• 締切済み
  • すぐに回答を!

斎藤茂吉の短歌について教えてください

高校の課題で斎藤茂吉について調べているのですが、 「かがやける ひとすぢの道 遥けくて かうかうと風は 吹きゆきにけり」 という短歌の解釈がどうしてもわからないので、どなたか教えてください。 また、この短歌の句切れや結び方、使われている表現技巧や表記上の特徴、 この短歌が詠まれた背景や「一本道」についても教えていただけると助かります。 そして、もしこのようなことが掲載されている本やサイトを知っている方がいれば紹介してほしいです。 どれかひとつでもいいので、教えていただけると助かります。お願いします。

noname#91913
noname#91913

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3659
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.1

『あらたま』の中の一首ですね 輝いている一筋の道がある。 しかし、そこは遠く、そこにはただ激しい風が吹いている。 と言うような意味でしょうか。 この『あらたま』が出版された大正2年に茂吉は母を失っています。 あかあかと一本の道とほりたり        たまきはる我が命なりけり これは、『赤光』の一首です。このあたりを探っていってください。 何も調べる前に、課題を丸投げするのは止めましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 この質問をする前にたくさんの書籍を調べたのですが、 この句は省かれていることが多く、ほとんど載ってませんでした。 自分なりの解釈もしましたがいまひとつ自信がなかったので、 皆さんに質問しただけで決して丸投げしたわけではありません。

関連するQ&A

  • 斎藤茂吉の短歌の意味

    斎藤茂吉の短歌についての質問です。 斎藤茂吉の短歌の「ガレージにトラックひとつ入らむとす少しためらひて入りて行きたり」という短歌にはどのような意味(どのような鑑賞文)があるのでしょうか?? 知っている方どなたか教えていただけると助かります。 それではよろしくお願いします。

  • 斉藤茂吉の短歌について

    いま、学校の課題学習で、斉藤茂吉の 「かがやける ひとすぢの道 遥けくて  かうかうと風は 吹きゆきにけり」 の歌について調べています。 そこで、この短歌の意味の解釈を日本近代文学大系 、現代日本文学大系の2つの本で調べたのですが、 どうしても意味がわかりません。 どなたか意味を知っていたら、教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。 あと、「かがやける ひとすぢの道 遥けくて  かうかうと風は 吹きゆきにけり」の歌は、 どの歌集に掲載されているのでしょうか? また、茂吉が何歳の時に書いた詩なのでしょうか? 重ねて、知っている方は、教えてください。 宜しくお願いします。

  • 斎藤茂吉の『…死なしむなゆめ』の『ゆめ』とは?

    いつもお世話になってます。 斎藤茂吉の短歌に、 草づたふ朝の螢よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ『あらたま』 というものがありますが、 最後の『死なしむなゆめ』の『ゆめ』の意味がよく分りません。 この『ゆめ』はどういう意味なのでしょうか? ご教示いただければありがたいです。

  • 斎藤茂吉 至急お願いします

    回覧ありがとうございます。 私は中2なんですが、明日国語の発表があります。 斎藤茂吉の「母の歌」です。 この短歌は教科書にのっています。 みちのくの母のいのちを一目見ん一目見んとぞただにいそげる 死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり というものなんですが、この現代語訳を知りたいんです。 あと、この短歌のテーマも考えてほしいです。 お願いします。

  • 斎藤茂吉さんの歌で

    20年以上前、中学時代に俳句や短歌、詩などがのった国語の副読本がありました。この中に斎藤茂吉さんの歌(俳句?よくわかりません)で、お母さんが危篤になり夜汽車だったと思うのですが駆けつけるまでの苦しい乱れる心のうちを順順にうたったものがあり、その当時とても感動しました。大人になって探しているのですが見つけられません。内容もうろ覚えでぜひもう一度あの感動を味わいたいのです。ご存知の方、教えてください。 断片的ですがこんな感じでした。 何とかかんとか、とおだのかわず天にきこゆる たらちねの母は死にたもうなり、何とかかんとか ぜひお願いします。

  • 短歌の意味について

    斎藤茂吉の<こらへゐし 我のまなこに 涙たまる 一つの息の 朝雉のこゑ>という短歌と、木下利玄の<たふれん たふれんとする 波の丈を ひた押しにおして 来る力はも>という短歌の意味を教えてください!!   特に、<こらへゐし>とか、<来る力はも>の句の意味がわかりませんm(_ _)m

  • この短歌の意味について。「石原の湧きいでし湯に鯉飼

     斎藤茂吉さんの、下記の短歌の意味を教えてください。      「石原の湧きいでし湯に鯉飼へり小さき鯉はここに育たむ」      斎藤茂吉『新潮日本文学アルバム 14 斎藤茂吉』(新潮社、1985)  上記短歌の読み解き方や、解説がされている文献を求め、 図書館やWeb検索、また、教えてgooなどのQAサイトで同じ質問があるかどうか、 などを調べているのですが、なかなか見当たりません。  そのため、上記短歌がどのような内容で、どのようなことを言っているのかが分からず困っています。  湧き出る温泉に、鯉を飼い、その中で小さな鯉が育っている。 といった感じなのでしょうか? よろしくお願い致します。 .

  • 1首の中に外国語が記されている短歌作品を教えて

    1首の中に(カタカナではなくアルファベット等の)外国語が 記されている短歌作品を お教えください。 [「詠者名」「出典」「出版社名」の付記を賜れば、幸いです。 〈ドイツ語が記されている斎藤茂吉さんの《荒谿の上空を過ぎて~~》は 除外してください〉] 以上、何卒、宜しくお願い申し上げます。

  • 「死に近き母に添寝の・・」の「の」の用法?

    斎藤茂吉の有名な歌「「死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる」の「添寝の」の「の」は格助詞と思いますが、どういう用法か教えてください。後に省略があるということでしょうか。このような用法の短歌などが他にあったら合わせて教えてください。

  • ストーリーのある短歌の連作を探しています。

    朗読をいろいろ勉強しています。 今までは短編小説を題材にしていましたが、河野裕子さんと永田和宏さんのドラマから 河野さんのお亡くなりになるまでの数年の短歌を読んで、 こんな風に物語性のある連作短歌を朗読するには、と考えています。 斎藤茂吉の連作「死にたまふ母」もすごいと思いました。 耳で聞いて判る事を前提なのでできるなら、口語が良いかなと思います。 幾つか探しましたが「現代の歌人・名歌」「近代の名歌」といったタイトルの本を見ると 連作ではなく一首ずつの選集になっています。 どんな傾向の物を読みたい、とまではまだはっきりしていないので 歌集や選集で実際に連作を呼んでみたいから、歌人のお名前と書名など いろいろと教えて頂ければと思います。 どうかよろしくお願いいたします。