• 締切済み
  • すぐに回答を!

双線形関数は物理学でどこに登場しますか?

ベクトル解析で双線形関数というものを勉強したのですが、 物理学ではどこの分野にどういう形で使われるのでしょうか? 検索したりなどしてもみましたが、数学のページだけがかかって、具体的な物理への応用について触れられているページが見つかりませんでした。 出来れば、具体的に教えて頂けないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数359
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

No.2ですが、双曲線関数と双線型関数とを早とちりしたようですね。 双線型関数は量子力学でも出てきそうですね。波動関数と行列、ブラ・ケットなど。 失礼しました。(余興でNo.2の回答も読んでください。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数学を極力使わない物理学

    数学を極力使わない物理学 私は大学で物理学を専攻しているのですが最近数学に取り組み続けることに疑問を感じるようになりました。 卒論を書く際は特定の研究領域を指定しなければならないのですが非常に悩んでいます。 物理学をやる上で数学を極力使わない分野というものを探しております。学際的な平和研究という分野も可能と聞きましたが純粋物理学でそのような数学上の技能が余り要求されない領域があればご教示いただけないでしょうか。 物理学生としてこのような考えはなんとも情けないのですが精神的に疲弊して数学に取り組めずにいます。 漠然とした質問で大変申し訳ありません。。

  • 古典物理学各分野に必要な数学について

    理工系大学1年の者です。古典物理学各分野に必要な数学が分からず困っています。物理学に必要でない数学はないそうなのですが、古典物理学入門のレベルで古典物理学各分野(力学・波動と光・熱力学・電磁気学)を学ぶ前に勉強した方が良い必要な数学とは何なんでしょうか?自分なりに物理数学の本の内容などを調べてみると、微分積分・線形代数学(ベクトルと行列)・ベクトル解析・常微分方程式・偏微分方程式・複素解析・フーリエ級数・フーリエ変換・ラプラス変換というものが必要だとまでは分かりました。ですが、それぞれどの分野で必要となる数学分野なのかが分かりません。(例えば力学にはあれが必要で、電磁気学にはあれが必要で・・・という感じで)。また微分方程式を学ぶ前に、微分積分と線形代数学の勉強が必要であるらしいなど、各数学分野で必要とされる他の数学の分野の予備知識や、それによって決まる数学を勉強する順序が分かりません。 ですので、私のように入門レベルでまず必要な数学、「力学は・・・、電磁気学は・・・を前もって勉強した方が良い」、また「予備知識、それに伴う数学の勉強の順序は・・→・・→・・」といった感じでアドバイスをお願いします。また私が何か勘違いをもししていたら、その指摘もお願いします。 よろしくお願いします。

  • 数学と物理学

    こんばんは。高校2年生になるものです。  最近、大学では物理学系か数学系のどっちを進むかということについて悩んでいます。  僕は数学の普遍性などに惹かれて最初は数学に強い興味を持っていました。このころ、僕は数学が実在しているということを信じていました。  しかし、本やネットでの意見を見てみると「数学は人の頭の中にしかない」「物に名前がもともとついていたわけではないように数もまた存在しない」といったような主張がありました。このような主張を見ていると何か恐ろしいものを感じます。個人的な意見なのですが、数学は「数」ではなく「量」の性質を扱う分野だと思っています。「量」は人間がいなくても確実に、どこにでも存在しているもの(間違っているかもしれませんが・・・)なのだから、数学(量の性質)も当然存在しているのではないかなぁ~っとちょっと考えてみたのですが自信がありません。とにかく、実在論が否定されると数学に対する情熱みたいなものが今一つ湧かないのです。  物理学の方は、物理は人がいなくても働いていると思うと安心します。ですが、ひも理論などのお話を聞くと「実験で観測できないなら、このまま行き詰ってしまうのかなぁ」と感じてしまい、この点でいまいちこれからの物理学に興味を持てません。  長々と書いてきましたが、数学的実在論?を自分の中でしっかりと納得できたら数学を学んでみたいと思います。そこで、やっと質問なんですが、実在論は今数学者たちにどのように考えられているのでしょうか?また、どうすれば実在論をちゃんと受け入れることができるようになると思いますか?  稚拙な文章で申し訳ございません。(用語の使い方等も間違えまくっていると思われますが、素人なのでご容赦ください・・・)

  • 回答No.2

No.1の言われているように、物理のいろいろなところに出てきます。 (例1) もっとも簡単なものは、「2点で支えたひも」や「2鉄塔間の高圧電線」の形は「懸垂線(カテナリー)」と言ってCoshで 表せる。 (例2)微分方程式 d^2y/dx^2=-k^2yの解はCos(kx),Sin(kx)ですが、 d^2y/dx^2=+k^2yの解はCosh(kx),Sinh(kx)です。両者はラプラスの方程式の解と関係があります。 (例3)特殊相対論 普通の2次元x-y座標の原点についての回転では、座標変換は x'= cosθ.x + sinθ.y y'=-sinθ.x + cosθ.y のようになりますが、特殊相対論におけるローレンツ変換は、 2つの慣性系の(x軸方向の)相対速度をvとして tanhθ= v/c とおけば、(cは光速) つぎの2式(*)のようになります。 x' = coshθ.x + sinhθ.ct ct'= sinhθ.x + coshθ.ct    ...(*) これが普通のローレンツ変換と同じであることをみるには、 双線形関数で基本的な関係 coshθ^2 - sinhθ^2 =1を使って、 (両辺をcosh^2(θ)で割ったもの: 1-tanh^2(θ)=1/cosh^2(θ)をつかって、) coshθ = 1/√{1-tanh^2(θ)} = 1/√{1-(v/c)^2} sinhθ = tanh(θ)/ √{1-tanh^2(θ)} = (v/c)/√{1-(v/c)^2} これらを(*)に代入して、 x' = 1/√{1-(v/c)^2}.x + (v/c)/√{1-(v/c)^2}.ct  =(x+vt)/√{1-(v/c)^2} ct'= (v/c)/√{1-(v/c)^2}.x + 1/√{1-(v/c)^2}.ct = {(v/c)x+ct}/√{1-(v/c)^2}   (あるいは両辺をcで割って)  t' = {(v/c^2)x+t}/√{1-(v/c)^2}  すなわち、普通のローレンツ変換 x' = (x+vt)/√{1-(v/c)^2} t' = {(v/c^2)x+t}/√{1-(v/c)^2} となります。 双線形関数は三角関数との関係も含めて大変有用です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

内積とかテンソルとか、物理でもいたるところで使うんじゃないですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 物理学で研究職につくには

    現在、高3の受験生です。 僕は、将来は物理学で研究職につきたいと思っています。 そもそも、研究職につける人は、かなり限られると思いますし、 物理学という分野でも同じ事が言えると思っています。 それに僕は、そんなに天才的な何かがあるとは思えませんし、 高校時代から物理の難しい本を読んで、 大学レベルの事を勉強しているなんて事もありません。 それでも、やっぱり研究職につきたいと思います。 学校の授業でも物理が一番好きですし、 勉強してて面白いとも思えて、自分には物理があってるのかな~ なんて思っているんですが、 こんなくらいの考えで物理学科なんて行ったら、 痛い目見たりしてしまうでしょうか? 何か質問がよくわからなくなってしまったんですが(笑) とりあえず、物理学科に行って、研究職につける人というのは、 どれくらいいるもんなんでしょうか?

  • 物理学で用いる単位系について

      http://okwave.jp/qa/q9037859.html について質問したものです。 上の質問のポイントは単位系にあることは一応理解出来ました。 私はこれまで物理学を含め全ての現代科学、全ての工学はもっぱらMKSA単位系によって記述されているし、またそのようにする流れにあると思っていました。 実際私が読んだ電磁気学の本は全てMKSA単位系で書かれたものばかりでした。 しかし上の質問から分かったことは物理で用いる単位系は数多く有り、ネットで検索すると少なくとも10以上はあります。 そこで物理学で用いる単位系について質問します。 1.物理学を学ぶ上で使いこなせることが必要な単位系はどれですか。 2.式を見てどの単位系で記述されているかはどのように判断するのでしょうか。   またどの単位系で記述されているかについて説明されるのでしょうか。 3.物理で用いる単位系は分野ごとに概ね決まっているのでしょうか。   もし決まっているのであればそれを示す分野ごとの単位系マップはどんなものになりますか。 4.物理の中で単位系というのは、一種の流儀であり、その分野の文化のようなもので厳密なものではないのでしょうか。   以上よろしくお願いします。  

  • 線形代数学?

    大学の一回生です。数学の必修科目に線形代数学というものがあるのですが、担当の教官の説明がちんぷんかんぷんです。そこで予習の形で勉強し始めているのですが、そもそも線形代数学は何のために発達してきた学問なのでしょうか。例えば、微分積分学なら物理学を理解するために、のような。中身はベクトルや行列を用いていろいろしているようですが、これらを用いて何をしたいのかが良くわかりません。ご存知の方よろしくお願いします。

  • 超初心者の物理学

    はじめまして。私は大学一年の文系なのですが、いちから物理学を勉強したいと思っています。しかし、高校で物理をやっていないうえ、数学も大の苦手です。でもどうしてもやってみたいと思っているのです。しかし高校参考書だと公式の暗記が中心で詳しい説明がないし、初心者すぎて一般的な物理学書は読めません。最初から詳しい解説のある超初心者向けの物理学書をご存じないでしょうか?

  • 物理学での理論とは?

    初めまして、皆様にはいつもご意見いただきありがたく思っております。 物理学では理論と実験、観測を行い実験結果が正しければその理論が正しいとされると思います。特に観測は大事な事と思います。 量子物理学では、その観測が出来ない。(ある粒子の運動量と位置を同時に観測は理論的に)出来ないと思います。そうなると仮説と結果だけで実際の現象は観測できず、仮説と結果しかないのでこれでは理論ではなくただの解釈にすぎないと思うのですが・・・。 これではつじつま合わせのただの解釈でしかなく、物理学が追い求めてきた、この世界の法則を求めているのではなく単なる数学を道具にしたつじつま合わせの学問になっているように思いました。 観測できないなら結果があっていれば何でもありになってしまうのではないのでしょうか? 理論と解釈ではまるで別物だと思うのですが、専門家方や、詳しい方のどはなにを求めて研究や勉強をされているのでしょうか?個人的主観が大きい質問ではありますが宜しければ、お教え願えないでしょうか? 宜しくおえ害致します。

  • 応用物理とは

    物理が好きなので、物理学科に進学したいと思っています。 そこでよくわからないのが「応用物理」という分野です。 主にどのようなことを研究しているのでしょうか。 また物理学の「何」を「どこ」に対して応用しようとしているのでしょうか。 高校生でもわかる様な言葉で教えていただけないでしょうか。 そして、その分野で学ぶためにはどのような基礎知識が必要とされるのでしょう。 お奨めの参考書や、これを読むとよくわかるという本があったら教えてください。

  • 大学の物理学の勉強の仕方(独学)

    大学の物理学の勉強の仕方(独学) 某旧帝大を受験し、春から大学生になるものです。(合否はまだ出ていませんが…) 自分は物理学科に進み、理論物理学を勉強していきたいと思っています。 1年は物理学科に所属せず一般教養なので、1年の勉強と独学でどんどん物理の勉強をしていきたいと思っています。 高校時代に東進の苑田先生の映像授業(ハイレベル物理)を受講し、参考書は新物理入門、問題集は体型物理を使って勉強していました。ですので、教養レベルの物理の基礎はできてきていると思います(初等的な微積分を使った公式の導入などはマスターしました) 春休みのうちに、ファインマン物理学と物理学序論としての力学、新物理入門の原子物理の範囲、 物理数学として初等的な線形代数、解析を勉強しようと思っています。 上記のような勉強の仕方を計画しているのですが、もっとこうした方が良い などのアドバイスがありましたらお願いします。(◯◯の本もやっとけ など) それと、「大学生になるなら/物理を勉強する気なら この本を読んどけ(洋書でも構いません)」というような本がありましたら教えていただけるとありがたいです。(以前朝永先生の本を読んだことがあります) 高校時代物理は得意科目で、大好きな科目でした。将来は物理を仕事にしたいと考えております。 回答よろしくお願いいたします。

  • 国立大学院物理学専攻の受験について

    物理学専攻の国立大学院受験について質問です。 現在私は理工学部生物系学科3年です。 勉強を進めるうちに物理学に興味が湧いてきたので、可能であれば大学院では物理学を学びたいなと思っています。 ですが物理学の知識と基礎がほぼない状態です。数学も自信はありません。 参考書、教科書を買って読んでいますが、1年前後で全範囲を終わらせることができるのか不安になります。 基礎がない状態で、3年以降から真面目に勉強を始めて希望の大学院、物理学科に合格した方がいらっしゃいましたら意見、アドバイス頂きたいです。

  • 三角関数の微分積分ができると、具体的に何の役に立ちますか?

    三角関数の微分積分ができると、具体的に何の役に立ちますか? 役にたった体験談、または役に立つだろう分野の具体的事例をお願いします。 物理学の波の何かの推測、計算、なのかな、、

  • 遺伝子複製の物理学

    遺伝子複製にまつわる物理学についてご存知の方がいらっしゃったら、ご教授願います。 例えば、 東大駒場の金子研が関連分野をやっていることは知っていますが、 内容の詳細を知りませんので。 具体的な問題意識は、 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1205315 をご参照ください。 なお、mRNA 、タンパク質合成などなど、どのプロセスでも良いですので、 分かる部分について、 どうして、そういうプロセスが、その方向へ進むのかの物理学的背景をご説明ください。 宜しくお願いします。