• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

斉藤茂吉の短歌について

いま、学校の課題学習で、斉藤茂吉の 「かがやける ひとすぢの道 遥けくて  かうかうと風は 吹きゆきにけり」 の歌について調べています。 そこで、この短歌の意味の解釈を日本近代文学大系 、現代日本文学大系の2つの本で調べたのですが、 どうしても意味がわかりません。 どなたか意味を知っていたら、教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。 あと、「かがやける ひとすぢの道 遥けくて  かうかうと風は 吹きゆきにけり」の歌は、 どの歌集に掲載されているのでしょうか? また、茂吉が何歳の時に書いた詩なのでしょうか? 重ねて、知っている方は、教えてください。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3333
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

  別のページで調べると、以下のように、「あらたま」は第二歌集で、大正10年(1922)年刊行になるようです。誕生年が1882年ですから、単純には、40歳か、それ以前の作品ということになります。 >斎藤茂吉 (一八八二~一九五三) >山形生まれ。医師。明治38年頃に作歌を始め、……大正2年(1913)、歌集『赤光』……、10年に第二歌集『あらたま』を発表。 なお、「かうかう」というのは、「皎々」か「皓々」で、皎々だとは思いますが、これは別に古語ではなく、現在でも使います。「皎々と月の光が照る」などです。古典仮名遣いで記されているので古語という訳ではないのです。 >http://www.manabi.pref.fukui.jp/yoka/03/01/06/3-1-6-1.html  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 斎藤茂吉の短歌について教えてください

    高校の課題で斎藤茂吉について調べているのですが、 「かがやける ひとすぢの道 遥けくて かうかうと風は 吹きゆきにけり」 という短歌の解釈がどうしてもわからないので、どなたか教えてください。 また、この短歌の句切れや結び方、使われている表現技巧や表記上の特徴、 この短歌が詠まれた背景や「一本道」についても教えていただけると助かります。 そして、もしこのようなことが掲載されている本やサイトを知っている方がいれば紹介してほしいです。 どれかひとつでもいいので、教えていただけると助かります。お願いします。

  • 斉藤茂吉 短歌 

    猫の舌のうすらに紅(あか)き手ざはりのこの悲しさを知りそめにけり この短歌の意味のあるサイトを探してみたのですが、みつかりませんでした。 この短歌の解釈はどういう内容になりますでしょうか?

  • 斉藤茂吉の短歌

    「この心葬り果てんと秀の光る錐を畳に刺しにけるかも」 この短歌の訳と作歌の背景を教えて下さい お願いします。どこ探しても無いんです(;_;)

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • jakyy
  • ベストアンサー率50% (1998/3967)

おそらく茂吉が印象派の絵画の影響をうけたころの歌集 【あらたま】大正10年刊 の中にある歌でしょう。 ゴッホの絵に「糸杉のある道」という作品がありますが、 太陽と星、生と死等が描かれています。 彼は精神科医でしたので、この作品に影響を受けてこの歌を 詠んだのでしょう。 歌の意味は 「輝いている一筋の道は、遥か遠くだが、 白く明るく風は吹いている」 注:【遥けし】   見渡しがはるか      【かうかう】  白く明らかであるさま 万葉調の歌が得意でしたので、古語を使ったのでしょう。 大正2年ごろの歌ではないでしょうか。 参考になさってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

  >かがやけるひとすぢの道遥けくて かうかうと風は吹きゆきにけり どういう文脈でよまれた歌かはともかく、このうたを読んでどういう風に読めるかを記します。 >輝きに満ちた(榮光の)道が、一筋、わたしの前にあるが、遙か彼方まで続いており、最終の目的地は、達せられないような遠くにある。ただ、風がこうこうとわたしの周りで吹き、わたしは、遙かな道の彼方に思いをはせつつ、風の響きのなか、たたずんでいる。 少し付加的に想像を加えていますが、短歌としては、心情は伝わりますが、何を具体的に心に感じたのか、そこまでは分かりません。 下の句の「かうかうと風は吹きゆきにけり」は、寂しさ・寂寥を感じさせますが、なお、前進しようという意志の表現とも読めます。「はるかな榮光のひとすじの道、先は限りなく遠く、風は吹きすさぶが、わたしは、進んでゆこう」こういう意味にも読めます。 消極的に捉えると、「輝く遙かな一筋の道へと進みたいが、あまりに遠く、風だけが吹きすさび、わたしは進むこともできないで、そこ、風のなかにたたずんでいる」とも解釈できます。どう読むかは、この場合、決まっていないと思います。 「遙けくて」という助詞の使い方からは、後の消極的な読み方だと思いますが、全体の勢いからは、積極点なうたのように読めます。 なお、この作品は、以下のURLでの文章では、大正2年(1913年)に出された、『あらたま』という歌集に収められているそうです。作者は、明治15年(1882年)誕生ですから、単純には、このとき、31歳ということになりますが、作品を作ったのは、これより早い時期かも知れません。 >まほろば04(これは google のキャッシュです。以下はそのオリジナルページです)。 >http://www.google.co.jp/search?q=cache:2mN054YeVpMC:homepage1.nifty.com/k-kitagawa/mahoroba04.html+%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%82%84%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%80%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%99%E3%81%A2%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%80%E9%81%A5%E3%81%91%E3%81%8F%E3%81%A6+&hl=ja&ie=UTF-8   >まほろば04 >http://homepage1.nifty.com/k-kitagawa/mahoroba04.html  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「斉藤茂吉」の短歌について教えてください

    あかあかと一本の道とほりたりたまきはる我が命なりけり この短歌の意味が知りたいです。どなたか教えていただけませんか?

  • 斉藤茂吉短歌訳

    母が目をしまし離れ来て目守りたりあな悲しもよ蚕のねむり の訳わかるかた教えてください

  • 斉藤茂吉の短歌について

    斉藤茂吉の短歌で「最上川 逆白波の たつまでに ふぶくゆうべと なりにけるかも」という短歌の解説が詳しく書いてあるところが知りたいのですが、知っている人は教えてください。

  • 斉藤茂吉の短歌

    猫の舌のうすらに紅あかき手ざはりのこの悲しさを知りそめにけり どういう意味でしょうか? 教えてください、よろしくお願いします。

  • 斉藤茂吉の短歌について教えて下さい。

    茂吉は、性の存在そのものを抒情詩の対象としました。そこで、茂吉の短歌で性生活を表現している短歌をご存じでしたら教えてください。  また、批評していただけたら幸いです

  • 斉藤茂吉

    至急おねがいします。 斉藤茂吉の のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり という短歌を単語として区切り、活用の種類を知りたいのですが どこで区切ればいいのかも種類も全然分かりません。 教えてください☆・゜三 のど/赤き/玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり うえのように区切って頂きたいです うえの区切りが間違っていたらすみません(うω;`) あと形容詞や動詞などももし分かる方がいれば 全てでなくてよいのでお願いします!

  • 斉藤茂吉について

    斉藤茂吉の歌集について、以下の短歌が掲載されている歌集の題名と、ページ数をしりたいので、よろしく御願いいたします。 「うつせみは 願いを持てばあわれなりけり 田沢の湖に伝説ひとつ」

  • 斉藤茂吉の短歌の意味が、わかりません

    学校の授業で斉藤茂吉の『赤光』より、死にたまふ母をやっているのですが、その中の“灯あかき都をいでてゆく姿かりそめ旅とひと見るらんか”の意味は、“灯あかき”は枕詞で、茂吉は、自分が母の所に向かおうとしているところを、他の人はかりそめの旅だと思うだろうと感じ、それに対しての、悲しさとせつなさを表している。ということで、よろしいのでしょうか?

  • 斉藤茂吉の短歌の意味が、わからず困っています

    斉藤茂吉の短歌、『赤光』より死にたまふ母の“灯あかき都をいでてゆく姿かりそめ旅とひと見るらんか”の意味は、母のところへ向かう自分は、他人にはかりそめの旅だと思われていると感じ、それに対し、悲しみとせつなさを覚える。と言うことで、よろしいのでしょうか?

  • 斉藤茂吉の作品に詳しい方

    斉藤茂吉の歌だったと思いますが 「家をたて ともにすまんと 語りし子 一期一会の 生しりてか」という句を御存知の方はございませんか?