• 締切済み
  • すぐに回答を!

群論の同型定理について

同型定理Bの証明について分からないので教えてください。 画像内の証明は参考書の証明です。 この過程が分かりません。 埋め込み写像とか、写像iやρが準同型になる理由など… KerfやImfが分かったところで、なぜ正規部分群になるのでしょうか? 1行ずつ分かりやすく説明していただけたら助かります。 正規部分群、核および像、準同型定理がどういうものかはなどは理解しています。 色々と分からないのですがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

>埋め込み写像とか、写像iやρが準同型になる理由など… >KerfやImfが分かったところで、なぜ正規部分群になるのでしょうか? 定義に従えば、誰でも確かめることができるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 準同型定理について

    写像f:Z→Z;m→2mは、準同型写像でKerf={0},Imf={2m|m∈Z}であることまでは分かったのですが・・・ これに準同型定理を適用すると、どのような群の同型対応が得られるのですか?? よろしくお願いします。

  • 同型写像

    線形写像の基本定理 線形写像f:V→V'について、次の基本定理が成り立つ。 (1)V/Kerf~=Imf……(*) (V/Kerf:商空間、Imf=f(v)) 次に、(1)を次元で考えると、次のようになる。 (2)dimV-dim(Kerf)=dim(Imf)……(**) これらの定理を用いて構わないので、「dimV=dimV'ならば、V~=V'となることを 証明しなさい。」という問題です。同型の記号が出ないので変になってますけど 気にしないでください(笑)。 VがV'と同型でないと仮定する。同型であるならば、Kerf={0}かつImf=V'が成り立 つので、そのときdim(Kerf)=0,dim(Imf)=dimV'である。よって、基本定理(**) から、 dimV-0≠dimV' ∴dimV≠dimV'となり、これは前提条件に反する。よって、dimV=dimV'ならば、V ~=V'となる。(証明終) たぶん私の解答は間違っていると思われるので、正しい解法を教えてください。

  • 代数学の問題

    f:G→G'を準同型とする。 (1)Imf⊆G'を示せ (2)KerfがGの正規部分群になることを示せ (3)このfに対する準同型定理を説明せよ(説明不要) という問題なのですがどうしてもわかりません。 解答もなく困っています。 どなたか教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 準同型写像

    下記の問題がわかりません! 教えてください。 以下の群Gから群G'への写像f:G→G'は準同型写像か?理由とともに答えよ。準同型のときは核Ker(f)と像f(G)も求めよ G=G'=S5、f(σ)=σ^(-1)

  • 群論の問題です

    (1)G, G′ を群,H を G の正規部分群とする.f : G → G′ が準同型写像のとき f(H)は G′ の正規部分群か否か? 正規部分群ならば証明し,そうでないならば反例をあげよ. (2) n を正整数とするとき,Aut(Z/nZ) ≅ (Z/nZ)^x を示せ. この二問がわかりません。教えていただければ幸いです。

  • 大学の数学(代数)の問題です。

    問)群G1からG2への写像f:G1→G2は群準同型写像であるか。群準同型写像であるならばfの像Imf及び核Kerfを求め、群準同型写像でなければその理由を述べよ。(Snをn次対称群、Zは整数全体のなす集合あるいは加法群) (1)G1=S5、G2=Z;f(σ)=l(σ)(σ∈S5)。ここに、l(σ)はσを互いに素な巡回置換の積で表した時に現れる、長さの最も大きい巡回置換の長さ。 (2)G1=Z/9Z、G2=Z/3Z;f(x+9Z)=2x+3Z(x∈Z) です。誰かわかる方解答よろしくお願いします。

  • 同型写像に関する問題

    問題を解いていて A→Bが環の同型写像であるとき、その既約剰余群 (A)^* → (B)^* が群の同型写像になるってことを証明しないといけないらしいんですが、そのままいえないんですか? どうやって証明すれば良いんですか?

  • 同型であることの示し方を教えてください。

    整数Zと有理数Qが加法群として同型であるかどうかを示したいのですが、 同型であることを示す証明がいまいちできません。 写像をどのように定義すればいいのですか? 写像を定義すればあとその写像が f(ab)=f(a)f(b)であることを示して 全射であることを示せばいいと思うのですが・・ 写像がいまいちわかりません。 あと、R → R*=R-{0} の時の写像もどのように考えればいいのでしょうか?

  • 群論について

    Gを群,M,NをGの正規部分群とする.このとき, 写像f:M×N→MN/(M∩N)を f(m,n)=mn(M∩N) (m∈M,n∈N) で定めるとき,Kerf=(M∩N)×(M∩N)であることを示せ. という問題について教えてください. Kerf⊃(M∩N)×(M∩N)については示せたのですが,逆の包含関係,Kerf⊂(M∩N)×(M∩N)の途中で行き詰ってしまいました. (m,n)∈Kerf ⇒f(m,n)=mn(M∩N)=M∩N ⇒mn∈M∩N までは分かるのですが,ここから「m,n∈M∩N」への持って行き方がわかりませんでした. よろしくお願いします.

  • 群の同型について

    同型な群というのにはどのようなものがあるのでしょうか? 具体的な例を教えてください。 また、準同型定理や、同型定理を証明したのですが、具体的なものが考えられず、 いまいちイメージがわきません。 簡単な説明も兼ねて教えてくださると助かります。