• ベストアンサー
  • 困ってます

買い取った著作物の改編は著作者による翻案権行使の対象?

 私が勤務する公益法人でイメージキャラクターを何種類かデザイナーに依頼して制作してもらいました。私は事務担当ではないので、実際のプロセスは不明なのですが、いくつかあるキャラクターの著作権は買い取ったということです。  その買い取ったキャラクターを私どものインターネット上のホームページで手を加えて使用したいのですが、買い取ったキャラクターであっても、そのデザインを改編することは、著作者による翻案権行使の対象となるという情報が職員の中で流れていて、真実なのかどうかを教えて頂ければと思い質問しました。  買い取った著作物であっても翻案権は著作者にあるのでしょうか?それとも、既に買い取ったものに関しては、元々の著作者はいかなる権利の行使もできないでしょうか?  大変初歩的な質問ですが、よろしくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数267
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#114795
noname#114795

「改変」と言いますが,翻案権の対象ですね. 著作者人格権の同一性保持権であっても,許諾を得れば使用できます.つまり,著作者人格権を主張しないという許諾を得ればよいのです. とにかく,勝手には改変できません. もう一つは,そのデザイナーに追加の発注をして変更(改変)をしてもらうこともできます. さて,翻案権は財産権として譲渡・相続が可能です.したがって,デザイナーとの間の契約にこの二次的著作物を創作する権利の譲渡が含まれているか,がキーポイントです.契約書を確認して,含まれていなければあらためて契約を変更してはいかがですか. 「著作権を買い取った」という表現の意味を確認してください.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。  勉強になりました。

関連するQ&A

  • 著作権法と歌詞

    歌詞などの著作物をホームページに「そのまま」載せるのは、著作者の権利を 侵害する行為だ、というのは理解しています。 では、「そのまま」ではない行為、つまり「翻訳、翻案権」の「変形」はどこ まで制限されるのでしょうか。 具体的にいうと、例えば 「そんなんどうでもいい」 というような歌詞があったとして、 「損 何度 腕も 井伊」 などというように編集して公開することは、違法でしょうか? 合法と違法の境界をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

  • こんな場合は著作物にあてはまる?

    自分なりに考えてみたのですが、あっているのかどうか・・・よろしくお願いします。 【3】以下に列挙したののうち、著作物に該当するものに○、そうでないものに×を付けるよ。 【  ○ 】某著作名人の講座  【  ○ 】百科事典  【  ○  】パントマイムの振り付け  【 ○ 】地図   【  ○ 】データベース 【  ○ 】雑誌のグラビア写真 【  ○ 】新聞記事  【  ○  】Webサイトに掲載された日記 【 × 】請け花  【  ○ 】彫刻 【4】他人が作詞・作曲・演奏している音楽を音楽を使って、営利目的でコンサートを開く場合、どのような権利について許諾を得る必要があるか。 [ 著作 ]権の中の[演奏]権 演奏する曲の歌詞を替え歌にした場合には、さらにどのような権利について許諾を得る必要があるか。 [著作]権の中の[翻案]権 [著作者人格]権の中の[同一性保持]権 また、演奏を録音し、そのデータをWebサーバにアップロードして公開する場合、さらにどのような権利について許諾を得る必要があるか [著作隣接]権の中の[録音]権 [著作]権の中の[公衆送信]権 [著作隣接]権の中の[送信可能化]権 [著作人格]権の中の[公表]権 注:上記左側のそれぞれの[]内には、"著作""著作者人格""著作隣接"のうち1つをいれよ。ただし、左側の[]内だけ書いても採点しない。必ず両方とも書くこと。

  • 著作権について

    最近著作権って言葉をよく耳にしますが、どれが著作権違法なのか区別がよく分かりません。 (1)youtubeなどの動画共有サイトの閲覧(アニメなどの著作物) (2)またそれをパソコンに保存(CDに保存を含めて) (3)著作物でないものをPCに保存 (4)大学祭などのポスターに著作物(アニメのキャラクター)などを貼る。 (5)葉書や年賀状などに著作物を貼って送る (6)インターネット上にある写真(スポーツやアニメなど)をPCに保存 他にもいろいろありそうですが、 どれが違法だと思いますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • yasarky
  • ベストアンサー率56% (18/32)

同一性保持権(人格権)は譲渡できないので、実務上は、契約書で「行使しない」と規定してます。 この時、「甲は、乙に対して著作者人格権を行使しない。」という一文だけだと誤解や抜けが生じるので、法定の人格権を全部列挙したり(同一性保持権、氏名公表権・・・)、条文を挙げたり(著作権法第~条、第~条の人格権とか)します。 それでも、デザイナーが後から文句を言ってこないように(聞いてないとか、想定外とか言って)、契約締結時に「例えば、こういう場合はこういう風に改変して使用させていただきます」と書面で了解を取っておくのが確実です。議事録でもいいです。 裁判になったら法律上はともかく事実上の負けですから、そうならないように事前の対策が重要です。クリエイティブな方々とのお付き合いは慎重に。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。  勉強になりました。

  • 回答No.4

「同一性保持権(著作者人格権の中の一つ)」と「翻案権の譲渡」の2面から検討して下さい。 著作権を全部買い取ったということですが、契約書を確認ください。翻案権が本当に譲渡されたことになっていますか。というのは、翻案権は、一まとめに扱うことができない(特別な扱いが必要)からです。「著作権を譲渡する契約において27条(翻案権)28条(二次的著作物の利用に関する原作者の権利)に規定する権利が譲渡の目的として特掲されていないときは、これらの権利は譲渡した者に留保されたものと推定する。(著法61条第2項)」とされています。「譲渡する著作権には27条及び28条の権利を含む」など明確に譲渡されたことを特掲していなければ譲渡されたことにはなりません(著作権者に残っているとみなされます)。 翻案権は譲渡を受ける(買う)ことができますが、同一性保持権は著作者本人に一身専属のものであり譲り受ける(買う)ことができません。 ですから、仮に27条、28条の権利が譲渡されていたとしても同一性保持権は本人以外の者に移ることがありませんので、同一性保持権を侵害しないことにならないようにしなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。  いろいろ細かい所まで定められているのですね。  契約書を見てみないとわからないのですね。  大変勉強になりました。

  • 回答No.3

#1です。 ひこにゃんの他にも、モメにモメたのがtvkテレビsaku sakuの増田ジゴロウ問題ですね。saku saku という番組をご存知なら、四角いロボットが急に吸血鬼みたいになった件をご記憶でしょう。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%97%E7%94%B0%E3%82%B8%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A6 あと最近では「詠み人しらず」「誰が作ったかもわからない」キャラクター「AA」である「モナー」の著作権をレコード会社、ゲーム会社が設定しようとしたので大問題になりました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%83%8D%E3%82%B3%E5%95%8F%E9%A1%8C いずれも「企業対個人」という図式にハマってしまうと企業には風向きが悪くなりますね。 デザイナーさんに「こういうプロジェクトにこう使いたいので、こういう風に変えたいんですけど・・・」と「生みの親」の意向を尊重する方向でちゃんと根回しをすればいいんだと思うんですけど、ここまで偉そうに書いておいてスミマセンが現実の手順はどうすればいいかわかりません。ま、デザイナーさんと御社、キャラクターの性格と変更の内容によっていろいろでしょうね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ひこにゃんの使用中止問題が報道番組等でも大きく取り上げられたことは記憶に新しいですね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93 このような良いケーススタディを踏まえて、依頼時や譲渡契約時に、十分に著作者側と意思疎通をしておくことが、問題が生じることを回避するために重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。  ひこにゃんの件は全く認知しておりませんでした。 勉強になりました。    

  • 回答No.1

著作権は、著作権財産権と、著作権人格権に分けられ、後者は著作者に従属し、譲渡することはできないとされています。 著作物を変更できないというのは同一性保持権で、それは著作権人格権に属するので、著作者が保持し、その権利は譲渡できないと思われます。 もしデザイナーさんにとって、大事なイメージを傷つけられるような改変が売り先によってなされたら、デザイナーさんは精神的に傷つけられますから、保護する必要があるということのようです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E8%80%85%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E6%A8%A9 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E4%BF%9D%E6%8C%81%E6%A8%A9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 早々に回答を頂きありがとうございます。大変参考になりました。  著作権財産権と著作権人格権があるということを全く知りませんでした。  頂いた回答から考えますと、まずは、どのような改変を行いたいかをデザイナーさんに伝え、その改変がデザイナーさんにとって不利益にならないようであれば、改変が可能ということになりますでしょうか?  あるいは、一般的には、どのような改変をしたいかということを伝え、こちらの意向に沿ってデザイナーさんが新たなデザインを作製し、それを新たな著作物として買い取るか、利用する、ということになるでしょうか?  よろしくお願い申し上げます。  

関連するQ&A

  • 匿名掲示板の投稿の著作物性と、それを管理人が削除する事の違法性の可能性(その2)

    以前同じ質問タイトルで質問させていただいき解決を得た者です。(質問No.2307888) 今回はその解決内容に疑問がわいてきてしまったので再度質問させていただきます。 「掲示板の投稿内容の削除は、インターネット上に発信される事を妨げ、著作物である  投稿の『公衆送信権等』の侵害にならないか?」 という質問をいたしました。それに対して、 「公衆送信権ないし送信可能化権に基づく妨害排除請求(削除をやめさせる)という  のは、著作権ひいては公衆送信権の本質がその利用行為に対する許諾権(裏から  言えば禁止権)である事から、削除をやめさせる請求権的性格をもたない。」 という御回答を得て、わたしも納得しました。 たしかに、公衆送信権に関する規定は著作権法第23条で 「著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能  化を含む。)を行う権利を専有する。」とあり、  「専有」ということから排他的使用権で、他者の利用を許諾/禁止する権利と読めます。 しかし、著作権法第17条1項で 「著作者は、次条第一項、第十九条第一項及び第二十条第一項に規定する権利(・・中略・・)  並びに第二十一条から第二十八条までに規定する権利(・・中略・・)を享有する。」 とあり、こちらでは「専有」ではなく「享有」なので、許諾権/禁止権ではなく、行使権/ 請求権と読め、著作権者自らが権利を行使できると読めます。 a)この2規定の間の「行使権/請求権」と「許諾権/禁止権」をどのように捉え調整し、  意味づければいいでしょうか? b)著作権の「行使権/請求権」的性質から、公衆送信権ないし送信可能化権に基づく  妨害排除請求(削除をやめさせる)は可能でしょうか? ※法律に素人の方は、御回答ご遠慮願います。

  • 著作権の譲渡を含む契約

    下記の図示の流れで仕事を請け負いました。 役所→A社→当社→デザイン会社 そのなかで当社→デザイン会社の間で著作権の譲渡を含む発注書(契約書?)を作成したいのですが、著作権を譲り受けても著作物の人格権については著作者(デザイン会社?)にあるということがわかりました。ここでその対策として、発注書に「デザイン会社は当社の行為について人格権を行使しない」と記載しようとしたのですが、最終的に役所に著作権等納品しないと行けないのでこの場合は「デザイン会社は役所の行為について人格権を行使しない」というふうに記載しないと行けないのでしょうか?当社とデザイン会社との契約の問題なので役所の名前を出さない方がいいような行きもするのですが・・・・要領を得ない質問ですが経験者等詳しい方がいたら回答お願いします。長文で済みません。そしてカテゴリーも自信ないです。済みません。

  • 絵画の著作権について

    著作権について質問します。 絵画の場合、下記の事例はどうなりますでしょうか。 事例A 1、一次著作権者である原作者のキャラクターを 第三者に公衆送信させる目的のために、手書きで紙に模写した。 2、その著作物を姉に公衆送信してよいとした上で譲渡した。 3、姉がそれをインターネット上にアップした。 事例B 1、一次著作権者である原作者のキャラクターを 私的利用(条文の家庭内においての文言部分です)のために手書きで紙に模写した。 2、著作物を姉に公衆送信してよいとした上で譲渡した。 3、姉がそれをインターネット上にアップした。 原作者は事例Aと事例Bの 第2者(模写した者)、第3者(姉)に対してどういった警告や注意を促せるのでしょうか。どちらのパターンも、原作者からの複製、2次著作物の許可をもらっていないものとします。 2次的著作物にも合法でも違法でも著作権は発生することも絡めて説明していただけると幸いです。 また、模写したものには著作権は発生するのでしょうか?

  • 住民説明会の著作権

    現在近所にマンションを建設する計画が立てられています。 これに関し,住民説明会が開かれるのですが,その内容をインターネットのサイトに掲載することは著作権法上問題はないのでしょうか? 目的はただ単に事実として示すことで,議論や批判を目的としているわけではありません。 公益性が高いので問題ないと考えたいところですが,その可否に関する法的根拠を見つけることができませんでした。 具体的な方法としては ・説明会の録音を音声ファイルで掲載する ・説明会の録画を動画ファイルで掲載する ・説明会の録音を全て文字に起こして掲載する ・説明会の要約を掲載する ・説明会で配付された資料をスキャンして掲載する(これは問題ありそう?) といった方法が取れるかと考えています。 また,参加した住民が質問を行うのですが,その動画や音声,もしくはテープ起こしを掲載する場合,個人特定防止のためボイスチェンジャー,ぼかしを用いたり,発言に個人情報が含まれる場合,その部分の音声を消去したり伏せ字にすることは(これが著作物であるなら)著作物の改編に当たるのでしょうか?

  • イラストの使用について

    お世話になります。 インターネット上の、あるイラスト(違法にアップロードされたものではない)を使用したいとします。 ・そのイラストのあるサイトでは、著作者が「二次使用は全面禁止」と言っている。 ・使用者の使用目的は、イラストをマグネットに印刷し、車にはりつけること。 以上において、疑問があります。 (1)著作権法第三十条では、「私的使用のための複製」を著作権の制限として定めている。 しかし、著作者が「私的使用のための複製」を含めて、その複製(ダウンロード)または使用を禁止することは法的に可能か。 (2)「イラストをマグネットに印刷し、車にはりつける」行為は、私的使用にあたるか。 「著作物を個人的に」使用することの定義・解釈。 あるいは、法的に問題がないか。(何かほかの権利侵害にあたるか?) 以上を法的根拠・解釈を基に論理的に解説していただけないでしょうか。 判例があれば、示していただけるとなおありがたいです。 法学に詳しい方の回答をお待ちしています。 よろしくお願い致します。

  • 産業財産権、著作権の表示案  権利範囲の書き方

    産業財産権、著作権があるので侵害しないように注意していますが、権利の範囲がどこまでか?が曖昧で分かりにくいのです。 HPとブログに権利を表示して見る人に分かりやすくしようと調べて下記文章を作りました。 誤り指摘やご意見を頂いて修正したいと思いますのでよろしくお願い致します。 産業財産権(商標権、特許権,実用新案権、意匠権)は未申請ですので記事内容に私の権利はありません。 造語、方法、構造、デザイン,などは公知扱いで誰でもまねたり改造したり自由です。 但し、他人の知的財産侵害は分かりません。自己責任で利用下さい。 私の写真、音楽、小説に著作権があると思いますが、著作人格権(改造禁止、作者名表示)を守る条件で複製、上映、演奏、公衆送信・伝達、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳・翻案、二次的著作物を創作することに及ぶ財産権を許可しますので無料で自由に使って下さい。 回路図、シミュレーション、エクセル計算表、図、表などの事実の伝達の記事には著作権がありません。 名誉声望保持権により私の名誉を侵害しないで下さい。サイトはリンクフリーです。 参考:著作権は範囲が広くて悩みます。 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。 小説、脚本、論文、講演、その他の言語の著作物 ,音楽,舞踊、無言劇、絵画、版画、彫刻、その他の美術、建築の著作物,地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型、その他の図形、映画、写真、プログラムがあり、事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない(著作権法引用)。アイデア、理論、事実の伝達は思想又は感情を創作的に表現したものでないので著作権が無い。著作者が侵害と感じたら、親告できる権利であって、最後には裁判で決着することもある。

  • 著作物

    マルセル・デュシャンの「泉」とアンディ・ウォーホルの「キャンベルスープ缶」は、著作権法第二条の「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」に該当しますか。

  • 著作物について

    一般常識や汎用性の高い文言を使って作る研修資料は著作物になるのでしょうか?

  • 著作物について

    WEBサイトにイラストを載せ、サイトには著作権表示を明示しています。 イラストには利用料を支払って頂いた場合(価格表や使用規定も明記)のみ利用を許可していますが、無断で利用されていました。 無断利用サイトの会社Aに連絡したところ、制作に関しては別会社Bが担当しているようで、その会社に連絡したところ 当該イラストの入手経路が http://gallery.1kakaku.com/ (海外のサーバー? 管理団体も不明) コチラのサイトから入手したもので、著作物だとは知らなかったとのことです。 この場合、当該イラストを利用したサイトの管理会社A。もしくは制作した会社Bに利用料は請求出来るのでしょうか? (該当するイラストは既に削除してもらっています。)

  • 著作物

    無断でwebサイトのものをコピー、ペーストして皆に見せる掲示板、ホームページなどに掲載しては著作権に触れますね。引用の場合URLを添えてその旨を挿入する。内容が同じ。修正要約して書き換えればよいですか?中途半端な改変だと著作者によけいお叱りを受けるので、同じ内容で文全体をまったく自分流に書き換える場合、自分の著作となりえますか。小説のようなものと違い参考書の類ははもともと同じ内容のものがたくさん販売されてます。 自分の著作物として公開した場合、内容が酷似すると盗用になりますか?どの程度が分岐点になりますか?

専門家に質問してみよう