いますか?

    話し言葉 What subjects are you having the tests on? 書き言葉 For what subjects will you have tests? この二つを比べて、文法的にどうこうではなく、 感覚的に違いを知りたいと思っています。 今、頭の中で「日本語で言ったらどういう感じなんだろうか」と 想像しています。 話し言葉は前置詞が文の終りに来る事でだいぶ砕けている雰囲気がします。 この二つはどのくらい雰囲気が違うものなのでしょうか? いずれネイティブスピーカー数人に聞いて この二つをどう表情を付けて読むか調べてみたいと思っています。 とても答えにくい質問とは思いますが、 この違いを感覚的に理解できるように説明をしていただけないでしょうか。

  • 「運転見合わせ」は話し言葉で?

    日本語を勉強中の中国人です。テレビで「運転見合わせ」という表現を見かけました。その「見合わせ」は硬い表現でしょうか。日常でも使いますか。話し言葉で普通何と言うのでしょうか。 また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それもご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 書き言葉の英単語と話し言葉の英単語

    はじめまして。現在英検準1級に向けて勉強中です。 日常的に英語を話していますが、会話文で使う英単語よりも 書き言葉で使われるフォーマルな英単語がたくさん試験に出るようです。 そこで質問なのですが、同義語でも書き言葉の英単語と話し言葉の英単語の2種類を分けてまとめてある本やウェブサイトをご存知ないでしょうか。 フォーマルな英語は普段使わず覚えにくいので、いつも使っている単語と関連付けて覚えたいのです。 よろしくお願いいたします!

  • 英語の文で話し言葉と書き言葉、日本語で言う敬語のような使い方が分かりま

    英語の文で話し言葉と書き言葉、日本語で言う敬語のような使い方が分かりません。"I should go home as quickly as possible" この言葉は、私は"急いで家に帰らないと!"というくらいの感じで書いたつもりですが、"私は出来るだけ急いで家に帰るべきです"という感じにもなると思います。実際ネイティブの方がみたらどの様に受け取るのでしょうか?話し言葉や書き言葉に明確な違いは有るものなんでしょうか?説明が下手ですみません。どなたか宜しくお願いしします。

  • 口語ではなく文語の質問です。

    口語ではなく文語なのですが、 二人の友情は永遠のものに・・・ 二人の愛情は永遠のものに・・・ これを文語にするとどのような感じになりますか? 永遠のものに…では後に続く言葉がないと難しいですか?? もし表現が難しいというのであれば、永遠のもになる(永遠になる…)みたいな感じでもいいです。 よろしくお願いいたします。

  • 「承る」でできたよく使う日本語の文

     日本語を勉強中の中国人です。「承る」(うけたまわる)という日本語は長くてなかなか覚えられません。この単語でなされた文の中では、よく使う文(できれば、話し言葉と書き言葉両方)を教えていただけないでしょうか。文で覚えたほうが楽かと思います。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 誉められた時に使う日本語らしい口語表現

     日本語を勉強中の中国人です。誉められた時に使う日本語らしい口語表現を覚えたいのですが、教えていただけないでしょうか。  私の言い方がおかしいかどうか、ネイティブの皆様に確認していただきたいのですが、よろしいでしょうか。 1.いえいえ、……さんの足元には及びません。 2.いえいえ。まだまだです。 3.いえいえ。そんなことはありませんよ。 4.そう誉められて、とても恥ずかしいです。  また、ほかの言い方や面白い言い方があれば、ぜひ教えてください。お願いします。  質問文の中には不自然な表現がありましたら、指摘していただければ大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • 「利子」と「利息」の違いは何でしょうか

     日本語を勉強中の中国人です。「利子」と「利息」の違いは何でしょうか。どちらが書き言葉で、どちらが話し言葉でしょうか。また、「利子率」と「利息率」の中で、どちらが正しい言い方でしょうか。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。