• 締切済み
  • すぐに回答を!

自己破産と過払いについて

多額の借金で自己破産を弁護士に依頼すると債権会社などに 取引履歴を請求するらしいのですが、例えば過払いが100万円 以上発生していてそれの支払い請求を出して債権会社が応じた 場合、その過払い金はどうなるのですか? それも財産とみなされて 没収されるんでしょうか? 過払いが発生するとわかった時点で 弁護士のほうで先に過払い金の請求をして、手元に現金として はいるようにしてから破産の申請をするんですかね????

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数122
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

過払金額を残りの借金の額から引いて、残りの借金を分割で払えるようであれば分割払いの契約をし、あるいは個人再生をしたり、払えないようであれば自己破産の申立をします。自己破産するときには、既に請求・受領した過払金があれば財産として申立のときに申告をします。現金については100万円まで自由財産として戻すことができます。つまり自分のものになります。それ以上の部分は債権者に配当されます。つまり自分のものになりません。過払いがあるようであれば、過払金を弁護士費用や予納金に当てれば良いので弁護士に相談してみいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自己破産免責後に過払金請求できますか?

    こんにちは。 今年の1月に自己破産で免責を受けましたが今から過払い金の請求はできるのでしょうか? 知り合いに、「過払金が発生しているかもしれないのに何で自己破産しちゃったの?」 と言われました。そもそも過払い金が発生していたら弁護士の方から連絡がくるはず。と答えたのですが、 「10年前から利用している消費者金融なら過払金はある。弁護士がろくに調べなかったんじゃないの?」と言い張ります。 今となってはどうにもならないことかもしれませんがもしもそうだとしたら今から過払金の請求ができますか? その事について自己破産で世話になった弁護士に聞くのは失礼だと思い出来ません。 しかし知り合いの言葉が気になってしょうがないのです。 よろしくお願いします。

  • 自己破産について

    自己破産を専門家にお願いした場合、債権会社から履歴を 取り寄せると思うのですが、例えば債権会社数が10社あったと してその内3社に過払いが発生したとします。それを回収してから 破産手続きを開始すると聞いたのですが、自己破産の費用を 着手金として前納してあっても、過払い金に対する報酬も 払うのでしょうか? 履歴を取り寄せたときに過払いが発生して いない会社の分も利息の引きなおしなどをして減額させた後 破産額の決定ということになるのでしょうか?減額も債務整理 をしたとして別途手数料を支払わなければならないのですか?

  • 自己破産後の過払い請求

    ある人から、自己破産後でも、過払い請求が出来ると聞いたのですが、 そんな旨い話があるのですか? 普通 自己破産時に過払いが有れば、他の債権者に支払われると 思われますが、自己破産後に過払い請求が出来れば、 その人のものに、なるんですよね? 納得出来ませんが・・・・

  • 回答No.3

> その過払い金はどうなるのですか? 債権者への配当を行う原資となります。 > それも財産とみなされて没収されるんでしょうか?  その通り。 > 手元に現金としてはいるようにしてから破産の申請をするんですかね? 手元にあっても、破産すればとられるから結果は同じ。 詐欺破産で刑務所に行きたいというなら別だが。 過払い金が多額で破産状態でないなら、破産の申し立てを取り下げるという場合もあるが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

専門家なら過払い金があるかどうかは、取引年数や借り方などから、ある程度推測できると思います。 全体の負債総額に対して過払い金がどれくらいあるのかを見極めてから、 (過払い金の額がそれほど多くない場合)破産申立ての準備に入るはずです。 ですので、破産を申立てた後から多額のお金が入ってくるなんてことは普通はないです (想定外の交通事故による保険金だとか遺産相続ならありえますが、破産管財人が選任され適切に処理されます)。 もし、まとまった額の過払い金の返還が見込める場合は、まずそれを回収し債権者に配当しないと、破産しても免責が許可されないはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

管財人が過払いを発見した場合は没収されます。 現時点で過払いが分かっているならば、それを取り返しておくべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 任意整理と過払い請求中の自己破産。 この場合過払い金は支払われるのでしょうか?

    現在任意整理と過払い請求を弁護士を通してしています。 1社は整理済みで払ってますがもう2社の整理と過払い請求が3ヶ月程で済みます。 どうせブラックリストになるなら・・・と整理後の支払いもきついので自己破産を考えています。 「自己破産者には過払い金は返済されない」とどこかで見たのですが、自分の場合はどうなるのでしょうか? 過払い金が戻ってくるまで自己破産は待ったほうが良いでしょうか? あと、自己破産を弁護士に依頼した場合、大体の費用はどのくらいでしょうか? 参考費用で構わないので宜しくお願いします。

  • 借金、過払金、自己破産について質問です

    借金返済に困り、自己破産を視野に入れた債務整理をしようと思います。 そこで、弁護士の費用が無いので、どうしようと思っていましたが、数年前に完済した借金に過払金があったので、2ヶ月前に過払金を返してもらう為に提訴し、来年2月に振り込んでもらうようになっていますので、それを債務整理の費用に過払金を使おうと思っています。 そこで質問ですが、ネットで自己破産について調べていますが、破産をする時に過払金が有るかどうかを調べて、過払いがあれば過払金を債権者に分けるとありました。 訴訟をおこし過払い請求をした人間が、もし自己破産となった時に、過払金返還請求の裁判をした事を調べられますか? 回収した過払金を債権者に取られますか? 私としましては、その過払金は債務整理の費用にしたいのですが? 回答を宜しくお願いします。

  • 自己破産後の過払い請求について教えてください。

    初めまして。 私は、約6年前に同時廃止で自己破産しました。 その際、手続きの一切を弁護士の先生にお願いしました。 借り入れ期間は、約12年でした。最近になって、自己破産した者でも、過払い請求をすれば返還される事を知り、出来る物ならば、今回は自身で請求をしたいと考えております。 そこで、教えて頂きたいのは、 例えば、A社で30万円の残債を残して自己破産したとします。 そのA社の過払いを計算すると、 50万円だったとします。 その場合の、過払い金返還請求書の記入のしかたは、どのように書けば良いのでしょうか? 過払い金50万円より残債30万円を差し引いた金額20万円を請求致します。 というような書き方で良いのでしょうか? また、自己破産をしていると言うことで、やはり自身で手続きをするよりも、 司法書士や弁護士の先生にお願いした方が良いのでしょうか? 突然の質問、大変失礼致しました。もし、詳しい方が居られましたら、 回答のほう、よろしくお願いいたします。

  • 過払い金返還手続き後の自己破産と、破産後の債権者への配当

    過払い金の返還と、返還金の債権者への配当についてお伺いします。 親類が債務超過に陥り、昨年10月弁護士に相談に行きました。 借り入れのある消費者金融が10社以上と多く、返済期間も長期だったために、 弁護士からは『すぐに自己破産せず、まずは過払い分の返還手続きをしましょう』と勧められました。 その後弁護士から、『一部の業者から合計約100万円の返還を受けた』と連絡があり、 そこから報酬と諸費用を差し引いて、残額は80万ちょっとと、残債を整理するのは難しいとの判断で 結局自己破産の手続きをすすめ、先日破産が決定しました。 先日、本人宛に裁判所からの破産決定文と 弁護士からの連絡事項・注意事項が郵送されてきたのですが、 そこには『返還された残金をこれから債権者に配当します』と書かれていました。 破産した本人は、返還された過払い金は自分に返ってくるものと思っていたのですが、 内容を読んでもよくわからない状態のため、家族に相談。 めぐりめぐって私に連絡をしたようです。 身近な者が自己破産ということで、今回自己破産について調べたのですが こちらのサイトでは、99万円以下は自由財産として手元に残せると書かれてあります。 弁護士ドットコム http://www.bengo4.com/intro/intro001_23.html 私は法律に素人なので、都合の良いように解釈しているのかもしれません。 ですがこれを読む限り、最低限の現金を手元に残すことができるのでは、 またはできたのではないかと思いました。(親類は金銭的に本当に困窮しています) ある程度経緯を知っていた私が、弁護士に電話で尋ねたところ、 『返還された分の残金というのは、破産手続きの中で出てきたお金で債権です。 現金ではありませんので自由財産にはあたりません。よって残金を返すことはできません』 という返答が帰ってきました。 また、その話の中で 『過払い金の返還を受けた後に、自己破産の手続きをしていれば残金を手元に残すことができた』 とも言っていました。(これは会話の中で、2度確認しました) 弁護士との電話の後、本人の家族に話すと 破産の申請は、過払い金返還の連絡が来た後だったと言います。 書類をファックスで送ってもらうと確かに下記のような経緯でした。 ・昨年10月 弁護士に相談 ・2月中旬 弁護士より、過払い金の返還があった旨、破産手続きを始める旨の連絡 ・3月下旬 弁護士より、破産決定の連絡 ・4月上旬 弁護士より、返還金を債権者に配当する旨の連絡 『過払い金の返還を受けた後に、自己破産の手続きをしていれば残金を手元に残すことができた』 と弁護士本人が言っているにもかかわらず、 過払いの返還を受けた後に、破産の申請をしているのに それが債権になる、という弁護士の説明に私は納得がいきません。 返還された過払い金の残額を、手元に置くことは可能でしょうか。 短くまとめる事ができず、大変申し訳ございません。 どなたかお知恵を貸していただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。 ※ 本人は、債権者のみなさんに迷惑をかけたことを充分に反省しています。 弁護士の説明に私が納得できていないのが発端ですので、債務者が債権者に 返済するのが当然、といったご返答は、今回は容赦頂きたくお願い申し上げます。

  • 自己破産について

    借金が多額のままであり、自己破産を考えていますが、自己破産をした後に過払い返金ができたり戻ることなんかはありますか?

  • 過払請求もしくは、自己破産をした場合

    教えてください。 債務整理をすることになったのですが 過払い請求、もしくは自己破産になった場合 自宅へ債権者が取り立てに来たりすることはあるのでしょうか。 また、自己破産した場合でも車を処分しなくても済む場合があると聞きました。 それはどのような場合でしょうか。 ちなみに車はまだローンが残っている状態で、1年前に新車で購入したものです。

  • 自己破産制度

    よろしくお願いします。 零細企業の会社社長が、多額の債務を抱え、支払い不能の状態にあります。 弁護士に委任し裁判所に自己破産の申し立てを行いました。 今は弁護士が委任を受け、準備中らしいです。 私も債権者のひとりですが、時間ばかりが過ぎていき、破産管財人がいつ擁立されるかも わかりません。 1、自己破産が出来なければ、不渡りを出した会社は、まだ事実上の倒産とは言えないのですか? 2、裁判所が自己破産の却下(取り消し)をくだすことってありますか? 3、債権者は、早く債権を回収したいので、第三者に約束手形を安売しようと考えますが、   法律上、問題ありますか?

  • 自己破産

    自己破産で免責が下りなかった場合でも所有している財産は没収されてしまうのでしょうか?

  • 自己破産か?返済するか?

     ネット等で自分なりに調べてみましたが いまいちピンとこなかったので、ご相談させていただきます。 私には A社・・・約100万 B社・・・約100万 C社・・・約 30万 の借入れがありました。 この度、弁護士さんに相談し、残金が A社・・・0円(約3万くらいの過払い) B社・・・約30万 C社・・・約17万 という結果になりました。 そこで質問なのですが (1)自己破産と、残りの残金を払っていくのとはどちらがいいのですか? (2)どちらにしてもブラックですよね? じつは、私の彼氏(婚約者みたいなものですが)も 過払い請求をし、全社から合計約30万ほど過払い金が戻ってきそうです。 弁護士さんにお支払する費用が約30万くらいだと思われるのですが 費用はその過払い金の返金をあてようかと思っています。 ですが、残金を分割にて払っていくとなると 結局弁護士費用もあわせると約100万くらいになるので 私の場合、どうしたほうがいいのかイマイチよく分かりません。 ご指導、お願い致します。

  • 自己破産ついて

    私は A債務者に2004年に工事請負して、建築請負代金150万の内70万は返済してくれましたが80万の債権があります。 昨年の6月に住所も言わず夜逃げをしてましたが、先月居場所を就きとめましたので昨日請求をしました、A債務者いわく「弁護士を通じて自己破産手続きしてますので今しばらく待っててください」との事ですが、私が納得できないので投稿致しました。宜しくお願いいたします。 A債務者に債権が発生した時点は、夫婦でパチンコに行ってました。(パチンコ屋で会いました。) 債務者には財産は有りませんが、自己破産計画で長男名義の車を毎日使用してます。(債権発生時は債務者夫婦、債務者の長男夫婦、長男の子供1人、債務者の次男と昨年の6月まで同居) 現時点では、賃貸アパートに債務者夫婦と次男が同居しまして、長男夫婦とその子供が別の賃貸アパートに住んでいます。 長男の嫁と次男は自己破産の経歴が有ります。 以上のような事で自己破産が出来るのでしょうか。? もし自己破産が可能ならば、それを阻止することができればお教え頂きたいのですが。宜しくお願いいたします。