• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

エタノール 毒性

エタノールの毒性を調べたところ・・・ 眼・ヒフ・気道を刺激・皮膚の脱脂。 中枢神経系に影響。 妊娠中のエタノール消費は胎児に有害影響を与えることがある。 中枢神経系・特に大脳機能、体温調節中枢、血管運動中枢の抑制。 と、ありますが、これらは、どのような使用状況で、この様な影響が出るのでしょうか?詳しく、教えて頂けませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2421
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • baieru
  • ベストアンサー率47% (132/280)

>エタノールは一切摂取しないがベストとありますが、保険の教科書などにはアルコールを適量飲むと寿命が多少延びるというデータもあります。 データがどこまで正しいかは自分で調べない限りわかりませんが、悪いと決めつける必要性もないと思います。 常に毒という言い方についても、薬は全て毒であり、薬であるということからも御幣があるように感じます。 抗がん剤などはまさに毒をもって毒を制するものであり、タミフルだってインフルエンザを治せるが、時に気が可笑しくなるなどの副作用が出ることがあります。 食塩ですら取りすぎれば死にますし、水だって血管に多量に入れれば死ぬ訳です。 お酒の強い人もいれば生まれつきエタノールを分解する能力が低い人もいます。 自分が処理できないほど飲み、それにより嘔吐できない状況になれば死の危険性があります。 血液中に素早く取り込まれるので胎児がいる場合胎盤を多少通過して胎児を犯すことがあります。 タンパク質を変性させる作用があるので未成熟な細胞を壊死させたり、変質して通常通りの分裂やアポトーソスが起こらなくなる可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど・・・回答ありがとうございました。<(_ _)>

関連するQ&A

  • 大学受験の生物I

    過去問をといてて、中枢神経系に関する問題がありました (1)生命を維持するのに重要な調節作用の中枢があり、脳と脊髄をつなぐ神経が交差する (2)細胞体の多い皮質と神経線維の多い髄質にわけられる とあるのですが(1)は延髄で、(2)は大脳のことではないのでしょうか? 解答解説をお願いします

  • 痙性について教えてください

    どなた様か、中枢神経系疾患における筋の痙性のメカニズムについて教えていただけませんでしょうか? また痙性は、筋の他動的伸張によって抑制されると書かれている文献が存在しますがその信憑性、メカニズムについて教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • どうして 自意識ひとつに対して肉体は ひとつしか割り当てられないのです

    どうして 自意識ひとつに対して肉体は ひとつしか割り当てられないのですか 肉体が一つにくっついたシャム双生児とかはあるでしょうが 一つの大脳が 複数の肉体を統括するような 生命体は今のところないのでしょうか  統合失調症で ひとつの肉体に 複数の精神が宿っているような状態もあるようですね 中枢神経系と自律神経系 はたまた 精神物理学や神経工学や生命科学とのからみも含めて 幅広い観点からのご意見ご感想ご回答をお願いします  実名主義:nannetta

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

そのまんまですけど・・ 要は、エタノール(エチルアルコール)は、生体内においては常に毒だということ。幸いにエタノールは代謝できる→アセトアルデヒド→酢酸→二酸化炭素+水と酸化されるので体内から排泄できるけど、その間はあらゆる部位に置いて毒であり、特に肝臓には負担が大きく相当数の細胞が死滅する。  エタノール 代謝 などをキーワードに検索するとたくさん情報はあります。  ですので、エタノールは一切摂取しないがベスト。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも、有難うございました。<(_ _)>

  • 回答No.1
  • cetus07
  • ベストアンサー率46% (117/254)

こんにちは! エタノールとはエチルアルコール、つまり飲用アルコールの成分です。 いわゆる急性アルコール中毒です。 アルコール飲料をがぶがぶ飲んで気分が悪くなったり、記憶がとんだり。もっと酷くなると、息が苦しくなったりや体温調整がきかなくなってガタガタ震えたり、顔が青くなって、度が過ぎると死に至ることもあるということです。 妊婦さんがお酒を飲めば胎児に影響を与えるということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。<(_ _)>

関連するQ&A

  • アルコールの発がん性

    ウィキペディアに、 摂取した酒に含まれるアルコール(エタノール)は、主に胃と小腸粘膜で吸収される。 吸収されたアルコールは迅速に酸化されアセトアルデヒドとなる。しかし、一度に大量のアルコールを摂取すると代謝が間に合わず、血中アルコール濃度が上昇を始める。血中のアルコールは中枢神経系を麻痺させ、酩酊や急性アルコール中毒を引き起こす。 アルコールの代謝物であるアセトアルデヒドも高い毒性を持つ。飲酒後の頭痛・不快感などの原因はアセトアルデヒドである。またアセトアルデヒドには発がん性が有り、飲酒によって膵臓がん、口腔がん、食道がん、咽頭がん、大腸がんなどの発症が高くなる。アセトアルデヒドはゆっくりと酸化され無害な酢酸となる。 とあります。 沸騰させて、いわゆる「アルコールを飛ばしても」アセトアルデヒドは残るのでしょうか。 煮込む料理に使ってもアルコールは発がん性のあるものなのでしょうか。

  • ナチュラル生活とエタノール

    ナチュラル生活初心者です。 今の生活を、自然派の本屋で見つけた指南書を参考にしています。  ・ナチュラルな暮らし百科―安全で健康的な生活を送るヒントとコツが満載(産調出版)   ロザモンド リチャードソン (著), Rosamond Richardson (原著), 大田 直子 (翻訳) また、下記の本を参考に重曹生活も行っています。  ・重曹生活のススメ (飛鳥新社)   岩尾 明子 (著) ということで、私のナチュラル生活の基礎は上記2冊から得ています。 手作り掃除用具、化粧品を作るにあたり、お酢を使っていたのですが、 家族から「お酢臭い」と不評を買い、 いかにしようかと考えていたところ、無水エタノールに行き着きました。 無水エタノールとアロマオイルを混ぜ、精製水で薄めてスプレー。 確かにお酢のような匂いはしませんでしたが、火気に注意、換気する、 などの注意事項を知り、物凄く疑問が沸きました。 引火に脅え、換気をしないといけない天然化学薬品は、果たして安全と言えるのか。 私の基礎本を読み直すと、 ●前者は、否定派で、「エタノールは危険。以前は酒から作っていたが、 流通しているのは石油からの合成であり、飲用出来ない。 皮膚の乾燥を招き、中枢神経系の機能低下、吐き気、頭痛、疲労感など起こす恐れ」 と細々と危険のうんちくが書かれていました。 ●後者は、肯定派で、「エタノールはお酢では出来ないケアができる。 酢は熱すると殺菌するが、それ以外の使用では静菌にとどまる。 強力殺菌したいときはエタノールを使う。ナチュラル生活の切り札」 気になり調べると、 国際化学物質安全性カード のエタノール該当箇所 http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0044c.html 文面を読む限り、安全・健康をベクトル方向にしている私には、危険の二文字しか思いつきません。 膨大なネットページを開いてみると、 ナチュラルライフ、自然派、手作り化粧品、というようなページでも、 エタノールを基本材料にしています。じゃあ大丈夫なのか? 前者と後者で言い分が異なっているので、混乱しています。 何のための手作り化粧品か、掃除用具か。よく分からなくなってきました。 健康と安全、という視点でのご回答をお願いします。

  • アセトンについて教えてください

    アセトンという物質をWikipediaで調べると、 「アセトンは、正常な代謝プロセスの結果として人体で自然に生成され、排出される物質で、生殖毒性試験では、生殖問題を起こす可能性が低いことが明らかになっている。実際に、エネルギー必要量が高いとアセトンの生成レベルも高くなることから、妊婦、授乳中の母親、および小児の体内アセトンのレベルは自然と上昇する。医学界では、難治性てんかんを患う乳児や小児のてんかん発作を減少させるため、体内のアセトンを増加させるケトン食療法が現在行われている。」 こんな事が書かれている反面、 ちょっと下の方に目をやると、 「危険有害性情報として「引火性の高い液体及び蒸気、眼刺激、生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い、眠気又はめまいのおそれ、呼吸器への刺激のおそれ、長期又は反復ばく露による血液の障害のおそれ、飲み込み・気道に侵入すると有害のおそれ」、MSDS に「眼の刺激性、中枢神経への影響あり」と表示される。吸引すると頭痛、気管支炎などを引き起こし、大量だと意識を失うこともある。ラットの半数致死量 (LD50) は 10.4 mL/kg(経口)。 ヒト経口推定致死量 50&#65374;75mL。」 などと恐ろしい記述がありますが、 結局のところアセトンは無害なのでしょうか、それとも有害?

  • 解剖生理学に興味あるかた返答お願いしますm(--)m大人数みてください。

    ☆興奮性細胞の興奮伝達メカニズム:(1)活動電位はどのようにしておこるか? ☆感覚器による外界のエネルギー変換:(2)感覚にはどんな種類があるか? ☆脳での情報伝達と中枢神経系:(3)延髄の機能は?(4)脊髄の機能は? ☆筋収縮のメカニズム:(5)筋を構造的に分類すると?(6)筋の神経調節は? ☆免疫のシステム(7)体液性免疫と細胞性免疫の違いは何か? ☆食物の消化・吸収のメカニズム:(8)胃液の分泌はどのように調節されているか?(9)糖質の消化吸収はどこでどのようにして起こるか? ☆ホルモンによる生体調節メカニズム:(10)負のフィードバックとは何か? 以上10問分かるのだけでかまいませんので御手数ですがよろしくおねがいします!

  • 脳の右半球の働きについて

    ある本を読んでいましたら、「脳の前頭葉の右半球は、非言語脳的なもの、外の世界を認識し、人や物とぶつからないようにバランスをとる機能や、聴覚、音楽、感情などに関係しています。人間の外部の環境や人間に対処するための交感神経の中枢もある」と記されていました。ここで分からないのは、「脳の右半球に人間の外部の環境や人間に対応するための交感神経の中枢もある」という部分です。私はいままで交感神経は、脳幹が司り、生命維持の神経だと思っていたのですが、これによると、大脳新皮質にも交感神経があり、そして、人間関係等にまで影響されているいうのが、私のいままでの理解を超えているのです。 どなたか、お教えをお願いします。

  • ホルモン

    脳へ流入する血液中の血糖量がある一定の範囲から下がると危機状態になる その際血糖量の低下を受けて交感神経の作用により血糖量増加に働くホルモンが分泌される。 交感神経の作用が及ぶ器官と、その機関から分泌されるホルモンの組み合わせとして適当なものはどれか? 1すい臓 インスリン 2すい臓 グルカゴン 3すい臓アドレナリン 4副腎髄質インスリン 5副腎髄質グルカゴン 6副腎髄質アドレナリン 副交感神経は中枢神経系a~fのどこから出ているか? a大脳b間脳c中脳d小脳e延髄f脊髄 1a,b 2b 3c,d 4c,e 5c,e,f 6b,c,e 副交感神経が分布しない器官や組織として最も適当なものはどれか  1目 2唾液腺 3皮膚の幹線 4胃 5小腸 6ぼうこう 回答お願いします

  • エタノールの毒性

    エタノールの許容濃度ってそんなに高くないと思うんですが、お酒をがぶがぶ飲んでも大丈夫なのは何故でしょうか?エタノールの純品になると急性毒性などが増すのでしょうか?

  • タバコを吸うとインポになる?

    タバコに含まれるニコチンには、毒物として中枢神経に影響し、末梢の血管を収縮させる作用があり タバコを吸うとインポ(勃起障害)になるといわれています 勃起とは、血管が広がって急激に大量の血液が流れ込むために起こるものなので、血液循環が悪くなると勃起しにくくなる 外国ではタバコのパッケージに警告表示をしている国もあるくらい、よく知られているらしいのですが ここ 二十数年ほど一日一箱ペースでタバコを吸い続けています 年をおうごとに性欲が高まり おいらの勃起がとまりません  これは おかしいことでしょうか?

  • 肉体機能

     昨日、この&#8203;http://kikitai.teacup.com/qa3793190.htmlで吉永小百合さんの事に関連して質問がありました。  お教え戴きたいのは、人間の排泄行為の事なのですが、これは排泄や体内の調節だけの機能と効果しかないもののなのでしょうか?  具体的にいえば、そういう器官や機能があるのに、仮にそれを働かせないというようなことが、長く続くと、大脳や神経系、知覚系統、或は感情系統などに影響が出てこないのでしょうか  素人ですが、微妙に人格などにも影響が出てくるのではないかと、存じまして、お教えを乞う次第です。どうかよろしくお願い申しあげます。

  • 神経調節性失神について教えて下さい

     息子が、先日「神経調節性失神の心抑制型」と診断されました。  同じ病気を診断されたけれど、こうやって元気に生活している、とか、現在は治っている、という方はおられますか。  息子は、23歳。痩せ型ですが、今まで重い病気をしたことはありません。扁桃腺の手術くらいです。もちろん失神したのも初めてです。  失神時の状況は、検診で血液採取後に立って診察の順番待ちをしていたところ意識を失ったそうで、頭や心臓はCTやエコーにより異常なしでしたが、チルト検査の結果、前述のとおり診断されました。  先生の説明によると、「神経調節性失神の心抑制型」は、血管抑制型や混合型と違って突然死の恐れがあり予後が悪いが、有効な薬もないことから、(1)生活節制、(2)弾性ストッキング着用、(3)脱水状態にならないように、(4)立位を続けない、などで、ともかくまた失神することがないように気をつけていくしかないとのことでした。  もちろん、これらのことは気を付けていかなければならないのですが、若年性の病気であるともお聞きしたので、年を重ねて治った方がいれば、息子も(もちろん家族みんなも)励みなると思い、あげさせていただきました。  因みに、医科大病院の主治医に他の患者さんのことを尋ねたところ、「10年の医師生活の中で、この病名診断したのは28歳の女性と2人目だ」と仰っていました。(その女性は今もお元気だと思うとのことでしたが。)  長文になりました。。。よろしくお願いいたします。