• ベストアンサー
  • 困ってます

自己破産・管財人がつく場合について

こんにちは。先日も自己破産した場合の会社への通達はどうなるかという質問をさせていただきました。皆様から色々な貴重な御意見を頂き有難うございました。 細かい質問になってしまいますが、破産申し立てをしても債権者は免責がおりるまでは債権を取り立てることが出来るということですが、管財人がついた場合には全ての財産を管財人が管理することになると聞きました。その場合、月々の給与も管財人が管理することとなり、給与の21万円を超えた部分の差し押さえは管財人が行い、余剰分を債権者に分配するという事になるのでしょうか?管財人が行うことになれば当然その管財人の名義で会社に差し押さえの通達がいくことになるであろうから、会社に破産したということが分かってしまうことになるのではないかと不安です。とにかく職場にばれることだけはどうしても避けたいのです。 分かりにくい質問で申し訳ありませんがどなたかお力添えをお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2464
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 #3の補足質問の件です。  破産管財人は破産法189条を根拠として財産目録及び貸借対照表を作成することになっています。この前提として,破産宣告後速やかに管財人は破産者から収支明細,資産状況,財産状況等をヒアリングしたり,関係書類の提出(大部分は破産申立時点で提出している副本で足りる)を求めたりすることになっています。  収支状況は,給与等の収入状況と生活費等の支出状況になりますから明確にするためには家計簿的(とりあえずはメモ的にものでもいいでしょう)な支出明細をもって説明した方が良いということになり,結果的に余剰がどこへ行ったのかも説明する必要が生じそうです。  具体的には,現金で所持している,預貯金口座に入っている,他人に預けている(申立代理人弁護士がいる場合に見受けられることが多い)等です。  以上のことは変な表現ですが,管財人のやる気によって結構差があったりしますが,理屈ではこのようになり,申立後給与として100万円入り,生活費等で40万円使ったとすれば,残60万円は申立人から管財人に引き渡すことになります。従前説明したとおり,引き渡すべき財産はあくまでも破産宣告前の破産財団を形成すべきものであることが原則ですが。なお,仮に破産予納金を50万円命ぜられ,余剰の60万円の中から支出すれば,管財人に引き渡すのは10万円ということになります。  蛇足ですが,一般サラリーマンからかけ離れた収入や財産状態のようですので,民事再生等の検討も含め弁護士・司法書士等の専門家と相談し,申立代理人についてもらったり,裁判所との事前打ち合わせを行ってもらう(速やかに宣告等を受けるため)などした方が良い案件とも思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても分かりやすく説明していただき有難うございました。弁護士と相談して、解決法を、見つけていこうと思います。

関連するQ&A

  • 管財人とは?(自己破産)

    妻が自力で自己破産申し立てをして、書類は受理して貰い各債権者に郵送し取り立てストップまでは進みました。 次に裁判所へ行って裁判官と話したのですが、お金の使途が義母を援助と言うことでは、具体的に金銭の分からないので管財人を立てなさいと言われ、裁判官から管財人を指名されました。 管財人は財産があるような場合に立てるように思っていたのですが、妻は専業主婦で不動産等の財産は全く持っていません。 なのに、何故管財人を立てるのでしょうか? 妻曰く、裁判官の説明によると(具体的な使途が「援助」という性格上、明確に出来ないため)弁護のために管財人を立てると言っていました。 私の管財人の解釈が間違っているのでしょうか? なお、金銭的には総額25~30万かかると言われました。

  • 自己破産での管財人

    会社倒産により、父が自己破産の手続きを行っています。 1. 引越代を管財人が負担するということはあるのか?      弁護士を介して、管財人が引越し代を負担するからすぐにでも   居住中の家を手放し、引越しするよう通達されたそうです。   → 当初、弁護士は居住中の家を手放さなくても済むよう対応すると言っていたそうですが、ネットで調べてみてもそのようなケースはまずないと知りました。又、管財人がわざわざ負担するとは思えないので、何か裏があるのか?と勘繰っています。 2. 不動産の資産査定金額は、管財人によって異なるのか?内容が適正であるとどのように判断することが出来るのか? 依頼当時話していた弁護士の内容が段々と異なってきており、懐疑的になっています。

  • 自己破産・管財人

    自己破産の管財人がついた場合なのですが、現在弁護士さんに依頼をしてるのですが、その中で利息制限法に従い過払い金が発生しました。 52万程です。そこで質問なのですが、 (1)この金額は私的財産とはみなされないですよね? (2)また弁護士の先生は、この50万は、管財の費用になると言われてたけど多分予納金のことだと思いますが、この予納金を払ったたしても、他に財産もなくても(パートとして月3万の収入)お給料の管理・転居・本人宛の手紙も管財人の方に送られるのでしょうか? どなたかお分かりになられる方教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

 破産申立後,破産宣告までの収入は破産財団を形成すべきものとなるので厳密にいえば破産管財人が管理するものになります。あり得ないような例ですが,相続財産を得たり,誰かから多額の贈与を受けたとかすれば財団に影響を与えることになります。  しかし,普通の給料程度であれば,義務的に発生する生活費(食費・電気・水道料金等)に費消することは仕方の無いことなので,特段問題にはなりません。給与所得が極めて大きくて,生活費支出後もなお相当の余剰を生じるようであれば別です。  破産管財人は破産宣告時に選任される者なので,管財人が申立後・宣告前の財産を把握するのは必然的に宣告後のことになります。なのでこの間の管財人からの管理を受けるという懸念は不要です。  なお,債権者からの差押えの可能性は既に回答しているとおり常にあり得ます。  前回の参考URLに少額管財を掲げたのは,同時廃止事件になりそうな案件でも給与の差押えを回避するために一部の裁判所では速やかに管財人を付ける例があるという紹介のつもりでしたが,破産申立から宣告までの期間を短くする努力は裁判所でもしているものの,書類の不備,記載もれ,矛盾等の申立人サイドの問題があれば追完まで放置せざるを得ないこともある(受理されないこともあり得る)ので,できるだけしっかりした書類を提出する必要があります。  また,管財事件になりそうだと考えているようですが,そうであれば破産予納金として最低50万円くらいお金がかかります。これを納めないと手続は進みませんので,事前の準備が必要になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

またまた御丁寧な回答を有難うございました。負債は親の借入金の連帯保証人になったことによって生じたものです。 現在私の月収は100万以上ありますが、それでもとても返せるような負債額ではありません。 貴殿が 給与所得が極めて大きくて,生活費支出後もなお相当の余剰を生じるようであれば別です。 と書かれていますが、普通に考えて私の収入は普通の生活をしていれば余剰を生じることとなると思います。そういった場合には、財団に影響を与えることとなり、管財人が遡ってその剰余金を回収するということでしょうか? 分かりにくい質問で申し訳ありません。もう一度お力を貸してください。

  • 回答No.2

 破産管財人が管理する財産は,破産者が破産宣告を受けた時点で有していたものであり,これを破産財団といいます(破産法6条)。具体的には,あなたの言う不動産とか保険金返戻金,自動車,株あるいは誰かから返してもらえるべきお金(債権という)や現金・預貯金などがあげられます。既に支給を受けた給料は,現金や預貯金に形を変えていますので,これに該当します。  一方,宣告後に新たに支給を受けた給与などは#1の方が仰られておりますように新得財産(=自由財産)となり,破産手続で処分されるべきものではなくなります。ですから破産管財人が新たに給与を勤務会社から受領し,配当に回すものでは原則的にありません。あなたは会社から通常通り支給を受け,生活費などに使えます。  ここで原則的にと言っているのは,管財人が付かない同時廃止事件でまま見られる,裁判所指示に基づく任意配当が命じられるケースのことがあるためです。管財人が付いても任意配当の原資をつくるために,本来,破産財団ではないはずの新得財産である新たな給料の一部を積立して,一定の割合で債権者に支払う場合もあります。この場合であれば貰った給料から一定額を管財人に渡すことになります。    不動産がある場合にありがですが,何年も破産手続が続くことがあるのは事実です(オーバーローンであれば別です)。しかし,先述したように新得財産は,あなたのものであり,手に出来ないということはありません。  給料の一部が供託されていて,その配当がされていないときには・・・というのは,破産宣告を受ける前に給料の差押がなされていれば,勤務会社は差押えをした債権者に支払うか供託するかになるのですが,債権者に払い終わっていれば債権者のものになり,供託していれば本来は,執行裁判所(差押命令等を行う地方裁判所のこと)の手続で差し押さえた債権者が支払を受けるべきであったところ,破産宣告がなされたため破産財団に変化してしまうことにより,管財人の監督下になることを指しています。  なお,給与の差押えは破産宣告の前後いずれでも発令される可能性はあります。そして,共に管財人や破産者から破産宣告を受けたことを執行裁判所に主張して取り消してもらうことになります。黙っていても裁判所が良きに計らうのではありません。仮に破産裁判所と執行裁判所が同じ建物の地方裁判所であっても,常に連絡を取り合って不当執行の虞を監視をしている訳ではありませんので。  とはいえ,まともな債権者は,破産裁判所から破産宣告があった通知を受ければ取り消されることも知ってますから,あなたが債務を消滅させることが不可能な状態であれば速やかに破産宣告を受けることが,給料差押えの可能性をもっとも低くできる手段になりそうです。  なお,弁護士が介入通知を出しても破産宣告がなされていなければ,少なくとも破産申立が受理されていなければ債権差押を行う債権者があることは珍しくありません。

参考URL:
http://www.mikiya.gr.jp/syogakuhasankanzai.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御丁寧な回答をしていただき有難うございます。とても分かりやすく参考になりました。貴殿の文章に対する新たな質問なのですが、よろしければ教えてください。 破産申し立てをしてから破産宣告されるまでの財産は新得財産ではないということになるのでしょうが、そのわずかな期間の間の所得は管財人により管理される(差し押さえ?)ということになるのでしょうか?その場合、収入を差し押さえできるということになって職場に分かってしまいませんか? 本当に細かい質問で申し訳ありませんがお力添えをお願いいたします。

  • 回答No.1

 サラリーマンが破産した場合には,未払いの給料があれば,それは破産管財人が受領しますが,破産宣告後に支払われる給料は,新得財産といって,破産管財人とは無関係に,破産者本人が受け取ることができます。  自己破産の場合,免責が確定するまで取立が可能とされているのは,同時廃止決定がされる場合だけです。この場合には,破産宣告と同時に破産手続が終わっているので,破産宣告に基づく効果も消滅するからです。  他方,破産管財人が選任された場合には,破産宣告から破産の終結又は破産廃止までの間は,個別に強制執行をすることはできません。もし給料に差押えが入っていても,その差押えは取消になります。ですから,給料の一部が供託されていて,その配当がされていないときには,破産管財人がその供託金を取得して,配当の原資にすることになります。  破産したことによって会社に通知が行くという制度はありません。  しかし,会社から借入をしている場合や,会社の共済組合などから借入をしている場合には,その借入金は破産債権になりますので,債権を届け出るよう促す文書が裁判所から送付されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそくの御丁寧なお返事有難うございます。 給料の一部が供託されていて,その配当がされていないときには,破産管財人がその供託金を取得して,配当の原資にすることになります。 この文章が難しくて分かりませんのでもう少し詳しく教えていただけませんか?不動産があり、必ず管財人が就くと思われます。現在私の給与所得は21万円以上あります。実際に給与の21万円を越えた部分についてはどのように管財人に渡すことになるのでしょうか?給料から天引きされるのですか?それだったら会社に分かってしまうと思うのですが。 また、管財人が不動産をなかなか処分できずに破産申し立てから破産廃止まで非常に時間がかかる(何年も)事があると聞きました。その場合には、新得財産は何年もの間、得られないということでしょうか? 分かりにくい質問で申し訳ありませんが、素人ですので宜しくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 自己破産・管財人について、長文ですみません

    この度自己破産申請をいたしまして、管財人が決定いたしました。 そこでお分かりになられる方がいらっしゃいましたら、何点か教えていただきたい点がございます。裁判手続き書類を管財人に引継ぎ面接が終わり、郵送物についての転送が開始されました。今回妻には自己破産について話しておりません。以下質問事項でございます。 (1)提出書類の中で出してある銀行口座について、記載を入れ忘れた口座がありました。(妻が管理していたので私も確認忘れをしてしまいました。)3ヶ月に一回銀行口座取引明細が送られてくる様でして、郵送物で、もし管財人が書類に乗ってないことがわかった場合はどうなるのでしょうか?残高は519円しか残ってません。 (2)401Kの郵送書類もある事を最近妻から聞きました書類提出後になります。金額は82,000くらいです。 2007年3月資格取得、2007年3月末退職です。恥ずかしい話お金関係や、保険関係は妻が管理をしてくれていたもので、漏れが出てしまいました。妻が今年2回も手術をして体が弱いこともあり。自己破産について相談することをやめました、今回同時破産を申請してましたが、小額管財になり現状資産は、現金月4万、残り401K82,000円、保険解約2万です。 資産を隠すつもりはまったくないですが、こういった場合追加調査とかそれとも管財人が勝手に、金融機関に問い合わせをして取引明細をもらうのでしょうか?何かを早急にやらなければと思いますが、まず情報を確認してからと思っております。 全て包み隠さずなんですが、間違いがあった場合でも隠したと思われ刑事罰になるのでしょうか?皆様お忙しい中すみませんがご意見頂けます様よろしくお願いし致します。

  • 自己破産・管財人事件について

    自己破産・管財人事件について 現在、借金が600万あり弁護士に依頼して自己破産の 手続き中です。 金額が大きいことからあなたは管財事件になる可能性が あると言われました。 具体的な説明はなく、こちらから質問すると今は申立て書類を 提出する事が先だと言われてしまいました。 どなたか詳しい方教えてください。 管財人事件になるとどうなるのでしょうか。

  • 自己破産で

    管財人がつき破産開始決定がでたとき、債権者に債務者の住所とかの情報は公開されるのですか?

  • 自己破産の手続きについて

    今、自己破産の手続きをしている最中です。少し前に出た退職金の使い方について裁判所から色々聞かれている事についてお聞きしたいのですが、友人に借金の返済をしていたのですがそれが他の債権者に対して不公平な返済だとすると管財人がついてやり直しをする事があります。と言われてしまいました。このような場合、免責が認められなかったりするんでしょうか?いまさら友人に返してくれとも言えないし、この先どうなるのか心配です。

  • 自己破産での「金融機関による自宅差押」と「管財人による売却」との時期

    ある会社の社長Aが倒産に伴って自己破産するケースについての質問です。 融資返済が不能となった金融機関Xは、保証人となっている社長A本人の自宅を差押して競売にかけるものと予想されます。 一方、社長Aが自己破産すると、管財事件となって、管財人が自宅を売却するものと予想されます。 このような場合、社長Aの自宅に関し、「差押に起因する競売」と「自己破産に起因する管財人による売却」とは、いずれが優先されるのでしょうか。早いもの勝ちなのでしょうか。 なぜこのような質問が出てきたかというと、差押の場合は、金融機関Xが優先的に競売による売却金を取れると思いますが、一方、管財人による売却の場合は、金融機関Xが優先とはならずにすべての関係債権者が平等に配当されるように思われ、どうなるのか予想が付かないからです。 どなたか分かる方、ぜひ教えてください。

  • 個人経営 代表者の自己破産後

    はじめまして。 お忙しい中申し訳ございませんが、お教えいただけたらと思い投稿いたしました。 【内容】 個人経営の法人を管財人を立て(会社、個人とも) 代表取締役の自己破産、免責許可と、会社破産が終了したのですが、債権者から、代表取締役の責任が残っていると、損害賠償請求を告訴されそうです。 ○現在 会社倒産 代表者自己破産 免責許可済み ○債権者は会社の債権者として名前があがっており、代表取締役が自己破産することも知っていた。 ○おそらく 小額訴訟になる 質問 債権者からの訴えは可能なのでしょうか? 可能であれば、支払い命令が下りるのでしょうか? これが可能な場合、自己破産した代表取締役は意味が無いのでは?と思うのですが。 よろしかったらお教えください。

  • 自己破産の競売

    自己破産の競売手続きに関して教えてください 1月の中旬に破産手続きを行い、債権者から不動産を競売にかけるとの、連絡が来ました。 競売のすすみ具合について教えて頂きたいのですが、 ・債権者が競売の手続きを裁判所に訴えると思うのですが、裁判所が、 競売の受理をするまでに要する期間と言うのはどの程度なんでしょう か? ・不動産に関してなんですが、債権者が競売の申し立てをしたら、  不動産に出入りをすることは出来なくなるのでしょうか?  今現在、管財人は付いていないのですが、競売の申し立てをすると、  管財人が付くと言うことなんでしょうか? ・競売が成立しなかった場合は、債権者が不動産の抵当を破棄した場合 不動産は、誰の管理になるのでしょうか? 乱文ですみません。 担当、弁護士事務所の補助員に聞いても、回答を得ることが出来ませんでしたので、お教え頂けると幸いです。また、このような事が記載されている、HPがあれば、教えてください。 よろしく、お願い致します。

  • 自己破産時に破産管財人をつけない方法?

    お世話になります。 先日弁護士を通して自己破産の申し立ての準備をしてきました。 自己破産をしてしまうほどの借金は株、為替によるものです。 上記の理由は免責不可事項のギャンブルに当たり、同時廃止は難しく、小額管財扱いになってしまうようです。 自分で蒔いた種とは分かっていますが、現状はまったく蓄えもなく、管財人への預託費用と弁護士費用で60万程はすべて分割にしないと支払いができません。 せめて管財人費用の20万だけでもなくなれば、弁護士費用の支払いがスムーズに行きそうなのですが・・・ なんとか管財人をつけずに同時廃止をする方法はありませんか? また、上記の費用を月1~2万の分割で支払っていく方法はありませんか? 宜しくお願い致します。

  • 自己破産手続きで破産管財人がつくことになったのですが・・

    多重債務をしてしまい弁護士に自己破産のお願いをして手続きしてきたのですが裁判所に「破産審尋」で呼ばれました(私の住んでるところでは呼ばれることはあまりないようなのです)。行ったところ問題点が結構あり(ほとんどが浪費、返済不可とわかっていながら借金など)免責は受けられない可能性が高いと言われました。それで「破産管財人」をつけるということになり「少額管財」の手続きをしたのですが、どのような事をするのでしょうか?換価とかされるのでしょうか?されるとしたらどのような物が対象でしょうか?家族の物もでしょうか?管財人を付けて免責は受けられるのでしょうか?現在無職なので免責不可になったら今までかかったお金とかも考えると不安で仕方ありません。どうか教えて下さい。

  • 破産管財人の職責

    おねがいします。 破産管財人が破産財団を換価するに際し、できるだけ高額に換価する義務があるのでしょうか。 それとも、安くてもとりあえず換価すればいいのでしょうか。 債権者にしてみれば高額で換価された方がいいはずですが、管財人の報酬は換価額にかかわらず定額であると聞きました。低い金額で換価して早く破産管財業務を終了させたほうが管財人にとってはいいと思うのですが。

専門家に質問してみよう