• ベストアンサー
  • 困ってます

自己分析というものはどこで切りをつければいいのでしょうか?

似たようなタイトルの質問が多くありましたが、 なかなか納得できる答えが見つかりませんでしたので 質問させていただきます。 就職活動が始まった現在大学3年の女です。 タイトル通り、自己分析というものはどこで終わらせればいいのでしょうか? 自己分析をしなければなぁと、いろいろ調べ始めました。すると、 『自己分析ばかりやって、自分探しになってはいけない』というアドバイスを就活サイトで見かけます。 一方で 『自己分析が浅く、面接で失敗した』『自己分析が足りなかった』という先輩のコメントも見かけます。 自己分析自体は、自分史・短所長所を書きだすetcやり方がいろいろあることはわかるのですが…。 結局自己分析で何が分かればいいのですか? アピールするために自分について理解する…といろいろ書いていますが、人間性ってそんなに簡単に理解できるものなのでしょうか? 一生かけても行きつけないような問題のようにも思うのですが…。 やりすぎても駄目、やらな過ぎても駄目…なアドバイスで結局何が分かるまでやればいいのかわかりません。 人間性はいろいろなので、切りを付けるところも人それぞれなのかもしれませんが…。 どこまで考えて、『よし!わかったぞ!』という状態になるのかいまいちイメージがつかめません。 終着点も見えないまま見切り発車をするといつも失敗するので、 よろしければアドバイスを戴きたいです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数137
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • nrow01
  • ベストアンサー率31% (6/19)

マニュアル世代か? ま、それは置いといて 言い換えれば「適正」ですよ。 人に限らず、世にあるものすべてに適正ってあるよね。 筆でご飯食べるのは難しい。箸で字は書けない。 それと同じで、人には適正がある。自分がしたい仕事がそのまま自分にあった仕事かどうか?自分がやってみたい仕事は自己分析などする必要ないよね。出来なくても良いわけだから。 自分はどんな人間か?どう言った適正があるのか? 人と話したり、関わるのが好き!とか、その逆。 何かを創造するのが好き!逆に、与えられた条件の中で何かに挑むのが好きとか。 メカが好き!、逆に苦手。 執着心が強い、逆に冷めやすい・・・等々 自分が目指しているものや、どうしたいか?などを全く考慮しない、客観的見方が必要。 自己分析の不出来が直接、面接で不利にはならないと思うが。会社の面接試験程度で、面接官が「自己分析不足」を見抜ける事があれば、そいつは余程「挙動不審」だったんじゃない。面接官は、もともと「そいつの」(君の)人間性を知らないんだから。 自己分析が重要だとすれば、それは試験に合格し、実際に職に赴いたとき、「自分には合わない」と仕事をやめることが無いように、先に適正にあった仕事を探すことにある。でも、それとて長い就労人生において、昇進や転勤、配属変えなどで、適正外の仕事をする時もある。 それと、自己分析に納得なんてあるわけない。 し、仮に100%分析できたとして大した意味も無いしね。 自己分析と書くと理屈っぽいが「己を知る」と言うことだ。 細かく分析してもそこに意味は無い。 もっと大雑把に、右か左かで十分。物事は大きく2つに(対極に)分けることが出来るでしょ。好きか嫌いか?イエス、オア、ノー?黒、白? 何かに対し、自分はどっちなのか。適正がある事案か、無いのか。 人は強い憧れや願望があると、自分の適性の無いことに挑む場合がある。 己を知っている人は、そこで考える事が出来る。 そのまま、挑むも良し、適性が無いと避けるも良し。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いままで経験したいろいろな選択では『やらなけらばいけない』という考えが先行して、 自分に合っているか、やりたいのかは無視してきたところがあるのですが、 これからはそれではいけませんよね。 就職試験を受ける前に、『自分で仕事を選ぶ』という大事なことを忘れていました。 確かにせっかく自分自身の適性を見つけても、別の仕事を振られる可能性もありますよね。 あまり深く考えすぎず、ざっくり考えて把握することから始めてみます。 >>そのまま、挑むも良し、適性が無いと避けるも良し。 この言葉とても印象に残りました。 自分に合うものを選ばなければという先入観があったのですが、 やってみたいという気持ちがあれば、チャレンジするのもいいですよね。 とても丁寧なアドバイスをありがとうございまいた。 参考にして考えてみます。

関連するQ&A

  • 自己分析の方法ばかり考えてしまう

    現在4年で就職活動中です。内定はまだ1個ももらえていません。 先日面接官に「自己分析が足りてないのでは?」と言われました。 一応自分史を作ったりしていましたが、幼い頃に事故や精神的ストレスから高校までの記憶が殆どない状態で(それでカウンセリングに行ったことがあります。)何も思い出せません。小学校の文集を読んでみましたが、まるで別人のように性格と思考(成長で変わったということもありますが)が違っていて正直役に立ちませんでした…。 自分史も上手く作れず、正直どうやって自己分析をすればいいのかわかりません。友達や母から聞く他己分析や就職関係のサイトにある診断を使ったりしてますが、いまいちです。 あと自己分析云々も大切ですが、一番の原因は唐突な質問をされてると一瞬言葉に詰まったり、しどろもどろになって結局何言いたいの?となってしまうことだと思っています。(自己分析よりも相手に伝える、簡潔に考える能力が劣っているのだと思います…。) そこで考えたのが唐突な質問に答えられるように友人に協力してもらい練習、また聞かれるかもしれない質問集を作り解答(文章ではなくキーワードなど)を用意する、というものなのですが、これも自己分析の方法に入るのでしょうか? 最近面接で落ちまくりでモチベーションも下がっており「本当に自分は就職したいのか?」とまで考えるようになってきてドン詰まり状態です。 自己分析も面接官に言われたことがずっと頭にあり方法論ばかり考えてしまっています。 よくわからない文章になってしまい、申し訳ありません。 ようは 1.就職活動をした方はどうやって自己分析をして、どのように活かしたか? 2.上記で書いた「質問集を作って答えを考える」は有効か? この2つの質問の回答をお願いします。 しようと思っています。これは自己分析の1つとなるのでしょうか?

  • 自己分析

    こんにちは! 最近自己分析をやらなければならない時期になりました。いくつかの自己分析を行いましたが、診断結果はよく分析好きと診断されます。 なんとなく当てはまっているな~とは感じるのですが、具体的にどんなこと?というのがいまいちピンと来ません。前に面接で自己分析が好きです!と答えたのですが、具体的にどんなことをしていますか?といわれて詰まってしまいました(-\-) 確かに自分は分析好きだとは思うのですが、どういったことが分析好きという意味なのでしょうか?この自己分析にも分析と名がつきますが、他にどんなことを分析すれば分析好きという人であるとわかるのですかね?わかる方いたらアドバイスお願いします。。

  • 自己分析について教えて下さい!

    ただ今就職活動中の大学3年生です。ただ、僕は今悩んでいることが有って、それは『自己分析』についてです。自己分析の仕方がいまいちよく分かりません。どうやってすれば、何からすればいいのか分からないのです‥。もし宜しければ、アドバイスをお願いします!自己分析が出来なければエントリーシートも書けないので悩んでます。なのでどうか皆様、お力を貸して下さい!!お願い致します!!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#109833

僕は大学4年生ですが、 自己分析に終わりはないと思います。 会社の入ってもずっと続けるべきモノのような気がします。 就職活動が、その始まりの キッカケであっただけではないでしょうか? 僕が自己分析を始める際に 非常に参考になった(しっくりときた)サイトを紹介しますので 一度、よければご覧になってください。 http://www.gakujo.ne.jp/2011/contents/adventure/index.html 【質問】 あなたは、なぜ就職活動をしていますか? 【質問】 就職活動には、本当に自己分析が必要だと思いますか? といった質問に答えていく事で解説がもらえるようになっていて、 上っ面だけではない解説に、 panyuuさんも、おそらくですがしっくりくるんじゃないかなと。

参考URL:
http://www.gakujo.ne.jp/2011/contents/adventure/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>会社の入ってもずっと続けるべきモノのような気がします。 やはり「自分とは何か?」を本気で突き詰めるなら一生かかって考えてもいいくらいですよね。 少なくとも人生の節目節目にその都度考えていくべきことなのかもしれません。 参考URLありがとうございます。 早速確認してみようかと思います。 経験談を交えたお話とても参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • QinC
  • ベストアンサー率20% (2/10)

>結局自己分析で何が分かればいいのですか? 希望する会社・ポジション・仕事が求めているもの(複数あると思います。知識、経験、見た目、能力、声、人脈、趣味、性格・・・何でもいいですよ)のうち、自分に備わっているものを探す作業です。人間性は関係ないです。 教師と営業とでは求めるものが違いますよね。教師の採用面接でアピールになることは、必ずしも営業職の面接でアピールになりません。ですので、相手にって言うことは変える必要があります。 自分だったら、自己分析からはじめると大変なので、むしろ相手が求めているであろう物を推察し列挙して、そこに自分が自身を持って主張できるものを3つくらい選んでストーリを作ります。 >一生かけても行きつけないような問題のようにも思うのですが…。 そうです。これはビジネスなんでどこかでやめる必要があります。例えば「美味しい飲料をつくる」というのは永遠の課題かもしれませんが、飲料メーカーはビジネスをやっているので、どこかで製品化して、商品を出し続けています。深く考えないようにしましょう。 >、『よし!わかったぞ!』という状態になるのか ならなくてもいいですよ。ビジネスでは自分で問いを設定して、答えを出す作業なんで。そこが学校の勉強と一番ちがうところです。感覚的には、わかったぞ!というよりは「この戦略でいくぞ!」という感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

相手が求めている物を、自分が持っているかどうか、持っていればそれをどうアピールするか…ということですね。 >>これはビジネスなんでどこかでやめる必要があります なるほど、そうですよね。 自分について考える…と聞くと、とても哲学的で難しい話のような気がしてしまいましたが、飲料メーカーの例えで納得しました。 >>ビジネスでは自分で問いを設定して、答えを出す作業 何をすべきか、を考えるところから始めるのがビジネスなのですね。 いままで課題を与えられて『~しなさい』ということに慣れきっていたので、自分自身でどうすべきかを考えることを怠っていたのかもしれません。 とてもわかりやすいアドバイスをありがとうございました。 いただいた回答を参考に考えていきます。

  • 回答No.1

>結局自己分析で何が分かればいいのですか? 今の時代の自己分析は「大好きなもの」「やり始める夢中になって時間を忘れてしまうもの」を思い出したり見つけたりするために行うというのが第一義です。昔は好きなことを仕事にしなくても価値を提供することができました。それほど競争が激しくなかったからです。しかし、これからは世界中のライバルやテクノロジーの進化を相手にして自分自身を成長させ続けなければ稼げなくなっていきます。 そういう状況では「いやいや仕事をする」というのでは続きませんし、楽しみながら、寝る間も惜しんで仕事をしている世界中のライバルに太刀打ちできません。だから仕事≒好きなものという図式を成り立たせる重要性が非常に高くなっていますし、そのためには自分が好きなことを把握すること、それを現実社会とすり合わせることが、これまでになく重要になるのです。 自己分析というものはどこで終わらせればいいのでしょうか? 受ける企業によると思います。職種や企業ごとにほしい人材というのは変わってくるわけですしね。 受ける企業のニーズを予想立てて、それに沿った自分の良い点などを見つけれればいいのでは?

参考URL:
http://www.co-ducation.com/knowhow/base02_01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかにいやいや仕事をしているようでは、 あまりいい結果は出せそうにないですね。 自分にとっても企業や社会にとってもデメリットばかりですし。 >>自分が好きなことを把握すること、それを現実社会とすり合わせること 好きなだけではなく、それが現実に役に立つことは確かに大事ですね。 好きなだけでは自己満足になってしまうかもしれないですし…。 自分のことばかりでなく、それと社会をどう結び付けるか、を考えるきかっけとしての自分研究ということでしょうか。 とても参考になりました。 アドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自己分析って本当に必要なんでしょうか?

    自己分析をどの程度やったらよいモノか悩んでいます。 業界研究など仕事内容の研究は必要性を感じますが ある程度はやっておくべきと思う反面、 今イチ、必要性についてピンときていないのが正直なところです。 自己分析のやり方含め、 良きアドバイスを頂けたらと思い投稿させて頂きました。 よろしくお願いします。

  • 自己分析について

    初めての質問で緊張しています。 私は大学4年生で現在就職活動をしています。 活動を通し自己分析をすることによって自分はこういう人間なのか。と改めて振り返ることが出来き、自分を知るいい時期だと思っています。ですが、「自分はこういう人間です。」とはっきりしたものが探せず面接やエントリーシートに自己PRを話したり、書いたりする度に本当にこれでいいのかと自問自答を繰り返しています。なかなか自分で自分を見つけられないので自信がなく面接でも、上手く思いを論理的に話すことができません。自己分析の仕方についていい方法があれば教えて頂けますでしょうか。

  • 自己分析について

    私は現在就活生です。本日私がお聞きしたいのは自己分析についてです。 過去を振り返って行動の動機を突き詰める、という方法を試したのですが親が決めたからと言う答えにしかたどり着かず、ますます自分がわからなくなってしまいました。 人とコミュニケーションをとることは得意で、グループワークは全て通過しますがその先になると考えがないのを見抜かれ、落とされてしまいます。今の時点で持ち駒はなく、何をしたいのか、志望業界、業種ですら分からない状態で困っています。 おすすめの自己分析の方法、または似たような状況を経験した方がいらっしゃればアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。

  • 自己分析と精神分析の違いって?

    自己分析と精神分析って何が違うのでしょうか? どなたか教えてください。 最近自分はどんな人間?性格?そんなことを思うのです。自分を分かってるようで分からないのです。 また自分が分かる本などお勧めがあれば教えてください。

  • 自己分析が辛いんです

    そろそろ就活という大学3回生の女です。 エントリーシートを書いたり、自己PRを考えるにあたって自己分析をしなくては!と思い、自己分析=まずは過去の自分を振り返るという感じなので、小学校の頃から今までをとりあえず頭の中で思い返してみました。 すると、どうしても辛かったこととかイヤだったことしか思い出せず、自分のイヤな部分しか思いつかないんです。 あの時こうしていたら…とかどうしようもないことばかり考えて、親にまで言ってしまい、悲しい思いをさせてしまいました。 間違いなく、楽しいと思っていた時期はあったんです。 なのに具体的には思い出せず、イヤだったことは鮮明によみがえってくるんです。 私は極度のマイナス思考で、その辛かった出来事に関してなぜ?と追求していっても、自分の性格上の問題で引き起こしてしまったことでもあるため、悪い方向にしか考えられなくて… その辛かったことをどう乗り越えたか、アピールすればいいんじゃない?と言われたこともありますが、面接で言えるような内容でもありません。 いつもものすごく精神的に辛くなってしまって自己分析を途中でやめてしまいます。 何冊か本を立ち読みしてみても、例文にあるのは「私は何事にも積極的に取り組んで来ました」だとか「○○を継続してやってきました」とかそんな内容ばかり。 私の自覚している性格・自己分析の結果わかった性格は 『とにかくマイナス思考。人見知りで内気。打ち解けるまでに時間がかかる。  何でも気にしすぎる。消極的で自発的に何かをやることはあまりない。  物事を頭で考えすぎて行動に移せない。石橋を叩いて叩いて結局渡らないタイプ。  とにかく人の輪から外れるのが怖く、合わせること・ついて行くことに必死。』 こんな感じでとにかく悪いところしか思いつきません。 「短所を長所に持って行く」と言われますが、これを長所らしく書くのは難しいと思いますし、無理矢理な感じになってしまうと思うんです。 部活も先ほど書いた「自分で引き起こした問題」のためにやめざるを得なくなり、大学になってからも往復5時間かかるのでサークルなどには入りませんでした。 アルバイトはしていていろいろ勉強になっていますが、あまりアルバイトをアピールするのは良くないと聞くので、アルバイトを押し出すのには抵抗を感じてます。 本などは何かやっていたことが前提で書かれている場合が多く、どれを見てもなかなか参考になりません。 本来は自分で考えるべきだということは十分承知しているのですが、私のような人間はどう自己アピールすればよいのか、ヒントを頂ければと思います。

  • 今から自己分析

    こんにちは 文系大学に通っている3年女子です。 就職活動中ですが、企業に落ちてばかりです。 最近では自分が何をやりたいのか 良く分からなくなってきてしまいました。 企業方針にとても共感できる会社があるのですが、 そこの会社のESは自分の人生設計プランを書かなくてはいけません。 正直、自分の夢・やりたいことがわかりません。 やはり自己分析を徹底的にしなくてはいけないのでしょうか? 何かに熱中してしまうと他のことが手を付けられなくなってしまうのですが、今の時期、自己分析ばかりやっていても平気でしょうか? 周りを気にしないで自分のペースで。と思っていても 最終面接に進んだなどという話を聞くと自分の就活の仕方は合っているのだろうかと焦ってしまいます・・・ 何か良いアドバイスがあれば教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします

  • 自己分析をする上での過去のしがらみとの向き合い方

    こんにちは。私は就職活動を始めたばかりの大学3年の女です。今回は、自己分析をする上で、過去のしがらみとどう向き合えば自己分析を乗り越えられるのかを相談したいです。長文になってしまいましたが、真剣です。よろしくお願いします。 自分自身、自己分析の重要性は理解しているつもりです。しかし、過去の行動や価値観が現在の自分には、あまりにも受け入れがたいものなのです。例えば、小中高を振り返ると、両親は不仲で、母はヒステリック、父は不在、そして祖父母は私には優しいですが喧嘩(DV)が絶えませんでした。そのためか(環境のせいにするのはよくありませんが。。)、学校では無理して明るく振舞っていましたが、精神的に限界を幼い頃から、常に感じておりました。そして小学では部活をしていたものの、中学、高校と抑うつ感が強く、とりわけ分析できる材料が本当に少数しか見当たりません。 また、勉強も苦手意識が高かったため、先生に嫌味を言われたり、友達にばかにされたりしたこともあり、自尊心が弱くなってしまっています。中学も学級崩壊がひどく、いじめや暴力に耐えていました。先生に言ったものの解決はされませんでした。   しかし、以前と比べ、高校では勉強を頑張り、大学では漸く人並みの価値観に気付き、前進しようと前向きになってきています。ただ、就職活動を前に、自己分析と聞くとなぜか辛くてたまらないのです。これは、自分に正直に生きなかった、あるいは困難を耐えるだけで、困難に立ち向かう勇気を持つ経験をしなかった自分への報いだとも感じているのも事実です。  しかし、過去がだめなら今頑張ろうとしてももう遅いのなんて、そんなの悲しすぎます。何とかしてこの自己分析の壁を乗り越えたいのですが、今後自分の過去とどう向き合い、自己分析を乗り越えていけばよいのでしょうか?面接でもどう対応すればよいのか悩んでいます。

  • 自己分析の具体的なやり方について教えてください。

    これから就活をはじめようと思っている大学3回生です。 自己分析のやり方について若干悩んでいます。 何か自己分析について、具体的なアドバイスや やり方などがわかりやすく載っているようなサイトなどがあれば お教えください。よろしくお願いします。

  • 自己分析の添削をしていただけませんか?

    ご覧いただきありがとうございます。 自己分析欄の添削をしていただけないでしょうか? 責任感の説明になってない、説明が具体的でない、長い、などとは感じるのですが、上手くまとめられないためアドバイスよろしくお願い致します(´・ω・`) 以下自己分析 責任感があります。 3年生の時から学園祭実行委員に所属しており、会計と運営部の警備・環境の2つの役職についておりました。 運営部は男女で仕事が別れているのですが、昨年は女が私だけだったため、運営部の仕事を1人で後輩に教え、300万円という多額のお金を管理する会計の仕事もしなければならなく大変でした。けれど責任を投げ出さず、こまめに記録をしたり、呼びかけをしたりして、仲間の協力のもと、学園祭を成功させることが出来ました。 わたしは重大な仕事をやりとげる大変さや達成感を知っているため、どんな困難に立っても逃げ出さず、立ち向かう人間です。

  • 自己分析と業界研究

    これから就活を控えているもので、タイトルの通りなのですが、企業研究は企業のHPや説明会などで、やればいいとして、自己分析と業界研究はどのようにやればいいでしょうか?