• ベストアンサー
  • 困ってます

社会保険料の預り金について

去年事業を開始した者です。社会保険料の預り金について教えてください。 ■初めて社会保険に加入た月の仕訳 役員報酬 500,000 / 現金        405,445            預り金(源泉所得税) 29,930           預り金(健康保険料) 21,250           預り金(厚生年金)  43,375 ■翌月末に社会保険料を納付した時の仕訳 預り金(健康保険料)    21,250 / 普通預金 130,152 預り金(厚生年金)     43,375 法定福利費(健康保険料)  21,250 法定福利費(厚生年金)   43,375 法定福利費(児童手当拠出金) 902 上記のように、社会保険料が発生した月に預り金として給与から控除し、1ヶ月後に支払う形をとってました。 しかし、今頃ある本を読んでいて気がつきましたが、 「社会保険料の個人負担分は、前月分の保険料を当月分の給与から控除し、当月末に会社負担分と合わせて納付しますから、通常の場合、預り金勘定の残高は「0」となります。」とのこと。 しかし、前述の仕訳のとおり、弊社の場合、当月分の保険料を当月の給料から控除し、1ヶ月後に支払ってましたので、決算の時点で社会保険分の預り金勘定も1ヶ月分残ってます。 「前月分の保険料を当月分の給与から控除する」と解釈すると、例えば、社員が退職した場合、最後の月ではその当月の社会保険料も徴収しなければなりませんので、前月と当月で2ヶ月分の社会保険料を徴収するのでしょうかね?? 支払済の社会保険料については、もはや修正することは不可能だとして、やはり、前月分の社会保険料に対して預り金を発生させるように今後の給与支払で返金した方がよろしいのでしょうか? そして、もし退職者が発生した場合退職月に先月分と今月分の2ヶ月分の社会保険料を控除すべきでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数14400
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • sr1967
  • ベストアンサー率63% (28/44)

法律上は確かに「翌月徴収」となっています。 入社したときはその月分から社会保険料発生、退職したときは月の途中の場合、その月の社会保険料は発生しません。ただし、月末退職の場合はその月分が発生します。 例えば・・・ 例1.3月中に入社した人(3月1日でも31日でも)が4月20日に退職した場合: 3月分だけの社会保険料が発生し、翌月の給与から徴収。 例2.上記の人が4月30日に退職した場合: 3月分と4月分が発生しますので、ご質問の通り最後の月に2か月分徴収。 例3.上記の人が3月20日に退職した場合: 月途中の退職ですが、入社と退社が同じ月のときは3月分が発生します。これは退職日が31日でも同じ。 また、社会保険料は「支払い」ベースで見ますので、貴社が末締め翌月支払いのとき、3月分給与は4月に支払われますよね。 そのときは3月分の社会保険料を「4月給与」で控除した(要は翌月徴収したことになる)、と見るので要注意です。 また、法律どおり翌月徴収したいのはやまやまですが、急に労働者が辞めてしまうとき、締めと支払いの関係によっては徴収しそびれてしまうこともあるので注意してください。 例えば上の例3の場合、締めが15日で支払いが当月25日という場合、最初の給与は1日から15日分の日割りで支払い、その月は保険料を徴収しなかった。でも20日に急に来なくなってしまい、5日分の給与では3月分の保険料を徴収しきれずマイナスになってしまうケース、というのが時々あります。 もちろんそういうときは急に退職する人も悪いので、事情を説明してお金を振り込んでもらったりすればいいのですが・・・。 アルバイトが多いとか、急に辞める人が多いとかそういう業界の会社や取りはぐれを嫌う経営者は、ワザと当月徴収にしているところもあります。 預かり金処理については、上記の内容を踏まえた上で税理士さんとも相談してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的例を交えたわかりやすい解説をありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

関連するQ&A

  • 社会保険料の決算仕訳

    経理初心者です。 決算処理について質問させてください。 社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に 給与   \1,500,000 通勤費  \100,000                / 預り金(健康保険)    \50,000                / 預り金(厚生年金)    \150,000                / 法定福利費(雇用保険) \10,000                / 預り金(源泉税)      \50,000                / 預り金(住民税)      \40,000                / 当座預金         \1,300,000 と仕訳して、末日に 預り金(健康保険)   \50,000 法定福利費       \50,000 預り金(厚生年金)   \150,000 法定福利費       \150,000 法定福利費(児童手当) \5,000                      / 当座預金  \405,000 と仕訳しています。 決算を向かうに当たって未払処理をしたいのですが、どう仕訳したら良いのか教えていただきたいです。 法定福利費 / 未払金 で良いのでしょうか? また、上記の決算仕訳をしたときに、次期はどのように仕訳したら良いのかも教えてください。 宜しくお願いします。

  • 社会保険料の決算処理

    いつも参考にさせていただいております。 質問をさせていただきたいのですが、当社は5月決算なのですが 今年は5/31が土曜日のため、色々な引き落とし等が6/2になってしまいます。 社会保険料もそうなるのですが、5/31時点の仕訳はどのようにしたら よいのでしょうか? 当社の給与は月末締め、翌月10日払いになっています。 5/10に4月分給与を 給与/現金 現金/預り金(社会保険料等) と仕訳しています。 通常の月であれば月末に社会保険料を 預り金/預金 法定福利費/預金 経費(法定福利費)/預金 と仕訳しているのですが、決算月をまたぐ場合 法定福利費/未払金 経費(法定福利費)/未払金 となるかと思うのですが、預り金はどのような処理をしたら良いのでしょうか? 説明が不足であればすみません。 回答お願いいたします。

  • 社会保険料の天引き

    社会保険料 厚生年金 雇用保険 健康保険の給与天引きで教えて 下さい。特にわからないのが厚生年金保険料で今の会社は20締の翌月 5日支払です。たとえば 7/1入社の場合 保険料は8/5支払分より 天引きすればよいのですか?又退職 7/20の場合の控除も教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

通常ですと、入社した月は健康保険・厚生年金の保険料が発生します。これは1日付けでも31日付でも変わりません。 次に退職した場合ですが、退職月には健康保険・厚生年金の保険料が掛かりません。但し、退職日ではなくその翌日の喪失日で見ますので注意して下さい。 ですから前月分社会保険料を当月で預かって月末に支払う場合、退職者には前月の保険料のみ掛かります。実際の給与の締め日との兼ね合いで退職月の翌月の給料日に給料が支払われる場合には、健康保険・厚生年金の保険料は無しになります。 あと、現在預かっている保険料ですが、返却するのであれば次の給与時に保険料預り分を「0」にする形での返却が良いと思います。<所得税計算に影響します。税務署等で確認して下さい。>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 了解しました。 預り金処理している保険料は次の給与からは1回分だけ保険料を控除しないことで調整したいと思います。

  • 回答No.1

こんにちは 私が持っている社会保険の手引きには次のように書かれていました。 事業主は、被保険者の先月分の保険料を給与から控除(天引き)出来ます。入社月の保険料も翌月控除となり、当月(資格取得月)の給料からは控除できません。 この他控除に当たっての取扱いは次の通りです。 (1) 月末退職者は、翌月1日が資格喪失日ですので、先月分と退職月分の2か月分を、退職月の給与から同時に控除できます。月途中の退職者は先月分のみの控除となります。 (2) 同一月に資格を 取得・喪失した被保険者は資格取得月分の保険料が発生しますので控除できます。 (3) 週給のように給料を数回に分けて支払う場合は、そのつど控除しても1回にまとめて控除してもどちらでもいいことになっています。 (4) 控除後は、給料明細に記載するなどして、被保険者に保険料の控除額と内訳を知らせます。  以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のわかりやすいご回答ありがとうございます。 やはり、翌月の給与で控除すべきだったのですね。

関連するQ&A

  • 社会保険料が多く控除されていた!

    最近、転職をして、社会保険関係の担当になって初めてしったのですが、就職した月は、健康保険料と厚生年金は給料天引きしない。月途中に退職した場合はその月は健康保険料と厚生年金は控除しないというのを実務の中で知りました。 そこで、前の会社の給料明細を見たところ、《就職した月の給料に健康保険料と厚生年金が控除されていました。》退職は月末なのでもちろん退職月の給料から健康保険料と厚生年金は控除されていました。 前々の会社は、《就職した月の給料から健康保険料と厚生年金が控除されていました。》《退職は月途中で退職したのに退職月の給料から健康保険料と厚生年金が控除されいていました。》 この間違っていると思われる、余計に給料から控除されてしまっている《》の3箇所分の社会保険料は返金してもらえるのでしょうか。

  • 社会保険料??

    初歩的な事ですが宜しくお願いします。 賃金台帳などで「社会保険料控除後の額」のような感じで書かれてる蘭があります この社会保険料とは、健康保険と厚生年金、それから雇用保険も含まれるのでしょうか? それとも社会保険料とは健康保険と厚生年金のみの事でしょうか? それから所得税は総支給額から健康保険、厚生年金、雇用保険を天引きしてからの支給額から計算するのでしょうか? それとも健康保険と厚生年金のみの天引きしてからの支給額でしょうか? 同じ言葉を何回も使ってわかりにくいと思いますが宜しくお願いします!

  • 社会保険料の徴収について

    ある年の12月中旬に就職し、ある年の2月中旬に退職しました。 就職月の給与からも退職月の給与からも社会保険料(厚生年金・健康保険)が天引きされているのですが、こんなことってあるのでしょうか。 天引きが当月分か前月分か不明ですが、いずれにしろどちらかかが払い過ぎだと思うのですが・・・。

  • 社会保険料について

    雇用保険、健康保険、厚生年金、まとめて社会保険料なんですよね?社会人2年目なんですが、控除される社会保険料が毎月違うのはなぜですか? 下宿なので、手取りが少なくなっていくのは辛いのですが、、

  • 社会保険料の返金について。

    社会保険料の返金について判る方が居ましたら教えて下さい!! 社員5名、アルバイト1名の会社で経理をしている者です。 入社したその月の社会保険料(健康・厚生年金)は 次の月の給与から差し引くのが通常だと思います。 実は私が勉強不足で無知過ぎた為、 入社したその月の給与から控除してしまいました。 社員、アルバイトの方に社会保険料を返金しなければいけないのですが、 返金方法はどうしたら良いでしょうか。  (1)現金にて返金するべきなのか。  (2)次に支払う給与の社会保険料を0円にして備考に理由を明記しておくのか。 この場合の勘定科目、仕訳も判れば教えて下さい。 無知な質問で申し訳ないのですが、回答宜しくお願いします。

  • 社会保険の標準報酬改定

    給与が減額されたので、7月に健康保険厚生年金保険の標準報酬の改定手続きをしました。  その際、改定月が2月という通知を受け、払いすぎていた分の保険料は、7月の社会保険料納付で精算され還付されていました。  本人には、年末調整の事を考えて月々の保険料から精算していくことになったのですが、経理としてこの差額分の仕訳はどうしたらいいでしょうか?    弊社では、給与から控除する際は、預り金勘定を会社負担分については、法定福利費とし、一人一人原価管理をしています。 よろしくお願いします。

  • 社会保険料について

    経理初心者です。こちらの相談箱でいつも勉強させていただいております。 2件教えてほしいのですが (1)従業員給与計算についてですが、会社は25日締め月末払いです。今月14日に資格喪失した従業員の健康保険・厚生年金・雇用保険はどのように処理すればよろしいのでしょうか? (2)給与から月額の欄より厚生年金月額表や被保険者の保険料額の表をみて控除していくのはわかりますが賞与のある月の 健康保険・厚生年金の控除の金額は賞与分を計算し給料から差し引くのですか?それとも賞与から差し引くのですか?雇用保険料はどのように計算するのですか?

  • 社会保険料の決算仕訳について

    教えてください。 ただ今、決算処理をしているのですが、 社会保険料を未払金処理しました。 そこで、1つ分からなくなってしまいました。 未払金にするのは、 会社が法定福利費として支払う分だけでしょうか? それとも、従業員預かり金も含めた銀行から引き落としになる金額でしょうか? 教えてください。 ・健康保険料 434,600円 ・厚生年金  629,816円 ・児童手当  4,068円 合計 1,068,484円 の時、 1) 217300 法定福利費/ 未払金 1068484    217300 預かり金    314908 法定福利費    314908 預かり金    4098  法定福利費 となるのか 2)217300 法定福利費 /未払金 536276   314908 法定福利費   4068  児童手当  となるのかで悩んでいます。 たんに、預り金の残が変わるだけで、 どちらも同じなんでしょうか? どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 退職に伴う社会保険料などについて

     私は、高卒採用して以来、勤続10年目になります。  会社の人間関係上の理由で、退職を考えています。  今まで1度も退職した事がない私ですが、今年の12月末に退職を考えています。  そこで、社会保険料について詳しくないので教えて頂きたいです。  会社から給与の内訳から社会保険料の健康保険や厚生年金や雇用保険など控除されていますが、年末だと保険料の調整で、12月の給与では高く控除され12月給与では、かなり引き落とされ、わずかな収入しか入らないのは本当なのでしょうか?  もしくは、3月末に退職した方が12月給与よりはまだ良い方法の道なのか教えて下さい。  宜しくお願いします。

  • 社会保険料について

    給与から天引きされる社会保険料についてアドバイスをお願い致します。 4/1まで失業状態で、4/2(月)付けでA社にパ-ト(フルタイム)で採用されました。 週30時間勤務の場合は社会保険に加入ということで年金手帳も提出しました。 本日、5/10が初の給料日なのですがいただいた給与明細をみると健康保険(介護保険料を含む)雇用保険、所得税のみが引かれ厚生年金料が引かれていません。 保険証は受け取っており、社会保険に加入ということは厚生年金及び健康保険 の天引きがあるはずです。 本日は休日で明日、経理担当の社長の奥様に伺おうと思いますが、私自身 給与計算の経験があり、健康保険料のみが引かれることはないと思います。 社会保険にお詳しい方、アドバイスをお願い致します。 ※厚生年金に加入していただけないのならば、主人の扶養に入った方が良いと  思います。 よろしくお願い致します。