• 締切済み
  • すぐに回答を!

自己破産・管財人

自己破産の管財人がついた場合なのですが、現在弁護士さんに依頼をしてるのですが、その中で利息制限法に従い過払い金が発生しました。 52万程です。そこで質問なのですが、 (1)この金額は私的財産とはみなされないですよね? (2)また弁護士の先生は、この50万は、管財の費用になると言われてたけど多分予納金のことだと思いますが、この予納金を払ったたしても、他に財産もなくても(パートとして月3万の収入)お給料の管理・転居・本人宛の手紙も管財人の方に送られるのでしょうか? どなたかお分かりになられる方教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1876
  • ありがとう数19

みんなの回答

  • 回答No.6

>主人の口座の分も管財人さんに預けることになるのですか?弁護士の先生は、主人の分は関係ないと言われてたのですが・・・。 弁護士さんがおっしゃるとおり、基本的には御主人の口座は関係ないです。財産隠しのためと意図的にご主人の口座に預けるのは問題になりますが、月に2、3万円程度、夫婦の預金をごちゃ混ぜにしても、大丈夫かと思います。 >ただ、私と主人のお給料で生活をしていつてる訳ですからやはり、例え主人の口座にわずかながら弁護士さんに相談した以降貯金しててもそれは私の財産にもなるのような気はするのですが・・・。その辺の線引きも難しくてわからないのです。 厳密に考えれば、tesu1さんの財産とも考えられますが、一般的に夫婦で一家計にしていると、もう夫の財産なのか妻の財産なのか、生活費は誰が負担していることになるのか・・・預金という単なる数字になってしまうと区別できませんよね。tesu1さんが一家の家計の足しに預金しているともいえますから。こんなときは、きちっとした基準は正直ないです。総合的に判断するとしか言えないです。 申し立て時に、一家の家計状況、tesu1さんの給与明細、tesu1さん名義の口座の取引履歴を提出します。そこから見る人が見ると大体お金の流れが分かるんですね。弁護士や裁判官は、それはもう嫌になるほど破産者の口座や家計状況を見てきてますから・・・。そこから判断するって感じです。 一応、申し立て代理人の弁護士にその旨を報告していなければ、報告して、大きなお金がご主人の口座に行っているとかでない限り、特に「夫の口座履歴も出してください」とか問題にはならないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは、たびたびお返事ありがとうございます。 月に弁護士さんに依頼してから、請求が止まりそこから、今後のためにも少しでもお金をためる事をしないといけないと思い家計簿をつけながら毎月3万弱手元に残ったので(12万)それを 今、手元においてるのですが、それは先生が主人の口座に入れといても構わないと言ってましたので安心はしたのでが、tatuta1991さんの言われる主人の口座に大きなお金とは、どの位なのでしようか? 依頼をしてる期間に児童手当の入金(四万)子供がケガをして保険会社から約10万程保険金が入ったので26万ほどになります。 今まで、貯金も出来なかったので請求が止まることによって 貯金もしとかないと(子供のことを考えると)と思い保険金や、児童手当の分は使わずにいたのですが、これも没収されるのか心配です。反対に 請求ストップしてから全くお金を貯める事が出来てない事が、反省してない思われたらいけないと思ったのですが・・・。

関連するQ&A

  • 自己破産で管財人が付いた場合

    自己破産で管財人が付いた場合 困っています。 自己破産申請中です。 自己破産で管財人が付いた場合どんなことが起きるのでしょうか? 不安で仕方ありません。 財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。 ご回答お願いします。

  • 管財人とは?(自己破産)

    妻が自力で自己破産申し立てをして、書類は受理して貰い各債権者に郵送し取り立てストップまでは進みました。 次に裁判所へ行って裁判官と話したのですが、お金の使途が義母を援助と言うことでは、具体的に金銭の分からないので管財人を立てなさいと言われ、裁判官から管財人を指名されました。 管財人は財産があるような場合に立てるように思っていたのですが、妻は専業主婦で不動産等の財産は全く持っていません。 なのに、何故管財人を立てるのでしょうか? 妻曰く、裁判官の説明によると(具体的な使途が「援助」という性格上、明確に出来ないため)弁護のために管財人を立てると言っていました。 私の管財人の解釈が間違っているのでしょうか? なお、金銭的には総額25~30万かかると言われました。

  • 自己破産での管財人

    会社倒産により、父が自己破産の手続きを行っています。 1. 引越代を管財人が負担するということはあるのか?      弁護士を介して、管財人が引越し代を負担するからすぐにでも   居住中の家を手放し、引越しするよう通達されたそうです。   → 当初、弁護士は居住中の家を手放さなくても済むよう対応すると言っていたそうですが、ネットで調べてみてもそのようなケースはまずないと知りました。又、管財人がわざわざ負担するとは思えないので、何か裏があるのか?と勘繰っています。 2. 不動産の資産査定金額は、管財人によって異なるのか?内容が適正であるとどのように判断することが出来るのか? 依頼当時話していた弁護士の内容が段々と異なってきており、懐疑的になっています。

  • 回答No.5

>過払い金は=自由財産とみなされるって事は理解致しました >過払い金=自由財産ならば管財人をたてなくてもよいと言うことですか? いえいえ。破産申立に伴う裁判費用、管財費用(予納金)を使って、残った現金の99万部分が「自由財産」となるんですね。ですので「過払い金が20万円以下だった」場合には管財人を就けない(同時廃止手続き)、自由財産は現金0円となります。 例えば、無一文(預金も0円)の方が150万円過払い金が回収できたとしましょう。 20万円以上の財産を持っているので管財人をつけて予納金が発生します。申立費用3万円、予納金20万円が手続費用です。150万円-3万円-20万円=127万円となります。そこから自由財産分(現金99万円、預金20万円)は処分されません。よって、127万-99万-20万=8万円が破産財団になる・・・・こんな感じです。 >99万までは、自由財産として保持してていいのに、(破産を申し立てたしても極端な話自由に使っていいんですよね?)それがどうして 管財人を就ける(管財事案)になるのかが理解出来ないのですが・・・ No.4さんのとおり、基本的には破産手続きは管財人をつけて「この人を本当に破産させて良いのかな?」という免責の調査、「他に財産ないかな?」という資産の調査を経て、OKなら免責!という考え方です。”みそぎ”みたいなモンです。 ただ、破産する人は基本的にはお金が無いので(というか無いから破産するわけで)、裁判所としては「資産が全然なくて、むちゃなお金の使い方(免責不許可な事情)が明らかに無い人」は、上記の免責の調査、資産の調査は不要、つまり管財人をつけない手続き=同時廃止手続きでも良いよ、という運用がとられているんですね。 ですので、破産申立前に、現金99万円以下は自由財産だと言って、自由に使ってはよろしくないです。自由財産である現金99万円が先にありきではなく、破産費用などに使って残り99万円分が自由財産なんです。 実は現金20万円あるひとならともかく、20万円持っていなくても、毎月貯金が5万円以上出来る人は「管財人をつけなさい」と言われる事もあります。「4ヶ月で20万円貯められるでしょ~」ということらしいです。 ”みそぎ”は大変かと思いますが、頑張ってください。債務整理に苦労すればするほど、「今後はもうちゃんとしよう!」と立ち直る方は多いですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tatuta1991おはようございます。 お返事ありがとうございました。とてもよく理解出来ました。 例えばで計算していただいた例題はとても参考になりました。 そうですよね、お金がないから破産するわけですから、それなのにどうして自由財産は保持していいのかが理解出来なかったので、tatuta1991 さんの例えの例題は本当に助かりました。 ただ、また一つ気になつたのですが、 ただ今請求がストップしてるうちに、出来るだけ今までお金をためることも出来なかったので、毎月の生活費が余った分は、現金として手元に残したり、主人の口座に預けてるのですが、主人の口座の分も管財人さんに預けることになるのですか?弁護士の先生は、主人の分は関係ないと言われてたのですが・・・。ただ、私と主人のお給料で生活をしていつてる訳ですから やはり、例え主人の口座にわずかながら弁護士さんに相談した以降 貯金しててもそれは私の財産にもなるのような気はするのですが・・・。その辺の線引きも難しくてわからないのです。

  • 回答No.4

> 管財人を就ける(管財事案)になるのかが理解出来ないのですが・・・ 破産というのは、持っている財産を債権者で分配してください。ただ、足りない分は勘弁してくださいと言う手続きです。 なので財産全てを差し出させるのが基本です。 ただ、それでは自立を妨げることがあるので、自由財産の規定を作ったわけです。 裁判所は基本的に刑事民事の処理で忙しく、裁判官は一人が200件~400件程度の事案を受け持ち、同時に処理している現状である。 なので、破産希望する者が財産を保持したいと希望しても裁判所が管理することは難しいので、管財人を選任して管理させる。 法律に基づく手続きなので、自己申告ではなく管理する人間を選定して、第三者による証拠と証人の確認を必要とする。 また、この様に手続きを定めていれば、不正を行おうと考える者を、未然に防ぐことが出来る。 必要な費用は、受益者=破産申立人が負担する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

manno1966さんおはようございます。 早速のご回答ありがとうございました。 なるほどなんですね、裁判官の人は事案もたくさん抱えてるのですね。 保持するのも難しく事などがあるからその為に管財人をつける訳ですね。とてもわかりやすく理解出来ました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

No.1です。 >この50万は、財産とみなされるとしたら予納金として払わなければいけないと言うことになるのですよね? No.2さんの言うとおり現金99万円までは、処分対象の財産(破産財団)とはならないのです。自由財産といいます。ただ、少額管財を運用している裁判所では、20万以上(裁判所によって若干異なりますが)の財産があれば、特別な事情が無い限り、管財人を就けるという事なんですね。財産と予納金とは基本的には別のことなんです。予納金は、実質、管財人の報酬で債権者に配当されないですから。 >仮に50万回収出来ず20万以上の50万以下位だったら、差額は自分で作らないといけないのですか? 予納金と財産は別の事情なので、基本的には予納金は一律です。例えばもし少額管財の予納金が20万円という基準で運用している裁判所の場合・・・・ -------------------------------- ・過払い金回収(現金)=30万円 ・未回収(債権)=20万円 -------------------------------- という状況で申立したら、 -------------------------------- ・20万円以上の財産があるので少額管財 ・予納金は20万円 ・現金30万円-予納金20万円=10万円は、99万円以下なので処分対象とならない財産(自由財産) ・未回収の債権20万円は管財人は引継ぐ -------------------------------- ・・・という具合になるんです。 処分対象の財産と予納金が一緒になるのは、特殊な事情で、例えば30万円の価値の車を持っている場合に、どうしても生活上車が必要で、処分されないようにする時に、予納金をその価値と同じ30万円にする事はあります。 >少額管財と言う方法になるのですか? すいません。これは余り私は詳しくないのですが、東京、横浜、静岡などは少額管財の運用がとられています。大都市ならおそらく少額管財だと思いますよ。 >最期に本人宛の手紙は、どのような流れて管財人の方に届くのですか?管財人の方が私の管轄の郵便局に手続きをされるのでしょうか? 裁判所が日本郵便に嘱託するんです。「この人の郵便物は管財人に回送せい」と。管轄の郵便局がどうかは分からないですが・・・。明らかに財産の調査対象にならないものは、管財人に送られないそうです。 私が知っている少額管財の基準は東京のものでして、管轄裁判所によっては扱いが異なるようです。また管財人によっても対応が細かく異なる時があります。結果的に違っていたらすいませんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もお返事ありがとうございました。 具体的な例をあげて頂きすいません。 話をまとめると、過払い金は=自由財産とみなされるって事は理解致しました。 ただ、少額管財を運用している裁判所は20万以上の財産があれば 管財人を就けるという事も理解出来ました。 で、どうしてもいまいち理解出来ないのですが、(すいません理解力がないので・・・)過払い金=自由財産ならば管財人をたてなくてもよいと言うことですか?NO2さんの回答のように99万までは、自由財産として保持出来るとしても、管財人が就くと回答がありましたが・・・ 99万までは、自由財産として保持してていいのに、(破産を申し立てたしても極端な話自由に使っていいんですよね?)それがどうして 管財人を就ける(管財事案)になるのかが理解出来ないのですが・・・そうなると予納金も発生してくるわけですよね・・・話が脱線してしまって申し訳ありません。このような立場で本当に意見を言えるわけでは ないのですが、法律っていまいち理解しがたいとこもあるので 参考に聞ければと思いました。

  • 回答No.2

> (1)この金額は私的財産とはみなされないですよね? 破産法改正により、現在は99万円までは保持できるとなっています。 同時廃止では出来なく、管財事案となりますが。 > お給料の管理・転居・本人宛の手紙も管財人の方に送られるのでしょうか? 基本的に郵便物等はチェックされます。 他に財産や借財が有るか等のチェックのためです。 転居は、裁判所の許可無く行うと、破産手続きの廃止と免責不可となります。 破産法の条文に明記されたことなので、気を付けた方が良いですよ。 長期間留守にする場合も許可が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうごさいました。 破産法改正により、現在は99万円までは保持できるとなってのであれば 私的財産としてみなされる事だけど、結果的には管財扱いになれば そのお金を予納金に充当するということになるのでしょうね? 過払い金が発生するのも良し悪しなのでしょうかね?

  • 回答No.1

>(1)この金額は私的財産とはみなされないですよね? 破産手続きにおいては、私的財産か否かというか、処分対象になる財産(破産財団というのですが)か否かという基準で分けます。 破産申立前に、回収する過払い金52万円は、「破産財団」つまり処分対象になる財産にはなりません。ただ、tesu1さんの言うとおり、20万円以上の財産があれば、裁判所から「管財人を選任して、予納金を払いなさい」と言われます。 一方、過払い金を回収できず、訴訟訴訟と進めて破産申立をした場合は、過払い金は「現金」ではなく「債権」として処分対象の財産になってしまいます。その場合は、管財人が過払い金の回収を引き継ぎます。 >(2)また弁護士の先生は、この50万は、管財の費用になると言われてたけど多分予納金のことだと思いますが、この予納金を払ったたしても、他に財産もなくても(パートとして月3万の収入)お給料の管理・転居・本人宛の手紙も管財人の方に送られるのでしょうか? ・給料の管理は管財人に移りません。ただ、管財人の調査の一環として給料口座の履歴を提出する事はあります。 ・転居は、「どうしても」という事情が無い限りは認められないです。 ・予納金を払っても、本人宛ての手紙は確かに管財人に一旦送られます。管財人が他に財産を持っていないかそれによって調査するんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのお返事ありがとうございました。弁護士の先生の考えは 過払い金を回収できず、訴訟訴訟と進めて破産申立をした場合の事は 全く考えてないようです。それは、過払い金が出る債権者が、大手の信販会社だからだと思います。先生としては、回収した後破産申立をする考えです。だから、この50万は、財産とみなされるとしたら予納金として払わなければいけないと言うことになるのですよね? ただ、仮に50万回収出来ず20万以上の50万以下位だったら、差額は自分で作らないといけないのですか? それとも、少額管財と言う方法になるのですか?・・・。ただ少額管財は裁判所によって受付してるとことしてないとこがあるような事を 読んだのですが・・・。このような立場で他人様にお聞きするのは失礼なのですが、また本当は弁護士の先生に任せればよいのですが、いろいろと考えてたら不安になってしまって・・・。 それと、最期に本人宛の手紙は、どのような流れて管財人の方に届くのですか?管財人の方が私の管轄の郵便局に手続きをされるのでしょうか?お礼のつもりが再度色々質問してしまつて申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 自己破産・管財人がつく場合について

    こんにちは。先日も自己破産した場合の会社への通達はどうなるかという質問をさせていただきました。皆様から色々な貴重な御意見を頂き有難うございました。 細かい質問になってしまいますが、破産申し立てをしても債権者は免責がおりるまでは債権を取り立てることが出来るということですが、管財人がついた場合には全ての財産を管財人が管理することになると聞きました。その場合、月々の給与も管財人が管理することとなり、給与の21万円を超えた部分の差し押さえは管財人が行い、余剰分を債権者に分配するという事になるのでしょうか?管財人が行うことになれば当然その管財人の名義で会社に差し押さえの通達がいくことになるであろうから、会社に破産したということが分かってしまうことになるのではないかと不安です。とにかく職場にばれることだけはどうしても避けたいのです。 分かりにくい質問で申し訳ありませんがどなたかお力添えをお願いいたします。

  • 自己破産・管財人事件について

    自己破産・管財人事件について 現在、借金が600万あり弁護士に依頼して自己破産の 手続き中です。 金額が大きいことからあなたは管財事件になる可能性が あると言われました。 具体的な説明はなく、こちらから質問すると今は申立て書類を 提出する事が先だと言われてしまいました。 どなたか詳しい方教えてください。 管財人事件になるとどうなるのでしょうか。

  • 自己破産と管財事件について教えてください!

    すみません…どなたか教えていただけると助かります。 只今自己破産の申請中で来月半ばくらいには裁判所に出廷することになっています。 自己破産が確定したら離婚しようと思っていたのですが…。 クレジット会社への過払い金が結構あったみたいで、返金が約100万円くらいあるらしく、弁護士への手数料引いても80万円くらい返金になるようで、そのせいで自己破産ではなく管財事件になると言われました。 3軒のクレジット会社から返金があり、うち1軒は12月末の返金らしく…。 管財人がつくと住所変更や引っ越しや旅行が勝手に出来ないらしいので12月まで離婚して住所変更などの手続きが延びたりしないかと大変困っています。 例えば、過払い金の請求をしないで過払い金返金を辞退するということは出来るのでしょうか? それが出来るのであれば、管財事件にならず自己破産で5月で完結出来るのでしょうか? どなたか詳しい方、教えていただけると助かります。 よろしくお願いいたします!!

  • 自己破産希望

    私の友人が自己破産申請をすることになったのですが、世帯主で住宅ローンがまだ残っており破産管財人が入るようになるらしいのです。 そうなると財産のない自己破産申請に比べて弁護士料が割高になると聞いています。管財人に対しても裁判所のほうに料金を支払わなければならないみたいでその金額も大きいようなのですが、このような場合の弁護士費用と管財人にたいして裁判所に支払う金額が知りたいのです。教えてください。

  • 管財人裁判(自己破産)をするのですが・・・。

    どうしたらよいでしょう 自己破産: わたしは、ローン、クレジットカードの使いすぎで、自己破産の手続きを行っています。しかし、財産がありすぎて、管財裁判に、なることになりました。 どんな事をして、どんな話をして、どんな裁きを受けるのでしょうか? 御回答の程、宜しくお願い申し上げます。 非常に怖いです。

  • 自己破産・管財人について、長文ですみません

    この度自己破産申請をいたしまして、管財人が決定いたしました。 そこでお分かりになられる方がいらっしゃいましたら、何点か教えていただきたい点がございます。裁判手続き書類を管財人に引継ぎ面接が終わり、郵送物についての転送が開始されました。今回妻には自己破産について話しておりません。以下質問事項でございます。 (1)提出書類の中で出してある銀行口座について、記載を入れ忘れた口座がありました。(妻が管理していたので私も確認忘れをしてしまいました。)3ヶ月に一回銀行口座取引明細が送られてくる様でして、郵送物で、もし管財人が書類に乗ってないことがわかった場合はどうなるのでしょうか?残高は519円しか残ってません。 (2)401Kの郵送書類もある事を最近妻から聞きました書類提出後になります。金額は82,000くらいです。 2007年3月資格取得、2007年3月末退職です。恥ずかしい話お金関係や、保険関係は妻が管理をしてくれていたもので、漏れが出てしまいました。妻が今年2回も手術をして体が弱いこともあり。自己破産について相談することをやめました、今回同時破産を申請してましたが、小額管財になり現状資産は、現金月4万、残り401K82,000円、保険解約2万です。 資産を隠すつもりはまったくないですが、こういった場合追加調査とかそれとも管財人が勝手に、金融機関に問い合わせをして取引明細をもらうのでしょうか?何かを早急にやらなければと思いますが、まず情報を確認してからと思っております。 全て包み隠さずなんですが、間違いがあった場合でも隠したと思われ刑事罰になるのでしょうか?皆様お忙しい中すみませんがご意見頂けます様よろしくお願いし致します。

  • 管財人の予納金

    夫婦2人とも破産手続きを前提で相談しています。 着手金については、弁護士さんのご好意で分割払いしています。 最終的に自宅はあるのですが、再生する為の支払いもかなり無理が かかりそうなので、私(夫)は財産は無いので同時廃止で行けるだろうと 言う話で、妻の場合は資産があるので管財人が付くと言う話で 今から予納金を積んで下さい との事ですが、何せぎりぎりの生活です。 再生にせよ、破産せよ いくらかの支払いは発生するので予納金が無いと 話がすすまないのは分かりますが、そこでお聞きしたい事があるのです。 資産の中にアパートがありまして、賃貸収入が7万あるのですが 現時点では、アパート土地、建物はその抵当物件の借入れの支払いに当てています。 実際は、弁護士介入しているので、保証人が支払額7万を代位弁済と言う形を取っていますが 賃貸収入が継続しているので、そのまま残して保証人に戻しています。 ただこれから破産手続きを進めるとなると管財人の管理下におかれる。 まず、家賃収入がなくなるので銀行への支払いが滞る可能性が高い。 管財人の管理下にある物件を銀行は抵当権の行使をする事(やる事が可能なのか)があるのか? もしくは、保証人相手にその残額を一括返済を請求するだけなのか? 但し、残額が400万で 市況踏まえても最低500万と言う近所の不動産の鑑定書があり 売却出来たら、先ず抵当権を外す必要が(残額400万)あると思うので、銀行に残額の 支払いがあると思うので銀行に損害は出ないので管財人の連絡を待つのがセオリー なのでしょうか?(または、必要以上に保証人に一括返済の請求するのでしょうか?) 破産手続き開始後は賃貸収入は管財人に支払う様になるとのことですが その収入は、管財人の予納金としての扱いにはならないものなのでしょうか?? ならないとしたら、固定資産税が来る半年間あまりの42万の賃貸料は 管財人の管理下からどうなるのでしょうか? 資産が売却出来て、上乗せがあれば報酬をそこから徴収するのだ思います。 売れない場合の為の、弁護士の報酬が予納金だと解釈しています。 少額ではないので、20万ではなく50万の予納金は目安だと思うのですが 当方の状況から見て30万円ぐらいでお願いしてみるとの事でした。 賃貸収入が予納金としての扱いになるのであれば不足している分を 予納金として準備すれば良いことになるので生活苦にはならないので すが、どんなものでしょう?? 着手金の分割がある上に、更に3万~5万の予納金が払えないかと 言われたのですが、そんだけ払えるなら再生の選択して自宅残せると 思います。法テラスの弁護士なら国だから、安く受ける事も出来たり するんだけどねとも話していたのですが、法テラスの弁護士から管財人 を法テラスの弁護士を選出する事は出来ないのでしょうか?

  • 自己破産時に破産管財人をつけない方法?

    お世話になります。 先日弁護士を通して自己破産の申し立ての準備をしてきました。 自己破産をしてしまうほどの借金は株、為替によるものです。 上記の理由は免責不可事項のギャンブルに当たり、同時廃止は難しく、小額管財扱いになってしまうようです。 自分で蒔いた種とは分かっていますが、現状はまったく蓄えもなく、管財人への預託費用と弁護士費用で60万程はすべて分割にしないと支払いができません。 せめて管財人費用の20万だけでもなくなれば、弁護士費用の支払いがスムーズに行きそうなのですが・・・ なんとか管財人をつけずに同時廃止をする方法はありませんか? また、上記の費用を月1~2万の分割で支払っていく方法はありませんか? 宜しくお願い致します。

  • 自己破産で少額管財事件について

    自己破産で少額管財事件について 先日、弁護士事務所に自己破産のお願いに行きました。借入総額が1300万円ほどで高額であるため、少額管財事件になりそうだということでした。申立は、東京地裁に行う予定です。 そこで質問ですが、私は何も財産はないのですが、自宅に管財人が調査に来るなどということはあるのでしょうか? それと郵便物が一定期間管財人の下へ転送されるとのことですが、選挙の投票券は、1枚のハガキで、世帯全員分の宛名で送られてきていたと思いますが、そのような郵便物はどうなるのでしょうか? ご存知の方、お教え下さい。 よろしくお願いします。

  • 自己破産 預かり金に関して

    自己破産の手続きをしております。 弁護士の方にお願いしておりますが、現金などの財産はありませんが離婚後住んでいない 持ち家の権利が半分あるため、管財人の方がつきました。 生命保険の解約した場合の金額が21万なので、管財人の方へ21万支払済み。 その離婚前の持ち家に関しての質問です。 権利を持っている家を現在賃貸にしており、その家賃収入のうち家の持分が 半分なので、家賃の半分が毎月元夫から振り込まれていたのですが、過去 2ヶ月振り込まれませんでした。管財人の方が元夫から取り立ててくださると 弁護士の方から説明はあったのですが、もし元夫から管財人の方が取り立てることが 出来た場合、このお金はどうなるのでしょうか。金額は2か月分で15万です。 今後の事を考える上で小さな金額ではないので、教えてください。 宜しくお願い致します。