• ベストアンサー
  • 困ってます

「文語と口語について」

過去の質問でそういうのがあったのですがベストアンサーの回答は書き言葉ならば文語という趣旨だと思います。それは分かりいいのですがそれで一般的に支障なく通じるのでしょうか。 確かに作品では会話文において口語ではなく口語体というものが多々あり会話(口語)としてはおかしいのですが、口語と口語体の使い分けも以上のような形で宜しいのでしょうか。 また、小説などで「」の文は会話文と呼ぶのが正式ですか。他は地の文でしょうか。会話文と地の文では対として醜い感じがしますが。まとめてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1878
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • LN-TF
  • ベストアンサー率53% (319/595)

書き言葉=文語 が全てだとすると云うのは鳥渡云い過ぎなような気がします。 只、文語⇒書き言葉、口語⇒話言葉 位にして置いたほうが良いかと。 と云うのは「書き講談」と云うものがあるからです。当然「口演」する訳ではなく、「口演」を書き取った感じの文章を書いて行ったのですから。 なお、文章体と云うものがあります。所謂口語文の書簡などがそれにあたります。書簡のように喋る人は先ず居ないでしょうが(朗読などは別)、口語文の書簡は文語ではありません。飽く迄も「書き言葉」です。それに対するのが「話言葉」でしょうか。 口語と口語体とについては、大体その通りで初等的には良いかと思います。 それは逆に、文語と文語体と云う事もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり正確な伝達を望む者としては書き言葉=文語は抵抗がありますよね。それを禁止するような学問的な取り決めがなぜ出来ないのでしょうか。まったく何をやってんでしょう国語学者らは。彼ら以外に出来ない彼らの責務だろうに。

質問者からの補足

過去の質問「文語、口語、書き言葉、話し言葉」というのも見つけました。私は大体そんな認識だったのですがますます混乱します。 文語と文語体はよく分かりません、具体例で教えて欲しいです。 全く国語学は何をしているのかと思います。はっきりしないのでは話になりません。とりあえず国立大に国語学は税金の無駄という事になります。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

     日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。 口語=話し言葉 文語=書き言葉  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 質問・回答を見ていて思った事

    よく質問文や回答文を見ていて思うのですが、「書き言葉」は圧倒的に標準語です。たまに関西弁等の文章を見かけますが少数ですよね。 全国、海外からアクセスがあり、標準語でないと伝わらないから、書き言葉は標準語になっているかとは思うのですが、話し言葉(口語)が標準語でない方々は読んでいて、又は書いていて、違和感は感じませんか? 書き言葉と口語の使い分けなど、親や学校教育では習わない事ですが、不思議と出来ますよね?これはなぜ?と思ってしまいます。 単に口語でも標準語を使う事は可能だけど、(自分がそうなのですが)周りに合わせて方言を使っているだけでしょうか?

  • web小説の文体

    これまでweb小説を読む時間のゆとりがなく、最近、素人の小説投稿サイト(複数)を見て回っていて、非常に気になることがあります。 閲覧したサイトの作者さんたちは、みな、10代、20代の若い世代で、男性も女性も、ゲーム作品を自分の趣味で(ファン作品として)、投稿している人たちです。 で、質問です。 地の文 地の文 地の文 (一行の空行) 「会話」 「会話」 「会話」 (一行の空行) 地の文 地の文・・・ という、形式で書かれたものが、ほとんどでした。(僕の閲覧した投稿小説のすべてがそうでした) これは、どういう文化なのか、こうした形式の文体は、初めて体験しました。 通常の小説では、例えばですが、 地の文、 地の文、 「会話」  と、彼女は言いながら席を立ち、 「でもね、あたしは…」  顔を伏せて、言いよどんだ。 すみません、即興で適当な例ですが、 こんな具合に、会話だけが独立していることはないように思います。 これまで、多くの書籍に触れてきましたが、空行を開けて、会話文だけが独立している書き方では、二人の会話は成立しても、三人以上での会話を表現するのは、難しいだろうと感じました。(僕の閲覧した投稿小説は、すべて二人での会話でした) それに、これが一番気になったのですが、その会話がどういう感じで話されていたのか、「会話文」のあとに、なにもない。場面によってはそうした小説の表現もあると思いますけれども、とにかく、みな一様に、独特の文体が使われていました。 これが最近の若い人たちの書き方というものなんでしょうか。 マンガの影響なのかなと思いましたが、みなさんのご意見を伺いたく思います。 とても気になります。 (僕は、ゲームを一度もしたことのない中年世代でして、もしかするとゲームのシナリオの書き方の影響なのだろうかとも考えています) …うまく、聞きたい内容が書き表せたか心配です。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

「文語体」:文語(平安時代の言語を基礎にして発達固定した独自の書き言葉)を用いて書かれた文章様式。擬古文体・漢文体・和漢混淆文体・候文体【明鏡国語辞典】。 文語体は、戦前の公用文(法律等)、樋口一葉の小説、島崎藤村の詩、「天気晴朗なれど波高し」「皇国の興廃この一戦にあり」等、書き言葉専用でした。 「口語体」:話し言葉(口語)の言語体系に基づてつづる現代で一般的な文章の様式【明鏡国語辞典】。 つまり、明治以降終戦までの近代日本では、話し言葉=口語であり、書き言葉=文語体と口語体(小説、手紙、子供の作文等)でした。戦後は、言文一致の口語体になりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく分かりました。 文章だからの意味合いで口語体を文語と言っていいのですか。文章語とか適当な用語ないのですかね。二つ意味を持つ文語という熟語は古語の方に限定されるべきでは。

  • 回答No.1
  • u-jk49
  • ベストアンサー率30% (1233/4072)

世は多様性を言われて久しい。「対」概念によって「善悪」とか「白黒」を決定すること、二者択一のみに、その正解を限定するのは好ましくない。中間色、灰色の世界があることを承知すべし。「勧善懲悪」は江戸時代までの話。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご投稿後数時間以内にご回答を評価したが一人います。私ではありません。二者択一さえできない人が三者以上を考えるのは無理です。

関連するQ&A

  • 【小説表現】 会話文のどもり 【リアリティー】

    小説の会話文で、「どもり」は必要でしょうか。小説手法として、善し悪しを教えてください。 ・「ど、どうして、そんなこと言うの……?」 ・「た、田中さん。それは、承認できない」 この文でいう、「ど、どうして」「た、田中さん」など最初の部分です。 会話に臨場感というか、リアル感が生じるように思うのですが、他の小説(とくに一般書籍)をみてると、「どもり」ってあまり無いように思えます。つまり、不必要だと思われてるんでしょうか? その中でも、「あ、はい」は現実でも、小説でも一番よく見る「どもり」だと思いますが。 ↓からは私の意見ですが、 私は、小説の会話文(手法)は、全体的にリアリティーが薄いと思っています。芝居じみてるというのが正しいんでしょうか。 かといって、現実の会話のようにしたところで、それは単純に、小説が読みづらくなるだけ。ダメだと理解してます。 この妥協点を見極めたいというか、できるだけ現実に近づけたいと考えました。 実際、毎回どもり表現なんて書いたら、読者は煩わしいと思うので、言うほど頻繁には使いません。 地の文で、人物の動揺やどもりを表現することはできるし、小説を書くなら地の文を磨いた方がいいと思ってます。

  • WORDの字下げで「」を除外する方法

    色々調べてみたんですが、全く分からないので回答お願いします。 現在台詞が入る小説を書いています。 設定は字下げ1字にしてあるのですが、この字下げに会話文の「」←カギ括弧を除外したいんです。 具体的に現在の文章は ------------------------   地の文地の文… 地の文地の文地の文(←一行前からそのまま続く文)  「●●●」(←台詞/字下げ有)  地の文地の文地の文…(字下げ有) ------------------------ ↑このようになっているところを、 -----------------------   地の文地の文… 地の文地の文地の文(←一行前からそのまま続く文) 「●●●」(←会話だけ字下げ適用無し)   地の文地の文地の文…(字下げ有)  ----------------------- ↑このようにしたいんです。 このようにしたい場合のWORDでの設定を教えて頂けないでしょうか? ちなみにWORD2007です。 切実ですのでどうかよろしくお願いします。

  • (文法)「ありはしまいか」と「ありはすまいか」

    現代文に於いて「ありはしまいか」と「ありはすまいか」は併用されているようです。両者の正誤に迷い自己流ながら文法上から調べた結果、「しまい」は口語の文法で、「すまい」は文語の文法で説明がつき、共に正しいと判断しました。下記の質問は、この判断が前提になっています。この前提に誤りが有れば解説の上、以下の質問は無視して下さい。 さて、質問です。 ア)「ありはすまいか」から「ありはしまいか」へ移行しつつあると考えてよいですか。 イ)「ありはしまいか」と「ありはすまいか」の使い分けは全くの個人の言語感覚によるとか、それとも地域や年齢、性別など他の要因と関連しているとか、何か知られていることがありますか。 ウ)「ありはすまいか」の「あり」は口語の動詞「ある」の連用形なのか、文語の動詞「あり」の連用形なのか、それとも何れでもないのか。一般に現代文中の一部分が文語の文法でないと説明がつかず、その前後は口語の文法でも文語の文法でも説明がつくとき、どちらの文法で説明づけるのが正しいとされていますか。 よろしくお願いします。

  • 宮部みゆきの小説の改行

    今日「蒲生邸事件」を読み終わりました。宮部作品3冊目です。 ……と、前に読んだ本でも思ったのですが、一般的に会話部分の書き方の基本は、改行で独立ですよね? 地の文 「会話」 地の文 というような。宮部作品で多用されている(と思う) 地の文「会話」地の文 「会話」 地の文 「会話」地の文 のような書き方に、多分ご本人はごだわりがあるのでしょうね。そのこだわりといいますか、改行する会話部分と、改行しない会話部分の基準に関して、なんらかの情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか。 「どうしてこういう風に書くんだろう?」と思うと気になってしまったのです。 「こうじゃないか」という推測でもけっこうです。 ご回答お願いします。 わたしはあまり小説読みではないのですが、手持ちのわずかな小説を参照したところ、有栖川有栖が時々使っているようです。 あと夏目漱石は多いと思います。……夏目漱石の時代は原稿用紙の使い方、会話部分の処理の仕方は(多分)まだ確立されていないだろうと思いますので、これは同系列では語れません。 「古い時代の書き方をして、そういう(どういう?)雰囲気を出したいのかなあ」とも思ってみたのですが…… お時間のある時にご回答下さい。 よろしくお願いします。

  • 小説の会話文が上手く書けません

    こんにちは、趣味で小説を書いている者です。 言葉で物事を描写することが好きで、地の文ばかりの小説を書いてきたのですが、最近は会話文を増やしたくなってきました。 ですが、会話文を書こうとすると、どうにもテンポ良く進まず、どことなくぎこちなく感じます。どことなく演技がかっているような雰囲気です。 ちなみに、プロットは詳細まで立てており、どのような展開に持っていくかは明確に決まっています。 登場人物の性格、設定なども、詳細まで予め決めてあります。 その上で、会話文が上手く書けないのですが、この解決策は、練習あるのみでしょうか?

  • 女性を(地の文でも)苗字で呼んでいる小説を教えてください

    ミステリー中心に小説を読んでいる者です。 最近、小説を読んでいて少し気になっている事があります。 主人公が女性の事を呼ぶ時、必ずといっていいほど苗字ではなく名前で呼んでいる事です。 確かに女性を名前で呼べば読者にも男女の区別がつきやすい、というメリットがあるのは分かるのですが…気をつけて読んでいると、名前で呼ばれるのは(家族や幼馴じみなどを除くと)大抵は子供と女性なんですよね。 面と向かっての会話文では苗字で呼んでいても、地の文では名前で呼んでいる場合など、つい『この主人公、表面的には対等を装っていても、心の中では"女・子供"扱いしてるのか…』と僻み根性が出てきてしまいます。 以前読んだ「シリウスの星」(藤原伊織)は珍しく地の文でも女性を苗字で呼んでいました。 この作品の他にも、地の文で女性の登場人物を苗字で読んでいる小説がありましたら、是非教えて下さい。どうぞよろしくお願いいたします。 なお、名前で呼ぶことを否定しているわけではありません。女性を苗字で呼ぶ小説を知りたいだけです。 大変申し訳ありませんが、女性を名前で呼ぶ事の歴史的考察や持論の回答ははご遠慮下さるようお願いいたします。

  • 「~ませ」は書き言葉になりえる?

    だいぶ前から疑問に思っているのですが、店などで「~ませ」と口で言われるのは違和感ないのですが、ポップなどの案内表示や、案内状などの手紙などに文で「~ませ」と書いてあるとかなりの違和感を感じます。個人的には「~ませ」は口語ではないかと感じているのですが、文章として記すことに適した言葉なのか、教えていただけませんか? 少し調べたところ、 http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=102 には、「ませ」は丁寧語「ます」の命令形だと記してあります。だとすると、「~していただきました」などという書き言葉はありえるので、「~ませ」も文語として利用してもよいとも解釈できそうですが、私はいまいち納得できないのです。

  • 口語?文語?

    we enjoyed ourselves at the party.(パーティーは楽しかった) 大した難しくない英文ですが、これって口語なのでしょうか。文語なのでしょうか。 普段の会話でこんなの使ってるの想像したら違和感を感じたのですが、実際どうなのでしょう。 口語だったら、The party was fun.とかでいいんですかね。

  • ちょっと、ちょいと、について 文語?口語?

    昭和30年くらいから前の映画を見ていて気がついたのですが セリフで今の人間だったら「ちょっと」と使う場面でも必ず「ちょいと」と言っています 黒沢や小津、また昔の名作と呼ばれるものしか観てないですが「ちょっと」という セリフは聞いたことがありません ちょっとというのは最近の言葉なのかと思っていたら 夏目漱石の三四郎や門に「ちょっと」というセリフが出てきました ちょっとという言い方はもともとは文語だったのでしょうか? なんとなく気になるので日本語に詳しい方お願いします

  • 文語と口語?

    ううん、と漫画や小説でかかれていますが、実際に言ってみると、うううん、もしくはうーうんではないですか?4音ないですか? 逆に漫画だとルフィと書かれていますが、ルフィイと言ってないですか?アニメとか。 これって私だけですか? 他の人にはこのように聞こえているのでしょうか? みなさんどう思われますか?